longlowの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-06-21

2015年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2015年度のNHKと在京民放キー局の視聴率を含むブックマーク 2015年度のNHKと在京民放キー局の視聴率のブックマークコメント

在京民放キー局の決算資料などを元に2015年度の視聴率をまとめてみました。


※視聴率の数字は原則として「関東地区*1」の数字になります。

2015年度の番組制作費は2015年度(2016年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費を見てください。

※各数字は後に訂正される可能性があります。


2015年度通期(2015年3月30日〜2016年4月3日)の視聴率

※GH、PT、全日の視聴率は決算説明会資料 : 株主・投資家情報 : 株式会社テレビ東京ホールディングスにある2015年度(2016年3月期)決算 中期経営計画説明会 配布資料(PDF)より引用。

※PT2の視聴率はテレビ朝日ホールディングス|決算説明会・決算説明資料にある2016年3月期 決算説明会資料(PDF)より引用。

※「その他の局」 : 対象はBS放送(NHK-BSWOWOW)、CS放送、CATV独立U局。視聴率はそれらの局の視聴率を合算した数字になります。

NHKとその他の局は資料にPT2の視聴率が無いため除外。


GH(19:00〜22:00)
局名2015年度通期平均視聴率2014年度通期平均視聴率  前年度比  
1日本テレビ12.4%12.8%−0.4%
2テレビ朝日10.8%10.9%−0.1%
3NHK10.5%10.8%+0.3%
4TBS9.8%9.5%+0.3%
5フジテレビ8.9%9.8%−0.9%
6その他の局7.6%7.3%+0.3%
7テレビ東京6.7%7.0%−0.3%

PT(19:00〜23:00)
局名2015年度通期平均視聴率2014年度通期平均視聴率  前年度比  
1日本テレビ12.2%12.7%−0.5%
2テレビ朝日11.0%11.3%−0.3%
3TBS9.8%9.3%+0.5%
4NHK9.2%9.5%−0.3%
5フジテレビ9.0%10.0%−1.0%
6その他の局7.2%7.0%+0.2%
7テレビ東京6.5%6.7%−0.2%

全日(6:00〜24:00)
局名2015年度通期平均視聴率2014年度通期平均視聴率  前年度比  
1日本テレビ8.5%8.6%−0.1%
2テレビ朝日7.2%7.1%+0.1%
3NHK6.7%6.8%−0.1%
4フジテレビ6.2%6.7%−0.5%
5TBS5.9%5.9%±0.0%
6その他の局5.0%4.9%+0.1%
7テレビ東京3.0%3.1%−0.1%

PT2(23:00〜1:00)
局名2015年度通期平均視聴率2014年度通期平均視聴率  前年度比  
1日本テレビ7.4%7.1%+0.3%
2テレビ朝日6.9%7.3%−0.4%
3フジテレビ4.7%5.0%−0.3%
3TBS4.7%4.8%−0.1%
5テレビ東京2.8%2.7%+0.1%


局ごとの視聴率と推移

※GH、PT、全日の各年度別の視聴率は決算説明会 : 株主IR情報 | TBSホールディングス決算説明会資料 : 株主・投資家情報 : 株式会社テレビ東京ホールディングスにある資料より引用。

※PT2の年度別視聴率は 決算説明会・決算説明資料|テレビ朝日ホールディングスにある資料より引用。

※PT2はテレビ朝日は2003年度から、日本テレビTBSフジテレビテレビ東京は2007年度からになります。また2010年度はPT2の通期平均視聴率が資料に記載されて無いので除外。

NHKは2003年度と2007年度*2テレビ東京は2003年度の視聴率の数字が記載されていないでの除外(後で見つかった場合は追記します)。


NHK

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH 19:00〜22:00)10.5%+0.3%
PT 19:00〜23:00)9.2%−0.3%
全日(6:00〜24:00)6.7%−0.1%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)
2004年度12.7%11.8%7.7%
2005年度12.1%11.0%7.1%
2006年度11.7%10.4%6.8%
2007年度***
2008年度13.1%11.6%7.1%
2009年度12.2%10.7%6.9%
2010年度11.8%10.5%6.8%
2011年11.5%10.2%6.7%
2012年度11.5%10.3%6.7%
2013年度10.7%9.5%6.6%
2014年10.8%9.5%6.8%
2015年10.5%9.2%6.7%

f:id:longlow:20160620125520j:image



日本テレビ

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH(19:00〜22:00)12.4%−0.4%
PT(19:00〜23:00)12.2%−0.5%
全日(6:00〜24:00)8.5−0.1%
PT2(23:00〜1:00)7.4%+0.3%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)PT2(23:00〜1:00)
2003年度14.1%13.9%9.7%*
2004年度13.4%13.5%9.2%*
2005年度12.7%12.9%8.8%*
2006年度11.9%12.2%8.3%*
2007年度12.1%12.2%8.3%6.9%
2008年度12.4%12.4%8.3%7.3%
2009年度12.5%12.6%8.4%7.3%
2010年度12.3%12.4%8.1%*
2011年12.7%12.7%8.0%6.6%
2012年度12.1%11.9%7.9%5.8%
2013年度12.1%12.0%8.1%6.4%
2014年12.8%12.7%8.6%7.1%
2015年12.4%12.2%8.5%7.4%

f:id:longlow:20160620134037j:image



TBS

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH(19:00〜22:00)9.8%+0.3%
PT(19:00〜23:00)9.8%+0.5%
全日(6:00〜24:00)5.9%±0.0%
PT2(23:00〜1:00)4.7%−0.1%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)PT2(23:00〜1:00)
2003年度12.6%12.5%7.7%*
2004年度12.9%12.9%7.5%*
2005年度12.8%12.8%8.0%*
2006年度12.7%12.6%7.8%*
2007年度11.7%11.6%7.6%6.0%
2008年度11.2%11.1%7.5%5.9%
2009年度9.5%9.7%6.6%5.3%
2010年度9.7%9.9%6.5%*
2011年10.0%10.1%6.8%4.9%
2012年度9.5%9.6%6.6%4.7%
2013年度9.7%9.6%6.2%4.5%
2014年9.5%9.3%5.9%4.8%
2015年9.8%9.8%5.9%4.7%

f:id:longlow:20160620135007j:image



フジテレビ

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH(19:00〜22:00)8.9%−0.9%
PT(19:00〜23:00)9.0%−1.0%
全日(6:00〜24:00)6.2%−0.5%
PT2(23:00〜1:00)4.7%−0.3%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)PT2(23:00〜1:00)
2003年度13.8%14.2%9.2%*
2004年度13.7%14.0%9.3%*
2005年度14.3%14.6%9.5%*
2006年度14.1%14.3%9.2%*
2007年度13.8%13.6%8.7%8.7%
2008年度13.3%13.4%8.5%7.8%
2009年度13.6%13.4%8.5%7.1%
2010年度12.6%12.6%8.2%*
2011年12.5%12.5%8.0%6.8%
2012年度10.9%11.0%7.1%5.5%
2013年度10.5%10.8%7.0%5.4%
2014年9.8%10.0%6.7%5.0%
2015年8.9%9.0%6.2%4.7%

f:id:longlow:20160620142851j:image



テレビ朝日

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率前年度比
GH(19:00〜22:00)10.8%−0.1%
PT(19:00〜23:00)11.0%−0.3%
全日(6:00〜24:00)7.2%+0.1%
PT2(23:00〜1:00)6.9%−0.4%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)PT2(23:00〜1:00)
2003年度11.3%12.1%7.2%7.9%
2004年度11.9%12.3%7.8%7.9%
2005年度12.6%13.2%7.8%8.5%
2006年度11.4%12.2%7.5%8.6%
2007年度11.5%12.3%7.9%8.4%
2008年度11.4%12.1%7.8%8.6%
2009年度11.0%11.7%7.7%8.8%
2010年度11.5%12.0%7.3%*
2011年11.7%12.0%7.4%8.3%
2012年度12.4%12.7%7.8%8.5%
2013年度11.8%12.1%7.7%7.8%
2014年10.9%11.3%7.1%7.3%
2015年10.8%11.0%7.2%6.9%

f:id:longlow:20160620143846j:image



テレビ東京

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH(19:00〜22:00)6.7%−0.3%
PT(19:00〜23:00)6.5%−0.2%
全日(6:00〜24:00)3.0%−0.1%
PT2(23:00〜1:00)2.8%+0.1%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)PT2(23:00〜1:00)
2004年度8.3%7.7%3.7%*
2005年度8.2%7.7%3.7%*
2006年度8.4%7.9%3.8%*
2007年度8.3%7.9%3.8%3.8%
2008年度7.7%7.3%3.5%3.5%
2009年度7.1%6.7%3.2%3.2%
2010年度6.1%5.8%2.8%*
2011年6.0%5.6%2.7%2.7%
2012年度6.8%6.4%2.9%2.8%
2013年度7.2%6.8%3.0%2.8%
2014年7.0%6.7%3.1%2.7%
2015年6.7%6.5%3.0%2.8%

f:id:longlow:20160620145332j:image



その他の局

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH(19:00〜22:00)7.6%+0.3%
PT(19:00〜23:00)7.2%+0.2%
全日(6:00〜24:00)5.0%+0.1%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)
2008年度4.5%4.5%3.3%
2009年度5.2%5.1%3.5%
2010年度6.3%6.1%4.2%
2011年6.4%6.1%4.3%
2012年度7.2%7.0%4.8%
2013年度7.6%7.3%5.0%
2014年7.3%7.0%4.9%
2015年7.6%7.2%5.0%

f:id:longlow:20160620150951j:image



GH、PT、全日、PT2の平均視聴率の推移


GH(19:00〜22:00)
  NHK  日本テレビ  TBS  フジテレビテレビ朝日テレビ東京その他の局
2003年度*13.9%12.5%14.2%12.1%**
2004年度11.8%13.5%12.9%14.0%12.3%7.7%*
2005年度11.0%12.9%12.8%14.6%13.2%7.7%*
2006年度10.4%12.2%12.6%14.3%12.2%7.9%*
2007年度*12.2%11.6%13.6%12.3%7.9%*
2008年度11.6%12.4%11.1%13.4%12.1%7.3%4.5%
2009年度10.7%12.6%9.7%13.4%11.7%6.7%5.2%
2010年度10.5%12.4%9.9%12.6%12.0%5.8%6.3%
2011年10.2%12.7%10.1%12.5%12.0%5.6%6.4%
2012年度11.5%12.1%9.5%10.9%12.4%6.8%7.2%
2013年度10.7%12.1%9.7%10.5%11.8%7.2%7.6%
2014年10.8%12.8%9.5%9.8%10.9%7.0%7.3%
2015年10.5%12.4%9.8%8.9%10.8%6.7%7.6%

f:id:longlow:20160621142535j:image


PT(19:00〜23:00)
  NHK  日本テレビ  TBS  フジテレビテレビ朝日テレビ東京その他の局
2003年度*13.9%12.5%14.2%12.1%**
2004年度11.8%13.5%12.9%14.0%12.3%7.7%*
2005年度11.0%12.9%12.8%14.6%13.2%7.7%*
2006年度10.4%12.2%12.6%14.3%12.2%7.9%*
2007年度*12.2%11.6%13.6%12.3%7.9%*
2008年度11.6%12.4%11.1%13.4%12.1%7.3%4.5%
2009年度10.7%12.6%9.7%13.4%11.7%6.7%5.1%
2010年度10.5%12.4%9.9%12.6%12.0%5.8%6.1%
2011年10.2%12.7%10.1%12.5%12.0%5.6%6.1%
2012年度10.3%11.9%9.6%11.0%12.7%6.4%7.0%
2013年度9.5%12.0%9.6%10.8%12.1%6.8%7.3%
2014年9.5%12.7%9.3%10.0%11.3%6.7%7.0%
2015年9.2%12.2%9.8%9.0%11.0%6.5%7.2%

f:id:longlow:20160621142608j:image


全日(6:00〜24:00)
  NHK  日本テレビ  TBS  フジテレビテレビ朝日テレビ東京その他の局
2003年度*9.7%7.7%9.2%7.2%**
2004年度7.7%9.2%7.5%9.3%7.8%3.7%*
2005年度7.1%8.8%8.0%9.5%7.8%3.7%*
2006年度6.8%8.3%7.8%9.2%7.5%3.8%*
2007年度*8.3%7.6%8.7%7.9%3.8%*
2008年度7.1%8.3%7.5%8.5%7.8%3.5%3.3%
2009年度6.9%8.4%6.6%8.5%7.7%3.2%3.5%
2010年度6.8%8.1%6.5%8.2%7.3%2.8%4.2%
2011年6.7%8.0%6.8%8.0%7.4%2.7%4.3%
2012年度6.7%7.9%6.6%7.1%7.8%2.9%4.8%
2013年度6.6%8.1%6.2%7.0%7.7%3.0%5.0%
2014年6.8%8.6%5.9%6.7%7.1%3.1%4.9%
2015年6.7%8.5%5.9%6.2%7.2%3.0%5.0%

f:id:longlow:20160621142633j:image


PT2(23:00〜1:00)
日本テレビ TBS フジテレビテレビ朝日テレビ東京
2003年度***7.9%*
2004年度***7.9%*
2005年度***8.5%*
2006年度***8.6%*
2007年度6.9%6.0%8.0%8.4%3.8%
2008年度7.3%5.9%7.8%8.6%3.5%
2009年度7.3%5.3%7.1%8.8%3.2%
2010年度*****
2011年6.6%4.9%6.8%8.3%2.7%
2012年度5.8%4.7%5.5%8.5%2.8%
2013年度6.4%4.5%5.4%7.8%2.8%
2014年7.1%4.8%5.0%7.3%2.7%
2015年7.4%4.7%4.7%6.9%2.8%

f:id:longlow:20160621142654j:image



HUT(総世帯視聴率)の推移

※HUT(Households Using Television) : 総世帯視聴率。調査対象となる世帯全体で、どのくらいの世帯がテレビ放送を放送と同時に視聴していたのかという割合。


2015年度通期のHUT
2015年度通期HUT2014年度通期HUT  前年度比  
GH(19:00〜22:00)61.5%63.0%−1.5%
PT(19:00〜23:00)59.7%61.3%−1.6%
全日(6:00〜24:00)40.7%41.4%−0.7%

1997年度から2015年度までのHUTの推移

※以前テレビ東京のサイトに1997年度以降のHUTが掲載されていたのですが、現在は掲載をしなくなってしまったようです。そのため、1997年度から2008年度までの数字はInternet Archive: Wayback Machineにあるhttp://web.archive.org/web/20101101034834/http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/ir/jpn/media/mediadata.htmlより引用。2009年度から2015年度は決算説明会資料 : 株主・投資家情報 : 株式会社テレビ東京ホールディングスにある以下の資料より引用。

2010年3月期決算説明会 配布資料(PDF)

2010年度(2011年3月期)決算説明会 配布資料(PDF)

2011年度(2012年3月期)決算説明会 配布資料(PDF)

2012年度(2013年3月期)決算説明会 配布資料(PDF)

2014年度(2015年3月期)決算 中期経営計画説明会 配布資料(PDF)

2015年度(2016年3月期)決算 中期経営計画説明会 配布資料(PDF)

GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)
1997年70.1%68.7%44.5%
1998年度70.5%69.2%45.3%
1999年度69.4%68.4%45.4%
2000年度68.6%67.5%44.8%
2001年度68.7%67.7%45.1%
2002年度68.0%67.0%44.7%
2003年度67.0%66.2%44.1%
2004年度68.3%67.3%44.9%
2005年度67.6%66.8%44.6%
2006年度65.8%65.2%43.3%
2007年度65.8%64.5%43.3%
2008年度66.0%64.6%43.4%
2009年度64.3%63.1%42.6%
2010年度63.9%62.7%41.8%
2011年63.7%62.3%41.5%
2012年度63.8%62.3%41.5%
2013年度64.2%62.6%41.7%
2014年63.0%61.3%41.4%
2015年61.5%59.7%40.7%

f:id:longlow:20160620181159j:image



2016年度1月クールの平均視聴率と雑感

2016年度1月クールの平均視聴率は決算説明会資料 : 株主・投資家情報 : 株式会社テレビ東京ホールディングスにある2015年度(2016年3月期)決算 中期経営計画説明会 配布資料(PDF)より引用。

2016年度1月クール(2016年1月4日〜2016年4月3日)の平均視聴率
GH(19:00〜22:00)2016年度1月クール平均視聴率前年度同期比
1日本テレビ12.8%−1.0%
2NHK11.0%+0.2%
3テレビ朝日10.9%−0.8%
4TBS9.6%−0.1%
5フジテレビ8.6%−1.2%
6その他の局7.0%+0.7%
7テレビ東京6.8%−0.1%
HUT61.6%−2.2%

PT(19:00〜22:00)2016年度1月平均クール視聴率前年同期比
1日本テレビ12.5%−1.0%
2テレビ朝日11.1%−0.9%
3NHK9.6%±0.0%
4TBS9.5%±0.0%
5フジテレビ8.9%−1.1%
6テレビ東京6.6%±0.0%
7その他の局6.6%+0.4%
HUT59.7%−2.5%

全日(6:00〜24:00)2016年度1月クール平均視聴率前年同期比
1日本テレビ8.7%−0.6%
2テレビ朝日7.6%+0.3%
3NHK6.9%+0.1%
4フジテレビ6.2%−0.7%
5TBS6.0%−0.1%
6その他の局4.8%+0.5%
7テレビ東京3.0%−0.2%
HUT41.6%−0.6%

2015年度の視聴率は日本テレビがGH、PT、全日に加えてPT2もトップで4冠を達成。しかし、その日本テレビもGH、PT、全日は前年度比減。全体的にも視聴率は不振で、テレビ全体の指標となるHUTも前年度から大きく下げて、特にPTは1997年度以降では初めて60%を割る事態になっています。

そのHUTを大きく下げる要因となっているのがフジテレビ。とにかく視聴率が下げ止まる気配が無く、GHの2015年度平均視聴率はテレビ東京とその他の局を除くNHK日本テレビTBSフジテレビテレビ朝日の5局の中で2003年度以降初めて8%台(8.9%)という結果。2016年度1月クールの平均視聴率も悪く、GHはおろかPTも8%台になる可能性が出てきていています。

フジテレビはこの状態が続いてしまうと「振り向けばテレ東」どころか「振り向いても誰もいない」という可能性すらあり得るかもしれません。フジテレビの決算説明会資料*3によると4月クールからGH、PT帯強化にキッズ、ティーン、20代〜40代をターゲットにしたバラエティ番組を投入とありますが、上手く行っているのかどうか。2016年度はフジテレビにとってテレビ局としての正念場になりそうな気がします。



※2008年度〜2015年度の番組制作費と2011年度〜2014年度の視聴率は以下を見てください。

・番組制作費

2008年度の決算資料から見る在京民放キー局の番組制作費

2009年度(2010年3月期)の在京民放キー局の番組制作費

2010年度(2011年3月期)の在京民放キー局の決算から見る番組制作費

2011年度(2012年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2012年度(2013年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2013年度(2014年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2014年度(2015年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2015年度(2016年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

・視聴率

NHKと在京民放キー局の2011年度の視聴率

2012年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2013年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2014年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

*1東京都(島部を除く) 神奈川県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県現在の調査エリア(PM・52週地区) | ビデオリサーチより。

*2:他の局の資料も見たのですが何故か2007年度だけNHKの視聴率が無い。

*32015年度 決算説明会配布資料(PDF)

2016-06-20

2015年度(2016年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2015年度(2016年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費を含むブックマーク 2015年度(2016年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費のブックマークコメント

在京民放キー局(日本テレビTBSフジテレビテレビ朝日テレビ東京)の2015年度の決算資料等から番組制作費をまとめてみました。


2015年度視聴率は2015年度のNHKと在京民放キー局の視聴率を見てください。

※各数字は後に訂正される可能性があります。


2015年度(2016年3月期)通期の在京民放キー局の決算

最初に、各局の連結と単体の決算になります。

※括弧内の数字は前年度比。また括弧内の数字が無いものは比較が出来ないため(−)となっています。

※△は損失。

連結
日本テレビHD東京放送HDフジ・メディアHDテレビ朝日HDテレビ東京HD
売上高4147億8000万円(+14.4%)3485億3900万円(+0.2%)6405億7200万円(-0.4%)2807億7900万円(+1.6%)1362億1600万円(+5.9%)
営業利益531億7800万円(+25.5%)171億7900万円(+9.2%)243億9400万円(-4.8%)165億7000万円(+9.5%)72億7200万円(+45.4%)
経常利益577億9100万円(+18.7%)226億7800万円(+19.9%)324億円(-7.7%)185億900万円(+10.8%)76億3800万円(+40.6%)
当期純利益368億8300万円(+21.1%)144億9700万円(+13.2%)29億2600万円(+14.7%)121億6900万円(+10.7%)47億600万円(+52.3%)

単体・個別
日本テレビTBSテレビフジテレビテレビ朝日テレビ東京
売上高3070億7700万円(+5.7%)2103億5300万円(+0.5%)2897億800万円(-6.5%)2282億2400万円(±0.0%)1073億9600万円(+5.1%)
営業利益458億3300万円(+20.5%)66億5000万円(+5.6%)55億600万円(-48.8%)102億7800万円(+10.8%)46億9700万円(+95.3%)
経常利益535億1300万円(+34.9%)12億9700万円(+15.8%)62億8400万円(-42.5%)116億3100万円(+25.5%)59億4900万円(+74.3%)
当期純利益301億1600万円(+22.3%)△19億6800万円(-23.7%)33億4800万円(-38.2%)80億5600万円(+41.4%)59億8100万円(+76.0%)


2015年度通期(2015年4月1日〜2016年3月31日)の各局の番組制作費

そして、各局の番組制作費になります。

※番組制作費にどのような費用が含まれるかは局及び年度によって違います。その点を考慮して見て下さい。

TBSの番組制作費は直接費*1と間接費*2を合わせた数字で、フジテレビは直接費*3の数字になります。

※番組制作費の推移は各局がネット上で公開している決算資料等で最も古い年度からの推移です。

※基本的に地上波の番組制作費になります。


日本テレビ

2015年度の数字は決算説明会|IRライブラリ|IR情報|日本テレビホールディングス株式会社にある以下の資料より引用。

2015年度第1四半期IR決算説明資料(PDF)

2015年度第2四半期IR決算説明資料(PDF)

2015年度第3四半期IR決算説明資料(PDF)

2015年度IR決算説明資料(PDF)


2015年度通期番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
番組制作費966億8700万円960億2200万円+6億6400万円+0.7%

四半期ごとの番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
第1四半期238億6500万円258億2500万円−19億5900万円−7.6%
第2四半期244億9400万円243億6100万円+1億3300万円+0.5%
第3四半期237億3000万円236億3800万円+9200万円+0.4%
第4四半期245億9800万円221億9800万円+24億円+10.8%

番組制作費の推移
年度   番組制作費   
2001年度1119億9300万円
2002年度1134億3300万円
2003年度1112億7300万円
2004年度1107億6100万円
2005年度1127億2900万円
2006年度1106億4400万円
2007年度1151億7200万円
2008年度1123億3000万円
2009年度947億1700万円
2010年度908億7400万円
2011年935億2400万円
2012年度953億4900万円
2013年度975億4300万円
2014年960億2200万円
2015年966億8700万円

f:id:longlow:20160619043700j:image



TBS

2015年度数字は東証開示資料 : 株主IR情報 | TBSホールディングス2016年3月期 決算資料(PDF)より引用。


2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
番組制作費961億2500万円963億7600万円−2億5100万円−0.3%

四半期ごとの番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
第1四半期235億2800万円257億300万円−21億7500万円−8.5%
第2四半期247億2500万円241億4600万円+5億7900万円+2.4%
第3四半期234億7300万円235億3800万円−6500万円−0.3%
第4四半期243億9800万円229億8800万円+14億1100万円+6.1%

番組制作費の推移
年度   番組制作費   
2002年度1181億円
2003年度1190億円
2004年度1209億円
2005年度1248億8000万円
2006年度1241億2400万円
2007年度1218億2300万円
2008年度1156億3500万円
2009年度1050億7000万円
2010年度951億500万円
2011年949億2400万円
2012年度988億5300万円
2013年度976億4800万円
2014年963億7600万円
2015年961億2500万円

f:id:longlow:20160619044315j:image



フジテレビ

2015年度の数字はフジ・メディア・ホールディングス - 決算説明資料・説明会2015年度 決算説明会配布資料(PDF)より引用。


2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
番組制作費932億3600万円1007億4500万円−75億900万円−7.5%

四半期ごとの番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
第1四半期222億600万円260億100万円−37億9500万円−14.6%
第2四半期273億700万円256億円+17億700万円+6.7%
第3四半期228億8100万円251億3000万円−22億4900万円−8.9%
第4四半期208億4000万円240億1300万円−31億7300万円−13.2%

番組制作費の推移
年度   番組制作費   
2006年度1153億円
2007年度1177億円
2008年度1102億円
2009年度1049億円
2010年度985億円
2011年993億円
2012年度993億円
2013年度983億円
2014年1007億円4500万円
2015年932億3600万円

f:id:longlow:20160619045025j:image



テレビ朝日

2015年度の数字はテレビ朝日ホールディングス| IR情報 > 決算説明会・決算説明資料2016年3月期 決算 決算説明会資料(PDF)より引用。

2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
番組制作費841億2300万円868億900万円−26億8500万円−3.1%

四半期ごとの番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
第1四半期197億3100万円230億9000万円−33億5900万円−14.6%
第2四半期212億3400万円208億5200万円+3億8200万円+1.8%
第3四半期205億6100万円213億100万円−7億4000万円−3.5%
第4四半期225億9500万円215億6300万円+10億3100万円+4.8%

番組制作費の推移
年度   番組制作費   
2005年度847億3000万円
2006年度874億9000万円
2007年度892億5800万円
2008年度903億6800万円
2009年度756億9400万円
2010年度755億7600万円
2011年780億5300万円
2012年度828億7900万円
2013年度823億6200万円
2014年868億900万円
2015年841億2300万円

f:id:longlow:20160619045552j:image



テレビ東京

2015年度の各数字は決算短信 : 株主・投資家情報 : 株式会社テレビ東京ホールディングスにある以下の資料より引用。

2016年3月期 第1四半期決算 補足資料(PDF)

2016年3月期 第2四半期決算 補足資料(PDF)

2016年3月期 第3四半期決算 補足資料(PDF)

平成28年3月期 通期決算補足資料(PDF)


2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
番組制作費371億6600万円387億6000万円−15億9400万円−4.1%

四半期ごとの番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
第1四半期90億4600万円102億300万円−11億5700万円−11.3%
第2四半期91億500万円94億9500万円−3億9000万円−4.1%
第3四半期96億3700万円93億6800万円+2億6900万円+2.9%
第4四半期93億7600万円96億9300万円−3億1700万円−3.3%

番組制作費の推移
年度   番組制作費   
2003年度387億6900万円
2004年度405億8800万円
2005年度404億4800万円
2006年度434億1900万円
2007年度429億1100万円
2008年度409億500万円
2009年度335億5500万円
2010年度334億2600万円
2011年331億7200万円
2012年度360億2900万円
2013年度359億2200万円
2014年387億6000万円
2015年371億6600万円

f:id:longlow:20160619050028j:image



在京民放5局の番組制作費の比較と推移

2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
日本テレビ966億8700万円960億2200万円+6億6400万円+0.7%
TBS961億2500万円963億7600万円−2億5100万円−0.3%
フジテレビ932億3600万円1007億4500万円−75億900万円−7.5%
テレビ朝日841億2300万円868億900万円−26億8500万円−3.1%
テレビ東京371億6600万円387億6000万円−15億9400万円−4.1%
5局合計4073億3700万円4187億1200万円−113億7500万円−2.7%

 日本テレビ   TBS   フジテレビ  テレビ朝日  テレビ東京 5局合計
2001年度1119億9300万円*****
2002年度1134億3300万円1181億円****
2003年度1112億7300万円1190億円**387億6900万円*
2004年度1107億6100万円1209億円**405億8800万円*
2005年度1127億2900万円1248億8000万円*847億3000万円404億4800万円*
2006年度1106億4400万円1241億2400万円1153億円874億9000万円434億1900万円4809億7700万円
2007年度1151億7200万円1218億2300万円1177億円892億5800万円429億1100万円4868億6400万円
2008年度1123億3000万円1156億3500万円1102億円903億6800万円409億500万円4694億3800万円
2009年度947億1700万円1050億7000万円1049億円756億9400万円335億5500万円4139億3600万円
2010年度908億7400万円951億500万円 985億円755億7600万円334億2600万円3934億8100万円
2011年935億2400万円949億2400万円993億円780億5300万円331億7200万円3989億7300万円
2012年度953億4900万円988億5300万円993億円828億7900万円360億2900万円4124億1000万円
2013年度975億4300万円976億4800万円983億円823億6200万円359億2200万円4117億7500万円
2014年960億2200万円963億7600万円1007億円4500万円868億900万円 387億6000万円4187億1200万円
2015年966億8700万円961億2500万円932億3600万円841億2300万円371億6600万円4073億3700万円

f:id:longlow:20160619052951j:image


f:id:longlow:20160619053011j:image



来期の業績及び番組制作費の見通しと2015年度の視聴率

2016年度(2017年3月期)通期業績見通し(連結)

2015年度業績予想(連結)は以下の決算短信より引用。

日本テレビHD:平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)(PDF)

TBS HD平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)(PDF)

フジ・メディアHD:=平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)(PDF)

テレビ朝日HD:平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)(PDF)

テレビ東京HD:平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)(PDF)

日本テレビHD東京放送HDフジ・メディアHDテレビ朝日HDテレビ東京HD
売上高4160億円(+0.3%)3540億円(+1.6%)6750億円(+4.7%)2890億円(+2.9%)1379億円(+1.2%)
営業利益460億円(-13.5%)150億円(-12.7%)272億円(+11.5%)140億円(-15.5%)47億円(-35.4%)
経常利益500億円(-13.5%)205億円(-9.6%)330億円(+1.9%)145億円(-21.7%)50億円(-34.5%)
当期純利益350億円(-5.1%)125億円(-13.8%)230億円(+0.7%)90億円(-26.0%)30億円(-36.3%)

2016年度番組制作費見通し

日本テレビは前年度比の伸び率の予想のみ記載されているため、その伸び率から私が計算した番組制作費の予想になります。

TBSは番組制作費の予想のみ記載されているため、前年度比の数字は私が計算したものになります。

フジテレビは決算の資料に番組制作費の見通しが無いため除外。

2016年度番組制作費見通し前年度
日本テレビ約997億8100万円+3.2%
TBS992億円+3.2%
テレビ朝日912億9400万円+8.5%
テレビ東京394億5000万円+6.1%

2015年度(2015/3/30〜2016/4/3)の在京民放キー局の平均視聴率

※視聴率はテレビ東京HDの平成28年3月期 通期決算補足資料(PDF)から引用。

※HUT:総世帯視聴率。調査対象となる世帯全体で、どのくらいの世帯がテレビ放送を放送と同時に視聴していたのかという割合。

局名GH(19:00〜22:00)前年度比 局名PT(19:00〜23:00)前年度比 局名全日(6:00〜24:00)前年度比
1日本テレビ12.4%−0.1% 1日本テレビ12.2%−0.5% 1日本テレビ8.5%−0.1%
2テレビ朝日10.8%−0.1% 2テレビ朝日10.8%−0.1% 2テレビ朝日7.2%+0.1%
3TBS9.8%+0.3% 3TBS9.0%+0.5% 3フジテレビ6.2%−0.5%
4フジテレビ8.9%−0.9% 4フジテレビ9.0%−1.0% 4TBS5.9%±0.0%
5テレビ東京6.7%−0.3% 5テレビ東京6.5%−0.2% 5テレビ東京3.0%−0.1%
HUT61.5%−1.5% HUT59.7%−1.6% HUT40.7%−0.7%

2015年度の番組制作費は日本テレビが僅かに前年度比増となった以外は全て前年度比減。中でも視聴率の低迷が続くフジテレビの番組制作費の減少がかなり大きく、番組の制作予算も厳しい状態にあるのではないでしょうか。

そして、2016年度ですが番組制作費の見通しを見ると、見通しを出していないフジテレビ以外の局は全て前年度比増と見積もっています。おそらく、リオデジャネイロオリンピックが影響していると思われます。それで、見通しを出していないフジテレビですが決算資料を見る限りでは番組制作費を積極的に増加するつもりはなさそうです。もしかしたら、2015年度よりさらに減少する可能性もありそうです。2015年度のフジテレビはゴールデンとプライムで視聴率4位でしたが、番組制作費も4位に落ちるかもしれません。




※2008年度〜2014年度の番組制作費と2011年度〜2015年度の視聴率は以下を見てください。

・番組制作費

2008年度の決算資料から見る在京民放キー局の番組制作費

2009年度(2010年3月期)の在京民放キー局の番組制作費

2010年度(2011年3月期)の在京民放キー局の決算から見る番組制作費

2011年度(2012年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2012年度(2013年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2013年度(2014年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2014年度(2015年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

・視聴率

NHKと在京民放キー局の2011年度の視聴率

2012年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2013年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2014年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2015年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

*1:番組制作費、放送権料、美術制作費、技術制作費

*2減価償却費、社員人件費等の配賦原価

*3:自社制作番組及び購入番組の直接費

2016-06-16

【2015年】世界の音楽の売上高上位20ヶ国の売上状況

【2015年】世界の音楽の売上高上位20ヶ国の売上状況を含むブックマーク 【2015年】世界の音楽の売上高上位20ヶ国の売上状況のブックマークコメント

日本レコード協会機関誌「The Record」6月号から、2015年の世界の音楽の売上上位20ヶ国の売上をまとめみてました。


※売上等の数字は一般社団法人 日本レコード協会「The Record」6月号(PDF)より引用。

※円ドルの換算レートは1ドル=121.07円。

※各数字は後に訂正される可能性があります。


2015年>世界の音楽の売上動向

2015年売上高前年比
パッケージ売上58億ドル−4.5%
有料音楽配信売上67億ドル+10.2%
演奏権収入21億ドル+4.4%
シンクロ収入4億ドル+6.6%
合計150億ドル+3.2%

f:id:longlow:20160615165338j:image


2015年は初めて有料音楽配信がパッケージの売上を単体で上回り最大の区分になっています。



2015年>世界の音楽の売上高上位20ヶ国の売上(卸価格ベース)

f:id:longlow:20160615031541j:image


   国名   世界シェア(卸価格ベース) 卸価格ベース総売上高 前年比
1アメリカ33.32%49億9730万ドル+1.0%
2日本16.31%24億4670万ドル+3.0%
3イギリス9.03%13億5400万ドル+0.6%
4ドイツ8.73%13億990万ドル −0.3%
5フランス5.39%8億910万ドル −2.2%
6オーストラリア2.29%3億4280万ドル+6.1%
7カナダ2.24%3億3580万ドル+8.3%
8韓国1.88%2億8130万ドル+12.4%
9イタリア1.77%2億6550万ドル+25.1%
10ブラジル1.65%2億4700万ドル−1.8%
11オランダ1.48%2億2260万ドル+10.6%
12スウェーデン1.21%1億8190万ドル+7.6%
13スペイン1.19%1億7920万ドル+10.0%
14中国1.13%1億6970万ドル+63.8%
15アルゼンチン0.94%1億4160万ドル+34.8%
16メキシコ0.84%1億2640万ドル+14.4%
17ベルギー0.77%1億1610万ドル+7.5%
18スイス0.76%1億1430万ドル−2.7%
19オーストリア0.71%1億600万ドル−3.0%
20ノルウェー0.71%1億590万ドル+2.6%
世界合計100.00%150億ドル+3.2%

2015年インドが前年の20位から圏外になり、代わりにアルゼンチンが15位にランクインしています。そして、特筆すべきは中国。前年比63.8%増という大幅な伸びを見せています。伸びた理由は、レコード会社とTencent傘下の多数の国内インターネット運営会社とのライセンス提携強化が寄与したようです。さらに、中国では2015年9月下旬からアップルの定額制音楽配信サービス「Apple Music」のサービスが開始されました*1中国著作権侵害率が非常に高い国ですが、人口と経済力から考えれば無料のストリーミングサービスや定額制音楽配信サービスの伸び代はかなり大きい国ではあるはずなので、2016年はさらなる伸びが期待出来る可能性があると思います。


GDP

2015年の名目GDP世界の名目GDP(USドル)ランキング - 世界経済のネタ帳より引用。

    国名      対GDP比   卸価格ベース売上高(ドルベース)2015年名目GDP
1日本0.0593%24億4670万ドル4兆1232億6000万ドル
2イギリス0.0475%13億5400万ドル2兆8493億5000万ドル
3ドイツ0.0390%13億990万ドル3兆3576億1000万ドル
4スウェーデン0.0369%1億8190万ドル4926億2000万ドル
5フランス0.0334%8億910万ドル2兆4215億6000万ドル
6オランダ0.0301%2億2260万ドル7384億2000万ドル
7オーストリア0.0283%1億600万ドル3741億2000万ドル
8オーストラリア0.0280%3億4280万ドル1兆2238億9000万ドル
9アメリカ0.0278%49億9730万ドル17兆9470億ドル
10ノルウェー0.0272%1億590万ドル3894億8000万ドル
11ベルギー0.0255%1億1610万ドル4546億9000万ドル
12アルゼンチン0.0242%1億4160万ドル5856億2000万ドル
13カナダ0.0216%3億3580万ドル1兆5523億9000万ドル
14韓国0.0204%2億8130万ドル1兆3768億7000万ドル
15スイス0.0172%1億1430万ドル6646億ドル
16スペイン0.0149%1億7920万ドル1兆1997億2000万ドル
17イタリア0.0146%2億6550万ドル1兆8157億6000万ドル
18ブラジル0.0139%2億4700万ドル1兆7725億9000万ドル
19メキシコ0.0110%1億2640万ドル1兆1443億3000万ドル
20中国0.0015%1億6970万ドル10兆9828億3000万ドル


パッケージと有料音楽の売上

※パッケージと有料音楽配信の売上金額は上記の収入シェアの割合から、私が計算したものですので参考程度に見てください。

金額は卸価格ベース。


パッケージ売上
   国名     パッケージ売上高  総収入に占める割合  世界シェア  
1日本18億3502万ドル75%31.64%
2アメリカ11億4937万ドル23%19.82%
3ドイツ7億8594万ドル60%13.55%
4イギリス4億7390万ドル35%8.17%
5フランス3億3982万ドル42%5.86%
6カナダ1億1753万ドル35%2.03%
7イタリア1億1682万ドル44%2.01%
8オーストラリア9941万ドル29%1.71%
9韓国8720万ドル31%1.50%
10オランダ7123万ドル32%1.23%
11スペイン6630万ドル37%1.14%
12ブラジル6175万ドル25%1.06%
13オーストリア5936万ドル56%1.02%
14スイス4800万ドル42%0.83%
15ベルギー4760万ドル41%0.82%
16メキシコ4297万ドル34%0.74%
17アルゼンチン2973万ドル21%0.51%
18スウェーデン2182万ドル12%0.38%
19中国1697万ドル10%0.29%
20ノルウェー1376万ドル13%0.24%
世界合計58億ドル38%100.00%

有料音楽配信売上
   国名   有料音楽配信売上総収入に占める割合  世界シェア  
1アメリカ32億9821万ドル66%49.23%
2イギリス5億9576万ドル44%8.89%
3日本4億4040万ドル18%6.57%
4ドイツ3億2747万ドル25%4.89%
5フランス2億227万ドル25%3.02%
6オーストラリア1億9539万ドル57%2.92%
7カナダ1億7461万ドル52%2.61%
8韓国1億7440万ドル62%2.60%
9中国1億5103万ドル89%2.25%
10スウェーデン1億2369万ドル68%1.85%
11ブラジル9386万ドル38%1.40%
12イタリア8230万ドル31%1.23%
13オランダ8013万ドル36%1.20%
14メキシコ7584万ドル60%1.13%
15スペイン6809万ドル38%1.02%
16ノルウェー6777万ドル64%1.01%
17スイス4229万ドル37%0.63%
18ベルギー2902万ドル25%0.43%
19アルゼンチン2832万ドル20%0.42%
20オーストリア2226万ドル21%0.33%
世界合計67億ドル44%100.00%

f:id:longlow:20160615170011j:image

f:id:longlow:20160615170028j:image



音楽の売上上位20ヶ国における一人当たりの売上額

※国の推計人口はList of countries and dependencies by population - Wikipedia, the free encyclopediaより引用。

※国により人口の集計データの日時が異なります。

※パッケージと有料音楽配信の売上金額は上記の収入シェアの割合から、私が計算したものですので参考程度に見てください。


卸価格ベース(総売上)の一人当たりの売上
   国名   1人当たりの売上(卸売価格ベース)卸売り価格ベース売上高 推計人口 
1イギリス20.80ドル13億5400万ドル65,097,000人
2ノルウェー20.27ドル1億0590万ドル5,223,256人
3日本19.27ドル24億4670万ドル126,960,000人
4スウェーデン18.40ドル1億8190万ドル9,884,285人
5ドイツ16.02ドル13億990万ドル81,770,900人
6アメリカ15.43ドル49億9730万ドル323,768,000人
7オーストラリア14.23ドル3億4280万ドル24,096,985人
8スイス13.73ドル1億1430万ドル8,325,194人
9オランダ13.08ドル2億2260万ドル17,015,300人
10オーストリア12.18ドル1億600万ドル8,699,730人
11フランス12.13ドル8億910万ドル66,689,000人
12ベルギー10.26ドル1億1610万ドル11,316,587人
13カナダ9.32ドル3億3580万ドル36,048,521人
14韓国5.54ドル2億8130万ドル50,801,405人
15イタリア4.38ドル2億6550万ドル60,665,551人
16スペイン3.86ドル1億7920万ドル46,423,064人
17アルゼンチン3.25ドル1億4160万ドル43,590,400人
18ブラジル1.20ドル2億4700万ドル206,023,243人
19メキシコ1.03ドル1億2640万ドル122,273,473人
20中国0.12ドル1億6970万ドル1,377,030,516人

パッケージの1人当たりの売上
   国名   1人当たりの売上(パッケージ)パッケージ売上高 推計人口 
1日本14.45ドル18億3502万ドル126,960,000人
2ドイツ9.61ドル7億8594万ドル81,770,900人
3イギリス7.28ドル4億7390万ドル65,097,000人
4オーストリア6.82ドル5936万ドル8,699,730人
5スイス5.77ドル4800万ドル8,325,194人
6フランス5.10ドル3億3982万ドル66,689,000人
7ベルギー4.21ドル4760万ドル11,316,587人
8オランダ4.19ドル7123万ドル17,015,300人
9オーストラリア4.13ドル9941万ドル24,096,985人
10アメリカ3.55ドル11億4937万ドル323,768,000人
11カナダ3.26ドル1億1753万ドル36,048,521人
12ノルウェー2.64ドル1376万ドル5,223,256人
13スウェーデン2.21ドル2182万ドル9,884,285人
14イタリア1.93ドル1億1682万ドル60,665,551人
15韓国1.72ドル8720万ドル50,801,405人
16スペイン1.43ドル6630万ドル46,423,064人
17アルゼンチン0.68ドル2973万ドル43,590,400人
18メキシコ0.35ドル4297万ドル122,273,473人
19ブラジル0.30ドル6175万ドル206,023,243人
20中国0.01ドル1697万ドル1,377,030,516人

有料音楽配信の1人当たりの売上
   国名   1人当たりの売上(有料音楽配信有料音楽配信売上高 推計人口 
1ノルウェー12.98ドル6777万ドル5,223,256人
2スウェーデン12.51ドル1億2369万ドル9,884,285人
3アメリカ10.19ドル32億9821万ドル323,768,000人
4イギリス9.15ドル5億9576万ドル65,097,000人
5オーストラリア8.11ドル1億9539万ドル24,096,985人
6スイス5.08ドル4229万ドル8,325,194人
7カナダ4.84ドル1億7461万ドル36,048,521人
8オランダ4.71ドル8013万ドル17,015,300人
9ドイツ4.00ドル3億2747万ドル81,770,900人
10日本3.47ドル4億4040万ドル126,960,000人
11韓国3.43ドル1億7440万ドル50,801,405人
12フランス3.03ドル2億0227万ドル66,689,000人
13ベルギー2.56ドル2902万ドル11,316,587人
14オーストリア2.56ドル2226万ドル8,699,730人
15スペイン1.47ドル6809万ドル46,423,064人
16イタリア1.36ドル8230万ドル60,665,551人
17アルゼンチン0.65ドル2832万ドル43,590,400人
18メキシコ0.62ドル7584万ドル122,273,473人
19ブラジル0.46ドル9386万ドル206,023,243人
20中国0.11ドル1億5103万ドル1,377,030,516人


演奏権収入と雑感

2015年の特徴として総収入に占める「演奏権収入」の割合が増えている国が多くなっています。そこで、今回は演奏権収入もまとめみてました。

   国名     演奏権収入  総収入に占める割合 世界シェア 
1アメリカ3億4981万ドル7%16.66%
2イギリス2億5726万ドル19%12.25%
3フランス2億3463万ドル29%11.17%
4ドイツ1億8338万ドル14%8.73%
5日本1億4680万ドル6%6.99%
6ブラジル9139万ドル37%4.35%
7アルゼンチン8212万ドル58%3.91%
8オランダ6900万ドル31%3.29%
9イタリア5841万ドル22%2.78%
10スペイン4300万ドル24%2.05%
11オーストラリア4113万ドル12%1.96%
12ベルギー3947万ドル34%1.88%
13カナダ3693万ドル11%1.76%
14スウェーデン3456万ドル19%1.65%
15オーストリア2438万ドル23%1.16%
16ノルウェー2435万ドル23%1.16%
17スイス2400万ドル21%1.14%
18韓国1969万ドル7%0.94%
19メキシコ632万ドル5%0.30%
20中国0ドル0%0.00%
世界合計21億ドル14%100.00%

総収入に占める演奏権収入の割合が増えているのは、まず2015年から演奏権収入に実演家やレコード会社の収入を含める変更があったこと。そして、日本が該当すると思われるライブの売上増加に伴うもの。あと、演奏権収入の元となるであろう演奏権使用料はJASRACのサイトによると「コンサートでの演奏やTVなどの放送での利用のように、流れた音楽が形に残らないような利用に伴う使用料」*2と定義されていることから、ストリーミングサービスやインターネットラジオ等によるロイヤリティー収入の増加の影響も考えられそうです。

2015年は世界の音楽の売上で初めて有料音楽配信がパッケージを上回ったように、インターネットが音楽の売上に与える影響はますます大きくなるでしょう。そして、その影響は有料音楽配信の売上だけでなく、演奏権収入にも現れてくると思われますで、今後は演奏権収入にも注目してみるとよいかもしれません。


※2008年〜2014年の売上や動向は以下を見てください。

2008年の世界の音楽産業動向

2009年の世界の音楽産業動向

2010年の世界の音楽産業動向

2011年の世界の音楽産業動向

【2012年】世界の音楽の売上高上位20ヶ国の売上状況

【2013年】世界の音楽の売上高上位20ヶ国の売上状況

【2014年】世界の音楽の売上高上位20ヶ国の売上状況