坂本拓也のsomething else

2017-09-08

うんざり

前向きなことを書きたいのに、うんざりすることばかり…。

l-eがある日、自分活動がある日はバイトを休む。それについていちいち説明するのが面倒くさい。説明したところで理解されなし、儲からないことをなぜやるのか、やめるべきだ、と忠告される。それが社会的価値なのはこっちは理解してる。しかし社会的価値感のない、関係のないことは存在してはいけないのか。それに魅了されそれ無しでは生きていけない人は存在してはいけないのか。金だけが生きる理由なのか。

その考えは社会的に役に立たないから障害者を殺したやつと変わらない。

どのバイト先でもそのことに苦しめられてきた。煩わしい。

より多くの人に認められるためには社会的存在価値がなくてはならない。地域活性/復興だとか、不幸な他人自分より弱い者を助けるためとか。災害戦争病気ネタにしなければならない。傲慢も甚だしい。個人表現とは何も関係ない。偽りの社会的権威主義を振りかざして国から金貰って、自分を騙して、他人コケにして続けるより誠実でしょ。それにね、社会的ものとは関係ないもの存在現象の方が地球含め宇宙的には圧倒的大多数なんですから

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/loopline/20170908/p1