Hatena::ブログ(Diary)

カフェイン中毒日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-04-21

ライフログリストバンド UP by JAWBONE アプリ編

前回に引き続き、ジョウボーン・アップの紹介です。
今回は専用アプリについて。

f:id:lloigor:20130421233754p:image
専用アプリの初期画面。このアプリと連携しないと、UPの機能は全く使用出来ません。

f:id:lloigor:20130421233757p:imagef:id:lloigor:20130421233756p:imagef:id:lloigor:20130421233758p:image
画面の指示に従い、UPをiPhoneと接続します。
接続が完了すればUPのロックが解除されます。
この後、諸々の初期設定が続きます。

f:id:lloigor:20130421233759p:imagef:id:lloigor:20130421233800p:imagef:id:lloigor:20130421233801p:imagef:id:lloigor:20130421233804p:image
名前や基本情報、アカウント設定が終わると、UP本体にデータが書き込まれ、パーソナライズが完了です。

f:id:lloigor:20130421233805p:imagef:id:lloigor:20130421233806p:imagef:id:lloigor:20130421233807p:image
基本的な操作説明が続きます。
UPは常に電源ON状態で、「目覚め」モードと「睡眠」モードの2つのモードを切り替えて使います。
モードの切替はボタンの長押し。切り替えが完了すると、内蔵されたバイブレーターとLEDで通知されます。

f:id:lloigor:20130421233808p:imagef:id:lloigor:20130421233809p:image
同期に関する説明。
UP本体ではデータの表示ができないので、記録したデータはアプリと同期して管理します。

f:id:lloigor:20130421233810p:imagef:id:lloigor:20130421233811p:imagef:id:lloigor:20130421233812p:image
1日の睡眠時間と歩数の目標設定。後で変更可能です。
その他細かな設定が続きます。

f:id:lloigor:20130421233813p:imagef:id:lloigor:20130421233814p:imagef:id:lloigor:20130421233815p:imagef:id:lloigor:20130421233816p:image
アプリの説明が続きます。操作は直感的なので、軽く飛ばしておきましょう。

f:id:lloigor:20130421233817p:imagef:id:lloigor:20130421233818p:image
更に細かな機能の説明。右メニューはよく使うことになるので覚えておきましょう。

f:id:lloigor:20130421233819p:image
ようやく完了。後はUPを手首に巻いて普通に生活し、時々アプリと同期するだけです。

左右のメニューから使える機能がいくつかありますが、1つだけ是非紹介しておきたいものがあります。
f:id:lloigor:20130421233821p:image
スリープアラーム、所謂目覚まし時計ですが、指定した時間ぴったりではなく、その少し前で眠りが浅くなったタイミングを見計らってバイブレーターで起こしてくれます。
UP内蔵のセンサーで睡眠中の体の動きを感知し、睡眠の深さを測定するようです。
時間の幅や、繰り返しが指定でき、最大で4パターンの設定が可能です。

似たような機能を備えたスマートフォンのアプリも何種類かありますが、アプリの場合はスマホ本体のセンサーを利用するため、スマホを枕元に置いて寝る必要があります。
しかし、私の場合、隣で寝ている妻の動きや餌をねだりに来る猫の「枕踏み踏み」をスマホのセンサーが拾ってしまうので、正確な測定ができません。
UPなら手首に巻いておくので、かなり正確な測定が期待出来ます。
実は、運動の記録よりもこのスマートアラーム機能や睡眠の記録の方が使いたくてUPを購入したのでした。

本体とアプリの紹介は一旦これで終了ですが、今後も実際の使い勝手などをレポートする予定です。

2013-04-20

ライフログリストバンド UP by JAWBONE ハード編

UP by JAWBONE(ジョウボーン・アップ)は、モーションセンサーを搭載したリストバンド型の活動量計です。
平たく言えば「非常に高機能な万歩計」ですね。
更に、スマートフォンのアプリと連携して、日々の運動量や睡眠時間・質などを管理することができます。
4月20日から日本国内での販売が開始されたので、早速入手しました。

f:id:lloigor:20130420173148j:image
現在販売されているのは、オニキス(黒)、ライトグレイ、ブルー、ミントグリーンの4色、S・M・Lの各3サイズ。
写真はオニキスのMサイズです。

f:id:lloigor:20130420173308j:image
内容物は、本体、充電ケーブル、保証書と簡易マニュアル。
これらとは別に、スマートフォンが必要です。

f:id:lloigor:20130420173537j:image
f:id:lloigor:20130420173826j:image
本体です。
液晶表示部などは全く無く、本体内蔵の表示といえばLEDが2つだけ。
そのLEDも点灯時以外は見えないようになっています。

f:id:lloigor:20130420174052j:image
本体の片方の端が操作用のボタンになっています。
操作は必ず長押しを伴うので、意図せずボタンに触れても誤操作の心配は無さそうです。

f:id:lloigor:20130420173607j:image
ボタンとは反対側の端はキャップになっていて、外すとヘッドホンのコネクタが現れます。
これをスマートフォンのヘッドホンジャックに差し込んで専用アプリと接続します。
また、このコネクタは充電端子も兼ねています。

f:id:lloigor:20130420173511j:image
こちらが充電ケーブル。
PCのUSBポートやUSB-ACアダプタ経由で充電可能です。
バッテリー稼働時間は約10日間、満充電の所要時間は80分。
実際には、週に1回、1時間程度の充電サイクルになりそうです。

f:id:lloigor:20130420173717j:image
f:id:lloigor:20130420173636j:image
実際に手首に巻いてみたところです。(汚い手で失礼します。)
比較的タイトな感じで、手首の太い人が小さなサイズのものを無理矢理巻くのは厳しそうです。
購入前にはしっかりサイズを確認し、微妙な場合は大きいサイズを選んだほうが良いと思います。

f:id:lloigor:20130420173951j:image
実はもう1本、ライトグレイも購入済み。
オニキスは私、ライトグレイは妻が使う予定です。

長くなったので次回に続きます。

2013-04-19

タイトル変更

Blogタイトルを変更しました。
長いし、最近あんまりエンジニアっぽい仕事やってないので。

2013-02-27

入院してます

久々の更新がこんな内容ですみません。
タイトルの通り、先週末から肺炎で入院中です。
点滴のチューブに繋がれてベッドで過ごす毎日です。

よく「風邪をこじらせて肺炎になった」という話を聞きますが、今回は風邪らしい症状は殆ど無かったのに、いきなり肺炎に罹ってしまったようです。
ここ数ヶ月、残業が多くて終電帰りが続いており、体力がかなり落ちていたのかもしれません。
(年齢による体力低下も否定できませんが…)

最低でも1週間は入院になりそうなので、大人しくしてしっかり治そうと思います。
皆様もご自愛下さい。

written by iHatenaSync

2012-11-04

世界限定2012本の万年筆ゲット!! − PILOT キャップレス 2012年限定 チャコールマーブル

すっかりご無沙汰しておりましたが、タイトルの通り新しい万年筆を買った記念に久々の更新です。
更新をサボっている間に、文具系・電脳系ともに色々と環境が変わってますが、そちらの報告は追々ということで、まずは本日の新入りをご紹介します。

PILOTが誇る世界唯一のノック式万年筆、キャップレスですが、毎年その年の年号の数だけ生産される限定品が存在します。
毎年、通常品とは異なる特別限定カラーで生産され、海外を中心に流通していますが、国内でも老舗の万年筆ショップに少数が入荷しているようです。
そろそろ2012年版が出回る時季かと思っていたところ、ZEAK師匠が入手されたのを見て私も俄然欲しくなりました。
この手の限定品は大抵、丸善本店か日本橋店、伊東屋本店あたりには入荷するので、各店を行脚し、丸善日本橋店で購入することができました。

さて、早速開封の儀。
f:id:lloigor:20121104214613j:image
流石は世界限定2012本のレア物だけあって、箱も特別仕様です。

f:id:lloigor:20121104214642j:image
ご開帳。今年の限定色は「チャコールマーブル」と命名された、黒とグレーのマーブル模様です。
ちなみに昨年はピンクでした。ここ数年、明るい色が続いていましたが、今年はかなり渋い雰囲気です。
マーブルのキャップレスは限定品・通常品ともにこれまでになかったかもしれません。

f:id:lloigor:20121104214658j:image
蓋の裏側には「Limited Edition」の文字が。

f:id:lloigor:20121104215013j:image
万年筆本体です。軸の色が違うだけで、他は通常のキャップレスと一緒です。
筆記ユニットも通常の18Kモデルと全く同じ物でした。

f:id:lloigor:20121104215348j:image
通常品との違いがもう一箇所だけ。
メーカーと生産国の印字部分に、「Limited Edition」と付け加えられています。
また、リングにはシリアルナンバーが刻印されています。
私が手に入れたものは「1221/2012」でした。

手持ちのキャップレスはこれで4本目ですが、これまでの3本は全て違うインクを入れて仕事用にガシガシ使ってます。
新入りのチャコールマーブルも早速実戦投入の予定です。
インクは軸色に合わせて、色彩雫の霧雨が似合いそうです。