坂本拓也のsomething else

2018-07-14

opera : 3 persons and it

実験音楽演奏会用につくりました。進さんと竹下くんの時のarchetypeの時、なんだか感動してしまって、自分で感動したくてつくってみました。

から何まで全く違うものだけど、間接的に創造欲を喚起させることって興味深い。

2018-05-14

最近

SEGMENTS GENESis 宇宙のセグメンツ茶室などがありました。アイデアを実現させるのがどちらも大変でしたが満足いくできだったのでよかった。

読めていなかった本もいくつか読み終え、とても刺激になりました。

個人的にいろいろと考えてしまうことも多く、バイトも大変なので、心身ともぐったり。

でも5/20実験音楽演奏会、6/2はinformationとやりたいことが実現できるので楽しみです。

なんかバカみたいな文章になってしまった。

2018-04-22

5/20実験音楽演奏会で僕がやること

題名は"some kinds of nothing 改"。前回やった改訂版です。前回は時間経過に縛られてしまい、うまく機能できなかった感があるので、絶対時間はなくそうと思います。また譜面というか表のようなものを書いてみようと思ってます。

"無"に惹かれたのは、ネバーエンディングストーリーに出てくる"虚無"の存在が大きい。映画では黒い煙、嵐のようにすべてをなぎ倒していく感じで描かれていて、ちょっと違うなと思った。ロックバイターのセリフ「わしのふるさとには湖があった。それがすっぱり消えてしまった。跡形もなくなってしまった。穴もなく、跡もなく、何にもないのだよ。何もないところが広がっている」これは映像化するのは無理でしょう。

それからl-eでの勉強企画"もんがいさん"での無についての研究発表で入不二基義さんの『無についての問い方・語り方』がとても参考になった。

実験音楽演奏会で"無"をやることは、ジョン・ケージの沈黙と混同されるかもしれないですが、沈黙と無は全然違う概念だと思う。沈黙は音を出さない行動を"してる"ことで"何もしていない"ことではない。沈黙は"音"という一つの概念に組み込まれていて、その音の概念の一種類でしかない。無は、まさに無でしかなく、無概念であり、音を出さない行動すらない。

どこまで沈黙と無の違い、無の様々な形が体現できるかまさに実験してみます。真面目だなー。

2018-03-19

真面目な話

自分がなぜパフォーマンスをするのか。やはり探求していることが言葉で理解できることではないから、その考えを表に出すことが必要なんです。脳内では完結しないから

"information"も"something & something else"も"実験音楽演奏会"での作品も。

これは所謂"芸術表現"とは違うものだと思う。なんといったらいいかわからない。

それを表に出して確認するのがとてもワクワクするし充実する。

2018-02-19

l-eでいろいろ参加

2/23は久しぶりに再会した友人のイベントに参加します。本当に嬉しいこと。

2018/02/23 SKYHATSSS 

open/19:00 start/19:30

\2000(1drink込み)

Sze Ka Yan 史嘉茵 sound

Hiroshi Shimizu 清水博志 sound

Satomi Akutsu 阿久津智美 dance

Takuya Sakamoto 坂本拓也 projection

https://www.facebook.com/events/1693352050722782??ti=ia

3/3は実験音楽演奏会に一年ぶりに参加。年始に思いついたことが実験音楽に最適だったんで。

2018/03/03 実験音楽演奏会21

開場18:30 開演19:00

2,000円(ドリンク代込み)

出演:

小林寿代、坂本拓也、杉本玲子、高野真幸、中条護、平野敏久、山田寛彦、米本篤(仮)

作曲:

高野真幸/

f:id:loopline:20180219180821j:image

杉本玲子/無題2

山田寛彦/耳の日にちなんで、耳にちなんだ曲を演奏します。

中条護/メモリー・アレンジ〜ある音や映像を見たり聞いたりして、それを思い出して伴奏します。

坂本拓也/some kinds of nothing

それからDJパーティー。僕のテーマはアフリカです。

2018/03/11 倶楽部l-e 「もうすぐ春ですね、l-eでわきあいあいしませんか?オススメBGMと舌鼓にて」

START 5:00PM

参加費 \1,000(オードブル&1ドリンク代)

企画者:木下和重

音選者「テーマ(決まり次第追加します)」

木下和重

小林寿代

坂本拓也

平野敏久

山形育弘