NPO法人 リトルターン・プロジェクト

ここはリトルターン・プロジェクトの最新情報を載せるブログサイトです。
リトルターン・プロジェクトのHPはこちら

2014-06-30

6月29日(日)観察会&営巣調査

皆さま

朝方まで雨が残り観察会が予定通りに行われるのかと

ご心配いただいたことと思います

雨はスタッフが集合する前に上がり無事に観察会を開くことが出来ました


f:id:littletern:20140629084017j:image:w640


どんよりとした朝の森ヶ崎


f:id:littletern:20140629094213j:image:w640


受付には行列が出来てしまいました


f:id:littletern:20140629100156j:image:w640


朝のオリエンテーションまずは副代表からご挨拶

ご協力いただいた大田区環境保全課様からご挨拶をいただいた後に

注意事項、今シーズンの営巣状況等々をご説明し

いよいよコアジサシの観察へ

1班は屋上営巣地へ、2班は森ヶ崎の鼻干潟へ移動しそれぞれ観察を行いました


f:id:littletern:20140629104448j:image:w640


森ヶ崎の鼻干潟での観察の様子

干潮に向け潮が引き始め現れた干潟に休む姿とダイビングして小魚を捕まえて屋上営巣地へ運ぶ様子等を観察できました

干潟には何と幼鳥が1羽飛んで来ていました

じっくりと見ていただいたところで1班と2班で場所を交替


f:id:littletern:20140629110511j:image:w640


屋上営巣地での観察の様子

屋上営巣地のどこを見ても小さなヒナから幼鳥まで見ることが出来

抱卵している様子と合わせいらしていただきました皆さまに

可愛いコアジサシを充分にご堪能いただくことが出来たのではないかと思っています

時間いっぱいまでご覧いただき

再び受付場所に移動し帰りのチェック後解散になりました


f:id:littletern:20140629115938j:image:w640


お客様にお帰りいただいた後にスタッフが集まり本日の結果報告

お出で頂きましたお客さま 71名

大田区環境保全課様 2名

リトルターン・プロジェクトスタッフ 12名 計85名の参加で行われました

足元がお悪い中お集まりいただきました皆さま

昨日は誠にありがとうございました

これからもリトルターン・プロジェクトにご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます

お越しいただいた皆さまの中から今回リトルターン・プロジェクトへご入会して下さった方がいらっしゃいました

皆さまからのあたたかいご支援が活動を支えています


観察会を終える頃にはすっかり晴れて少し暑いくらいの屋上営巣地になっていました

残りましたスタッフ有志で最近中止が続いてしまっていた営巣調査を行いました


f:id:littletern:20140629145047j:image:w640


あちらにもこちらにもと多くの新規営巣を確認でき

営巣をマークする石が途中で無くなってしまうといううれしいハプニングが起きました

今回調査ではヒナが生まれて空いた巣を再利用している営巣が多く見られました


f:id:littletern:20140629142218j:image:w640


ヒナもかなりの数で生まれていました


f:id:littletern:20140629091432j:image:w640


営巣地外周通路には孵化した卵の殻がたくさん転がっていました

何があったのか?


f:id:littletern:20140629135323j:image:w640


どこにも傷の無いコアジサシ成鳥の死体がありました

病死でしょうか?それとも寿命でしょうか?

ハヤブサに襲われ捕食された死体はたまに確認できますが

傷の無い死体が落ちているのは非常に珍しいことです

珍しいついでに

2012年に葛西臨海公園でのコアジサシ営巣時にも確認された穴あき卵


f:id:littletern:20140629132845j:image:w640


森ヶ崎でも年に数卵確認されますが今年初の穴あき卵です

穴の細さから行ってコアジサシによる穴あけ行動とみてよいと思っています

強いストレスがかかった時に見られるように思っています

これもコアジサシの謎の行動の一つです

髭面燕鴎

ramram 2014/07/01 01:01 参加しようと思い立った時には応募多数で締め切られていたので、チャンスがあるなら3回目実施希望。・・・・・・は無理か。来年に期待!

環境学習部会環境学習部会 2014/07/01 13:43 観察会の締め切りに関して多くの方にご迷惑をおかけしました。
誠に申し訳ありませんでした。
新聞記事の影響もあり多くの方にご興味をお持ちいただき、想定以上の申し込みをいただき、設定していた締め切り日の前に締め切らざるを得ませんでした。
できる限り多くの方にご覧いただきたいと思っていますが、コアジサシの営巣への影響を考えますと参加人数を制限せざるを得ませんでした。
また対応させていただきますスタッフの人数にも限りがありました。
ご理解を賜りたいと思っています。
残念ながら3回目の観察会は考えていません。
時期的に梅雨明けが近く大雨の可能性があり、晴れれば真夏のような天気で観察者とコアジサシに多くのダメージを与える可能性があります。
観察会は毎年同じ時期に、コアジサシの子育てする姿をご覧いただきたいと思っています。
ぜひ、来年の観察会にお申し込みいただき、森ヶ崎屋上営巣地を訪れていただきたいと思います。
来年の観察会では受付人数に定員を設け、先着順にて締め切らせていただくことになるかもしれません。
皆さまのご理解とご協力を賜りたいと思います。
よろしくお願いいたします。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/littletern/20140630/1404136096