ラインの日記帳

 | 

2017-01-20 福島県棚倉町 都々古別神社散策 前編 20:00

昨年となる2016年12月23日(金)に同僚と福島県ドライブに行った内容で、福島県棚倉町にある都々古別神社編の前編を更新。

都々古別神社に到着

20:10

福島県白河市にある白河関跡から車で走ること約40分、福島県棚倉町にある都々古別神社に着いた。

都々古別神社久慈川に沿って、近津と呼ばれる神社が3社存在している。

その3社とは馬場の都々古別神社を上之宮、八槻の都々古別神社を中之宮、そして茨城県大子町にある近津神社を下之宮とし、この3社を江戸時代の頃には近津三社と総称されたのである。

今回はそのうちの1つである八槻の都々古別神社にやって来た。


都々古別神社の情報を少し調べてみると、陸奥国一之宮となる旧国幣中社祭神主祭神味鋤高彦根神で、配祀は譽田別命、大國主命である。

立鉾山に日本武尊が鉾を建て、三森に都都古和氣神を祀ったのが創祀と言われている。

ちなみにこの都都古和氣神とは「面足尊や惶根尊、事勝國勝長狭命や大己貴命味耜高彦根命少彦名命、そして事代主命」を合祭した神の事を言うらしい。

更に詳しい事は「棚倉町都々古別神社」で検索。

さて、画像は都々古別神社の駐車場である。 駐車場には棚倉町の大きな観光案内図があった。

f:id:line85:20161223110452j:image

ちなみにこの都々古別神社は人生で来たのは2回目となる。

前回は5年か6年程前に同僚と来た覚えがある。 その時も撮影した覚えがあるけれど、別のSDカードに保存してるせいか見当たらなかった。 っていうか、カード自体行方不明と言う…(苦笑) まあ、何処かの箱に入ってるのは確かだけど…(笑)

都々古別神社のパワースポット

20:20

鳥居前で一度礼をして鳥居を潜り抜ける。

f:id:line85:20161223110529j:image

鳥居を潜り抜けると国道118号線側にあるすぐ左側に夫婦杉と言うパワースポットがあるのだ。 この杉は縁結びや長寿之神として都々古別神社御神木だ。

f:id:line85:20161223110621j:image

根元で繋がっている二本の木は夫婦杉で有名であり、縁結びや長寿の象徴のようになっている。

そして参道を進むと立派な随神門が見えて来た。

f:id:line85:20161223110642j:image

次回はこの随神門や拝殿を散策だ。

中編に続く。

 |