寺子屋フルメタルイノベーション このページをアンテナに追加 RSSフィード


Amazon.co.jpロゴ
Amazonベストセラー
寺子屋フルメタルRSS FCデラックス
寺子屋フルメタルイノベーションZ  /  ショッピングモール文京千駄木
Amazonギフト券

2015-05-15 リアルいただきストリート

三菱UFJ、最終利益1兆円突破 日本ではトヨタに次いで2社目の大台 三菱UFJ、最終利益1兆円突破 日本ではトヨタに次いで2社目の大台を含むブックマーク

「三菱UFJフィナンシャル・グループが15日発表した2015年3月期連結決算は、最終利益が前期比5.0%増の1兆337億円となった。日本企業で最終利益が1兆円を突破するのはトヨタ自動車に次いで2社目となる。」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00000507-fsi-bus_all



別に儲かって悪いとは思わない。

でも、この儲けは企業努力とかそういうものによって達成されたのではなく、国が誘導して儲けさせたものだから、どうも納得がいかないんだ。


こうした現状を、いただきストリートにたとえてみよう。

現状は以下の通りだ。


1位 資産20000

2位 資産6500

3位 資産5000

4位 資産2000


このままいけば、間違いなく1位がほぼ全てのエリアを独占して優勝する。

そんな状況だ。


で、そこに現実的な感じ、すなわち自民党経済政策である「アベノミクス」という魔法を加えてみよう。


アベノミクスが発動されたことによって、資産2万Gを持ってトップを走っている奴に、景気回復のためだといって、主催者がさらに2万Gをそいつにあげる。

結果、合計資産4万Gになって完全にトップ独走という状況が作られる。

つまり、以下の感じになる。


1位 資産40000

2位 資産6500

3位 資産5000

4位 資産2000


そこで主催者はこう言う。

「あげた2万Gでさらに儲けて、そこから下の順位のものたちに分け与えてあげなさい」と。


で、トップの奴はもらった金で増資を行う。

増資先の物件の株を持っている暫定2位、3位の人はその恩恵にあずかれる。

一緒に資産急増だ。

だが、株すら買う金もなくなっている4位の人には全く恩恵がない。

恩恵がないどころか、増資された御蔭で買い物料が急上昇し、下手すると一発で破産するレベルになる。

こうなってしまうと、4位の人には自力による逆転の可能性はもはやない。

可能性が少ないんじゃなくて、「無い」のだ。

で、4位の人がどうなるかというと、1、2、3位の人の養分にされる。

ただし、2、3位の人は1位の人の養分でもある。

つまり、いずれ破産する運命であるといってもいい。

要するに、巡り巡って1位の人だけが儲かるわけだ。


1位の人にお金をあげるというのは、そういう搾取構造を後押しするだけに他ならない。

それがいただきストリート世界だが、現実でもこういう状況がくるかもしれないんじゃね?と時々思う。

話題になった、トマ・ピケティの『21世紀資本』も、こうした金持ち優遇して格差を作ってしまう現状に警鐘を鳴らしているらしい。



ところで、先のいたすとに話を戻すと、実は資産4万Gを超えてトップを独走する1位を倒すことが全くできないわけではない。

ただし、それには2位、3位、4位が連合を組み、且つ運と時間が味方する必要がある。

言い換えれば、純粋勝負をすれば、まず絶対に1位に勝てないということでもある。


他には禁断の方法もある。

いわゆる「敗者の一撃」というやつだ。

4位の者が破産した時点で、その怒りをゲーム機にぶつけて窓からぶん投げる。

あるいは投げないまでも、リセットボタンをそこはかとなく押す。

これで勝敗あいまいになる。

さらにより過激なのは、1位のやつをぶん殴り、コントローラーを奪う。

これが「敗者の一撃」である。


いずれにせよ、いたすとはほどほどにやらないと、友達を無くすゲームだ……。