坂本拓也のsomething else

2017-12-26

100分de名著"ソラリス"全4回を見て

異質な他者、わからないものをただ排除するor受け入れるということでなく、違和感違和感のまま対峙する勇気を持つというのがすごく納得いった。わからないものは良い/悪いとか判断不能、または自分の都合よく勝手に良い/悪いということを判断してしまっていること

どんな実験音楽即興実験映像前衛芸術etc.であろうと実験音楽即興実験映像前衛芸術etc.である理解できている段階で"わからない"ことではない。どんな形であろうと何か既存概念とは違和感を感じるもの個人的にはやっていきたい。難しいことだけど挑戦したい。

2017-11-28

100分de名著

ついにスタニスワフ・レムです。代表作というか一番有名なソラリスです。早速テキスト購入。

"わからなさを引き受ける”、”不可解を受け止めたその先にあるものサブタイトルがまさに僕のコンセプト!

レムの作品はinformationのライブ前に何度か朗読させてもらった。("砂漠"と"虚数"と"捜査"かな?)

一応SF作家なんですが、ほとんど哲学者といってもいいと思います。

世界は謎だらけです。わからないことだらけです。わかっていることも人間目線なだけで実はそうではないかもしれません。人間勝手に都合のいいように解釈してるだけかもしれません。そういうことをもっと考えていきたい。

2017-09-26

something & something else

10/17に向け、百均で黒いsomethingを幾つか購入。どうなるか楽しみ。このユニットは自分にとってはかなり重要な位置にある。存在させることでしか存在できない"何か"。自分だけでは想像範囲内でしかないけど木下さんがいることでより意味不明になるのが肝。3人ではだめな気がする。社会になるから

2017/10/17 something & something else

open/19:30 start/20:00

\1000

木下和重(something)

坂本拓也(something else)

https://www.youtube.com/watch?v=d7UZ-UpFYsM&t=32s

回りめぐってブライアン・イーノばっかり聴いてます(アンビエントシリーズ以外)。それから大好きな映画スティーヴン・キングのランゴリアーズのDVD購入。これはmy best movie 第2位です。ちなみに第1位はハプニング。

2017-05-20

somthing & somthing else

l-eでも最もハードコア、ハーデストコア、いやさ、クォークな企画。今後も素粒子のような存在でやっていきます。

f:id:loopline:20170520211304j:image

f:id:loopline:20170520211226j:image

f:id:loopline:20170520211136j:image

f:id:loopline:20170520211116j:image

f:id:loopline:20170520211100j:image

木下和重木下和重 2017/05/21 03:57 お疲れ様でした!続けていけましょう!

looplineloopline 2017/05/21 20:02 こういう根源的な企画は今の世の中貴重ですね。

2017-05-01

l-e video 更新

4/29のarchetypeのDeAthAnovA Solo PerformanceとexFormAのライブです。

http://www.l-e-osaki.org/?cat=109