坂本拓也のsomething else

2017-10-15

Learning To Fly

ジョージ・ハリスン経由でトラヴェリングウィルベリーズトム・ペティ出会う。

中学生のころからトム・ペティはなんだか親戚のお兄さんのような存在でした。大好きな曲。

Learning To Fly

https://www.youtube.com/watch?v=s5BJXwNeKsQ

Well I started out down a dirty road

そう、僕は汚れた道を歩きはじめた

Started out all alone

たった1人で

And the sun went down as I crossed the hill

そして太陽が沈んだ、丘を横ぎった

The town lit up the world got still

町は灯りがともり、世界は静まった。

I’m learning to fly but I ain’t got wings

僕は飛ぶことを習っているんだ でも翼がない

Coming down is the hardest thing

落ちていくことが最もつらいことなんだ

Well the good old days may not return

そう、古きよい日々は戻らないだろう

And the rocks might melt, and the sea may burn

岩が溶けることも、海が燃えることもないだろう

I’m learning to fly but I ain’t got wings

僕は飛ぶことを習っているんだ でも翼がない

Coming down is the hardest thing

落ちていくことが本当につらいことなんだ

Well some say life will beat you down

かに言われた、人生に打ちのめされるだろうと

Break your heart, steal your crown

お前の心を壊し、お前の大事な王冠を盗むだろう

So I started out for God knows where

から僕は歩き始めたんだ、でも僕は知るだろう 

But I guess I’ll know when I get there

神は行き着く場所を知っているって そこへたどり着いたとき

I’m learning to fly around the clouds

僕は飛ぶことを習っているんだ 雲の周りで

But what goes up must come down

でも上がったら落ちるしかない

I’m learning to fly but I ain’t got wings

僕は飛ぶことを習っているんだ でも僕には翼がない

Coming down is the hardest thing

落ちていくことが本当につらいことなことなんだ

I’m learning to fly around the clouds

僕は飛ぶことを習っているんだ 雲の周りで

But what goes up must come down

でも上がったら落ちるしかない

I’m learning to fly

僕は飛ぶことを学んでる

I’m learning to fly

僕は飛ぶことを学んでるんだ・・・・・

ついでにこれも。ショービズ界に疲れ果てたウィルベリーズのメンバー達のジョークが効いてて本当によい。

http://onemusic1.blog133.fc2.com/blog-entry-420.html

2017-09-26

something & something else

10/17に向け、百均で黒いsomethingを幾つか購入。どうなるか楽しみ。このユニット自分にとってはかなり重要位置にある。存在させることでしか存在できない"何か"。自分だけでは想像範囲内でしかないけど木下さんがいることでより意味不明になるのが肝。3人ではだめな気がする。社会になるから

2017/10/17 something & something else

open/19:30 start/20:00

\1000

木下和重(something)

坂本拓也(something else)

https://www.youtube.com/watch?v=d7UZ-UpFYsM&t=32s

回りめぐってブライアン・イーノばっかり聴いてます(アンビエントシリーズ以外)。それから大好きな映画スティーヴン・キングランゴリアーズのDVD購入。これはmy best movie 第2位です。ちなみに第1位はハプニング

2017-09-08

うんざり

前向きなことを書きたいのに、うんざりすることばかり…。

l-eがある日、自分の活動がある日はバイトを休む。それについていちいち説明するのが面倒くさい。説明したところで理解されなし、儲からないことをなぜやるのか、やめるべきだ、と忠告される。それが社会的価値感なのはこっちは理解してる。しか社会的価値感のない、関係のないことは存在してはいけないのか。それに魅了されそれ無しでは生きていけない人は存在してはいけないのか。金だけが生きる理由なのか。

その考えは社会的に役に立たないから障害者を殺したやつと変わらない。

どのバイト先でもそのことに苦しめられてきた。煩わしい。

より多くの人に認められるためには社会的な存在価値がなくてはならない。地域活性/復興だとか、不幸な他人、自分より弱い者を助けるためとか。災害や戦争や病気をネタにしなければならない。傲慢も甚だしい。個人の表現とは何も関係ない。偽りの社会的権威主義を振りかざして国から金貰って、自分を騙して、他人をコケにして続けるより誠実でしょ。それにね、社会的なものとは関係ないものの存在、現象の方が地球含め宇宙的には圧倒的大多数なんですから

2017-09-06

偶然性なんて

最近、木星と土星のドキュメンタリーを見た。

地球ができたことが偶然に関係してるとか、土星の輪と土星の衛星がすべて偶然的に関係してるとか、様々な偶然的な驚くべきことが起っているとか、そんなの人間から観た感覚でしかないじゃん。驚くことじゃない。そうなっててあたりまえ。ただ地球と比べて桁外れな想像を絶する現象が起きてることは面白かった。偶然何かが起きたということには人間が勝手に偶然といってるだけ。そうなってるんだから、そうなってるだけ。

偶然性なんて人間から観た勝手な解釈でしかない。偶然性は人間の感覚でしかない。

2017-07-23

まいった

帯状疱疹が腿の裏全体に出てしまった…。歩けないくらい痛かった。バイトを2日休む。今はやっと歩ける。

ナショジオのスタートークで科学者の活動は"驚異の探究"といっていたが、自分の活動理由もそれに近い。また科学者が謙虚な人ばかりなのは、この宇宙はあまりに壮大で不可解なことばかりだから謙虚にならざるを得ないと笑っていたけど、真実だと思う。

不可解であればあるほどわくわくするし、その出来事に驚愕し感嘆する。そういうものを見たいし、やっていきたい。こういったことは個人的探究からしかでてこないことだと思う。

かっこいいのも大好きです。