longlowの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-07-11

【2016】第24回参議院選挙の比例代表の個人得票数

【2016】第24回参議院選挙の比例代表の個人得票数を含むブックマーク 【2016】第24回参議院選挙の比例代表の個人得票数のブックマークコメント

2016年7月10日に投開票が行われた第24回参議院選挙比例代表の個人得票数について、得票数順に並べ替えてみました。

※個人名の得票数はFNN参院選 みんなの選挙2016 : 開票結果・比例代表より引用。

※おそらく按分票は含まれていないと思われますので、正式な投票結果とは少し異なる可能性があります。


比例代表個人得票数 1位〜50位

候補者  得票数  所属政党  当落  
1長沢 広明942,266公明
2秋野 公造612,066公明
3横山 信一606,889公明
4熊野 正士605,225公明
5徳茂 雅之521,060自民
6青山 繁晴481,890自民
7谷合 正明478,175公明
8片山 さつき393,382自民
9中西 哲392,433自民
10浜田 昌良388,473公明
11今井 絵理子319,359自民
12足立 敏之293,735自民
13山田 太郎291,188改革
14小林 正夫270,285民進
15浜口 誠266,623民進
16福島 瑞穂254,956社民
17山谷 えり子249,844自民
18藤木 真也236,119自民
19矢田 稚子215,823民進
20自見 英子210,562自民
21有田 芳生205,884民進
22川合 孝典196,023民進
23片山 虎之助194,902維新
24難波 奨二191,823民進
25江崎 孝184,187民進
26進藤 金日子182,467自民
27高階 恵美子177,810自民
28那谷屋 正義176,683民進
29石橋 通宏171,486民進
30吉田 忠智153,197社民
31山田 宏149,833自民
32渡辺 喜美143,343維新
33藤末 健三143,188民進
34藤井 基之142,132自民
35阿達 雅志139,110自民
36白 真勲138,813民進
37宇都 隆史137,993自民
38小川 克巳130,101自民
39宮島 喜文122,833自民
40水落 敏栄114,485自民
41田城 郁113,571民進
42藤川 慎一112,995民進
43青木 愛109,050生活
44轟木 利治108,522民進
45森屋 隆102,208民進
46園田 修光101,154自民
47竹内 功87,578自民
48田中 直紀86,596民進
49増山 寿一85,355自民
50堀内 恒夫84,597自民


比例代表個人得票数 51位〜100位

候補者  得票数  所属政党  当落  
51小林 節78,272怒り
52中山 成彬77,884日こ
53市田 忠義77,348共産
54柴田 巧73,166民進
55大河原 雅子71,398民進
56石井 苗子68,147維新
57荒井 広幸63,757改革
58前田 武志59,853民進
59大江 康弘53,731自民
60石井 章50,073維新
61田村 智子49,113共産
62小野 次郎46,213民進
63儀武 剛43,679維新
64西村 真悟42,296日こ
65西村 正美38,899民進
66畦元 将吾37,731自民
67梅村 聡37,570維新
68ボギーてどこん35,235日こ
69鈴木 宏治33,518維新
70大門 実紀33,078共産
71七海 ひろこ31,717幸福
72佐野 秀光31,334支持なし
73岩渕 友31,099共産
74伊藤 洋介29,865自民
75釈 量子28,579幸福
76鎌谷 一也26,717民進
77武田 良介23,938共産
78奥田 智子23,680共産
79伊勢田 良子23,261共産
80三宅 博23,021維新
81坂井 良和22,552維新
82春名 直章21,478共産
83円 より子20,496怒り
84中谷 裕之19,946維新
85宮崎 勝18,571公明
86本藤 昭子18,035支持なし
87樋口 俊一17,626維新
88鈴木 望16,816維新
89姫井 由美子16,116生活
90椎葉 寿幸13,228共産
91保江 邦夫12,948日こ
92島 聡12,677維新
93矢野 義昭11,983維新
94末次 精一11,878生活
95北出 美翔11,349生活
96吉俣 洋11,139共産
97新渡 英夫11,090維新
98矢作 直樹10,363日こ
99日吉 雄太9,862生活
100宇佐美 孝二9,755維新


比例代表個人得票数 101位〜164位

候補者  得票数  所属政党  当落  
101椎野 隆9,627社民
102高橋 英明8,562維新
103古田 美知代7,921共産
104岩渕 彩子7,757共産
105竹内 真二7,489公明
106石山 浩行7,135共産
107吉田 恭子7,088共産
108小池 一徳7,070共産
109岡田 正和7,036共産
110伊藤 善規6,368社民
111平野 道子6,194怒り
112串田 誠一5,960維新
113平山 誠5,944改革
114高橋 秀明5,878公明
115星 英一郎5,666公明
116荒木 大樹4,735怒り
117大西 さちえ4,659怒り
118山下 魁4,579共産
119伊藤 達也4,476共産
120佐藤 耕平4,378共産
121竹内 秀伸4,334公明
122真栄里 保4,032共産
123藤本 友里3,921共産
124西沢 博3,661共産
125大坂 佳巨3,635改革
126山田 和雄3,579共産
127唐沢 千晶3,528共産
128高田 清久3,497公明
129伊藤 淳子3,388改革
130坂本 道応3,377公明
131桝口 敏行3,370社民
132田山 英次3,273社民
133佐藤 史成3,226公明
134高木 光弘3,147共産
135田中 大助3,049改革
136橋本 勉3,042怒り
137坂口 多美子2,957共産
138吉田 晶子2,934怒り
139松本 隆2,784共産
140千葉 宣男2,560公明
141熊谷 智2,497共産
142飯塚 栄治2,443公明
143福田 晃三2,405改革
144松山 恭子2,376共産
145桂川 悟2,288社民
146杉本 志乃2,272怒り
147高橋 渡2,257共産
148亀田 良典2,254共産
149原口 敏彦2,184共産
150藤岡 佳代子2,065改革
151立川 光昭1,958怒り
152釜井 敏行1,932共産
153松田 一志1,931共産
154渡辺 良弘1,806怒り
155益田 牧子1,786共産
156栗岡 哲平1,533公明
157遠藤 秀和1,492共産
158上村 泰稔1,303共産
159三ヶ尻 亮子1,299共産
160宮内 現1,189共産
161和泉 信丈973共産
162朝倉 秀雄963改革
163植本 完治744共産
164小路 貴之499共産


比例代表当選者の得票数下位10人と落選者の得票数上位10人と感想

比例代表当選者の得票数下位10人
候補者  得票数  所属政党
1宮崎 勝18,571公明
2武田 良介23,938共産
3岩渕 友31,099共産
4大門 実紀33,078共産
5田村 智子49,113共産
6石井 章50,073維新
7石井 苗子68,147維新
8市田 忠義77,348共産
9園田 修光101,154自民
10青木 愛109,050生活

比例代表落選者の得票数上位10人
候補者  得票数  所属政党
1山田 太郎291,188改革
2吉田 忠智153,197社民
3田城 郁113,571民進
4藤川 慎一112,995民進
5轟木 利治108,522民進
6森屋 隆102,208民進
7竹内 功87,578自民
8田中 直紀86,596民進
9増山 寿一85,355自民
10堀内 恒夫84,597自民

今回の参院選比例で最もインパクトが大きかったのは山田太郎氏かと思われます。タレント候補者のような知名度も無く、大きな組織もバックに無い立候補者が比例の個人得票数において全体13位、約29万票を獲得というのは異例で、今回は残念ながら落選だったものの表現規制反対の票田がいかに大きいかを政界に見せつけた形になったのではないでしょうか。Twitterでも言及している人もいますが、次の国政選挙でいずれかの政党から声がかかる可能性もあると思います。

それと、東京都の比例個人票も見てみたのですが山田太郎氏の得票数は4位と全国順位より高く、都市部でかなり票を集めたようです

東京都参院選比例代表個人得票数上位10人

東京都の比例個人得票数は東京都 平成28年 参議院(比例代表選出)議員選挙開票結果より引用。

小数点以下は按分票です。

候補者  得票数  所属政党
1長沢 広明330,212公明
2片山 さつき83,411.862自民
3青山 繁晴77,589自民
4山田 太郎62,360.977改革
5今井 絵理子51,474.586自民
6福島 瑞穂44,103社民
7山田 宏41,555.244自民
8山谷 えり子40,221自民
9有田 芳生38,368民進
10大河原 雅子36,135民進

2016-06-21

2015年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2015年度のNHKと在京民放キー局の視聴率を含むブックマーク 2015年度のNHKと在京民放キー局の視聴率のブックマークコメント

在京民放キー局の決算資料などを元に2015年度の視聴率をまとめてみました。


※視聴率の数字は原則として「関東地区*1」の数字になります。

2015年度の番組制作費は2015年度(2016年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費を見てください。

※各数字は後に訂正される可能性があります。


2015年度通期(2015年3月30日〜2016年4月3日)の視聴率

※GH、PT、全日の視聴率は決算説明会資料 : 株主・投資家情報 : 株式会社テレビ東京ホールディングスにある2015年度(2016年3月期)決算 中期経営計画説明会 配布資料(PDF)より引用。

※PT2の視聴率はテレビ朝日ホールディングス|決算説明会・決算説明資料にある2016年3月期 決算説明会資料(PDF)より引用。

※「その他の局」 : 対象はBS放送(NHK-BSWOWOW)、CS放送、CATV独立U局。視聴率はそれらの局の視聴率を合算した数字になります。

NHKとその他の局は資料にPT2の視聴率が無いため除外。


GH(19:00〜22:00)
局名2015年度通期平均視聴率2014年度通期平均視聴率  前年度比  
1日本テレビ12.4%12.8%−0.4%
2テレビ朝日10.8%10.9%−0.1%
3NHK10.5%10.8%+0.3%
4TBS9.8%9.5%+0.3%
5フジテレビ8.9%9.8%−0.9%
6その他の局7.6%7.3%+0.3%
7テレビ東京6.7%7.0%−0.3%

PT(19:00〜23:00)
局名2015年度通期平均視聴率2014年度通期平均視聴率  前年度比  
1日本テレビ12.2%12.7%−0.5%
2テレビ朝日11.0%11.3%−0.3%
3TBS9.8%9.3%+0.5%
4NHK9.2%9.5%−0.3%
5フジテレビ9.0%10.0%−1.0%
6その他の局7.2%7.0%+0.2%
7テレビ東京6.5%6.7%−0.2%

全日(6:00〜24:00)
局名2015年度通期平均視聴率2014年度通期平均視聴率  前年度比  
1日本テレビ8.5%8.6%−0.1%
2テレビ朝日7.2%7.1%+0.1%
3NHK6.7%6.8%−0.1%
4フジテレビ6.2%6.7%−0.5%
5TBS5.9%5.9%±0.0%
6その他の局5.0%4.9%+0.1%
7テレビ東京3.0%3.1%−0.1%

PT2(23:00〜1:00)
局名2015年度通期平均視聴率2014年度通期平均視聴率  前年度比  
1日本テレビ7.4%7.1%+0.3%
2テレビ朝日6.9%7.3%−0.4%
3フジテレビ4.7%5.0%−0.3%
3TBS4.7%4.8%−0.1%
5テレビ東京2.8%2.7%+0.1%


局ごとの視聴率と推移

※GH、PT、全日の各年度別の視聴率は決算説明会 : 株主IR情報 | TBSホールディングス決算説明会資料 : 株主・投資家情報 : 株式会社テレビ東京ホールディングスにある資料より引用。

※PT2の年度別視聴率は 決算説明会・決算説明資料|テレビ朝日ホールディングスにある資料より引用。

※PT2はテレビ朝日は2003年度から、日本テレビTBSフジテレビテレビ東京は2007年度からになります。また2010年度はPT2の通期平均視聴率が資料に記載されて無いので除外。

NHKは2003年度と2007年度*2テレビ東京は2003年度の視聴率の数字が記載されていないでの除外(後で見つかった場合は追記します)。


NHK

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH 19:00〜22:00)10.5%+0.3%
PT 19:00〜23:00)9.2%−0.3%
全日(6:00〜24:00)6.7%−0.1%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)
2004年度12.7%11.8%7.7%
2005年度12.1%11.0%7.1%
2006年度11.7%10.4%6.8%
2007年度***
2008年度13.1%11.6%7.1%
2009年度12.2%10.7%6.9%
2010年度11.8%10.5%6.8%
2011年11.5%10.2%6.7%
2012年度11.5%10.3%6.7%
2013年度10.7%9.5%6.6%
2014年10.8%9.5%6.8%
2015年10.5%9.2%6.7%

f:id:longlow:20160620125520j:image



日本テレビ

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH(19:00〜22:00)12.4%−0.4%
PT(19:00〜23:00)12.2%−0.5%
全日(6:00〜24:00)8.5−0.1%
PT2(23:00〜1:00)7.4%+0.3%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)PT2(23:00〜1:00)
2003年度14.1%13.9%9.7%*
2004年度13.4%13.5%9.2%*
2005年度12.7%12.9%8.8%*
2006年度11.9%12.2%8.3%*
2007年度12.1%12.2%8.3%6.9%
2008年度12.4%12.4%8.3%7.3%
2009年度12.5%12.6%8.4%7.3%
2010年度12.3%12.4%8.1%*
2011年12.7%12.7%8.0%6.6%
2012年度12.1%11.9%7.9%5.8%
2013年度12.1%12.0%8.1%6.4%
2014年12.8%12.7%8.6%7.1%
2015年12.4%12.2%8.5%7.4%

f:id:longlow:20160620134037j:image



TBS

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH(19:00〜22:00)9.8%+0.3%
PT(19:00〜23:00)9.8%+0.5%
全日(6:00〜24:00)5.9%±0.0%
PT2(23:00〜1:00)4.7%−0.1%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)PT2(23:00〜1:00)
2003年度12.6%12.5%7.7%*
2004年度12.9%12.9%7.5%*
2005年度12.8%12.8%8.0%*
2006年度12.7%12.6%7.8%*
2007年度11.7%11.6%7.6%6.0%
2008年度11.2%11.1%7.5%5.9%
2009年度9.5%9.7%6.6%5.3%
2010年度9.7%9.9%6.5%*
2011年10.0%10.1%6.8%4.9%
2012年度9.5%9.6%6.6%4.7%
2013年度9.7%9.6%6.2%4.5%
2014年9.5%9.3%5.9%4.8%
2015年9.8%9.8%5.9%4.7%

f:id:longlow:20160620135007j:image



フジテレビ

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH(19:00〜22:00)8.9%−0.9%
PT(19:00〜23:00)9.0%−1.0%
全日(6:00〜24:00)6.2%−0.5%
PT2(23:00〜1:00)4.7%−0.3%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)PT2(23:00〜1:00)
2003年度13.8%14.2%9.2%*
2004年度13.7%14.0%9.3%*
2005年度14.3%14.6%9.5%*
2006年度14.1%14.3%9.2%*
2007年度13.8%13.6%8.7%8.7%
2008年度13.3%13.4%8.5%7.8%
2009年度13.6%13.4%8.5%7.1%
2010年度12.6%12.6%8.2%*
2011年12.5%12.5%8.0%6.8%
2012年度10.9%11.0%7.1%5.5%
2013年度10.5%10.8%7.0%5.4%
2014年9.8%10.0%6.7%5.0%
2015年8.9%9.0%6.2%4.7%

f:id:longlow:20160620142851j:image



テレビ朝日

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率前年度比
GH(19:00〜22:00)10.8%−0.1%
PT(19:00〜23:00)11.0%−0.3%
全日(6:00〜24:00)7.2%+0.1%
PT2(23:00〜1:00)6.9%−0.4%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)PT2(23:00〜1:00)
2003年度11.3%12.1%7.2%7.9%
2004年度11.9%12.3%7.8%7.9%
2005年度12.6%13.2%7.8%8.5%
2006年度11.4%12.2%7.5%8.6%
2007年度11.5%12.3%7.9%8.4%
2008年度11.4%12.1%7.8%8.6%
2009年度11.0%11.7%7.7%8.8%
2010年度11.5%12.0%7.3%*
2011年11.7%12.0%7.4%8.3%
2012年度12.4%12.7%7.8%8.5%
2013年度11.8%12.1%7.7%7.8%
2014年10.9%11.3%7.1%7.3%
2015年10.8%11.0%7.2%6.9%

f:id:longlow:20160620143846j:image



テレビ東京

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH(19:00〜22:00)6.7%−0.3%
PT(19:00〜23:00)6.5%−0.2%
全日(6:00〜24:00)3.0%−0.1%
PT2(23:00〜1:00)2.8%+0.1%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)PT2(23:00〜1:00)
2004年度8.3%7.7%3.7%*
2005年度8.2%7.7%3.7%*
2006年度8.4%7.9%3.8%*
2007年度8.3%7.9%3.8%3.8%
2008年度7.7%7.3%3.5%3.5%
2009年度7.1%6.7%3.2%3.2%
2010年度6.1%5.8%2.8%*
2011年6.0%5.6%2.7%2.7%
2012年度6.8%6.4%2.9%2.8%
2013年度7.2%6.8%3.0%2.8%
2014年7.0%6.7%3.1%2.7%
2015年6.7%6.5%3.0%2.8%

f:id:longlow:20160620145332j:image



その他の局

2015年度通期平均視聴率
2015年度通期平均視聴率  前年度比  
GH(19:00〜22:00)7.6%+0.3%
PT(19:00〜23:00)7.2%+0.2%
全日(6:00〜24:00)5.0%+0.1%

年度ごとの平均視聴率
GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)
2008年度4.5%4.5%3.3%
2009年度5.2%5.1%3.5%
2010年度6.3%6.1%4.2%
2011年6.4%6.1%4.3%
2012年度7.2%7.0%4.8%
2013年度7.6%7.3%5.0%
2014年7.3%7.0%4.9%
2015年7.6%7.2%5.0%

f:id:longlow:20160620150951j:image



GH、PT、全日、PT2の平均視聴率の推移


GH(19:00〜22:00)
  NHK  日本テレビ  TBS  フジテレビテレビ朝日テレビ東京その他の局
2003年度*13.9%12.5%14.2%12.1%**
2004年度11.8%13.5%12.9%14.0%12.3%7.7%*
2005年度11.0%12.9%12.8%14.6%13.2%7.7%*
2006年度10.4%12.2%12.6%14.3%12.2%7.9%*
2007年度*12.2%11.6%13.6%12.3%7.9%*
2008年度11.6%12.4%11.1%13.4%12.1%7.3%4.5%
2009年度10.7%12.6%9.7%13.4%11.7%6.7%5.2%
2010年度10.5%12.4%9.9%12.6%12.0%5.8%6.3%
2011年10.2%12.7%10.1%12.5%12.0%5.6%6.4%
2012年度11.5%12.1%9.5%10.9%12.4%6.8%7.2%
2013年度10.7%12.1%9.7%10.5%11.8%7.2%7.6%
2014年10.8%12.8%9.5%9.8%10.9%7.0%7.3%
2015年10.5%12.4%9.8%8.9%10.8%6.7%7.6%

f:id:longlow:20160621142535j:image


PT(19:00〜23:00)
  NHK  日本テレビ  TBS  フジテレビテレビ朝日テレビ東京その他の局
2003年度*13.9%12.5%14.2%12.1%**
2004年度11.8%13.5%12.9%14.0%12.3%7.7%*
2005年度11.0%12.9%12.8%14.6%13.2%7.7%*
2006年度10.4%12.2%12.6%14.3%12.2%7.9%*
2007年度*12.2%11.6%13.6%12.3%7.9%*
2008年度11.6%12.4%11.1%13.4%12.1%7.3%4.5%
2009年度10.7%12.6%9.7%13.4%11.7%6.7%5.1%
2010年度10.5%12.4%9.9%12.6%12.0%5.8%6.1%
2011年10.2%12.7%10.1%12.5%12.0%5.6%6.1%
2012年度10.3%11.9%9.6%11.0%12.7%6.4%7.0%
2013年度9.5%12.0%9.6%10.8%12.1%6.8%7.3%
2014年9.5%12.7%9.3%10.0%11.3%6.7%7.0%
2015年9.2%12.2%9.8%9.0%11.0%6.5%7.2%

f:id:longlow:20160621142608j:image


全日(6:00〜24:00)
  NHK  日本テレビ  TBS  フジテレビテレビ朝日テレビ東京その他の局
2003年度*9.7%7.7%9.2%7.2%**
2004年度7.7%9.2%7.5%9.3%7.8%3.7%*
2005年度7.1%8.8%8.0%9.5%7.8%3.7%*
2006年度6.8%8.3%7.8%9.2%7.5%3.8%*
2007年度*8.3%7.6%8.7%7.9%3.8%*
2008年度7.1%8.3%7.5%8.5%7.8%3.5%3.3%
2009年度6.9%8.4%6.6%8.5%7.7%3.2%3.5%
2010年度6.8%8.1%6.5%8.2%7.3%2.8%4.2%
2011年6.7%8.0%6.8%8.0%7.4%2.7%4.3%
2012年度6.7%7.9%6.6%7.1%7.8%2.9%4.8%
2013年度6.6%8.1%6.2%7.0%7.7%3.0%5.0%
2014年6.8%8.6%5.9%6.7%7.1%3.1%4.9%
2015年6.7%8.5%5.9%6.2%7.2%3.0%5.0%

f:id:longlow:20160621142633j:image


PT2(23:00〜1:00)
日本テレビ TBS フジテレビテレビ朝日テレビ東京
2003年度***7.9%*
2004年度***7.9%*
2005年度***8.5%*
2006年度***8.6%*
2007年度6.9%6.0%8.0%8.4%3.8%
2008年度7.3%5.9%7.8%8.6%3.5%
2009年度7.3%5.3%7.1%8.8%3.2%
2010年度*****
2011年6.6%4.9%6.8%8.3%2.7%
2012年度5.8%4.7%5.5%8.5%2.8%
2013年度6.4%4.5%5.4%7.8%2.8%
2014年7.1%4.8%5.0%7.3%2.7%
2015年7.4%4.7%4.7%6.9%2.8%

f:id:longlow:20160621142654j:image



HUT(総世帯視聴率)の推移

※HUT(Households Using Television) : 総世帯視聴率。調査対象となる世帯全体で、どのくらいの世帯がテレビ放送を放送と同時に視聴していたのかという割合。


2015年度通期のHUT
2015年度通期HUT2014年度通期HUT  前年度比  
GH(19:00〜22:00)61.5%63.0%−1.5%
PT(19:00〜23:00)59.7%61.3%−1.6%
全日(6:00〜24:00)40.7%41.4%−0.7%

1997年度から2015年度までのHUTの推移

※以前テレビ東京のサイトに1997年度以降のHUTが掲載されていたのですが、現在は掲載をしなくなってしまったようです。そのため、1997年度から2008年度までの数字はInternet Archive: Wayback Machineにあるhttp://web.archive.org/web/20101101034834/http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/ir/jpn/media/mediadata.htmlより引用。2009年度から2015年度は決算説明会資料 : 株主・投資家情報 : 株式会社テレビ東京ホールディングスにある以下の資料より引用。

2010年3月期決算説明会 配布資料(PDF)

2010年度(2011年3月期)決算説明会 配布資料(PDF)

2011年度(2012年3月期)決算説明会 配布資料(PDF)

2012年度(2013年3月期)決算説明会 配布資料(PDF)

2014年度(2015年3月期)決算 中期経営計画説明会 配布資料(PDF)

2015年度(2016年3月期)決算 中期経営計画説明会 配布資料(PDF)

GH(19:00〜22:00)PT(19:00〜23:00)全日(6:00〜24:00)
1997年70.1%68.7%44.5%
1998年度70.5%69.2%45.3%
1999年度69.4%68.4%45.4%
2000年度68.6%67.5%44.8%
2001年度68.7%67.7%45.1%
2002年度68.0%67.0%44.7%
2003年度67.0%66.2%44.1%
2004年度68.3%67.3%44.9%
2005年度67.6%66.8%44.6%
2006年度65.8%65.2%43.3%
2007年度65.8%64.5%43.3%
2008年度66.0%64.6%43.4%
2009年度64.3%63.1%42.6%
2010年度63.9%62.7%41.8%
2011年63.7%62.3%41.5%
2012年度63.8%62.3%41.5%
2013年度64.2%62.6%41.7%
2014年63.0%61.3%41.4%
2015年61.5%59.7%40.7%

f:id:longlow:20160620181159j:image



2016年度1月クールの平均視聴率と雑感

2016年度1月クールの平均視聴率は決算説明会資料 : 株主・投資家情報 : 株式会社テレビ東京ホールディングスにある2015年度(2016年3月期)決算 中期経営計画説明会 配布資料(PDF)より引用。

2016年度1月クール(2016年1月4日〜2016年4月3日)の平均視聴率
GH(19:00〜22:00)2016年度1月クール平均視聴率前年度同期比
1日本テレビ12.8%−1.0%
2NHK11.0%+0.2%
3テレビ朝日10.9%−0.8%
4TBS9.6%−0.1%
5フジテレビ8.6%−1.2%
6その他の局7.0%+0.7%
7テレビ東京6.8%−0.1%
HUT61.6%−2.2%

PT(19:00〜22:00)2016年度1月平均クール視聴率前年同期比
1日本テレビ12.5%−1.0%
2テレビ朝日11.1%−0.9%
3NHK9.6%±0.0%
4TBS9.5%±0.0%
5フジテレビ8.9%−1.1%
6テレビ東京6.6%±0.0%
7その他の局6.6%+0.4%
HUT59.7%−2.5%

全日(6:00〜24:00)2016年度1月クール平均視聴率前年同期比
1日本テレビ8.7%−0.6%
2テレビ朝日7.6%+0.3%
3NHK6.9%+0.1%
4フジテレビ6.2%−0.7%
5TBS6.0%−0.1%
6その他の局4.8%+0.5%
7テレビ東京3.0%−0.2%
HUT41.6%−0.6%

2015年度の視聴率は日本テレビがGH、PT、全日に加えてPT2もトップで4冠を達成。しかし、その日本テレビもGH、PT、全日は前年度比減。全体的にも視聴率は不振で、テレビ全体の指標となるHUTも前年度から大きく下げて、特にPTは1997年度以降では初めて60%を割る事態になっています。

そのHUTを大きく下げる要因となっているのがフジテレビ。とにかく視聴率が下げ止まる気配が無く、GHの2015年度平均視聴率はテレビ東京とその他の局を除くNHK日本テレビTBSフジテレビテレビ朝日の5局の中で2003年度以降初めて8%台(8.9%)という結果。2016年度1月クールの平均視聴率も悪く、GHはおろかPTも8%台になる可能性が出てきていています。

フジテレビはこの状態が続いてしまうと「振り向けばテレ東」どころか「振り向いても誰もいない」という可能性すらあり得るかもしれません。フジテレビの決算説明会資料*3によると4月クールからGH、PT帯強化にキッズ、ティーン、20代〜40代をターゲットにしたバラエティ番組を投入とありますが、上手く行っているのかどうか。2016年度はフジテレビにとってテレビ局としての正念場になりそうな気がします。



※2008年度〜2015年度の番組制作費と2011年度〜2014年度の視聴率は以下を見てください。

・番組制作費

2008年度の決算資料から見る在京民放キー局の番組制作費

2009年度(2010年3月期)の在京民放キー局の番組制作費

2010年度(2011年3月期)の在京民放キー局の決算から見る番組制作費

2011年度(2012年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2012年度(2013年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2013年度(2014年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2014年度(2015年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2015年度(2016年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

・視聴率

NHKと在京民放キー局の2011年度の視聴率

2012年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2013年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2014年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

*1東京都(島部を除く) 神奈川県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県現在の調査エリア(PM・52週地区) | ビデオリサーチより。

*2:他の局の資料も見たのですが何故か2007年度だけNHKの視聴率が無い。

*32015年度 決算説明会配布資料(PDF)

2016-06-20

2015年度(2016年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2015年度(2016年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費を含むブックマーク 2015年度(2016年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費のブックマークコメント

在京民放キー局(日本テレビTBSフジテレビテレビ朝日テレビ東京)の2015年度の決算資料等から番組制作費をまとめてみました。


2015年度視聴率は2015年度のNHKと在京民放キー局の視聴率を見てください。

※各数字は後に訂正される可能性があります。


2015年度(2016年3月期)通期の在京民放キー局の決算

最初に、各局の連結と単体の決算になります。

※括弧内の数字は前年度比。また括弧内の数字が無いものは比較が出来ないため(−)となっています。

※△は損失。

連結
日本テレビHD東京放送HDフジ・メディアHDテレビ朝日HDテレビ東京HD
売上高4147億8000万円(+14.4%)3485億3900万円(+0.2%)6405億7200万円(-0.4%)2807億7900万円(+1.6%)1362億1600万円(+5.9%)
営業利益531億7800万円(+25.5%)171億7900万円(+9.2%)243億9400万円(-4.8%)165億7000万円(+9.5%)72億7200万円(+45.4%)
経常利益577億9100万円(+18.7%)226億7800万円(+19.9%)324億円(-7.7%)185億900万円(+10.8%)76億3800万円(+40.6%)
当期純利益368億8300万円(+21.1%)144億9700万円(+13.2%)29億2600万円(+14.7%)121億6900万円(+10.7%)47億600万円(+52.3%)

単体・個別
日本テレビTBSテレビフジテレビテレビ朝日テレビ東京
売上高3070億7700万円(+5.7%)2103億5300万円(+0.5%)2897億800万円(-6.5%)2282億2400万円(±0.0%)1073億9600万円(+5.1%)
営業利益458億3300万円(+20.5%)66億5000万円(+5.6%)55億600万円(-48.8%)102億7800万円(+10.8%)46億9700万円(+95.3%)
経常利益535億1300万円(+34.9%)12億9700万円(+15.8%)62億8400万円(-42.5%)116億3100万円(+25.5%)59億4900万円(+74.3%)
当期純利益301億1600万円(+22.3%)△19億6800万円(-23.7%)33億4800万円(-38.2%)80億5600万円(+41.4%)59億8100万円(+76.0%)


2015年度通期(2015年4月1日〜2016年3月31日)の各局の番組制作費

そして、各局の番組制作費になります。

※番組制作費にどのような費用が含まれるかは局及び年度によって違います。その点を考慮して見て下さい。

TBSの番組制作費は直接費*1と間接費*2を合わせた数字で、フジテレビは直接費*3の数字になります。

※番組制作費の推移は各局がネット上で公開している決算資料等で最も古い年度からの推移です。

※基本的に地上波の番組制作費になります。


日本テレビ

2015年度の数字は決算説明会|IRライブラリ|IR情報|日本テレビホールディングス株式会社にある以下の資料より引用。

2015年度第1四半期IR決算説明資料(PDF)

2015年度第2四半期IR決算説明資料(PDF)

2015年度第3四半期IR決算説明資料(PDF)

2015年度IR決算説明資料(PDF)


2015年度通期番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
番組制作費966億8700万円960億2200万円+6億6400万円+0.7%

四半期ごとの番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
第1四半期238億6500万円258億2500万円−19億5900万円−7.6%
第2四半期244億9400万円243億6100万円+1億3300万円+0.5%
第3四半期237億3000万円236億3800万円+9200万円+0.4%
第4四半期245億9800万円221億9800万円+24億円+10.8%

番組制作費の推移
年度   番組制作費   
2001年度1119億9300万円
2002年度1134億3300万円
2003年度1112億7300万円
2004年度1107億6100万円
2005年度1127億2900万円
2006年度1106億4400万円
2007年度1151億7200万円
2008年度1123億3000万円
2009年度947億1700万円
2010年度908億7400万円
2011年935億2400万円
2012年度953億4900万円
2013年度975億4300万円
2014年960億2200万円
2015年966億8700万円

f:id:longlow:20160619043700j:image



TBS

2015年度数字は東証開示資料 : 株主IR情報 | TBSホールディングス2016年3月期 決算資料(PDF)より引用。


2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
番組制作費961億2500万円963億7600万円−2億5100万円−0.3%

四半期ごとの番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
第1四半期235億2800万円257億300万円−21億7500万円−8.5%
第2四半期247億2500万円241億4600万円+5億7900万円+2.4%
第3四半期234億7300万円235億3800万円−6500万円−0.3%
第4四半期243億9800万円229億8800万円+14億1100万円+6.1%

番組制作費の推移
年度   番組制作費   
2002年度1181億円
2003年度1190億円
2004年度1209億円
2005年度1248億8000万円
2006年度1241億2400万円
2007年度1218億2300万円
2008年度1156億3500万円
2009年度1050億7000万円
2010年度951億500万円
2011年949億2400万円
2012年度988億5300万円
2013年度976億4800万円
2014年963億7600万円
2015年961億2500万円

f:id:longlow:20160619044315j:image



フジテレビ

2015年度の数字はフジ・メディア・ホールディングス - 決算説明資料・説明会2015年度 決算説明会配布資料(PDF)より引用。


2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
番組制作費932億3600万円1007億4500万円−75億900万円−7.5%

四半期ごとの番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
第1四半期222億600万円260億100万円−37億9500万円−14.6%
第2四半期273億700万円256億円+17億700万円+6.7%
第3四半期228億8100万円251億3000万円−22億4900万円−8.9%
第4四半期208億4000万円240億1300万円−31億7300万円−13.2%

番組制作費の推移
年度   番組制作費   
2006年度1153億円
2007年度1177億円
2008年度1102億円
2009年度1049億円
2010年度985億円
2011年993億円
2012年度993億円
2013年度983億円
2014年1007億円4500万円
2015年932億3600万円

f:id:longlow:20160619045025j:image



テレビ朝日

2015年度の数字はテレビ朝日ホールディングス| IR情報 > 決算説明会・決算説明資料2016年3月期 決算 決算説明会資料(PDF)より引用。

2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
番組制作費841億2300万円868億900万円−26億8500万円−3.1%

四半期ごとの番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
第1四半期197億3100万円230億9000万円−33億5900万円−14.6%
第2四半期212億3400万円208億5200万円+3億8200万円+1.8%
第3四半期205億6100万円213億100万円−7億4000万円−3.5%
第4四半期225億9500万円215億6300万円+10億3100万円+4.8%

番組制作費の推移
年度   番組制作費   
2005年度847億3000万円
2006年度874億9000万円
2007年度892億5800万円
2008年度903億6800万円
2009年度756億9400万円
2010年度755億7600万円
2011年780億5300万円
2012年度828億7900万円
2013年度823億6200万円
2014年868億900万円
2015年841億2300万円

f:id:longlow:20160619045552j:image



テレビ東京

2015年度の各数字は決算短信 : 株主・投資家情報 : 株式会社テレビ東京ホールディングスにある以下の資料より引用。

2016年3月期 第1四半期決算 補足資料(PDF)

2016年3月期 第2四半期決算 補足資料(PDF)

2016年3月期 第3四半期決算 補足資料(PDF)

平成28年3月期 通期決算補足資料(PDF)


2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
番組制作費371億6600万円387億6000万円−15億9400万円−4.1%

四半期ごとの番組制作費
2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
第1四半期90億4600万円102億300万円−11億5700万円−11.3%
第2四半期91億500万円94億9500万円−3億9000万円−4.1%
第3四半期96億3700万円93億6800万円+2億6900万円+2.9%
第4四半期93億7600万円96億9300万円−3億1700万円−3.3%

番組制作費の推移
年度   番組制作費   
2003年度387億6900万円
2004年度405億8800万円
2005年度404億4800万円
2006年度434億1900万円
2007年度429億1100万円
2008年度409億500万円
2009年度335億5500万円
2010年度334億2600万円
2011年331億7200万円
2012年度360億2900万円
2013年度359億2200万円
2014年387億6000万円
2015年371億6600万円

f:id:longlow:20160619050028j:image



在京民放5局の番組制作費の比較と推移

2015年度通期2014年度通期前年度比増減率
日本テレビ966億8700万円960億2200万円+6億6400万円+0.7%
TBS961億2500万円963億7600万円−2億5100万円−0.3%
フジテレビ932億3600万円1007億4500万円−75億900万円−7.5%
テレビ朝日841億2300万円868億900万円−26億8500万円−3.1%
テレビ東京371億6600万円387億6000万円−15億9400万円−4.1%
5局合計4073億3700万円4187億1200万円−113億7500万円−2.7%

 日本テレビ   TBS   フジテレビ  テレビ朝日  テレビ東京 5局合計
2001年度1119億9300万円*****
2002年度1134億3300万円1181億円****
2003年度1112億7300万円1190億円**387億6900万円*
2004年度1107億6100万円1209億円**405億8800万円*
2005年度1127億2900万円1248億8000万円*847億3000万円404億4800万円*
2006年度1106億4400万円1241億2400万円1153億円874億9000万円434億1900万円4809億7700万円
2007年度1151億7200万円1218億2300万円1177億円892億5800万円429億1100万円4868億6400万円
2008年度1123億3000万円1156億3500万円1102億円903億6800万円409億500万円4694億3800万円
2009年度947億1700万円1050億7000万円1049億円756億9400万円335億5500万円4139億3600万円
2010年度908億7400万円951億500万円 985億円755億7600万円334億2600万円3934億8100万円
2011年935億2400万円949億2400万円993億円780億5300万円331億7200万円3989億7300万円
2012年度953億4900万円988億5300万円993億円828億7900万円360億2900万円4124億1000万円
2013年度975億4300万円976億4800万円983億円823億6200万円359億2200万円4117億7500万円
2014年960億2200万円963億7600万円1007億円4500万円868億900万円 387億6000万円4187億1200万円
2015年966億8700万円961億2500万円932億3600万円841億2300万円371億6600万円4073億3700万円

f:id:longlow:20160619052951j:image


f:id:longlow:20160619053011j:image



来期の業績及び番組制作費の見通しと2015年度の視聴率

2016年度(2017年3月期)通期業績見通し(連結)

2015年度業績予想(連結)は以下の決算短信より引用。

日本テレビHD:平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)(PDF)

TBS HD平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)(PDF)

フジ・メディアHD:=平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)(PDF)

テレビ朝日HD:平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)(PDF)

テレビ東京HD:平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)(PDF)

日本テレビHD東京放送HDフジ・メディアHDテレビ朝日HDテレビ東京HD
売上高4160億円(+0.3%)3540億円(+1.6%)6750億円(+4.7%)2890億円(+2.9%)1379億円(+1.2%)
営業利益460億円(-13.5%)150億円(-12.7%)272億円(+11.5%)140億円(-15.5%)47億円(-35.4%)
経常利益500億円(-13.5%)205億円(-9.6%)330億円(+1.9%)145億円(-21.7%)50億円(-34.5%)
当期純利益350億円(-5.1%)125億円(-13.8%)230億円(+0.7%)90億円(-26.0%)30億円(-36.3%)

2016年度番組制作費見通し

日本テレビは前年度比の伸び率の予想のみ記載されているため、その伸び率から私が計算した番組制作費の予想になります。

TBSは番組制作費の予想のみ記載されているため、前年度比の数字は私が計算したものになります。

フジテレビは決算の資料に番組制作費の見通しが無いため除外。

2016年度番組制作費見通し前年度
日本テレビ約997億8100万円+3.2%
TBS992億円+3.2%
テレビ朝日912億9400万円+8.5%
テレビ東京394億5000万円+6.1%

2015年度(2015/3/30〜2016/4/3)の在京民放キー局の平均視聴率

※視聴率はテレビ東京HDの平成28年3月期 通期決算補足資料(PDF)から引用。

※HUT:総世帯視聴率。調査対象となる世帯全体で、どのくらいの世帯がテレビ放送を放送と同時に視聴していたのかという割合。

局名GH(19:00〜22:00)前年度比 局名PT(19:00〜23:00)前年度比 局名全日(6:00〜24:00)前年度比
1日本テレビ12.4%−0.1% 1日本テレビ12.2%−0.5% 1日本テレビ8.5%−0.1%
2テレビ朝日10.8%−0.1% 2テレビ朝日10.8%−0.1% 2テレビ朝日7.2%+0.1%
3TBS9.8%+0.3% 3TBS9.0%+0.5% 3フジテレビ6.2%−0.5%
4フジテレビ8.9%−0.9% 4フジテレビ9.0%−1.0% 4TBS5.9%±0.0%
5テレビ東京6.7%−0.3% 5テレビ東京6.5%−0.2% 5テレビ東京3.0%−0.1%
HUT61.5%−1.5% HUT59.7%−1.6% HUT40.7%−0.7%

2015年度の番組制作費は日本テレビが僅かに前年度比増となった以外は全て前年度比減。中でも視聴率の低迷が続くフジテレビの番組制作費の減少がかなり大きく、番組の制作予算も厳しい状態にあるのではないでしょうか。

そして、2016年度ですが番組制作費の見通しを見ると、見通しを出していないフジテレビ以外の局は全て前年度比増と見積もっています。おそらく、リオデジャネイロオリンピックが影響していると思われます。それで、見通しを出していないフジテレビですが決算資料を見る限りでは番組制作費を積極的に増加するつもりはなさそうです。もしかしたら、2015年度よりさらに減少する可能性もありそうです。2015年度のフジテレビはゴールデンとプライムで視聴率4位でしたが、番組制作費も4位に落ちるかもしれません。




※2008年度〜2014年度の番組制作費と2011年度〜2015年度の視聴率は以下を見てください。

・番組制作費

2008年度の決算資料から見る在京民放キー局の番組制作費

2009年度(2010年3月期)の在京民放キー局の番組制作費

2010年度(2011年3月期)の在京民放キー局の決算から見る番組制作費

2011年度(2012年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2012年度(2013年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2013年度(2014年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

2014年度(2015年3月期)の在京民放キー局の決算資料から見る番組制作費

・視聴率

NHKと在京民放キー局の2011年度の視聴率

2012年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2013年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2014年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

2015年度のNHKと在京民放キー局の視聴率

*1:番組制作費、放送権料、美術制作費、技術制作費

*2減価償却費、社員人件費等の配賦原価

*3:自社制作番組及び購入番組の直接費