Hatena::ブログ(Diary)

08th Grade Syndrome このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

電書ちゃんはこちらに引っ越しました。
電書ちゃんねる

EPUBの仕様書など

→ Githubに移転しました Epub2spec-ja - EPUB 2.0仕様書非公式日本語訳ページ

「マガジン航」出張編

2010-01-16

Amazon DTP が多言語対応。ついに世界中から自費出版可能に!

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

新年早々 Amazon Digital Text Platform (Amazon DTP)に大きな動きがありました。

1/15に英語のほか、フランス語とドイツ語による電子書籍の製作をサポートすることを表明。また、アメリカ国外の著者や出版社も Amazon DTP で作成した書籍を Kindle Store で販売することができるようになるようです。

これまでは社会保障番号(SSN)、連邦納税者識別番号(TIN)、米国法人番号(EIN) のいずれかが必要である上に、米国の銀行口座を持たなければなりませんでした。この大きな制約がとうとう撤廃されたのです。

さらに、その他の言語のサポートも数ヶ月以内に追加されるようです。追加される予定の言語に日本語は明記されていませんが、Kindle で読める日本語の本を誰もが出版・販売できるようになる世界がまた一歩近づいてきました。


日本語の対応はいつ?

今回サポートされた言語はフランス語とドイツ語ですが、これは現在の Kindle でサポートしている文字コード(Latin-1、ファームアップでLatin-10なども追加されたらしいが…)で表現可能なものです。

一方、同じ文字コードで表現できるヨーロッパ言語であるにも関わらず今回サポートが表明されなかった言語もある訳ですから、今後追加でサポートされる言語もこうした西欧・東欧の言語が中心になり、日本語は後回しにされてゆくのではないか、という懸念があります。

もしも Amazon DTP で日本語のサポートが表明されるとしたら、それは Amazon DTP のシステムのみならず、Kindle 本体についてもソフトウェア/ハードウェアの大きな変更がなされることを意味します。つまり日本語などの非ヨーロッパ言語のサポートは、ヨーロッパ言語のサポートに比べてインパクトが大きいんです。これから数ヶ月でそこまで行う準備ができているのでしょうか?

あるいは、ひっそりと話題になっている Kindle の新フォーマット、フォントを埋め込むことのできる Topaz (.tpz) がいよいよ表舞台に現れるとか?


おまけ Amazon DTP のその他の変更点

  • 自費出版する作品に DRM を付与する/しないの設定が作品単位でできるようになった。
  • 著者が作品に設定できる価格が、電子書籍の希望小売価格の下限または、紙の本の希望小売価格の下限を下回ってはならない、という制約が追加された。
  • 電子書籍に設定できる価格の下限は、3MB-10MB のファイルサイズのものは $1.99、10MBを越えるものについては $2.99 に定められた。(これまでは一律で $0.99 でした。)

Amazon DTP のアナウンス原文

Posted By: dtpadmin

Created in: System: Global Announcement

Posted: Jan 15, 2010 3:03 AM

We are pleased to announce the worldwide launch of DTP with support for English, French, and German languages. With this launch, authors and publishers around the world can use DTP to upload and sell books in English, German and French to customers worldwide in the Kindle Store (http://www.amazon.com/kindlestore). Additional language options with DTP will be added in the coming months. We have made a number of other changes to our Terms and Conditions - please read them here. Key highlights include:


1. We have made it easier than ever for our publishers to exercise their choice of Digital Rights Management (DRM) on Kindle store. Publishers are now able to select 'Enable or Disable DRM' option on a per-title basis during the submission process.

2. We now require that a title's list price not exceed the lowest suggested retail price or equivalent price for any physical edition of the book.

3. To be accepted in the DTP program, digital books with a file size greater than 3 megabytes up to 10 megabytes must also have a list price of at least $1.99, and digital books with a file size of 10 megabytes or greater must have a list price of at least $2.99


We are excited about launching these features and look forward to serving authors and publishers globally.

Announcement: Launching Global DTP


関連ニュースとか


というわけで、今年は巷で呼ばれる「電子書籍元年」に相応しい幕開けとなりました。

この重大なニュースを Twitter で教えて頂き関連記事も紹介して頂いた井野口さんにまたまた感謝します。僕も前日には Amazon DTP のフォーラムを覗いたりしてたんですけれど、その時は何もアナウンスされてなかったんですよ。まさか翌日にこんな発表があるとは…。

去年半ばからすっかり電子書籍関連のエントリばかりになってしまったこのブログですが、今年も興味深い情報をガンガン載せていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

プロフィール

lost_and_found

lost_and_found

ゆっくりした結果がおれだよ。

B000N83LO6



カレンダー
<< 2010/01 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
日記の検索