Hatena::ブログ(Diary)

たまスパ

20110117

moccur が delete-other-windows するのが嫌なので

ウインドウ分割しまくりなので、あの仕様はツラい。

別に elscreen-create してからでもいいけど、わりとストレスになってたので。

   (defvar my-moccur-cancel-delete-windows nil)

   (dolist (func '(moccur-search
                   moccur-search-files
                   moccur-grep-sync-kill-buffers
                   moccur-mode-goto-occurrence
                   search-buffer-goto))
     (eval `(defadvice ,func (around my-rc:moccur activate)
              (let ((my-moccur-cancel-delete-windows t))
                ad-do-it))))

   (defadvice delete-other-windows (around my-rc:moccur activate)
     (unless my-moccur-cancel-delete-windows
       ad-do-it))

ただ、これ、コマンド実行をキャンセルしたり、途中でエラー出た場合、しばらく delete-other-windows が使えなくなっちゃう諸刃の剣

いい方法ないものかな。

20101215

まぁいくらデフォルトの見栄えが好きといっても

さすがに見にくいので、とりあえず、公式のテーマを使うことにする。

id:antipop さんの Hatena::Let のための emacs 拡張を使って、hatena-let/edit を書く

Hatena::Let ちょー便利。でも、emacs で使いたいねって思ってたら、id:antipop さんが Hatena::LetのエディタをEmacsにする - delirious thoughts にて保存する手続きを公開されてたんで、define-derived-mode して作ったモードから呼び出せるようにするんと、deferred 使ってソースを取ってくるのと組み合わせたら、すぐにできた。

あと、 hatena-let/new とか出来るといいな。

     (defconst hatena-let-mode-map
       (let ((km (make-sparse-keymap)))
         (define-key km (kbd "C-x C-s") 'hatena-let/save-code)
         km))

     (define-derived-mode hatena-let-mode js2-mode "hatena-let" ""
       )

     (defun hatena-let/edit ()
       (interactive)
       (let ((buf (get-buffer-create "*hatena-let*")))
         (switch-to-buffer buf)
         (deferred:$
           (deferred:url-post 
             "http://let.hatelabo.jp/api/code"
             `(("api_key" . ,hatena-let/apikey)))
           (deferred:nextc it
             `(lambda (gbuf)
                (set-buffer ,buf)
                (goto-char (point-min))
                (insert
                 (save-excursion
                   (set-buffer gbuf)
                   (decode-coding-string
                    (buffer-substring-no-properties 
                     (point-min)(point-max))
                    'utf-8)))
                (hatena-let-mode)
                (goto-char (point-min)))))))

ありゃ、CSSが

さくらサーバCSS置いてたの忘れてた。

契約更新すべきかどーか迷ってる間に CSS が取れんくなったのね。

負け惜しみではないけど、実はCSSがない素の構造化だけの見栄えって結構好きだったりする。

20101205

ほにゃらら-hook ってないのかなーとか思ったときに

(let ((L ()))
  (mapatoms
   (lambda (atom)
     (let ((name (symbol-name atom)))
       (if (and (boundp atom)
                (string-match "-\\(hooks?\\|functions\\)\\'" name)
                (not (string-match "-mode-hook" name))
                (not (string-match "\\`ange-ftp-" name))
                (not (string-match "\\`bookmark-" name))
                (not (string-match "\\`comint-" name))
                (not (string-match "\\`custom-" name))
                (not (string-match "\\`cl-" name))
                (not (string-match "\\`byte-compile-" name))
                (not (string-match "\\`Info-" name))
                (not (string-match "\\`calendar-" name))
                (not (string-match "\\`cperl-" name))
                (not (string-match "\\`eieio-" name))
                (not (string-match "\\`tramp-" name))
                (not (string-match "\\`vc-" name))
                (not (string-match "\\`speedbar-" name))
                (not (string-match "\\`semanticdb-" name))
                (not (string-match "\\`semantic-" name))
                (not (string-match "\\`elscreen-" name))
                (not (string-match "\\`rmail-" name))
                (not (string-match "\\`dired-" name))
                (not (string-match "\\`url-" name))
                (not (string-match "\\`column-number-mode-" name))
                )
           (setq L (cons atom L))))))
  (dolist (a (sort L (lambda (a b) (string< (symbol-name a)(symbol-name b)))))
    (insert (format "%s\n" a)))
  (length L))

こんなのを書いて候補を絞り込みつつ探している私です。

id:lieutar
どうにも「はなちゃんのみそ汁」と言うのを「はな汁」とか「はなくそ」系に空目して困る。内容についてはよく知らんのだが。
id:lieutar
Minecraft って効率よく村人を増殖させて、扱いづらい村人とそうでない村人を素早く識別して、扱いづらい村人を効率よく虐殺する施設とか作って、どれだけ短時間に大量のエメラルドを稼ぐ事が出来るかみたいな事はわりと頻繁になされるんだけれど、「ゲーマーはもっと経営者目指すべき」みたいな事に同感する人々のうち、「現実をゲームのようなものと考えれば上手く行く」とかってサイコパスな方向に行く人達がいないのかちょっと気になる。それにしても、ニコニコニュースってひどいよね。
id:lieutar
「この中で罪の無い者だけが石を投げよ」ってのは、あれ社会的弱者が生存の為に行う売春を、圧倒的多数者が自らの中にそういったサービスを享受している者がいたり、あるいは弱者をそのような仕事に追い込んだりしているかと言う反省を欠いて石を投げるのを止めるからこそ逸話なんじゃないか、そういう逸話がある事はともかくとして「他人の罪を追求出来るのは無垢な者だけである」とするのは間違っている。だって、それが真ならどのような社会も司法制度を供える事が事実上不可能になるわけで、たとえば誰かの罪を告白しようとしている人を「自分だけが無垢だと思っているのか」と批難できると考えているとすれば完全にお門違い。その人の格率が「無垢なる者以外他者の罪を告発するべからず」なのだとすれば、その人は司法の恩恵を被りながらどうやって他者を責めているのだろうか。その人が司法制度の撤廃を訴え活動中ならともかくとして、さもなくばその人はその人自身の行動を是と出来ないのではないか。無論、反省を促す意味で「よもや自分が無垢だとは思ってはいないだろうな」と警句を発する事そのものは間違いではないが、「あいつは声を上げているのだから、あいつは自分の事を無垢だと考えているに違いない」みたいな勘繰りも勘違い。他者の行動にそのようなものを感じたとして、そのように考えている証拠を見付けない限りはあくまで自省の形でのみそれを語る事ができるのではないだろうか?
id:lieutar
http://38.media.tumblr.com/1ba78b4322ceab732c55a454675f5648/tumblr_n4eviax9CH1txww8ao1_500.jpg
id:lieutar
「錦恋」と言う中二病ワードを受信して、しかしこれはわりと受信しちゃう人多いだろうと、画像検索してみると和柄プリントデニムが…なんつかその手のものを意外とかカッコイイとか感じたことが無かったわけではない。evisuジーンズとかを大変オシャレなものだと思っていた頃が私にもありましたと言うことなのだけれど、なんだか今は「ラーメンと愛国」のバリエーションのように見えてしまって「ぅゎぁ」って気分になっちゃうなど。と、言うか比較的廉価なオシャレってのは10代後半から20代ぐらいまでで、それ以降オシャレは貧乏人のするもんじゃねぇみたいな感じで興味を育てて行く事できてないってのも大きく、今自分にとってどういうものがオシャレに見えるのかとかさっぱりわかんなくなってる。
id:lieutar
すげぇ、コンフリクトの嵐を覚悟してたけど、一切コンフリクトしない。
id:lieutar
[今直面している問題]開発用ブランチ → 追加機能のテスト完了 → マスターに切り替え → マージしようとしたら割り込みが入り別の用事(しばらく後)マスターに切り替わっている事に気付かず開発続行 → おもいっきり後にテスト完了したはずのあたりがどうにも異常 →とりあえず異常を回避 → しかしあまりにもおかしいのでおそるおそるブランチを確認 → マスターじゃん!
id:lieutar
幼児が問いかけるのは好奇心ではなくリアクションへの喜びと言う話、ナルホドと思うと同時に、もしかして子供が自動ドアを何度も踏んだりするのもそのあたりかもしれないとか。
平成生まれはこれ知らないよな
デス・バレーの動く岩についての言及記事へのブコメで、「デス・バレー」と言う地名に驚くブコメと、そのブコメを支持するスターを見たが、そうか、デスバレーが日本人にも馴染み深い地名だと思っているのはあの番組を知っているあたりまでなのだよな。
id:lieutar
自民党の、特に高市政調会長のヘイト規制の勧告に便乗したデモ一切を禁止せんとする振舞いは、「最悪そういうこともやりかねないな」と、例えば以前から鈴木邦夫氏等が指摘していた「在特会と公安が一体。狙いは醜悪なデモを放置する事でデモ一切を規制対象にせんが為」といった事なんかに思いを巡らせつつ思っていたが、まさか本当にそこまでの下衆を現わにはせんだろうと、やっぱりどこかで思っていたのだな。だからいざ、それが現わにされると本当に言葉が出ない…こんな事はもう何ヶ月も続いている事ながら、なかなか自分自身覚悟の作りかた等わからないままでいる。それはそうと、この動きが、単純にデモが政権にとって疎ましいと言うだけではなく、現状の(おそらくは最も御しやすい)支持者達の支持の喪失を最小限に留めようと言う動機からも導き得ると言う指摘を 見て、この視点は自分には無く、それがあったならもう少し驚きは少なくて済んだのかとか、いやなんかその悔み方もなんかヘンだなとか。
スカイス・スクレイパー的なアレ
http://aintnogod.com/ipb/uploads/gallery/album_17/gallery_298_17_2069.jpg
id:lieutar
黒バス脅迫事件の犯人に共感はしないけど、「まるで相手にしてはならない」的な反感も抱けん。直接的被害を被ったわけではなく、被害者達への想像力が及ばないせいと言うのはある。とか書きつつ「共感と同感は違う意味よ」と、「ふつう同感の意味で共感が使われているよ」と言う指摘する記事を最近読んで、このへんの言葉の使い方も見直すべきとか考えたりしつつ、とりあえず犯人の声明をまぁ読んでみようかとか、被害者だったらどうだろうかとか想像してみようとかする事は、多分「同感」よりは「共感」に近いのかもしれない。
id:lieutar
[受信連鎖] 「悪人に生きる価値は無い。何故ならその価値の規定するところによらず生きている者が悪人だからである」とか言う文言を受信しつつ、このような態度は相対主義者のようではないかとも思ったりもしつつ、自分は相対主義者ではない。相対主義的視点で眺めると言うことは、あくまで一時的かつ方法的なものであると思い、「主義」としてしまう事はおそらく、存在不可能と言うか計算不可能な状態に陥いると考えている。そのような信念と先の文言に矛盾は無いかとか考えつつ、ここに矛盾を見出そうとする試みの背後に、「相対主義で無いものは絶対主義である」と言う発想があって、そこに無理があるのではないかと。なんらかの絶対的価値と言うものを仮定しようと、その全貌について未知であるとする者は、根本的には絶対主義者であるが、絶対的なものについて未知である間は自分の知見を常に相対化せねばならないと考えていると、その意味では態度としての「相対主義」と言うものはありえるのかも知れないと。
あなたはスパムですか
https://cosmicpsychics.files.wordpress.com/2014/07/fm0714.jpg
あなたはスパムですか
草なぎ「
id:lieutar
最近、吉田証言の吉田氏と、吉田元所長を混同して困る。
それはレーメンではない
http://www.asahi-net.or.jp/~QP7T-KRTN/kusai.html
id:lieutar
http://f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lieutar/20140824/20140824222916.png?1408886958
ブランクが長い
http://f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lieutar/20140824/20140824214638.png?1408884401
人を審くな、さらば汝らも審かるる事あらじ。
http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/cancan/cabinet/cannedfood/4907982070044a.jpg
ぬけるがぞうください!
http://www.kinokuniya.co.jp/images/goods/ar2/web/imgdata2/44940/4494074497.jpg
id:lieutar
http://i4.ytimg.com/vi/8d4b8ctl6zM/default.jpg
こんな途中下車の旅はいやだ
襲われる
id:lieutar
生活保護についての無理解の根本的な原因は知識不足ではなく差別への指向性と言う指摘は大いに共感する。しかし、この根本的な差別への指向性の度し難さと言うのは、自己承認を他者否定の裏返しとして構成している人々があまりに多いと言うことで、その組替えってのは本当に並大抵の事ではないと思う。そういった人々にとって差別を避ける事は自己承認の手段を失なわせる事なので、どぎつい言い方をするならば「差別をするな」と言うことは「死ね」と言う言葉に通じるものになってしまう。そういった人達に「そんな差別をしなくても自分を認められる道はあるではないか」と言って信用されるかと言えば並大抵の事ではない。おそらくは、その人が現状の支えとしている差別を失なったときに支えられるだけの力を注げなければならないのではないかと言うことだったり、その人が差別する対象に自身が含まれている場合、自分はその力を持てなかったりするのではないだろうか。
id:lieutar
http://livedoor.blogimg.jp/anonews/imgs/0/7/07aa701f.jpg
うろ覚え北斗の拳
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/27/be/7d42423abfaafae0829ba0b1d200d176.jpg
こんなサザエさんは嫌だ
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/c3/Portuguese_Man-O-War_%28Physalia_physalis%29.jpg/250px-Portuguese_Man-O-War_%28Physalia_physalis%29.jpg
id:lieutar
cornutus 部分と、チョココロネの関係が気になる…と思って調べたら「巻貝」をその名の由来としているのねのね。
速すぎると思うこと
サザエの学名は「turbo cornutus」
こんなサザエさんは嫌だ
http://socksmakepeoplesexy.net/images/sunburstbasser/27/warning3.png
こんなサザエさんは嫌だ
タイコ 「サワディカー」※ そっちのタイか!タイコ 「ドン!」※ 節操がないな
PCエンジン
残りの事は「No.Ko.Ri」って言えばPCエンジンぽいと思うんだ。
なやましい
http://okasinooukoku.com/namayatuhasi_ma_20_2_61.4x4..jpg
id:lieutar
どーにも virtualbox の問題と言うより host os 側に問題があったらしく、host os 側の操作もヘンになってた。host os 側再起動でとりあえずマトモな動きになってる。様子見。
id:lieutar
[不思議] firefox でマウスホイールが効かない →こういうことは以前にもあって、virtualbox をサスペンドして再起動で直っていた → 再起動 → 直らない →xev でイベントを拾えているかどうか確認 → 拾えている → 一端ログアウトすべきか、でも面倒だなとか悩む →なぜかマウスホイールが再び使えるように謎の xev パワー
何かを受信
百人 issue
id:lieutar
彼の狂気に至る過程と言うのがある程度わかってくると、足の踏み外しかたと言うのがあまり縁遠いものに思えず、ほんの少しだけボタンの掛け違えかたの違う人なのかもしれないと言う気になってくる。単純にマニアが昂じてと言う問題でもなく、リカバリに試みたものが悉く裏目に出て行った結果、気がついたら 〜みたいな感じで「世にも奇妙な」みたいな人生なのではないかと思えば。自殺にわざわざ男性器切断と言う象徴的方法をとったと言うことと、そもそもそれは自殺だったのか、どちらかと言えば自傷に近いものだったのではないかと言うことなど興味をそそられるところも正直ある。多分「性別さえ変えれば何とかなる」と安易に考えての性転換みたいなものではなものである可能性ってのはそれほど高いものではなく(そのような発想なら切断と死を繋げはしなかったのではないか)性自認の不明瞭に繋がって行くのは結果的なものなのではないかと思うのだけれど。
id:lieutar
とりあえず件の拘束された法人については彼のような行為に外交的影響は考えなくて良いのかと言うことばかりが興味がある。想定できないが起り得る特殊事態のひとつ、ある種のノイズのようなものと考えられるが、問題はそれに足元を掬われるような事があってはならないって事と、とりあえず真っ当なミリオタの皆さんには同一視される事を警戒する人もいるだろーなとか。
id:lieutar
http://i.ytimg.com/vi/JIGHJTK3h_M/0.jpg
いっぽんでもニンジン
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/61/Brooklyn_Museum_-_Woodblock_print_-_Utagawa_Toyokuni_III_%28Kunisada%29.jpg
中二病
「非破戒検査」ってちょっとカッコいい感じがする。
それはハイカーではない
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/90/0000060490/61/img7a962b25wszn8s.jpeg
なにっ!そうだったのか!
http://f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lieutar/20140818/20140818213301.png?1408365182
MineCraft
http://static.planetminecraft.com/files/resource_media/screenshot/1236/Enderman_3549944.jpg
id:lieutar
そして、ウナギ問題…と言うか「流通は善」のドグマを越える問題として表現規制を絡めるのは、これは表現規制反対派ではなく、むしろなんらかの規制が必要であると考える側を裏打ちするものになりえる。それは、ある欲望の表現が別の欲望を誘導し得るということ、他者の欲望を欲望するって奴ね。たとえばレイプ問題について、レイプものコミックとかを「空想の中なのだから何をしてもよいだろう」と消費しているひとびとの内、おそらく大半は「空想の中」の一線を越えないだろう。とくに性的弱者であれば越える事は困難で、越えてしまうような人であるならばその人はおそらくメディアの影響ではなく、そもそも倫理による抑制が特異的に効かない人なのでやはり問題をおこしてしまうと思う。しかし、問題は性的強者のうち、自身の性的万能感を確かめんが為に様々な性的関係を試みる者達に、欲望の様式が知られてしまい、その様式の実現を試みようと思わせてしまう事である。その危険性は勿論、流通がライトなものになればなるほどに高まるわけで、それは空想の表現だったとしてもそれがよく知られないときと、あまりに簡単に手が届いてしまうときでは状況が異なるのであはないだろうかと言うこと。つまり「見たくない人達が見ない自由を確保する」ためのゾーニングの他にも、「見なくても良い人達に簡単には見せない」ゾーニングと言うのも必要なのではないかと言うことを考えなくて良いのだろうかと。まぁそんな事よりもまず、実際の性的被害に対しての取り組みが不十分では順序が異なるわけで、やはり現状の流れでの表現規制は容認できるもんではないと思うのだけれど。
id:lieutar
ナイス饅頭を紹介しようナイスマンズーを紹介しているところが馴染深いのだが、ふと検索をしてみて八王子市と言うのになんか違和感が、そういえばあそこは東京都でしたね。町田でもありませんでしたね。
id:lieutar
そいや言葉の由来としての「理論武装」と言うものについてよく知らないのだが、どうにもイメージ的には全共闘世代の左翼学生達に用いられていたイメージがあって、それ故に社会主義革命の文脈から生まれてきたもののように思っていたが、改めて調べてみるとよくわからない。ともかく自分が最初にこの言葉を知ったのは、自分が中学生時代、全共闘世代の左翼学生だったであろう教員が自身の青春を彼の顧問する生徒会を舞台に反復しようと試みたときだったのでそのような印象をもっている。それはそうと、戦後の言論空間の劣化が左翼から始まったとする宮台説については、いまひとつよく理解できないのだけど、彼の説を理解する端緒と思えるものが先日の朝日の吉田証言を巡るビデオニュースNコメにあった。曰く現状右派を称する者達が用いている様々な、卑劣とも思えるような手法、ポピュリズム的扇動の手法は、もともとは左派が多用していたものであると。実際社会主義国家の失敗を実感できない頃と言うのはポピュリズム的扇動を用いても「革命」は可能なようなものと素朴に考えていた多くの人々がいて、彼らがそのような扇動を用いたのだと思う。その結果、不十分な理論を、理性ではなく素朴に内面化する大量の、「我は共産主義者である」と名乗りはするが実質的にはまるで別物の人々による恐しい社会が生まれたのだと思う。そういった革新勢力のマズさを引き継ぎ、保身を保守と粉飾したりそもそも区別が付かない人達によるヤンキーカルト革新と言うなんかもう濃縮されまくった危険物がwwwの普及とともに居場所を得てしまったのが現状なのだよな。んで、これ、実のところ「流通は善」みたいなドグマが漠然とあって、それの限界を越えてしまった、ウナギ問題と同様の事なのではないかと言うことと、実のところ表現規制なんかについても絡められる問題なのではないかとか思ったりもしている。
id:lieutar
「理論武装」と言う言葉が嫌いで、理論と論理によって自身を組替えて行くと言うことはあっても自身の立場性を守る為に武装できるものではないのだが、一方で自らの学びが学びの過程にある人に分け与える事が出来るものであることは違いがない。そういう穏当な意味で「理論武装」と言う用法がありえなくはないと思えるので、まるで容認できない言葉ではないとも思っていがけれど、最近はどうもそれすら怪しいと思っている。そのような穏当な意味で用いていたとしても、やはり「武装」となるには自らの立場を守るとか、勢力を拡大するとかと言う意識がある。自らの立場と異なる人々が往々にして学びの不十分さ故にその立場をとるのだと言う意識があって、彼らに私の理解を分け与えればその立場を変えるはずだと言う期待に基くものだが、残念ながらその学びの不十分な相手と言うのは学びの課程にあるから不十分と言うわけではなく、学びを中途放棄してしまっているからこそ不十分と言う場合が往々にしてある。中途放棄してしまう事が必ずしも悪いと言うものではないが、その場合は放棄に対しての責任感と自身の責任をもてる範囲に対しての抑制と言うものが必要になるのだが、そういったものを欠いて学びを放棄してしまった人たちで、彼らを無害化する為に必要な事は「理論」でも「論理」でもない。
今「さくらのマネージドサーバ」の隣に表示されている広告
http://f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lieutar/20140817/20140817232440.png?1408285481
ハーゴン
草なぎ「
好きなラスボス
http://uc.exteenblog.com/constand/images/WakuWaku7-BonusKun_and_Fernandez.png
id:lieutar
ぽげ氏久しぶりすぎる。
ひとりごと
xvideos と xevious は似ているよねーとか思いつつ検索したら、はてブ界隈でわりと目にするidさんのはてなブログを見付ける。
id:lieutar
upgrade により難を逃れた
id:lieutar
skype にサインインできなくなった。パスワード変更されたらしいとのメッセージなので気持ち悪いなと思いつつ、webの方からパスワード再設定。しかし、あいからずサインインできず。
斑の
http://p.news.nimg.jp/photo/384/136384l.jpg
中二病
独我論の誤変換、毒牙論とか、毒蛾論とかなんかすごい。
id:lieutar
http://f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lieutar/20140814/20140814052616.jpg?1407961624
オーダー無道
http://wpcontent.answcdn.com/wikipedia/commons/thumb/9/94/Mao.jpg/150px-Mao.jpg
イデオン
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/52/Oden_by_Mori_Chan.jpg
イデオン
http://bb-building.net/tokyo/image/tokyo/792-01.jpg
新潟です
http://ecx.images-amazon.com/images/I/31UuIchjiTL._SL500_AA300_.jpg
ドーム型
http://1-media-cdn.foolz.us/ffuuka/board/m/image/1248/02/1248026310679.png
id:lieutar
[ぼんやり] 自殺って殆どの場合病死扱いでも良いのでは…つか実質病死だわな。神経症や精神病と言う概念だけあって、自殺だけは責任があるような感覚ってのもヘンだ。まぁ病気や障害と言う概念そのものと、それに対しての「正常」に対する強迫とかも問題があるのだが…つかな、強迫的な正常へのこだわりが嫌なのって、誰かが病的に追い詰められるのは社会的、文化的問題が背景としてあって、もしかしてとても問題あるものの中に自分が組込まれているかもしれないことへの不安が決定的に欠けていると言うか、そういった責任の回避の姿だからなんだがな。「正常」こそが「異常」を作るってところは絶対にある。それは単に相対的な問題だけじゃなくて、むしろシステム的問題としてね。悪人正機説とか、「往生」とは言い過ぎだろと思うのでちょっと嫌なんだけれどまぁ所詮は「方便」なんだろうねとか適当に穿って見つつ、あれにある「善人」側の反省装置としての側面はものすごく共感する。
id:lieutar
能年さんの主張に対しての東スポの記事が残念と言う、なんか韻をふんでてちょっとラップみたいなはてブがあって、基本自分もその残念調に同調するものの、とりあえずそういう残念さを引き起してしまう人達の多くにおそらく「学級委員長みたいなイナゴがスポーンしやがった」ぐらいの認識になってしまう人達がいて、おそらく彼らにはまず伝わらんのかもなとか。このへん、以前のセクハラヤジ問題にも繋がると思うのだが。んで、そういうタイプの人達、おそらくあの記事の中にも好意しか汲み取らなかったりするんじゃないだろーかとか、でもってその好意の種類とは彼女をアイドル視すると言うことなのだろうなと。んで、問題があるのはアイドル視することではなく、アイドル視しかしない事で、まぁこのへんが好意の寄せかたにしてもTPOを弁えないと迷惑ですよって事だったり、そういうものは「おせっかい」とか言う容認可能なものからしばしば逸脱し、吐き気をも催すものになり得る事に対する想像力(多くは経験に依存する)の問題だったりするのかなと言うことともうひとつ、「かわいさ」と言うものへの執着が見えなくしているところもあるのではないかと思えば、「かわいいは正義」と言うのは、「酒は百薬の長」みたいな老人の戯言の一種に思えてくる次第。
id:lieutar
1バール=100キロパスカル
ぎりぎりバールのようなものを挙げていく
ヘクトパスカル
今「さくらのマネージドサーバ」の隣に表示されている広告
http://f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lieutar/20140810/20140810070031.png
日常のことをハイクすれば☆が貰えるのになぜつまらないネタに走ろうとするのか?
星が貰えることが、ハイクをしたくなる条件とは限らないからです。
今「さくらのマネージドサーバ」の隣に表示されている広告
なんか、この広告、この縦横比で横に並ぶと、地下鉄のホームっぽく感じます。
ソースを見たら
し団子にかける
id:lieutar
数学的帰納法が実は演繹ではないのか系の話題を復習中、英語だと、induce と deduce になると知って、なんかイメージ的な対応がしっかりとれててこれっていいよなとか思いつつ、漢字の意味がよくわからんかったり。induce = 帰納はまだわかるんだな。deduce = 演繹の、演とかなんか芝居みたいだし、繹とかよくわからん。澤さんっているよね、とか、そんなイメージしか…漢字辞典によると演は、 1 意味を押し広める。引き延ばしてわかりやすく説明する。「演繹(えんえき)・演義・演説/講演」 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/25995/m0u/%E6%BC%94/繹は、 1 糸口を引き出す。たずねる。「演繹・尋繹」 2 糸を引くように続く。「絡繹(らくえき)」 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/22951/m0u/とかなんで、まぁそんなんならなるほど、deduce になるのかなとか…
想像で語るドップラーレーダー
http://images-jp.amazon.com/images/P/B000063C0L.jpg
id:lieutar
とりあえず、ノートPCはNAS専用機にするかな…
id:lieutar
現状、ネットワーク構成は、有線LANで繋いでいるノートPCの無線LANを通じ、インターネットに接続すると言う形をとっていたのだが、今日の落雷のせいか無線LANカードがお亡くなりになったのかもしれない。急遽 USB の NIC で接続しているのだが、いやホントコレどうしよ…
マニュアル車を運転できますか
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/90/Pilgrims%2C_Tsurphu_1993.JPG
id:lieutar
http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/156/2013/0/6/06f5268a324d352b7e90d1d88975ba875eaac24c1386028348.jpg
まさかな・・・
http://image-2.verycd.com/8c1962306bfc1a945bf620b629dff08b51887%28600x%29/thumb.jpg
想像で語るトーラス
http://www.pokeyournose.com/blog/wp-content/uploads/2014/06/kama-sutra.jpg
想像で語るトーラス
http://e8ne.net/img/chara_tofslan.jpg
ハイクにとって何ももたらさない、単なる邪魔者なんじゃないの?
http://www42.tok2.com/home/rock80s/aki/aki33.jpg
はだかにて生まれてきたに何不足
どのような姿であろうと不足し続ける時間の開始を「生まれる」と言うわけです。
id:lieutar
あまりにナイーヴに弱肉強食を「それがゲンジツ」「この世の真理」とばかりに掲げる連中と言うのには嘔吐が出るのだが、一方で全存在をかけたSMプレイ(プロ奴隷、もしくは自由からの逃走)を試みる全存在型マゾヒスト、あるいはより強大なものに寄り添いながら空想的に同化したその立場から口穢く罵る事を試みるサディストが後を絶たない。民主主義社会において、あらゆる自由は公共の福祉のチェックを受ける。なので正直エロい方面の「プレイ」以上、全存在をかけたSMが拡大してしまうと、SMを望まない人々から多くの機会を奪うことになるので、そもそもやめて頂きたいと思うのだが、その回避策として古典的には「民主主義の啓蒙」と言うことだったりする。しかしこれは、「SMしか無い」と思い込む前の人々に対しての効果があっても、判って依存しているタイプの人々には効果がなく、その糾弾は彼らのプレイに対しての刺激にしかならない。なので、そういうものはあまり大きくならないように安全にガス抜きをする場が提供されるべきなのではないかと思う一方、この発想はデモクラシーの完成と言うドグマの外側には一歩も出てはいない。なのでときどきその外側に出るべきではないかと、しかしその外側に出る方法としてしばしば提供される嫉妬する弱者の神話とかってのもやはりナイーヴな方法に思えてならない。どうにも超人と言うと指先から雷でも打ち出す神仙の類いを妄想してしまいがちだが、当然そんなものは妄想の産物でしかなく、ベア・グリルスもグリズリーに怯え、いちはやく文明にアクセスする方法を模索し、大山倍達も象を屠った事は無く、立派な町並みも天災には敵わないのである。故にヒトは手をとりあうしかなく、道徳を欠いて力など指向できるものかと思うわけだが、ここでひとつ問題が出てくる。どうにもここには比較優位のドグマの限界に通じるものがあるのではないかと言うことで、それは生産量をどんなに増やしたとて需要を越えればそれは意味が無いと言うものだが、同じくヒトが自然に打ち勝つにせよ、自身の寿命と思えるものを遥かに越えるものを意識の外側に放り出す事がとても簡単で、自身の存続が脅かされると感じられず、ある程度の諦観を含むのであれば、それを越える視座で如何に全体としての効率が下がろうとも我田引水を試みると言うことを何によって責めることができようかと言うものだ。実のところここに来ると殆どアイデンティティの問題であり、宗教問題のようなものでもある。結局のところどのようにして自身を赦すことができるかと言うことが、フェアネスの上に立つ実感とするか、現状何如に多くのリソースを手元に集めていると感じられるかと言うことによるかだと思え、立場を決めてしまえば簡単だとは思うけれど、それは何も解決をしないわけで、それら両者のダイナミズムに目を向ける必要はあるのだろうなと。
白物家電・黒物家電・
嗚呼、斑鳩が行く
ガードル
http://2.bp.blogspot.com/-LPAnGDbzUUs/Uj6bsAwz1fI/AAAAAAAAFEk/cyz1iPzFOCU/s1600/garuda-karura-fenix.jpg
それは草なぎではない
http://www1.plala.or.jp/eiji/komandara.jpg
ガードル
http://livedoor.blogimg.jp/tk_2010/imgs/e/d/edbe977fa481d02516d6-M.jpg
直前の人の出した答えに質問を
http://wave.ap.teacup.com/muraki/img/1222781934.jpg
id:lieutar
海賊版アニメ配信サイト告発の問題については、どっちに転ぶか静観するしかないとは思うのだけど、正直なところ冒険としか言えないとは思う。正直なところ日本のオタクコンテンツは以前に比べ求心力を失いつつあるのではないかとは思う。LOLとか海外勢も結構なコンテンツを出せるようになってきている。アニメとかもゲームと同じような斜陽に向う可能性はありえると思え、そういった中自らのシェア拡大を推し進めたかもしれないものにメスを入れることを暴挙と言うべきか、冒険と言うべきかが正直なところよくわからないとは思う。あと、その内容が利権解体などの構造改善が見えないなか、現行権益層がユーザを盗人扱いして出すタイプの短絡的愚策に見えなくもないことも確かで、正直なところ結果については悲観している。日本のオタクコンテンツは現状もまだ優れた作品を排出し得るが、おそらく今後はその主語を環境とする事はより憚られるようになって行くのではないだろうか。
直前の人の出した答えに質問を
A. 1.7320508....Q. 3のつく数と3の倍数でアホになる人
id:lieutar
[それはそうと思い出した思い付きのメモ] よく、「神の名においてどれだけの人々が殺されたか」とか「正義の名においてどれだけの人々が殺されたか」みたいな事が言われて、まぁそれらが危ういものだと言う認識を持つのは重要だとは思うのだけれど、そこに「だから奇特さを試みるな」「だらしなく生きる者こそが正しいのだ」みたいな意味合いが込められているとすると、そういう正義や神の名における虐殺の実行者が粛々と与えられた役割をこなし、家族を守ろうとした人々だったり、虐殺に正義の名を与えた人々が、自身の権力の強さに対応した責任感を育てられなかった人々のささやかな幸福への願いだったことを忘れている。
id:lieutar
特殊すぎる事件についての推測を含む言及は全てが虚しい。発言者が立派な社会性を獲得しているほどに、おそらく当事者達の景色は見えないだろう。仮に見えていたとして、自分にはそれを検証できそうな手掛かりがあまりにも無さすぎて、とりあえず自分に関わりが薄いもので良かったと胸を撫で下すばかりである。これはある意味天災のようなもので、実のところ何如なる想定も常に越えるものがあるのではないか、想定を越える事態を何如に検出し、最悪の事態を回避するかと言うことを考えるべきなのだろう。
直前の人の出した答えに質問を
A.糸尻Q.急須の注ぎ口の事なんて言うの?
直前の人の出した答えに質問を
A.CAQ.CQCQ
id:lieutar
あの映画の同性間でしか子供が出来ない設定に何故しなかったのかと言うのを邪推するに、やはり教会と言う存在があるのではないだろうか。規範の設定者としての宗教の存在感の強い社会だと、説教のシーンを入れることで規範が縛るものの大きさと設定の恣意性がより伝わるとか。まぁあくまで邪推。それはそうと「ここに地獄があります」と言う告発の前後には「俺関係ないもん」が続くいつもの光景。
id:lieutar
土用の丑を越えて言うのも何だが、あらためてウナギと土用の丑の関係を調べてみると、元々の由来のダジャレだけではなくビタミンA・B群が豊富なので夏バテ対策としての効果が期待できなくもないって、そりゃ無理矢理じゃないですか。なんか製薬会社とか、土用の丑はビタミン剤とか広告打ってくれねーかとか。ちなみに夏バテに効果があるとされているのは、http://www.naruoseikei.com/hakuzan/10/10.html によると、ビタミンB1、アリシン、ビタミンC で、確かにビタミンB1はウナギに多いものの、http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/vitamin_b1.html なんかによればより安い豚肉の方がはるかに多く、いや本当ダジャレ以上のものは考えなくていいみたいね。
id:lieutar
基本的に我々の社会の倫理は道徳をそれほど省みるものになっていなかったり、現文科相やその周辺のように道徳を履き違えているような人々に代表されるように(自分自身結構最近まで結構あやふやだった)倫理と道徳の区別が出来ていない為、その混乱は恐らく教育現場にそのまま反映されてしまっているのではないだろうか。教育と言うと、教育者が被教育者に一方的に矯正するようなものではなく、被教育者もまた自身を教育するものである。とくに少年期の社会の一員としての規範を学ぶとき、自らが自らに課されるべきと思った規範と言うのは、守られねば人にあらずと言う強烈なものがあるのではないだろうか。そういった中自らに課されている筈の規範について、理解の及ばない理由によって免除されているように見える人を身近に見るとき、嫉妬や理不尽に対する怒りのような感情が吹き上がる。想像で語るしかないのだが、発達障害に対する新しいタイプの差別はおそらくそのような背景によって出てきたものではないかと思えるし、実際、大人、子供を問わず「ふつうの人」による苛めの背後にあるものとしてそういうものが少なくはないと思う。ここに欠けているのはそれら規範を相対化する視線であり、相対化した上で自らに課す規範に対しそれが適切かどうか、愛すべきものであるかどうかと言うことを反省する習慣ではないだろうか。
id:lieutar
さて、ハイクお気に入りの整理について重い腰を上げている。フォローに対しフォロー返しをするのを基本としているのだが、フォロー解除に対し解除返しをするのが結構面倒で、このへんは API を叩いて何とかするところかもねーとか思いつつ、そこまで手が回らないよなーとかいうまま続いている状態、とりあえず気の付いた範囲で解除をして行く所存。解除をされない場合は気がついていないか、気になるので解除をしていないかどちらか。
id:lieutar
&gt;&gt; ──「徳川美術館部長 セクハラ」 審判申し立て 本人否定 申し立てたのは、管理部に勤める40代と50代の女性。申立書によると、管理部長は2013年1月から今年5月までの間、2人に対し、肩や手を触ったり、ホテルや旅行に誘うなどした。また、ボーナス査定時に「パワハラ、セクハラに付き合えば10万円アップ」と発言。「ジャズクラブに行こう」などと誘い、断られると「業務命令だ。出世に関与する」と威圧するなどしたと主張している。 そのうえで「管理部長の行為は女性職員の人格権を侵害する違法行為。黎明会は使用者責任があるのに、セクハラとパワハラを放置し、職場環境を改善しなかった」としている。 管理部長は大手都市銀行を退職後の11年10月、黎明会から徳川美術館に派遣され、翌年4月から業務部長(現・管理部長)を務めている。 管理部長は取材に「(ハラスメントの)事実はない。既に内部で調査されていて(女性職員らの主張は)ほとんどうそだと判明している。ほぼ解決済みだ」と話した。 美術館の館長も務める徳川会長は取材に「詳細を把握していないので現時点でコメントできない。今後、内容を精査し、心ある対応をした。財団の社会的責任において適切に対応したい」としている。 労働審判は、労働関係のトラブルを迅速に解決する手続きとして06年4月に始まった。裁判官1人と労働問題専門家2人が審理し、話し合いによる調停か審判による解決を目指す。結果に意義があれば訴訟に移行する。 ──注意の副館長に退職勧奨 女性職員がセクハラ、パワハラ被害を受けたとして労働審判を申し立てた徳川美術館では、15人の女性職員のうち、当事者の2人を含む6人が管理部長のセクハラを証言する陳述書を提出した。一方で、管理部長にハラスメント行為をやめるよう注意したとされる男性副館長(58)が11日、徳川黎明会から退職勧奨されるなど「お家騒動」に発展している。 申し立てた40代女性は25年間、美術館で勤務。「ハラスメントに悩んでいたが、契約社員という立場を考え、我慢していた」と話す。 関係者によると、女性らは副館長に、ハラスメントについて相談し、副館長は管理部長に注意したが、管理部長は行為を否定。黎明会ナンバー2の専務理事は「管理部長がそんなことをするはずがない」と、逆に副館長を叱責したという。 女性は「副館長への処遇はあまりにひどい。このままでは美術館の運営はできなくなる」と懸念し、申し立てに踏み切ったと説明する。 副館長は、黎明会の徳川会長にも管理部長の行為を訴えたという。「会長は職員を守ろうと、できる限りの努力をしていただいた(※ママ)。だが管理部長らは会長の指示や判断を軽視し、圧力をかけることもあった」と主張。「財団上層部が管理部長の行為を組織的に書くし、私たちに混乱の責任をかぶせている」として、退職勧奨に応じる気はないという。 黎明会は取材に「退職勧奨したのは事実。理由は簡単には言えないので後日、きちんと説明する」と話した。 中日新聞(紙面版)「徳川美術館部長 セクハラ」 審判申し立て 本人否定&lt;&lt;徳川美術館をめぐるセクハラおよびパワハラ問題について - 水餃日記署名はこちらへ 徳川美術館 四辻秀紀氏・大田智恵氏への退職勧奨の取り消しを求めます。 - Change.org
id:lieutar
[古い宇野さんたちの語らいを見て] 「かわいい」と言う感覚は、それが「思わず自己投影をしたくなる」と言う対象に引き起される感覚なのだと思う。それは自分の鏡像として突き付けられるものではなく、ぼんやりとした自己イメージをあてがうのに丁度良いと感じられるものだ。自分自身幼少期は「子供がかわいい」など思ったことはないが、小動物や図鑑で見た恐竜、ドラえもんやハットリ君などのキャラクターに今から思えばほとんど性欲に近い同化欲求を持っていた。今では子供と言うか、アニメキャラクターなどの子供的なものを世間でモエモエ言ってるのにそこそこ共感するのだけれど、それは自分が子供ではなくなったこと、かつて子供だった事の記憶に起因しているのだと思う。そして「かわいい」ものに対してセックスをしたいとか苛めてみたいとか支配をしたいとか言う欲望を持つ人はその人の他者との同化を実感できる様式がそういうものなのだと思う。だから「ロリコンは奴隷所有をしたがっている」みたいな物言いについては「そういう人もいるだろうね」としか返すことができない、あるいは「そういう人達に限ればそうだ」としか言うことができないのだが、その命題が成り立つ領域を視野狭窄的に拡大された物言いを見ると、その外側への意識があって、あえてそのような物言いをしているのか、そうではなくそれが全体だと思っているのか区別が付かない。愛の様式と言うのはしばしばおぞましく破滅的で、そうであればあるほどにより強い同化を感じられるものではないかとも思う。他者であればあるほどに、おぞましさは許容されない。だから激しいおぞましさの表現が許されると言う実感は同化の実感へと繋がる。だけど、どこまで強く感じてもその一体化とは幻である。だれかに成り代わる事は出来ないのだし、仮に出来たとして訪れる新たな現実は、また異なる乾きを生むだろう。それが満されないのは原理的なものだ。だから実際的、かつ一般的に選ばれるべきなのは自他に不可逆な影響を残さず、同化の欲望をほどほどに絶つ方法である。いずれそこには絶望しかない(死ぬときは一人)なのだが、持続可能な同化の幻想が生み出すものがしばしば大きいからこそ愛を望むのではないだろうか。また、実際に破滅的、破壊的な欲望が文芸の形で表現される事そのものは否定されるべきではないと思うのだが、一方で産業としての批判はなされるべきだろうとも思う。