Spiral Fiction Notes このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-10-15 THE MATSURI SESSION @日比谷野外大音楽堂 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 日比谷野音にてマツリセッションのライブに友人の青木と行って来た。開場待ちしてるとKIMONOSのリハが聴こえてきてた。始まりは16:30分過ぎで雨がちらほら降り始めて野音は傘禁止だからかなりの人が雨合羽を持ってきていた。僕らはそんな用意もせずにビールを飲みながら待っていた。結局雨はすぐにあがって雨合羽はいらなかった。

 メンバーのセッションがすでに凄いんだけども始まりは『東京節』からで、まあここ東京だしね。くるりも『鹿児島おはら節』やったり、去年のオザケンのライブでは『シッカショ節』やってたし、『〜節』に音楽やってると辿り着くのか、日本的なリズムだからなのかなって思いながら聴いてた。

 『Honnoji』が来て一気に繰り出しモードで柔道二段松下敦ドラムの音がいやあ凄い。『HIMITSU GIRL'S TOP SECRET』聴いたのも数年振りかなあ。いろんな穴から出ちゃう昇り龍な『RIFF MAN』とか攻めてたなあ、新曲『おでん』はかなりおでんという単語を連発しててふざけ過ぎだと思ったけど違和感もなく。『Asobi』で締めた。


ZAZEN BOYS


東京節

SIGE・KI

Honnoji

HIMITSU GIRL'S TOP SECRET

RIFF MAN

WHISKY & UNUBORE

おでん

COLD BEAT

Asobi


 T-シャツも買ったKIMONOSに。基本的にこの日のライブは演者の数がどんどん減っていく流れでザゼン(4人)→キモノス(2人)→向井ソロ(1人)という向井秀徳は出ずっぱりなある意味で向井フェスな気もしましたが。

 ↓のセトリだけどアルバム収録が10曲なんでほぼやってますね。夏に行ったワールドハピネス同様にLEO今井と向井コンビは増々磨きがかかってる。LEO今井品川庄司の庄司に見えてきた。『Mogura』からは一気に持って行かれた流れ。ただ前にも思ったけどCDJZAZEN BOYSのバックがありでのKIMONOS観てるのであれが最強過ぎるんだけど二人では何度観た中でもすごいレベルだった。

 夜のTOKYOのど真ん中の日比谷で『Tokyo Lights』が聴けただけでも凄くよかったなあ、この曲本当に聴く度に好きになる。KIMONOSのアルバムは今年の僕のベスト10には入ってる。


KIMONOS


Miss

Haiya

Yureru

No Modern Animal

Mogura

Soundtrack To Murder

Almost Human

Tokyo Lights


 そして最後はThis is 向井秀徳が一人で語り弾きな向井秀徳 アコースティック&エレクトリックとして登場。ここまでにビールを三本飲んで気持ちよかった。風はあるけど強くないし雨も降ってない、湿度もさほどない。一曲目がけっこう好きな『Water front』だった。『Sabaku』も聴きたかったなあ。

 『SAKANA』『カラス』は僕は知らないんだけど新曲なのかな?でもどちらも響いてたがやはり他にした曲がすごかった。

 『delayed brain』『YOUNG GIRL SEVENTEEN SEXUALLY KNOWING』『OMOIDE IN MY HEAD』『TATTOOあり』とナンバーガールの曲が披露されてた。心地よくて鋭くて聴いててもナンバガの曲かどうかわからないぐらいだった。僕は初めてナンバガの曲を生で聴いたんだと思う。ユーチューブにアップされてた『ふるさと』はちょっと泣けた。最後はもちろん繰り返す諸行無常、繰り返す性的衝動な『自問自答』で締める。


向井秀徳 アコースティック&エレクトリック


Water front

delayed brain

SAKANA

YOUNG GIRL SEVENTEEN SEXUALLY KNOWING

カラス

OMOIDE IN MY HEAD

TATTOOあり

The days of NEKOMACHI

ふるさと

自問自答


向井秀徳 - ふるさと

D


 アンコールなラストは出演者全員出てきた。マイクは五本。楽器は向井さんのギターのみ。で始まった『安眠棒』はメンバーとLEO楽器リズムを口でボイパーかみたいな感じで鳴らすというよりは歌うというこれはZAZENじゃねえと無理な口での演奏がめちゃめちゃ笑った。今年一番笑ったなあ、なんかね、僕の感覚としてはカッコ良すぎると笑っちゃうレベルなんですよね。

 僕が一番好きな尊敬してる小説家古川日出男さんの朗読ギグでもなんかも境界線突破しちゃってカッコ良過ぎてもはや面白い、笑ってしまう感じなあれ。それでしたね、口でリズム取って一曲やるの、ベースドラムの二人のリズム隊は大変だけどギターはそれほどでもないっていうね。最後は『KIMOCHI』で、こちらは各自が一小節とか普通に歌ったりしてて、それはそれでレアな感じでよかった。


アンコール

安眠棒

KIMOCHI


 なんか凄まじいものを観てしまったし楽し過ぎた。向井さんとかきっといい人なんだろうなって思う、なんか振り切れてしまってある種の狂気を孕んでる表現の人ってやっぱりいい人じゃないと無理だと思う。聴いてる人が純真無垢とは限らないけどね。

 

 座禅・着物・向井なマツリセッション@日比谷野音終了!楽しすぎてカッコいいわ、最後はみんなでアカペラ&エア楽器な安眠棒にみんなで歌うKIMOCHIとか狂いすぎてて最高!

ZAZEN BOYS

ZAZEN BOYS

ZAZEN BOYSII

ZAZEN BOYSII

ZAZEN BOYSIII

ZAZEN BOYSIII

ZAZEN BOYS4

ZAZEN BOYS4

Kimonos

Kimonos

極西文学論―West way to the world

極西文学論―West way to the world

SHIFT ANOTHER COLOR

SHIFT ANOTHER COLOR

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)

本当の戦争の話をしよう (文春文庫)

本当の戦争の話をしよう (文春文庫)

ディエンビエンフー (100%コミックス)

ディエンビエンフー (100%コミックス)

アンチクライスト [Blu-ray]

アンチクライスト [Blu-ray]

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]

冷たい熱帯魚 [Blu-ray]

さらば雑司ヶ谷

さらば雑司ヶ谷

エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)

エトランゼのすべて (星海社FICTIONS)

僕は君たちに武器を配りたい

僕は君たちに武器を配りたい