ウェブランサーブログ

2010-04-01 自由市場とモバイルインターネットの時代

自由市場とモバイルインターネットの時代

興味のある人は見ておいた方がいいまとめエントリー。
孫正義、【志】を語る。「孫正義 LIVE 2011」
http://kokumaijp.blog70.fc2.com/blog-entry-40.html

動画の公開期限は1週間(見れなかった人残念!)

俺が着目したのは3個目の動画。

孫さんのSoftbank「やりましょうリスト」を発表したときに「Togetter」というサービスを利用しているところ。

http://togetter.com/

これは個人がTwitter APIを利用して立ち上げたサービス(はてなならほとんどの人が知ってると思うけど)で、今は少しプログラミングができれば誰でもウェブサービスを作れる時代なんだけど、ここで見逃してはならないのが「有名企業が個人のサービスを惜しみなく使い出している」という事実。

今までは、企業がこういうことをやるときは、わざわざ“自社システム”を作ってやっていた。一般人には殆ど認知されないにも関わらず時間と金を掛けてまで、会社の面子やブランド、セキュリティを維持するために妥協はしなかった。ましてや、一個人の作ったものに自社の「公式」な情報を載せるなどということは絶対にやらなかった。

でも今は「個人」と「法人」の壁が崩れつつある。公式と非公式の差も無くなりつつある。10年前、いや5年前でもありえなかったことがこれから起ころうとしている。

  • 個人のブログやホームページに企業の広告が載る。
  • 個人が作ったWEBサービスを企業が使わせてくれと交渉する。
  • 企業の情報価値を個人が見定め認証する。

どれも既に起こっていることだ。

そして「有名企業が個人のサービスを惜しみなく使い出している」という事実も、すでにいくつかの事例を知っている。

個人は弱い立場、大企業が有利な社会。

それは過去の、日本経済が発展したときに自然とできた構図だ。新卒採用、終身雇用、社会保障制度の崩壊で見えてきたのは、「知っている者」が強い立場になり、「知らない者」が弱い立場になるという構図だ。

「モバイルインターネット」

確実に来る!インターネットはツール(道具)だ。

道具に振り回される奴は負ける。これは社会というゲームに参加している者全てに当てはまる方程式だ。テレビ一人勝ちの時代は終わった。新聞、雑誌の影響力はインターネットに抜かれた。



インターネットは敵か?



違う。インターネットはメディアじゃない。何度も言うが、インターネットは道具でしかない。誰かが道具を使えば“何か”が生まれる。それだけだ。

テレビ、雑誌、新聞、ラジオ。メディア関係のプロなら道具を使って素晴しいコンテンツを作り出すプロじゃないか。あらゆる媒体、デバイスをインターネットと組み合わせることでいくらでも面白くできるはずだ。

これからは「面白いこと」を考える奴が勝つ。「面白い」とは、好奇心に満ち溢れ、人をワクワクさせるようなアイデア、人の人生を豊かにするようなサービスやコンテンツのことだ。それこそ一流企業からニートまで、あらゆるプレイヤーが参加できる自由市場が目の前にある。

情報は、手に取って、吸収して、自分のフィルターを通してアウトプットした時に初めて価値になる。ただ流れてくるものを眺めていては駄目だ。いいように振り回されて終わってしまう。

iPhone、Android、iPad、ネットブック etc...。インターネット(仮想の道具)に接続する“物理的な”道具の選択肢もまた増えてくる。2010年からは「情報」と「道具」の使い方を知ることが更に重要になっていくだろう。

それもまた、全て自分が持っている「志」によって決まる運命だ。

2010-03-16

テレビのない生活を始めます。

ついに実行してしまった

最近びっくりするくらいテレビを見なくなったので、「もうテレビ必要ないんじゃないかな」と本気で思っていた。なぜなら自分の生活の中で、行動するには優先順位があって、どうやってもテレビが1位になることはないからだ。

1位にならないということは、「よし、テレビでも見るかー」という状況にならない。であれば、そこにあるテレビの明かりが点ることはない。にも関わらず、部屋の一番いいポジションでデカイ顔をして鎮座しているそこのキミ。俺はお前のために家賃を払ってるんじゃない!と言いたくなる。

どんだけでかいテレビ置いてるんだよと思うかもしれない。我が部屋のテレビは14型… だった。

さて、そんな小さなテレビでも、置いておくには大きなスペースが必要だ。テレビには沢山の仲間達がいて、連合を組んでいる。しかも彼らを置いておく台がまたかさばるのだ。しかし、一家の主であるテレビがこの家を去るとなれば、仲間達も用無しとなってしまう。この際だからと一緒に出て行ってもらうことにした。

本当に必要な物って?

自分の部屋を冷静に見渡してみて、一年以上触っていない「デッドスペース」があると思うんだけど、思い切って貴重な空間を占拠している物を捨ててみるといい。衣・食・住のうち、住居に掛けるコストのほとんどを、物を置くために支払っていることが分かるかもしれない。

物を置かないスペースは、「なにもない」のではなく、空間が“ある”状態だ。物を置き過ぎると、空間が死んでしまう。結局一番重要な、自分が「活きる」場所がなくなってしまうわけだ。

今回出て行って頂く方々は、テレビ(アナログ)、MD/CDコンポ、MDウォークマン、ビデオデッキ、PS2本体と一式、PS1/PS2のソフト、DSのソフト、ファミコンソフト。そして、あまり活躍しなかったソファー二脚セットもこの際だからリストラ。一年以上引き出しの奥に眠っていたガラクタも一気に処分した。棚が一つ空っぽになたので、彼が活躍する場もなくなってしまった。

ひと段落したところで、彼らを送迎車に詰め込み「HARD OFF」という派遣仲介業者へと向かう。

「何でもお売り下さい」は本当だった

近所のHARD OFFは「OFF HOUSE」と「HOBBY OFF」が一緒になった複合店で、とにかくいらなくなった物を持っていくと買い取ってくれる。多少使い物にならないものでも、無料で引き取ってくれるので、下手な廃品回収業者を呼んで、お金を支払って持っていってもらうよりもよっぽど良い。

15分ほどで査定が終わり、買取金額を提示された。結局「いくらでもいいや」という感じだったので二つ返事でOK。彼らがここから、第二の人生を歩んでいってくれることを願おう。

そんな感じで、テレビのない生活を始めます。

とにかく部屋が広くて快適!そして、今までテレビを中心としたレイアウトに依存してたんだなーと実感。テレビを持たないことを決断するだけで、ビデオ/DVD、ゲーム機やテレビ棚が一気に必要なくなるので、相当な空間が生き返る。

どうしてもテレビを見たくなったらパソコンかワンセグで見るし、今のところ問題はなさそうだ。このまま地上デジタル一本化になってもテレビは買わないかもしれないなー。次はパソコンで映画を快適に見れる環境を作ろうと思ってる。

HARD OFFは本気でおすすめなので近所にあるか確かめておこう!
http://www.hardoff.co.jp/

2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |