Hatena::ブログ(Diary)

Lithos kulindomenos to pukos ou poiei.

2010-07-12

映画で見る史跡「長いナイフの夜事件」他

  先日アップした「グーグルマップで見る史跡『長いナイフの夜事件』」の記事。その記事について前回のゼミの時間に立花隆先生から「ルキノ・ヴィスコンティの映画『地獄に堕ちた勇者ども』」(1970)を見るとよいとオススメいただき、レンタルDVDで観ました。

 連行されたあと処刑された突撃隊員らが、現場で撃ち殺されていることなど、映画用に変更は加えられています。しかし、この当時この事件を取り上げる映画が少なかったであろう時期に、タブー視をすることなく同性愛者について撮影・上映がなされたことはすごいことだなと感じました。

 なお、このシーンは映画の中のワンシーンであり、話の本筋は、ナチス体制下の鉄鋼一族の没落について描かれている映画です。

f:id:lithos_08:20100713005202j:image

 余談ですが、その後、映画ついでにもう一つ。偶然テレビをつけたら、

宮崎アニメ「耳をすませば」(1995)で

立花隆先生が月島靖也(雫の父)の声を担当している場面でしたので、

ついついそこから最後まで観てしまいました。

以前、初めてこの映画を見たときには立花先生が出ているとは知らずにいたので、今回は雫の父である月島靖也(立花先生が声を担当)が登場するシーンを

じっくり観ました。

f:id:lithos_08:20100713005201j:image

2010-06-08 グーグルマップで見る史跡 「パリ市庁舎」

 2002年10月5日。この日のパリは、ベルトラン・ドラノエ市長(52)が企画した、翌日曜の朝方にかけての「眠らない夜」というイベントが開催されていました。

 エッフェル塔や数々のモニュメントが夜通しライトアップされ、ルーブル美術館や教会といった歴史・文化施設、市庁舎などが市民に無料開放され、これにあわせデパートやレストランなどが深夜営業していました。

 そして、日付が変わった6日の午前2時半ごろ、市内を回り終え、市民で満席状態だった市庁舎内のイベント会場を訪れたところ、市長は突如飛び出してきた男にナイフで腹部を刺されました。


 ドラノエ氏は、1977年にパリ市議会議員に当選。1995年には上院議員に当選(上院議員とパリ市議を兼務)。そして、上院議員在任中の1998年11月22日に、異性カップルおよび同性カップルの事実婚の権利を保障する準結婚制度(PACS)の法定を巡る論争について、賛成の立場からテレビに出演をしました。そして、インタビュアーから「ドラノエさん、 あなたは異性愛者なのですか、同性愛者なのですか」と質問された際に「そうです、私は同性愛者です。今日この場で、行っている議論の重大さを承知しています。しかし、私はもう48歳です。自分の信念を持って生きなければならない。自分のキャリアなど、私にとっては最も重要なことではない。」と語りました。この発言によって自らの政治的生命が絶たれる危険性を覚悟した上での発言でしたが、ドラノエ氏の発言は好意的に受けとめられ、2001年3月には現職市長を破ってパリ市長に当選をしていました。


 市長を刺した男は周囲の人々に取り押さえられ、警察に逮捕されました。 逮捕された男は警察の取り調べに対して「政治家、とくに同性愛者が嫌いだった」と動機を語った。市長はすぐに病院に運ばれ、緊急手術を受けたものの一命を取りとめました。

 ドラノエ氏はその後も一貫して、反ユダヤ主義イスラム教徒への差別、同性愛者への差別、性差別闘う政治家として、現在も市長として在職をしています。


 1〜3枚目の画像はパリ市庁舎、4枚目の写真はドラノエ市長の写真です。

f:id:lithos_08:20100608184648j:image

f:id:lithos_08:20100608184647j:image

f:id:lithos_08:20100608184646j:image

f:id:lithos_08:20100608185138j:image

2010-05-11 グーグルマップで見る史跡「長いナイフの夜事件」

長いナイフの夜事件(Nacht der langen Messer)とは、1934年6月30日から7月2日にかけて、ナチスが行った粛清事件です。

 第一次対戦後、ワイマール憲法下で同性愛者を罰する刑法規定が執行されない状況が続いていましたが、ナチス台頭に伴い状況が一変します。

 ナチス内でも、この事件で、ヒトラーとの対立が増していたナチス突撃隊(元々は他党の妨害に対抗する組織)の隊長であったレーム以下、複数の同性愛者を含む隊員幹部が処刑されることとなりました。

 三百万人を超えた突撃隊と国軍との対立を原因とする粛正事件でしたが、同性愛者の幹部への登用に国民的な反発もあったようです。

 写真はレームら突撃隊が宿泊していた場所で現在もホテルとして使われているそうです。

 大義名分として、同性愛者の処分のためとの情報も流されたようです。

f:id:lithos_08:20100511150658j:image

f:id:lithos_08:20100511150657j:image

f:id:lithos_08:20100511150656j:image

Bad WiesseeHotel Hanselbauer

Bodenschneidstrasse 9-11

Today: Hotel Lederer am See

Hitler himself arrested Ernst Röhm in this hotel on the 30th of June 1934.

2009-12-14

グーグルマップで見る史跡 「シェイダさん事件」

f:id:lithos_08:20091210220928j:image

f:id:lithos_08:20091210220927j:image

f:id:lithos_08:20800111000215j:image

写真は牛久にある東日本入国管理センターです。


★入国管理センターとは

 そもそも、入国管理センターとは、在留資格がない不法入国者やオーバーステイをはじめとする入管法違反で退去強制手続の対象となった外国人を収容する施設です。

(退去強制相当の違反をした場合、最終的には、―亶駝仁瓠↓即日仮放免(後日なんらかの手続をする)、C亙入管局に付設されている収容場(しゅうようば)への収容の継続、て国管理センター(日本全国に三箇所)に収容(事案処理の見通しがつかずに中長期に及ぶと想定される者)のいずれかとなります)

 入国管理センターの待遇は非常に悪く、8畳間に8人を押し込めたり、昼も夜もわからなかったりするなど、「刑務所より酷い」環境に置かれているという話もあります。しかし、内部の取材を認められた例はないため、現時点では難民申請者の証言のみに留まっているとのことです。

 ただし、在留資格のない外国人の中には難民として日本に在留している人もいます。


f:id:lithos_08:20091214180405j:image

f:id:lithos_08:20091214180403j:image

f:id:lithos_08:20091214180358j:image

写真は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の駐日事務所 (@国連大学ビル《UNハウス》) 

です。

★難民

 難民認定の方法には2つあります。

・1つ目は国内にいる難民認定申請者の中でいわゆる難民条約・難民議定書上の難民該当性を有する者を難民と認定するというものです。

・2つ目は国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)が行っている第三国定住プログラムでリストアップされている難民について受け入れ枠を定めて難民と認定し、国内に入国させ保護するというものです。(UNHCR認定者はマンデイト難民、あるいはマンデート難民と呼ばれます)。

*日本では後者については、過去に、インドシナ難民に限って時限的に行った実績はあるものの、平時の広汎な受入れ対応は行っていません。

 例えば、2005年1月18日には、日本国政府はUNHCRが難民認定したクルド人をトルコに強制送還したことがあります。なお、国連難民高等弁務官事務所が認定したマンデイト難民を、一国家が認めずに強制送還をするということは世界初のできごとでした。

 人が難民になる理由は様々ですが、その理由の一つにセクシュアリティに関するものもあります。

例えば、イラン・イスラム共和国刑法では、

第108条 ソドミーとは二名の男性で行われる性行為で、かつ性器の挿入を含むもののことを指す。

第109条 ソドミーが行われた場合、挿入者と被挿入者はともに処罰の対象となる。

第110条 ソドミーの処罰は死刑であり、執行の方法はイスラム法判事の指示に基づく。

第111条 挿入者と被挿入者がともに成人であり、健康な精神状態で自由意思によりソドミーが行われた場合、これを死刑に処す。

第121条 二名の男性間の挿入を伴わない性行為の場合、両者を100回のむち打ち刑とする。

第123条 二名の血縁関係にない男性が、不必要に全裸で横たわった場合、両者を99回のむち打ち刑とする。

第124条 性欲をもって同性とキスを行った場合、60回のむち打ち刑とする。

とされています。

(下記のシェイダさん事件の弁護団の調査によって、)1990年から2000年の11年間でわかっているものだけでも

10件の事件(人数としてはゲイ13名、レズビアン2名。ただし15名の内2名はスパイ罪も問われ、1名は飲酒の罪にも問われている。)

があります。

★シェイダさん事件

 そして、日本で初めて同性愛者であることを理由に難民申請をしたのがシェイダさんでした。 

 シェイダさんは、1991年にイランを出国し、来日。来日後は性的・政治的な自由を求めるグループに参加してイランの現体制への批判を行っていました。

その後、オーバーステイにより、2000年4月22日に逮捕されました。

仮にイランに強制送還されたら、身に危害が及ぶ恐れがあるとして、シェイダさんは2000年5月に日本で初めて、同性愛者であることを理由とする難民申請を行いました。

 その結果、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)はシェイダさんを難民(マンデート難民)と認めたものの、日本政府は「難民にはあたらない」という判断をしました。

 シェイダさんは裁判を起こ司法の場で争うことを決意し、一度は入国管理センターに収容されたものの、裁判中の2001年11月仮放免が認められました。しかし、第1審、第2審とも敗訴となりました。

 *シェイダさん在留権裁判1審(2004年2月25日(水)シェイダさん敗訴)

 http://www.sukotan.com/shayda/shayda_38.html 

 

 *シェイダさん在留権裁判 第2審も敗訴 

 http://www.sukotan.com/shayda/shayda_48.html 2005年1月20日)

 そして、最終的には2005年3月30日 北欧の第三国に出国というかたちで、この事件は終わりました。

 なお、この事件の直後に、法務省は「国連認定難民は強制収容せず」という新方針を打ち出しました。(2005年04月07日)

 関係者によると、その時点で国内には約25人のマンデート難民がいたようです。

  この新方針では「難民認定をめぐる訴訟などで国側が勝った場合も強制退去とはせず、UNHCRと協力し、安全な第三国への定住をはかる」されました。

2009-11-24

グーグルマップで見る史跡 「府中青年の家事件」

f:id:lithos_08:20091124124658j:imagef:id:lithos_08:20091124124656j:image

f:id:lithos_08:20091124124655j:image

f:id:lithos_08:20091124124654j:image


2005年3月末日を持って閉館となり、今は更地となっていますが、

この地には「東京都府中青年の家」が建っていました。

この場所で、

同性愛者に対する公共施設宿泊拒否―東京都青年の家事件」が起こりました。

 その際、利用団体であったoccur(動くゲイとレズビアンの会)が東京都を相手に提訴。1審の東京地方裁判所は1994年3月30日に東京都の処分は不当なものであったと認めましたが、東京都は不服として東京高等裁判所に控訴、東京高等裁判所判決が平成9(1997)年9月16日に出、東京都が上告をしなかったため、判決が確定しました。

 この事件に関しては、

憲法判例百選(第四版)34事件(有斐閣刊「別冊ジュリスト 第154号」・2000年)70-71頁や、判例タイムズ986号206頁,判例地方自治175号64頁でも取り上げられています。

 occurが府中青年の家にて団体宿泊をした際に、青年の家恒例のリーダー会にoccurのメンバーが出席し、自分たちが「同性愛者の団体であり、同性愛者の人権を考えるための活動をしている」ことを説明したところ、同日に宿泊中だった、少年サッカークラブの小学生や青年キリスト教団体のメンバーから、侮蔑的なことを言われたことが事の発端でした。

 この件について行われた臨時のリーダー会では、少年サッ力ークラブは帰ってしまった後であり、青年キリスト教団体のリーダーは旧約聖書の一節(旧約聖書レビ記20章13節の文章「女と寝るように男と寝る者は、両者共にいとうべきことをしたのであり、必ず死刑に処せられる。彼らの行為は死罪に当たる。 」)を引用して同性愛は許されないことを力説しました。

 その後、occurが再度施設の利用を使用としたところ、「他団体との不要な摩擦の危険性」等を理由に本件使用申込みが受理されませんでした。そこでoccurは都教育委員会宛に、本件使用申込みの承認などを求める請願書と要求書を提出しましたが、最終的にoccurの使用を承認しない旨の決定をするとともに、本件使用申込みについても、

都青年の家条例8条の1号「秩序をみだすおそれがあると認めたとき」、

2号「管理上支障があると認めたとき」

に当たるとしてこれを承認しませんでした。また、都教育長は、

「青年の家ではいかなる場合でも男女同室は認めておらず、同様に複数の同性愛者が同室に宿泊することも認められない」というのコメントを出しました。

 それを不服とするoccurは裁判を起こすこととなりました。

 そして、裁判の過程で、東京都が裁判で利用拒否の事由として主張した「男女別室ルール」について、他の自治体の青年の家では男女同室も認めるところもあり、また、グループの自主性で部屋割りを任せている場合が多かったことなどが明らかになり、1審はoccurの勝訴となりました。

 その後、東京都は控訴趣意書で「同性愛という性的指向を、性的自己決定能力を十分にもたない小学生や青少年に知らせ混乱をもたらすため、秩序を乱すことになるのが問題である」と明記して控訴をしたものの、東京高裁は「一般国民はともかくとして、都教育委員会を含む行政当局としては、その職務を行うについて、少数者である同性愛者をも視野に入れた、肌理の細かな配慮が必要であり、同性愛者の権利、利益を十分に擁護することが要請されているものというべきであって、無関心であったり知識がないということは公権力の行使に当たる者として許されないことである。」と述べるとともに、以下の判決が出され、occur側の勝訴となりました。 

 判決要旨は以下の通りです。

==============

 (一) 青年の家での宿泊は「原則として数名の宿泊者の相部屋であると考えられる。そうすると、特定の2人による宿泊に比べ、性的行為が行われる可能性は、同性愛者においても、異性愛者同様に、それほど高いものとは認めがたい」。

 「元来は異性愛者を前提とした」男女別室宿泊の「原則を、同性愛者にも機械的に適用し、結果的にその宿泊利用を一切拒否する事態を招来することは、右原則が身体障害者の利用などの際、やむを得ない場合にはその例外を認めていることと比較しても、著しく不合理であって、同性愛者の利用権を不当に制限するものといわざるを得ない」。

 (二) 「青少年に対しても、ある程度の説明をすれば、同性愛について理解することが困難であるとはいえないのであり、青年の家においても、リーダー会を実施するかどうか、実施する場合にはどのように運営するかについて、青年の家職員が相応の注意を払えば、同性愛者の宿泊についても、管理上の支障を生じることなく十分対応できるものと考えられる」。もしなお問題があれば、「後に使用申込をした団体の申込を都青年の家条例8条に基づき拒否することも場合によっては可能と考えられる」。

 (三) 「都教育委員会が、青年の家利用の承認不承認にあたって男女別室宿泊の原則を考慮することは相当であるとしても、右は、異性愛者を前提とする社会的慣習であり、同性愛者の使用申込に対しては、同性愛者の特殊性、すなわち右原則をそのまま適用した場合の重大な不利益に十分配慮すべきであるのに、一般的に性的行為に及ぶ可能性があることのみを重視して、同性愛者の宿泊利用を一切拒否したものであって、その際には、一定の条件を付するなどして、より制限的でない方法により、同性愛者の利用権との調整を図ろうと検討した形跡も窺えないのである。したがって、都教育委員会の本件不承認処分は、青年の家が青少年の教育施設であることを考慮しても、同性愛者の利用権を不当に制限し、結果的、実質的に不当な差別的取扱いをしたものであり、施設利用の承認不承認を判断する際に、その裁量権の範囲を逸脱したものであって、地方自治法244条2項、都青年の家条例8条の解釈適用を誤った違法なものというべきである。」

================

なお、聖書には死刑の規定がいろいろありますが、


・自分の父あるいは母を呪う者は、必ず死刑に処せられる。(出エジプト記 / 21章 17節 また、レビ記 / 20章 9節 にも同様の記述がある。)

・父または母をののしる者は死刑に処せられるべきである。 (マタイによる福音書 / 15章 4節 )

・人がもし、月のさわりのある女と寝て、これを犯すなら、男は女の泉をあばき、女はその血の泉を現したのである。ふたりはその民の間から断たれる。(レビ記20章18節)

などといったことも書かれています。