Hatena::ブログ(Diary)

like a puppet

05-18-2018

人を呪わば穴二つ

平気な顔で嘘を吐く奴は大嫌いだ
そいつの言葉はたったの一言も、どんな些細なものでも信用出来ない
疑心暗鬼になったぼくは、やがて他人が信じられなくなる

死んで欲しい程誰かを憎んでいる
殴り殺したい奴がいる
社会的に抹殺してやりたい奴がいる

でも、ぼくは平気さ
今日まで生きてきたんだ
そんなクズの為に自分の人生を棒に振るつもりはさらさらない
人を呪わば穴二つ
ぼくは平気さ
ぼくは平気さ


夜、眠れない
少しずつ、少しずつ、心が侵蝕されていく
少しずつだけど、着実に
世界は色を失くしていく
あんなにも魅力的に見えて焦がれていた世界は、なんてくだらないのだろう

どうして、

みんな、

そんなにも、



汚れているの

05-04-2018

想像していた世界は、やはり想像通りだった
汚く、腐った、偽りだらけの世界
嘘つきが多すぎる
どうして何事も無かったかの様に嘘を吐けるの?
こうしておけば、黙っていれば、嘘をつけば、騙せるはずだ、なんていう浅はかな考えに苛立ちを覚える

暖かくて、静かな、優しい場所で生きていたい
此処じゃない
違う
思い描いていた理想とは程遠い世界
すべての人に灰色のベールを被せた
味気ない
くだらない
クズクズクズ
死んで欲しい程に、誰かを憎むのはしんどい
だからさっさと死ね

そんな心が自分にもある事が、酷く悲しい

02-16-2018

器用不

流れていく時間の中で当然、変わっていく
変わらないものは何一つと無い
変化を受け入れられない
例えそれが美化された思い出だったとしても、そんな夢の中で死ねたら本望ではないのか
それはつまり、大人になれなかったって事だと気付いた
どうすればよかったのだろう

いや、まだ生きていくのなら、これからどうすればよいのだろうか、だろう
こんなにも胸が苦しいなら大人になってしまいたいな
生き辛い
もっと器用に生きれるようになりたい



明日は高校時代の親友の誕生日会に呼ばれている
くだらないコラージュでも作ってプレゼントしてやろうと思って高校時代の写真を漁っていたら、心が乱れてしまった
地獄の様に感じていた高校生活だったのに、写真を見返してみると、笑っている自分がいて、友人達とふざけている写真ばかり
そこに残っていたのは嫌な記憶とは真逆の、楽しい思い出ばかりだった
どうして泣きそうになるのだろう
どうして郷愁の念を抱いてしまっているのだろう

02-06-2018

夜眠れないなれ眠夜眠れないなれ眠夜

悪い事もあれば良い事もある
良い事もあれば悪い事もある
嫌いな事もあれば好きな事もある
好きな事もあれば嫌いな事もある

無料期間が終わったら解約しようと思っていたAmazon Studentが、無料期間終了と同時にPrimeに変わり支払いが発生した時は「しまった!」と思ったけど、おかげでAmazon Prime Videoが視聴可能になったから結果オーライだった

どんなに疲れていても、すぐに眠りにつける事は無い
ベッドに入って眠ろうとして目を瞑ると、マイナスな方にばかり思考が加速していく
日々、疲労が蓄積していく
よくないとはわかっているけど、パソコンをベッドに持って行って好きな動画を流しながら、いつの間にか眠るようにしている
そうでもしないと負の思考から逃れられない
当然睡眠の質は全くよくない
悪循環悪循環

プライムビデオが見れるようになってからは、恐竜のドキュメンタリーや地球、宇宙、生命をテーマにしたドキュメンタリーなんかを流している
好きなアニメやゲーム実況者の動画を流すよりは、ぐっすり眠れている様な気がしてる
連続性がなかったり、変にテンションが上がったりしないですむからだろうと思う

そんな事どうでもいいから、もう寝よう
未来も過去も現在もどうして
もう放っておいてくれ
静かに寝させてくれ

02-01-2018

ただ年を取ってきた
流れてくる時間をただただ受けて
みんなはいつどこでどうやって大人になったの
絶望=希望が無い状態
やりたい事なんて一つもない
自分は非常に理性的な人間だと思う
だから未だに生き存えている
周りの目を気にして感情を押し殺してきた結果だ
行き場を失くした感情の澱み
クソ面白くねえ世界から逃げる様に想像の世界に目をやる
何をしたって逃れる事なんてできないけど
この肥溜めみたいにクソ汚れた世界からは
何も変わってない事なんてなくて、何もかもが違う
何もかもが
いつからか心が軽くなっている
執着が無いとこれほどまでか
あとは