Spiral Fiction Notes このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-02-20 『花とアリス殺人事件』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:likeaswimmingangel:20150221003711j:image

f:id:likeaswimmingangel:20150221003710j:image

 今日は『花とアリス殺人事件』、明日は『アメリカン・スナイパー


f:id:likeaswimmingangel:20150221003709j:image

 『花とアリス殺人事件初日だから特典コミックくれた。



f:id:likeaswimmingangel:20150221003937j:image

f:id:likeaswimmingangel:20150221003938j:image

f:id:likeaswimmingangel:20150221003939j:image

f:id:likeaswimmingangel:20150221003940j:image

監督原作脚本岩井俊二

声・蒼井優アリス)、鈴木杏(花)、勝地涼湯田光太郎)、黒木華(萩野里先生)、木村多江(堤ユキ)、平泉成(黒柳健次)、相田翔子有栖川加代)、鈴木蘭々陸奥睦美)、郭智博(朝永先生)、キムラ緑子(荒井友美)ほか


岩井俊二監督が初の長編アニメーション監督に挑んだ作品で、2004年に公開された実写映画花とアリス」の前日譚となる物語。前作で主人公の2人を演じた鈴木杏蒼井優がそのまま今作でも声優を務め、2人の少女の出会いを描いた。石ノ森学中学校へ転校してきた中学3年生の有栖川徹子(アリス)は、1年前の3年1組で起こった「ユダが、4人のユダに殺された」という奇妙な事件の噂話を耳にする。アリスの隣の家は「花屋敷」と呼ばれ、近隣の中学生に怖れられていたが、そこに住むハナという人物がユダについて詳しいはずだと教えられたアリスは、花屋敷に忍び込み、そこで不登校クラスメイト・荒井花(ハナ)と出会う。(映画.comより)


 いいようなわるいような、実写でもいいようなアニメだから撮れる角度からの画が撮りたかったような。プラスな部分とマイナスな部分が同じぐらいに感じられてどう評価していいのか。岩井さんの映画は実写での美しさというのは篠田カメラマンが亡くなられてから試行錯誤はしてきたとは思うがアニメだと自由さはあるんだけど、物語の内容がわりと地味だった。今作のような物語だと蒼井優鈴木杏はもう年齢的に中学生は無理だろうから若手の岩井作品のこれから軸になりそうな女の子を使ってやったほうがよかったのではないかなと思った。やはりアリスバレエや走っている躍動感はあの線でのアニメではまったく感じられない。あれは十代前半とかの美少女だったらそれだけでもう観る者に訴えかけてくるものはあったはずだ。すげえよくもすげえわるくもないからなんだか微妙なのだ。

 終わった後にスクリーン黒木華映像が流れて岩井監督の実写の新作が秋公開って出ていたのでそれを楽しみに待とうかなって思うのと乙一さんの書いたノベライズがどんな感じなのかを読んで確かめる。



f:id:likeaswimmingangel:20150221005119j:image

ニコラでいつもの&『ステーシー』を借りる。


f:id:likeaswimmingangel:20150221005118j:image

白石さん樋口さんの師弟並びなニコラの棚。『愛される資格』に出てくるニコラの棚に置かれる『愛される資格

花とアリス殺人事件

花とアリス殺人事件

花とアリス [Blu-ray]

花とアリス [Blu-ray]

ステーシー

ステーシー

翼 (鉄筆文庫 し 1-1)

翼 (鉄筆文庫 し 1-1)

愛される資格

愛される資格