坂本拓也のsomething else

2017-02-17

ジャンルにはまったく興味ない

ビートルズは好きですが、ビートルズみたいな音楽には興味ありません。

Pink FloydKing CrimsonGenesisプログレから好きなわけではありません。

Blut Aus NordもspektrもVelvet Cacoonもブラックメタルから好きなわけではありません。

音楽だけではなくどんなものもそうです。実験〜にしてもです。ある枠組みに属してるから好きなわけではない。ジャンルを目指してるものには興味なし。

ということで最近好きなバンド

ジャンル植物テーマにしたgreen metalだって(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=7Y58eW53zwo&t=116s

2017-02-14

可視

この前のリハでかなり興味深いものができたので、本番も楽しみ。

光のon/offとフレーム残像だけでシンプル且つスタイリッシュです。これはメディア化できないんじゃないかな。

今は残像による表現に興味がでてきてます

それと神学とは違う形而上学のあり方を探ってます。不可視とは関係なさそうであったりもするかも

2016/02/25 archetype “無題”

l-e

open 19:00 start 19:30

charge 1,500yen (+1drink)

□不可視

坂本拓也 (projector) + DeAthAnovA (Drums & Keyboard)

2017-02-05

茶室

もう来週です。2/12です。個人的に前回かなり光が装飾的だったような気がするので、今回はシンプルにやってみたい。

いくつかアイデアはあるのでうまく機能すればよいな。

l-e茶室バックボーンが違うみんながアイデア出し合って一つのものを作っていく過程がとても楽しいです。

2/12(日)l-e茶室 vol.6『市中の隠・冬』

16:00~21:00

¥500(抹茶和菓子付き)

一帖茶室をl-eにつくります

どうぞご都合のよい時間にお越しください。

l-e茶室では作法二の次です。

お好きなように一帖茶室での抹茶お菓子をお楽しみください。

また、一帖茶室へ向かうまでの露地、

静かにくつろげる「待ち合い」や冬の庭、

蹲い(つくばい/手水鉢)、

などなども見所となっています

世間喧騒から離れ、暫しの間、

l-e茶室思索の時をお過ごしください。

l-e茶室は、『茶道』ではなく、『茶室』が持つ意味を考えていきます

企画/l-e(坂本由記子、坂本拓也)

協力/杉本玲子、本田晃一、小林寿代、高野真幸、安達亜希

フライヤーデザイン/本田晃一

2017-02-04

すげー、やべー

簡単に表面だけでそういう感想がでるものの稚拙さにはうんざりする。すげー、やべー、おもしれーとすら思うことができない、言葉にならない、何がなんだかわからないことにこそ新たな発見が秘められてる。秘められてるから直接感想言葉にできないのです。

あいかわらずおもしろいねーあいかわらずおもしろいねー 2017/02/04 22:51 いかにいろんな人にみてもらうかだな。

looplineloopline 2017/02/05 00:57 どう言葉にしたらよいかわからないものを、いろんな人に発見してもらうことの難しさ、人間社会で生きてる上である種の矛盾が生じてると感じる。

2017-01-28

シンプル

この前、不可視のリハをしました。シンプルにすればするほどかっこいい。残像がまたかっこいい。on/offだけでこんなにかっこいいとは。

今の気分では音を使ったことにあまり関心がいかないので、やりたくなるまでinformationはお休みにしようかな。

去年のsomething & something elseプロジェクターオブジェ結構面白くできたし、今の気分は極力シンプルでかっこいいのをやりたい。何かをなくしていくことでより豊潤になることを目指して行きたい。