坂本拓也のsomething else

2017-11-22

韓国

SEGMENTS GENESis、宇波さんとサンテさんのおかげでdotolimpicに出演。

2日目の最後から二番目でしたが、出番まで他の出演者をみていてどんどん不安に…。

しかしl-eでのいつものノリでやらかしたら、これが大盛況!よかったよかった。

そして着いたその日から食べて、飲んで、はしゃいで、はしゃぎすぎて最終日ぐったり。

帰国後、次の日から5日間バイト、5日目のバイト後、そのままl-eで実験音楽演奏会、次の日something&something elseとskylark quartetと、怒涛の日々。

something&something elseはい意味で何の達成感もなく、木下さんは黒い布にもぐってるから外がどうなってるかもわからないし、僕も暗闇を作ったり、フラッシュさせたり、線の光を当てたりしていたけど客観的に見てて意味わかんないし、見えないところにも何か置いてたりと無駄な工夫も凝らし、 ただ"何か"があったとしかいえないものができて満足。

さらに堀真理子から帰国するとの一報が。informationのre:formationが12/2に。以前のinformationとは全く違うものになります自分自分のやってることすらディスコミュニケーションさせます

さらさらに、SEGMENTS GENESis凱旋公演も12/4にあります。大変だこりゃ。

2017/12/02 堀真理子来日記念 information Re:formation

open/19:30 start/20:00

\1500(1drink込み)

information:

坂本拓也/図文作成,シチュエーション

小林寿代/解読

平野敏久/解読

堀真理子/解読

2017/12/04 SEGMENTS GENEsis 公演「ありがとうdotolimpic、さようなら2017」

開場 19時30分 開演 20

料金 2000円(1ドリンク付)

SEGMENTS GENESis:

エレクトロニクス: 鈴木

プロジェクター: 坂本拓也

おかめ: 木下和重

ひょっとこ: 古池寿浩

2017-10-21

skylark quartet(虚構)とsomething & something else(虚無)

前回のsomething & something elseはかなり興味深いことが発見できたけど、ちょっと光が明るすぎた感があるので次回はもっと暗闇を利用しよう。

次回は宇波さん企画11/19に虚構のグループskylark quartetと。内容しかないものと内容が分からないものの夜。ポカーンとすること間違いなし!

2017/11/19 Skylark Quartet, something and something else

open 19:30 start 20:00

1500円 + d

something and something else

木下和重(something)

坂本拓也(something else)

opening act :

Skylark Quartet

Orlando Lewis – Clarinet

Franz-Ludwig Austenmeiser – Keyboard

Hayden Pennyfeather – Bass

Roland Spindler – Drums

Skylark Quartetは、サウスカロライナ州チャールストンに住む作曲家キーボード奏者サム・スフィリが、粗大ごみ処理施設に捨ててあった一台のコンピューターに電源を入れた際に、ブラウザにのこっていたジャズスコアキャッシュ雨水を吸い込んだCPUに読み込まれたために召喚されてしまった4人のゴーストによって結成された。

本公演では実体化するまえの「非存在」のままSkylark Quartetが登場!something and something elseオープングアクトをつとめます

しかし、メインアクトたるsomething and something elseも内容がなく、ただ「何か」でしかない….

虚無と虚構が打ち消しあった先にあらわれるものはなにか…それは「何か」なのか….?

2017-10-15

Learning To Fly

ジョージ・ハリスン経由でトラヴェリングウィルベリーズトム・ペティ出会う。

中学生のころからトム・ペティはなんだか親戚のお兄さんのような存在でした。大好きな曲。

Learning To Fly

https://www.youtube.com/watch?v=s5BJXwNeKsQ

Well I started out down a dirty road

そう、僕は汚れた道を歩きはじめた

Started out all alone

たった1人で

And the sun went down as I crossed the hill

そして太陽が沈んだ、丘を横ぎった

The town lit up the world got still

町は灯りがともり、世界は静まった。

I’m learning to fly but I ain’t got wings

僕は飛ぶことを習っているんだ でも翼がない

Coming down is the hardest thing

落ちていくことが最もつらいことなんだ

Well the good old days may not return

そう、古きよい日々は戻らないだろう

And the rocks might melt, and the sea may burn

岩が溶けることも、海が燃えることもないだろう

I’m learning to fly but I ain’t got wings

僕は飛ぶことを習っているんだ でも翼がない

Coming down is the hardest thing

落ちていくことが本当につらいことなんだ

Well some say life will beat you down

かに言われた、人生に打ちのめされるだろうと

Break your heart, steal your crown

お前の心を壊し、お前の大事な王冠を盗むだろう

So I started out for God knows where

から僕は歩き始めたんだ、でも僕は知るだろう 

But I guess I’ll know when I get there

神は行き着く場所を知っているって そこへたどり着いたとき

I’m learning to fly around the clouds

僕は飛ぶことを習っているんだ 雲の周りで

But what goes up must come down

でも上がったら落ちるしかない

I’m learning to fly but I ain’t got wings

僕は飛ぶことを習っているんだ でも僕には翼がない

Coming down is the hardest thing

落ちていくことが本当につらいことなことなんだ

I’m learning to fly around the clouds

僕は飛ぶことを習っているんだ 雲の周りで

But what goes up must come down

でも上がったら落ちるしかない

I’m learning to fly

僕は飛ぶことを学んでる

I’m learning to fly

僕は飛ぶことを学んでるんだ・・・・・

ついでにこれも。ショービズ界に疲れ果てたウィルベリーズのメンバー達のジョークが効いてて本当によい。

http://onemusic1.blog133.fc2.com/blog-entry-420.html

2017-09-26

something & something else

10/17に向け、百均で黒いsomethingを幾つか購入。どうなるか楽しみ。このユニットは自分にとってはかなり重要な位置にある。存在させることでしか存在できない"何か"。自分だけでは想像範囲内でしかないけど木下さんがいることでより意味不明になるのが肝。3人ではだめな気がする。社会になるから

2017/10/17 something & something else

open/19:30 start/20:00

\1000

木下和重(something)

坂本拓也(something else)

https://www.youtube.com/watch?v=d7UZ-UpFYsM&t=32s

回りめぐってブライアン・イーノばっかり聴いてます(アンビエントシリーズ以外)。それから大好きな映画スティーヴン・キングのランゴリアーズのDVD購入。これはmy best movie 第2位です。ちなみに第1位はハプニング。

2017-09-08

うんざり

前向きなことを書きたいのに、うんざりすることばかり…。

l-eがある日、自分の活動がある日はバイトを休む。それについていちいち説明するのが面倒くさい。説明したところで理解されなし、儲からないことをなぜやるのか、やめるべきだ、と忠告される。それが社会的価値感なのはこっちは理解してる。しかし社会的価値感のない、関係のないことは存在してはいけないのか。それに魅了されそれ無しでは生きていけない人は存在してはいけないのか。金だけが生きる理由なのか。

その考えは社会的に役に立たないから障害者を殺したやつと変わらない。

どのバイト先でもそのことに苦しめられてきた。煩わしい。

より多くの人に認められるためには社会的な存在価値がなくてはならない。地域活性/復興だとか、不幸な他人、自分より弱い者を助けるためとか。災害や戦争や病気をネタにしなければならない。傲慢も甚だしい。個人の表現とは何も関係ない。偽りの社会的権威主義を振りかざして国から金貰って、自分を騙して、他人をコケにして続けるより誠実でしょ。それにね、社会的なものとは関係ないもの存在、現象の方が地球含め宇宙的には圧倒的大多数なんですから