Spiral Fiction Notes このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-11-23 『ハード・コア』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:likeaswimmingangel:20181126225022j:image

山下敦弘監督『ハード・コア』初日を鑑賞する。

政治活動を手伝っている、正しくない世界だから間違っていると言って何が悪いという兄の右近(山田孝之)と、商社マンで正しくない世の中だから妥協して生きているという弟の左近(佐藤健)、女性経験がなくほとんど話さない右近友達である牛山(荒川良々)と謎のロボットのロボオを中心に、家族もいない、あるいは頼ることもない彼らのコミュニティや関係性を描いていた。

山下さんの描くどうしようもない男たちの哀愁に似たもの、負け犬と呼ばれても仕方のない彼らの衝動やむなしさや人間関係はどうしてもなにかを掴まれたような気になる。きっと、どこにもいけない、なにものにもなれなかった者たちの鎮魂歌

途中で石橋けいさんが出てくるが、異様にエロい、それも監督や男性が求めてしまうある種都合のいい男性主観妄想的な女性像であったりもする。だけど、こういう女性はいることはいるのだと思う。映画の中ではすごい美人ではないがどこかエロティックであり、自分享楽のために男を誘い、彼らがハマって自らオチていくのをたのしんでしまうような、それがもしかしたら目的かもしれないような、昔だったら魔性の女って呼ばれていたのかもしれないそんな女性

この作品で出てくる女性って基本的に男性の性的な欲望の対象ではあるけど、メインキャラとそれを省いて関係を持つものがいない。そのためにホモソーシャルな関係は持続し、大切なものとして強固になる。

最後にスタッフロール見てたら、衣装伊賀大介さんだった! 

2018-11-17 『ア・ゴースト・ストーリー』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:likeaswimmingangel:20181126224531j:image

シネクイントで『ア・ゴースト・ストーリー』初日の上映を観る。

ゴースト基本的には「過去」であり、そのメタファ。突如交通事故に遭い死んでしまった男はゴーストとして恋人と住んでいた家に帰ってくる。そして、彼女の側にいる。ここまではありふれたゴースト・ストーリー。

大切な人が死んでしまっていなくなった現実を受け入れるまでの期間を喪に伏す時間とも言えるけど、それは実際のところ人それぞれ違う。現在を生きているものはやがてそれを経て違う未来を歩き出す。しかし、この話は喪に伏される側のゴーストの大切だった場所と時間を巡る構造になり、場所や時間すらも越えて、やがて死んでしまった側の彼=ゴーストが知りたかったものを見つけるまでの『ア・ゴースト・ストーリー』になっていた。肉体を失い意識だけが残された者がその意識を失うための。

だから、とてもわかりやすい20世紀的な映像想像力で作られてもいる。わたしたち理解しやすい時間空間を用いて。これに更なる次元を加えて物語るとクリストファー・ノーラン監督インターステラー』になる。

2018-11-09 『生きてるだけで、愛。』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:likeaswimmingangel:20181110162551j:image

 公開初日に、渋谷のヒューマックスシネマで仕事帰りに鑑賞。10人ぐらいのお客さんだったような気がする。小説自体はだいぶ前に読んでいるが、鬱になっている主人公(趣里)と彼女の彼氏(菅田将暉)、彼女のわがままに見える、不器用さやどうしようもなさ、人の優しさが染み込んでくると壊してしまいたくなるのは、自己肯定力のなさやそれに応えることがきっとしんどくなってくるからなのだろう。だが、一緒にいる彼氏、いや恋人や同居人だったら耐えれないとも思う。彼もまたゆっくりと溜まっていたものを最後には爆発させる。彼女の最後の疾走と踊りのような行動は憂鬱の鬱から抜け出す儀式だった。しかし、彼女の行動に胸糞が悪くなるところもある。きっと、今の所自分だったら迷惑をかける側だからだ。しかし、いつ自分が鬱になってしまうかは誰にもわからない。ただ、このメンヘラ的な自意識の問題は本谷有希子さんが演劇で世に出て、小説を書いていくことになるゼロ年代的なものでもあり、いまでもこのことに苦しんだりしている人が多いのも知っている。だが、どこか見慣れてしまった光景でもあるように思えてしまう。もっともっと早く映像化していた方が突き刺さり方は違ったのかもしれない、とは思う。

 本谷有希子原作『生きているだけで、愛。』と山戸結希監督『おとぎ話みたい』の映画の主演が共に趣里が主演で、どちらも劇場で観たが、山戸監督の呪いですらある作品に出てた印象には勝てない。というのが観た印象だ。

2018-09-01 『きみの鳥はうたえる』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:likeaswimmingangel:20180902145959j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180902145957j:image

 三宅唱監督『きみの鳥はうたえる』初日舞台挨拶を新宿武蔵野館で。原作の小説を少し前に読んでいた。

 佐藤泰志作品にあるものは屈折した気持ちや暴力が描かれるが、日常の些細な描写なども素晴らしいのは、最初は例えば部屋の中など三人称で描写しながら、その部屋の中にいる主人公などの一人称からの視線や感情、五感の描写からまた彼を含んだ空間の三人称という風にスヌーズに移行していく。そこがほんとうに文章として端正だし、詩のように滑らかに世界を描写している。

 その作品を現代に置き換えて、小説では東京だった舞台が函館になっている。予告編を見る限りは、朝焼けの中を歩く主要人物である「僕」(江本佑)と佐知子(石橋静河)と静雄(染谷将太)のシーンは美しい、青春という響きがよく似合う、同時にかつて自分も体験したような懐かしさすらも連れてくる。原作とラストはだいぶ異なっている。そこの解釈はわかれるところだろう。

 静雄と母親、彼が病人に向かって行う行為などが省略されている。三人の関係性の変化はあるのはわかるが、「僕」が数字を数える最初の出会いの反復の部分でほんとうの気持ちを告げて、佐知子がというオープンエンドで終わる。屈折した主人公が出てくるのが佐藤泰志作品ではあるが、映画では最後にその屈折を覆す。それがほんとうにいいのか悪いか。

 舞台が現代でクラブみたいな場所で酒を飲んで楽しんでいるのはまったく問題ないというかいいと思えた。問題は函館って感じが特にしない。夏なので雪も降らないのは当然だが、函館じゃなくてもよくない?という感想がどうしても出てしまう。佐藤泰志の地元が函館で三宅監督も北海道出身だからっていうことぐらいではないだろうか。おそらくまったく北海道に行ったこともない、地域的にも遠い場所の人が観たときにこれは北海道だ、函館だってたぶん思わない。

 原作で描かれている佐知子と静雄がバーのマスターたちと海に遊びにいく、映画だと山にいったってことになっていたかな、その前から二人はどうも好き同士になっていったみたいな予感、そして帰ってきてからそのことを告げられる。それはいいのだが、気持ちは変わるから。映画だと佐知子が静雄を好きになった描写や変化があんまりわからないので、えええ?いつよ?みたいな感じになって、置いてけぼりにされる。クラブでふたりが一緒にDJが鳴らす音にのってたけどさあ、あと同居人の彼女みたいなセックスしている女の子とそうそう付き合うかしら、その部分の三人があまりにもさっぱりしているのでドラマがなくて、そのわり最後に感情爆発してしまうので、から回っているような印象を受けてしまった。

2018-08-21 『銀婚2』『2重螺旋の恋人』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:likeaswimmingangel:20180821213605j:image

 17日初日、TOHOシネマズ渋谷で仕事終わりに『銀魂2』を鑑賞。「冗長」とはこのことだなという一言が後半ずっと頭の中で巡っていた。


f:id:likeaswimmingangel:20180821213451j:image

 ヒューマントラスト渋谷にてフランソワ・オゾン監督『2重螺旋の恋人』鑑賞。

 元モデルの女性が精神科医を訪ねる。その精神科医との依存と逆依存によって二人は恋人になり同棲を始める。しかし、彼女は彼にそっくりな男を見かける。その男を見た場所にも精神科医の診療所があり、訪ねていくと彼とそっくりな男がいた。彼氏とその男は双子であり、彼氏は兄であるその男と縁を切っていた。双子に惹かれてしまう彼女が抱える問題とトラウマとは? 

 物語はサスペンス的な要素もありながらエロティックな描写も多い。しかし、実存を巡る問題を描いている。精神科医の双子はフロイトとカントのような関係性なのだろう。この映画には様々なものが螺旋、ダブルであり構造が重なり合っている。彼女のダブルとはなにか、そして彼女が抱える問題と精神的なものを抱えてしまった原因が最後には解き明かされる。

 前日に中上健次の『水の女』を読んでいたのもあるが、エロティックな描写と人間の現在性、そしてやはり「私」とはなにかという主題に惹かれているような気がする。

2018-06-11 『それから』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:likeaswimmingangel:20180611235101j:image

 ホン・サンス監督『それから』をヒューマントラスト渋谷で鑑賞。この作品のタイトルって夏目漱石の『それから』から取ってるってことか、観終わって数時間経ってから気づいたけど、そういうこと?

 社長であるボンワン(クォン・ヘヒョ)と、妻、浮気相手、そしてアルム(キム・ミニ)という四人がメインなんだけど、浮気相手と間違えられたアルムが妻に出社初日から叩かれるという所から始まるんだけど、社長が全部わるいんだが、途中でボタンがかけ間違えまくってシリアスな時で笑ってしまった。

 ひとりのおっさんの優柔不断さによって物事がやっかいになって、関係者がみんなムカついたり泣いたり怒ったりするっていう、最終的におっさんもどうしようもなくなって泣いたりとか、哀愁しかねえ、そして最後の終わり方とかこうやって終わるのかっていう新鮮さもあった。

2018-06-01 『デッドプール2』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:likeaswimmingangel:20180601221302j:image

 TOHOシネマズ渋谷にて初日、仕事終わりに観にいった。かなりたくさんお客さん入ってた。まあ、映画の日で千円だし金曜日だしってのはあるんだろう。

 あの人がサノスとかわかんないよ、町山さんのラジオでの話の文字起こし読んでから言ってよかった。あと自分の黒歴史を笑いに変える強さ、復讐みたいに人生をひっくり返すにはユーモアしかねえ、みたいな。差別ネタをどんどん指摘していくとかつよいよ、デッドプール。いや、ライアン・レイノルズ!

 ただ、ちょこちょこ出てくる豪華なゲストはいいとしても、マーベルとかアメコミの世界観とか、もろもろのネタがディープなとこもあり、いきなりこれだけ観てもわかんないだろうなってネタのオンパレードってのはある。でも、もうお腹いっぱいなくらいのアクションと展開、わかんなかったらあとから調べたりすればいいわけだし、どっちが先かなんてどうでもよくて、まあ、今たのしみなよって映画かもね。


https://miyearnzzlabo.com/archives/50508

2018-05-12 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:likeaswimmingangel:20180512182506j:image

 公開初日、ヒューマントラスト渋谷にて初回の『フロリダ・プロジェクト』を鑑賞。どうしようもない現実を描いて、ドキュンみたいな母親は娘をネグレクトはしないし愛してるけどそれ以外の部分は完全なる社会不適合者、彼女たちが住んでるモーテルは夢の国のすぐ近く。

 トム・ヨークがかつてディズニーの隣には世界中の飢餓で死んだ子供たちの骨でできたもうひとつのアイランドがあると皮肉を言ったが、僕らはそこに骨を積み上げることに知らずと参加してる、残念ながら。という気持ちを十代の終わりに植えつけられてる。僕はそういう所に無邪気に行けないし行きたい欲望がない、象徴ということがわかっていながらも。行くなら骸骨たちを踏みつぶしながら、それでも笑えるような鈍感さと強さがないといけないと思っている。

 ラストはある意味では最低な、しかしながらそれしかないだろうなと思う拍子抜けする終わりかただった。ショーン・ペイカー監督は『タンジェリン』に続いて社会が見たくない、ないことにしておきたい人物を主役にして映画を撮る。彼らは生々しく映画だとしてもあまりにも自己中心的で身勝手だ。でも、なにもかも管理されて人間農場の家畜に成り下がる僕らへの警鐘にも思えてくる。

 どうにもならないことはどうにもならず、サブタイトルに「真夏の魔法」とはクソダサいが映画をうまく言い表してる。魔法は解けてしまいあとはクソみたいな現実が待ってるだけだ。クソみたいな場所から這い上がるに最初からなにもなかった、奪われてしまった子供はある者から奪うしかなくなる。

 神様はそういう意味では抑止力だった。上から見られているという視点、自己の客観ができたが、残念ながら新しい神様はiPhoneだったりスマホだから僕らはセルフィーして自分語りすることに夢中だから、上からの視線は意識しなくなってる。彼らは奪うだろうし、持っている者たちは奪われないために壁を作るだろう、物質的な精神的な言語的な。それが今世界中で起きている。

2018-04-14 『クソ野郎と美しき世界』感想 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:likeaswimmingangel:20180406224058j:image

「クソ野郎と美しき世界」観客動員15万人突破!稲垣、草なぎ、香取が感謝のコメント

https://natalie.mu/eiga/news/278104

 15万人突破すごい、おめでとうございます!ですね。さっきまでいつも行くカフェのカウンターで常連さんと話をしていて、この映画の話になって自分が感じたことをお話ししたらすごく観たくなったと言われたので、初日の舞台挨拶中継の時に書いたブログよりも細かい感想をブログに書いておこうと思った。


 まず、最初の園監督の『ピアニストを撃つな!』は序破急でいうと序の部分ぐらいだけの展開で、園さんの作品らしく叫びながら走っているシーンはやはり園さんの色がある。同時に稲垣吾郎・浅野忠信・馬場ふみかというメインの3人の「愛している」という叫びがあるのだが、彼らは互いにほぼ一目惚れ、こいつしかいないみたいな始まりなので観客としては短い流れの中でひたすら叫んでいるからどこか乗れない人がいるのかもしれないと思っていた。だが、この叫びこそ「新しい地図」を応援している人たちが稲垣吾郎・草剛・香取慎吾というSMAPだった三人、ジャニーズ事務所から飛び出た彼らに対しての思いを代弁しているのかもしれないと考えれば非常に納得できる。

 園さんは稲垣さんとピアノでの組み合わせをして欲しいと言われて脚本を書いたのかもしれません、その辺りは調べてもいないし聞いてもいないので確認できませんが。園さんらしさは『アンチポルノ』からの衣装や髪型、部屋の中のビビッドな色彩によく現れている。園さんには稲垣さんともっと長い作品を撮ってもらいたいという気持ちが湧いてきたのも正直な所。タイトルにあるようにラストシーンでピアニストである稲垣さんの手がハンマーで潰されるという瞬間で終わる。ピアニストから手を奪ったらもう音を鳴らせない。そう、彼らは音楽をある意味で奪われてしまった。


 山内監督『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』は短編としてまとまりもよく、香取&新人の女の子がメインですが彼女の歌喰いという設定だった。かなりポップさがある。山内さんがGrasshoppa! VOL.1『ボヌールハイツ』を撮っていたことを知って当然だなわと納得した。こちらも内容的には歌喰い少女に歌が喰われてしまい歌えなくなっていく世界、プラス香取さんの絵を描くというポップでカラフルなものも喰われてしまい色彩が奪われてしまう。最後に少女から出たものはカラフルさがある。それは最後の『新しい詩』で一つになって、また香取慎吾に再吸収されて行くことになる。この最初の二作はSMAPでなくなってしまったことで彼らがSMAPの歌が歌えなくなってしまったことを作品の中で表している。このことは無意識に観ているファンの中に染み込んでくる。


 三本目の太田光監督『光へ、航る』は前の二作からは一転してシリアスな内容になっている。亡くなった子供の右手を移植された子供を夫婦(草&尾野真千子)で探しにいくロードムービー風の作品。移植された手を持つ子供を見つけるまでの流れはかなりご都合主義すぎるし、子供が巻き込まれた事件を解決した理由がかなり強引でもある。ただ、クライマックスでの移植された子供と草さんのやりとりがタイトルにかかっていてうまくまとめられるので違和感はない。こちらは自分たちが失ってしまったものがどこかで誰かが引き継いでることを認めながら、自分たちはもう違う人生を歩むのだという強い意思表示が感じられる。かなりコンセプチュアルに作られていることがわかる。


 最後の児玉監督『新しい詩』はミュージカル的な作品になっている。前の三本における失われたものがここに集結して行く。彼らは歌い踊り、カラフルな世界がそこにはある。そして、前の三つの後日談みたいなものを出していき、音楽が鳴りながら三つをうまくまとめていくのである種、力技だし強引に見える収束ではあるが監督の手腕が問われる。

 ここでのダンスと歌によって観客には不思議な高揚感が起こる。『ピアニストを撃つな!』『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』『光へ、航る』が示していた稲垣・草・香取の三人が奪われてしまったものを取り返すのではなく、新しくスタートするという意思表示がそこにはある。だからこそ、力強く彼らを応援したいというファンの方はより彼らを後押ししたいという気持ちが湧き上がっていくことになる。

 ここまでのものを作り上げた人たちが彼らと共に映画を作る側にいることはとても心強いはずだ、制作期間もさほどなかったはずだから。


 僕は初日に15万人は無理なんじゃないかなって思ったのが正直な所です。しかし、今劇場で観るべきだと水道橋博士さんが自身のYouTubeでコメントされているのを見てこの作品にある現在性みたいなものに大きさに気づきました。「平成」という時代を代表するSMAPという国民的グループの解散という物語を見てしまったからこそ、この作品におけるバッググランドはほぼほとんどの日本に住んでいる人たちはわかっている。だからこそ、この作品を劇場でリアルタイムで観ることに意味があるはずです。ここから始まるということはやっぱり次に彼らがどんな作品を作るかということに興味がいきます。今回の15万人突破でより彼らは歌い、踊り、演じることが自由になっていくはずだから。

2018-04-06 『クソ野郎と美しき世界』 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

f:id:likeaswimmingangel:20180406224058j:image

 『クソ野郎と美しき世界初日完成披露舞台挨拶生中継付き上映をTOHOシネマズ渋谷にて鑑賞。二日前の0時過ぎてオンラインでチケットとろうとしたらすげえ速さで埋まっていくから期待値すごいんだな、やっぱり新しい地図は応援の熱がすごいと思ったんだけど、実は18時の回は初日完成披露舞台挨拶生中継が全国80館であった。知らずにチケット争奪戦に参加してた。

 舞台挨拶はカメラ撮影オッケーだったのでわりと撮った。爆笑問題の太田さんがいつも通りの制御不能感を出しながら、園さんに『愛のむきだし』つまんなかったぞとか絡むし(笑)。飯島!て何度か言ってたけど、太田さんらしい。草さんの短編の監督が太田さんだからなんとかしろよって言われてたけどね。


f:id:likeaswimmingangel:20180406222709j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406222706j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406222703j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406222701j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406222658j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406222706j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406221322j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406221319j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406221316j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406221313j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406221654j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406221651j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406221648j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406221645j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406221642j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406221640j:image

f:id:likeaswimmingangel:20180406221637j:image


 園さんの『ピアニストを撃つな!』は『アンチポルノ』的な色彩とか髪型とかビビッドな感じで、園さんの映画で叫びながら走る登場人物を観るとワクワクしますね。稲垣さんと『冷たい熱帯魚』みたいな犯罪ものとかやってほしい。稲垣さんが犯罪者になっていくみたいなものとか、アマゾンプライムでもネットフィリックスでも組んでドラマとか映画作品やってほしい。

 山内監督『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』は思いの外かわいらしい内容で笑いも起きてた。昔加瀬亮さんが出ていた『Grasshoppa!』みたいな感覚もあった気がした。って書いてwikiで調べたら山内さん加瀬さんは出てないけどGrasshoppa! VOL.1『ボヌールハイツ』撮ってた!

 問題の太田さんが監督『光へ、航る』は実はいちばんシリアスな内容で草なぎさんと尾野真千子いいよね。タイトルが実は物語を語っているんだけど、ちょいとご都合主義な部分はあるけど、短い尺だと収めるためには仕方ないと思う。

 最後は児玉監督『新しい詩(うた)』は前の三つをまとめながらのミュージカル。快快の『再生』に出てた後藤さんがあるシーンで出てて笑った。これはすげえ大変そうな気がするけど、三つ観てるから不思議な多幸感があったりした。

 ヒットしてそれぞれが一本の長編とか撮れたらいいなあ、と応援したい気持ちにはなりました。