Linoブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-10-08

アジャイルアカデミー Jenkins Boot Campにて講師をやります

f:id:lino:20131008192447j:image

いろんな御縁がありまして、前回はチューターを努めさせていただきました日本Jenkinsユーザ会有志によるアジャイルアカデミーでのJenkins Boot Campも、初回は好評のうちに終わりました。

次回はわたくしが講師を努めさせていただくこととなりました。

お申込み詳細はリンク先から

Jenkins Boot Camp(Agile Academy Edition)

日時2013年11月27日(水) 10:00〜18:00(受付開始は9:30)
場所株式会社翔泳社 セミナールーム 〒160-0006 東京都新宿区舟町5 地図
参加料通常価格:80,000円(税込84,000円)⇒期間限定価格:60,000円(63,000円)・昼食代を含む

座学とコンピュータを使ったハンズオンで体系的にJenkinsのメリットや使い方を学んでいただける講座となっています。


@oota_ken さんや、世界3大和田さんの一人である @wadatka さんもチューターとして参加されます。 (@nkns165 さんは調整中)


有償のセミナーですが、もしご興味がございましたら、ぜひともアジャイルアカデミーのお問い合わせボタンからお問い合わせください。

かっこいいバナーまで用意していただきました。

皆様とお会いできることを楽しみにしております。

f:id:lino:20131008192514j:image

2013-07-15

July Tech Festa 2013にてJenkinsで始める継続的デリバリーと実践の道程を発表してきました #techfesta

ITエンジニアの夏の祭典 July Tech Festa にてJenkinsの話をして来ました。

発表資料はこちら。

私が継続的デリバリーとJenkinsの紹介、後輩の米沢くんが事例を発表しています。


発表者としてではなく参加者としても、Tresure Data、CloudStack、serverspec、OpenStack、LTに懇親会とためになる話が聞けて、刺激的でした。



そういえば、6月にも石川県にもお招きいただきプレゼンテーションをやりましたが、いつでもお声がけいただければ、馳せ参じて発表させて頂きます。

2013-01-14

継続的デリバリー Continuous Deliveryを読んで

ずっと前から英語版も日本語版も読んでいましたが、明日からScrum Gathering Tokyo 2013だし、記録を残そうと思います。

f:id:lino:20130114230608j:image:w400


タイトルこそ、継続的デリバリーというタイトルですが、今日のソフトウェア開発はこうあるべき、といった理想像が描かれています。よりよいソフトウェア開発を目指すならこの本を読まない手は無いでしょう。


はっきり言って、ここに書いていることをいきなり全部実践するのは難しいでしょう。しかも、本には具体的なことは書いてないし。実践内容などが聞いてみたい人は、きっとJenkins勉強会などに参加してみるといいと思います。


ちなみに日本語版が出る前から英語版を読んでいたのですが、途中で力尽きて(いや、途中で日本語版が発売されたので…)日本語版だけを読み終えたのは秘密です。短い英文は苦にならなくなってきたけど、450ページはツライ…。

# ちゃんと、大事なところは英語版で先に読んでましたよ :-)

日本語もこなれてて、読みやすかったです。翻訳とレビューには膨大な労力がかかったことだと思います。

継続的デリバリー 信頼できるソフトウェアリリースのためのビルド・テスト・デプロイメントの自動化
継続的デリバリー 信頼できるソフトウェアリリースのためのビルド・テスト・デプロイメントの自動化