Hatena::ブログ(Diary)

ティーとハーブと音楽と このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-17

トンカカショートミックス!

tonkaka30minloco2kit(DL

f:id:loco2kit:20091017212653j:image



既にUPされている2本(おのおののブログうpされてます!→CUT UP RADIOムラティーノ・ブログ)は耐久度の高い選曲でアウトドア恋愛勉強に、あらゆるシーンに置いて鳴らしたい好MIXとなりましたが、それに比べ、なんとキワモノ的な選曲になってしまったのだろうと反省(してるかな?w)。

とは言うものの、トンカカに含まれるラテンフリースタイルの泣きの要素、ムード歌謡フリースタイル世界の臭みは自分の好きな部分でもあるので、今回全面的に打ち出せてよかったとも思います。今回の殆どを占める哀愁系の特にメロディを聴いている時に、ある考えをめぐらせることが多いです。

特にダンスミュージックでは無く、pops中心に音楽を聴く耳の中で、優れたメロディを探すという聴き方があると思います。その優れたメロディ・・・例えばビートルズ、スティービーワンダー、バートバカラックドナルドフェイゲンでもいいでしょう。このメロディは優れているな、ああ、いいメロディだな・・・なんてメロディの良さ判定で音楽を聴く耳だった場合に・・・・哀愁系フリースタイルのメロディに触れると、なんとやぼったく、なんともクサいマイナー調で、こんなものとても良いメロディとは思えない!と感じてしまいそうになるのですが、、、、

さてさてそんな事はありません。このメロディーがなぜかフィットしてしますのです。これはどうゆう事かはわかりませんが、この類のメロディーは"優れたメロディ発見の旅"から見落とされがちな優れたメロディなんじゃないかなーとぼんやり考えているわけです。

ということで人肌のぬくもりを感じさせるエレクトロの枝葉の先、哀愁系トンカカをしばしお楽しみ下さい!

  これってトンカカじゃないかもな・・・・

セットリスト

kahla/caz

get the hoe/gangsters of freestyle

stay with me tonight/legacy

sammy c/other part of me

in my heart/isaac

this heart of mine/pain

my love/jj style

beginning of the end/marisol

will you/samantha gervasio

注目!→印南敦史さんの考えるトンカカ

※トンカカの説明については前エントリを山椒キメて下さい!

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証