Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-03-12

『STAP細胞の非実在について#3』。SLASHDOT.JP。kahoの日記。愛と正義の人kahoさんに小保方一味の魔の手が迫る! 理研は悪の本拠か? 科学より政治を優先して他者の目を眩ませお金がっぽがっぽ。

08:03 | 『STAP細胞の非実在について#3』。SLASHDOT.JP。kahoの日記。愛と正義の人kahoさんに小保方一味の魔の手が迫る! 理研は悪の本拠か? 科学より政治を優先して他者の目を眩ませお金がっぽがっぽ。を含むブックマーク 『STAP細胞の非実在について#3』。SLASHDOT.JP。kahoの日記。愛と正義の人kahoさんに小保方一味の魔の手が迫る! 理研は悪の本拠か? 科学より政治を優先して他者の目を眩ませお金がっぽがっぽ。のブックマークコメント

ますますたいへんなことになってまいりました。

kahoさんの良心を込めた告発に、理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(理研CDB)は、否定の意思をもって迎えたのです。私ははらはらしながらみています。kahoさんの身に危険はおよばないことを祈っています。

詳細な内容はもちろん SLASHDOT.JP kahoの日記 をご覧いただくのが最善なのですが。

万が一を考えて、内容を全コピさせていただきます。

-----------

kahoの日記: STAP細胞非実在について#3

日記 by kaho 2014年03月07日 2時41分

http://slashdot.jp/journal/578591/

残念ながら政治的には勝てそうにありません.

しかしここを読んだ人に誤解していただきたくないのは,私が孤独な戦いをしているというわけではないということです.むしろ話をした方々は全て私に賛同し応援してもらっており,数の上では私の方が圧倒的なマジョリティだと思っています.

科学雑誌の論文は著者全員の同意がないと著者側からの撤回はできませんので,一人でも意見を曲げない人がいれば強制的に撤回させる方法はないのが現在の制度であるのです.

ところでSTAP幹細胞ではTCRの再構成がみられないが,STAPでは見られる,という現在のストーリーですが,前回のTCR領域を見て頂ければ分かりますが,酸で刺激した段階でゲノム再構成はほぼ観察されなくなっています.わずかに含まれるかもしれませんが,殆どの細胞は再構成の起きていない細胞になるはずです.この点,修正を出すなら著者らは説明する必要があるでしょう.STAP幹細胞だけではなく,Oct4-GFPで選別したSTAP細胞でも再構成の有無を調べてもらえればと思います.NGSデータと矛盾しないのなら,恐らく現在出版されているパターンとは異なるものになるでしょうから.

次に,前回のおまけの答え合わせですが,酸による刺激によって性転換が起こるという世紀の大発見というわけではなく,一つの実験として行っているのに,遺伝的なバックグラウンドが揃っていないことを示しています.

前回よりも細かい図でOct4の周辺を見てみるとよく分かります.

Oct4 surrounding sequence

http://genome.ucsc.edu/cgi-bin/hgTracks?hgS_doOtherUser=submit&hgS_otherUserName=stopstap&hgS_otherUserSessionName=Genotype%20variation

UCSC Genome Browser on Mouse July 2007 (NCBI37/mm9) Assembly

f:id:losttechnology:20140307080218j:image

つまり,CD45+細胞だけがOct4-GFPトランスジェニックマウスで,それ以外は違う細胞を使っています.

調べた所CD45+以外の細胞にもGFP配列はありました.従って,これらは論文に使われている,恒常的に蛍光を発するCAG-GFP細胞であろうと考えられます.

酸で刺激した細胞が元のCD45+細胞とは違うことを示すための実験なのに,明らかにDNAが異なる細胞を持ってくるというのは実験として大変稚拙で,STAP細胞とCD45+細胞に違いが観察されてもその原因が酸の処理が原因なのか遺伝子の違いによるのかが分かりません.名誉なことに引用していただいた慶応大学の吉村先生ならば「ネガコンとポジコンをしっかりとるのは研究者の基本だ」と叱られるところだと思います.

何故彼らは性別もDNAも違う細胞を使ったのでしょう.

実験というのはお金も時間もかかるものですから,研究の上でやむを得ずそうすることは無いわけではありません.例えばSTAP幹細胞作成の成功率が非常に低いから,わずかにとれたサンプルでしか観察できない,というような場合です.

しかし今回の論文では,CD45+細胞を集めてそれにストレスを与えて,更に数日特殊な環境において,という過程の中で,最も簡単に揃えられるのは最初のCD45+細胞です.その最もコストの安い細胞を,わざわざ他の細胞とは違うものにした上でで実験をして,CD45+細胞とそれを刺激したものは違う,と主張しているのです.性別もDNAも違うのだから,違いがあるのは当たり前なのに.

ここには私の一つの推測がありますが,残念ながら確実な証拠は時間が足りずに掴めませんでした.

政治的な敗北は単なる権力的な弱さゆえでなく,私の力の及ばなかったせいでもあります.

-----------

kahoさんを激応援しています。

あるいはトップ数人の力はそれだけ大きく、理研には自浄作用が期待できないのでしょうか?

f:id:losttechnology:20140307074828j:image

"This sucks. Riken’s response"。 STAP細胞の非実在を示すkahoさんの記事が U.C.Davis の Knoepfler 研に投稿される。ついに世界にネタバレか。ドロンボー一味を叩け!の巻き。

10:19 | "This sucks. Riken’s response"。 STAP細胞の非実在を示すkahoさんの記事が U.C.Davis の Knoepfler 研に投稿される。ついに世界にネタバレか。ドロンボー一味を叩け!の巻き。を含むブックマーク "This sucks. Riken’s response"。 STAP細胞の非実在を示すkahoさんの記事が U.C.Davis の Knoepfler 研に投稿される。ついに世界にネタバレか。ドロンボー一味を叩け!の巻き。のブックマークコメント

ドロンボー一味とは、小保方晴子氏=ドロンジョ(性的魅力ふりまいてチームの顔) 笹井芳樹氏=ボヤッキー論文記述を担当する頭脳派) 若山照彦氏=トンズラー(力技で個体発生させる肉体派) のことです(※あくまでイメージです)。似てるでしょ? 「いんちきビジネスを展開(大和雅之氏関連株の株価を操作してるのではないかという憶測がなされています)」「お宝を目指す(ノーベル賞さわぎ)」までまるでおなじ)

やばいところもあるかもしれないので全コピ保存しちゃいますね!!

ところでkahoさんの記事にはいろいろ憶測を呼びそうな理研内部の破廉恥な人間関係もコメされています。やばいです。これらも英訳〜世界デビューしちゃいますからね。ワシントンポストニューヨークタイムズはそれほど暇じゃないでしょうが。三面記事を喜ぶ人々はどこにでもいる。映画ネタにも最適です。ハリウッドとか関心持っちゃうかもですね。このあいだまで上映していた映画『サイド・エフェクト』は、製薬会社と組んで投薬記録をでっちあげ株価操作を行うという、まさに本件と似たような内容だったのです。

◎Knoepfler 研

http://www.ipscell.com/

Key Initial Reactions to RIKEN’s detailed STAP stem cell protocol

http://www.ipscell.com/2014/03/key-initial-reactions-to-rikens-detailed-stap-stem-cell-protocol/

--------------

Below is translation of an anonymous blog written in Japanese, seemingly a whistle-blower in RIKEN institute.

http://slashdot.jp/journal/578529/STAP%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%81%AE%E9%9D%9E%E5%AE%9F%E5%9C%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

◎Non-existence of STAP cell : diary of kaho

15:10 March 5, 2014 diary by kaho

This sucks. Riken’s response.

http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20140305_1/

They announced ‘Essential technical tips for STAP cell’, but it says nonsense. Because no STAP cells exist. I don’t say wrong ways of writing paper but literally ‘non-existence’. I’ve provided evidences but unaccepted.

Many problems have been pointed out, including fabrication of figures and plagiarism, wrong interpretation of data. They would by themselves deserve retraction. But I don’t say them. They have been already discussed elsewhere, and I want to point more essential matter, i.e. non-existence of STAP cells.

Why can you say STAP cells do not exist? I’m not an insider of the paper. So, I don’t know who made the mistakes and what s/he intended. But I can prove their fabrication, or complete falsehood at least. They spoke out their fabrication to the world unawares.

From which data? See the raw data of the next-generation sequencing. One of the two papers performed ChiP-seq experiment. And the authors released the data some time after publication (it should have been done immediately, though). Briefly, this experiment reads chromosomal sequence as a control, named ‘input’. Since the data record almost random DNA fragments of the cell, you can reconstruct its chromosomal structure by looking carefully.

The paper claims that initialization occurred by stimulating T cells with acid. The initialization was distinguished by rearrangement of TCR, from selection of pre-existing stem cells like Muse cells. TCR means T cell receptor, which is cut and ligated so as single cell to produce single kind of antibody. That results in difference of DNA length between T cells and the other cells, and you can see whether the cell has once experienced differentiation to T cell. Strangely, occurrence of the rearrangement in mice made from STAP stem cells was not described in the paper. People requested this data from the beginning of the buzz, but it hadn’t been presented.

To this proper opinion, I’d been thinking ‘you can do it’. This is the ‘input’. Since this data is just around 50 basepairs, the whole sequence cannot be reconstructed. But, the rearrangement can be detected by loss of the cut-off sequence. Since genomic rearrangement shortens specific position of chromosome, a part of the sequence will be lost. If STAP cells are made from T cells, CD45+ cells and STAP cells are expected to have shortened TCR region compared to ES cells.

When I started this analysis, I just wanted a light sense of superiority by finding something that cell biologists cannot do. The result was surprising: first, CD45+ cells exhibit slight TCR rearrangement, while STAP cells and low-pH-exposed CD45+ cells did not had the rearrangement. I thought my way of analysis might be wrong, so analyzed data from defferent T cells, and confirmed TCR rearrangement. In other words, STAP cells do not derive from T cells.

At this point, I suspected contamination of stem cells by incomplete purification T cells. It was too optimistic. Low-PH treatment almost destroy T cells. Then, why STAP stem cells were claimed to have TCR rearrangement? It does not mean low skill of experiment or mistakes.

The truth will be unveiled by comparison of the ‘input’. I’ll write on this matter another day because so long and complicated.

http://slashdot.jp/journal/578550/STAP%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%81%AE%E9%9D%9E%E5%AE%9F%E5%9C%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%83%EF%BC%92

◎Non-existence of STAP cell #2 : Diary of kaho

4:27 March 6, 2014 diary by kano

I’m surprised with huge responses to my last blog, beyond my expectation. As several people guessed, I would be ‘an insider’ from outsider’s view of the institute, although I am not directly involved in the papers of matter.

Inside the institute, I act with real name, and there’s no intention of hiding myself. I want to solve the problem within the institute as much as possible, otherwise I would provide all the information to outside.

The aim of my action is rapid withdrawal of the papers and pursuit of the truth as much as possible, with an anger to the damage to trust on science and the institute, and also a fear for possible restriction on my research activity that may be caused by leaving the matter obscure.

Confident I am that scientific facts on my side, but not confident at all with political battle. I had thought of writing more evidences, but I will put off because the situation demands me to shoot second and third arrows without showing my strategy to the authors of the papers.

The comparison data of ‘input’ described in the previous blog, can be viewed from the addresses below. As the blog cannot post a picture, use UCSC Genome Browser instead. Anyone can reproduce the same result using publicly open data.

TCR-beta

http://genome.ucsc.edu/cgi-bin/hgTracks?hgS_doOtherUser=submit&hgS_otherUserName=stopstap&hgS_otherUserSessionName=TCR%20beta%20rearrangement%20test

TCR-alpha

http://genome.ucsc.edu/cgi-bin/hgTracks?hgS_doOtherUser=submit&hgS_otherUserName=stopstap&hgS_otherUserSessionName=TCR%20alpha%20rearrangement%20test

Here is a giveaway. What it means will be unveiled soon.

chrX

http://genome.ucsc.edu/cgi-bin/hgTracks?hgS_doOtherUser=submit&hgS_otherUserName=stopstap&hgS_otherUserSessionName=Appendix

--------------

f:id:losttechnology:20140307101238j:image

U.C.Davis の Knoepfler さん。STAP細胞のありえない状況をソーシャルメディアが改善すると前向きにとらえる。偽造捏造とはやし立ててもいい状況なのに。あんた人格者だよ・・

10:54 | U.C.Davis の Knoepfler さん。STAP細胞のありえない状況をソーシャルメディアが改善すると前向きにとらえる。偽造捏造とはやし立ててもいい状況なのに。あんた人格者だよ・・を含むブックマーク U.C.Davis の Knoepfler さん。STAP細胞のありえない状況をソーシャルメディアが改善すると前向きにとらえる。偽造捏造とはやし立ててもいい状況なのに。あんた人格者だよ・・のブックマークコメント

私は和訳のセンスがないので日本語の文章にしないのですが。

なんかこう、読んでて涙が出てきてしまいました。「いつの日かSTAP細胞が成功したなら、ソーシャルメディアのおかげですね」。この状況でこのような言葉をかけられるひとがいるでしょうか。

ノフラーさん、本当にありがとう。

※U.C.Davis のみなさまはSTAP細胞に関する日本語のブログ等くまなく見ておられます。うちんとこまできました。いろいろと心を痛めていると思います。お疲れさまです。

-----------

◎Social Media Helps Field Deal With Stressful STAP Stem Cell Situation

Posted on March 6, 2014

http://www.ipscell.com/2014/03/social-media-helps-field-deal-with-difficult-stap-stem-cell-situation/

I believe that social media has on the whole had a strongly positive impact on the STAP cell situation that the stem cell field has been grappling with for 5 weeks.

If the STAP method is proven to be correct at some later date, which is possible, it’s almost certain that those replication efforts will have been aided and speeded along significantly because of social media.

Update and hat tip to commenter Bob: Social media also has facilitated international communication about STAP including Japan, the US, and countries all around the world that simply wouldn’t have happened otherwise.

f:id:losttechnology:20140307104735j:image

『科学研究上の不正行為への基本的対応方針』平成17年12月22日。文部科学省。捏造・改ざん・盗用の定義が載っています。理化学研究所の署名つき。STAP細胞疑惑はこれらの定義に当てはまるのでは。

14:58 | 『科学研究上の不正行為への基本的対応方針』平成17年12月22日。文部科学省。捏造・改ざん・盗用の定義が載っています。理化学研究所の署名つき。STAP細胞疑惑はこれらの定義に当てはまるのでは。を含むブックマーク 『科学研究上の不正行為への基本的対応方針』平成17年12月22日。文部科学省。捏造・改ざん・盗用の定義が載っています。理化学研究所の署名つき。STAP細胞疑惑はこれらの定義に当てはまるのでは。のブックマークコメント

科学研究上の不正行為への基本的対応方針

平成17年12月22日

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu12/siryo/attach/1334736.htm

理事会決定事項

1.はじめに

 科学研究上の不正行為は、科学者として倫理にもとる行為であり、それゆえ、これを行った研究者は倫理的に非難される。しかも、これにとどまらず、独立行政法人理化学研究所(以下「研究所」という。)に所属する研究者が不正行為を行うことは、職員の体面を汚すとともに、研究所に対する名誉と信用を著しく傷つけることにより、研究所に重大な損害を与えるものである。

 本基本的対応方針は、研究所に所属する研究者らによる研究不正の防止を図ること及び研究所において研究不正問題が発生した場合の迅速かつ適正な解決に資することを目的として、研究所における研究活動の行動規準及び遵守事項、並びに研究所に所属する研究者らに科学研究上の不正行為に関する疑義が生じた場合の、研究所の対応及び関係者のとるべき措置などを定めたものである。

2.研究不正

 「研究不正」とは、科学研究上の不正行為であり、研究の提案、実行、見直し及び研究結果を報告する場合における、次に掲げる行為をいう。ただし、悪意のない間違い及び意見の相違は研究不正に含まないものとする。(米国連邦科学技術政策局:研究不正行為に関する連邦政府規律2000.12.6連邦官報pp.76260-76264の定義に準じる。)

(1)捏造(fabrication):データや実験結果を作り上げ、それらを記録または報告すること。

(2)改ざん(falsification):研究試料・機材・過程に小細工を加えたり、データや研究結果を変えたり省略することにより、研究を正しく行わないこと。

(3)盗用(plagiarism):他人の考え、作業内容、結果や文章を適切な了承なしに流用すること。

3.対象者

 研究所の研究業務に従事する全ての者を対象とする。

4.行動規準及び遵守事項

4-1行動規準

 研究業務に従事する者は、研究所職員としての誇りを持ち、かつ、その使命を自覚し、次に掲げる事項をその職務に係る行動規準として活動しなければならない。

(1)研究不正を行わないこと。

(2)研究不正に荷担しないこと。

(3)周りの者に対して研究不正をさせないこと。

4-2遵守事項

 各研究室、研究チームなどの主任研究員、グループディレクター、チームリーダーらは、健全な研究活動を保持し、かつ、研究不正が起こらない研究環境を形成するため、次に掲げる事項を遵守するものとする。

(1)各研究室及び研究チームなどにおいて、研究レポート、各種計測データ、実験手続きなどに関し、適宜確認すること。

(2)研究員、テクニカルスタッフ、学生ら研究に携わる者には、ラボノートブックなどが個人の私的記録ではなく、「研究成果物の取扱について(改正平成17年3月31日通達第14号)」の有体物により各研究室などの所属長が適切に管理するものであって、「定年制職員就業規程」、「任期制職員就業規程」、「基礎科学特別研究員制度実施細則」などの研究成果の取扱規定により研究所に帰属し、「会計規程」などに準じて研究所が管理すべきものであるという意識を持たせるとともに、ラボノートブックの記載の方法に関し指導を徹底すること。

(3)ラボノートブックと各種計測データなどを記録した紙・電子記録媒体などは、論文など成果物の発表後も一定期間(特段の定めがない場合は5年間)保管し、他の研究者らからの問い合わせ、調査照会などにも対応できるようにすること。

(4)論文を共同で発表するときには、責任著者と共著者との間で責任の分担を確認すること。

5.研究不正に係る事実関係の説明責任

 研究所に所属する研究者らで研究不正に係る疑義を生ぜしめた者は、研究所に対し、事実関係を誠実に説明する責任を負う。

6.研究不正への対応及び措置

6-1疑義発生時の対応

 監査コンプライアンス室は、研究不正に関する相談や調査の依頼又は通報を随時受け付ける。監査コンプライアンス室長は事案に応じて予備調査の要否を決定するものとする。

 また、研究所に関する研究不正の問題がマスコミ報道などによって発覚した場合も同様に対応する。

6-1-1予備調査の実施

 監査コンプライアンス室長は、前項による調査が必要であると決定したときは、研究不正の疑義が生じている研究分野における所内の専門家らの協力を得て予備調査を実施する。

6-1-2調査委員会の設置

 監査コンプライアンス室長は、前項の予備調査の結果を理事長に報告し、理事長が本調査の実施が必要と認めた場合、「相談等に関する調査委員会の設置に関する規程」に基づき、速やかに外部専門家を含めた調査委員会を設置する。

6-1-3調査時の措置

 監査コンプライアンス室長は、調査に必要な資料を保全するため必要と認めるときは、関係各部署などに対し、次の各号を実施するに必要な措置を要請することができる。

(1)研究不正の疑義を受けた者(以下「被疑者」という。)の出勤禁止(有給)

(2)被疑者の当該調査に係る利害関係者との接触禁止

(3)所属研究室などの一時閉鎖

(4)調査に係る物品の確保

(5)その他必要な措置

6-1-4研究室員らの業務遂行手段の確保

 監査コンプライアンス室長は、被疑者以外の研究室員らの業務遂行手段を確保するために、関係各部署などに必要な措置を要請するものとする。また、閉鎖研究室において試料などの保全を必要とする場合も同様とする。

6-2被疑者からの弁明の聴取

 調査委員会は、被疑者の弁明を必ず聞くものとする。

6-3調査結果の開示

 監査コンプライアンス室長は、調査結果を調査関係者に開示する。

6-4不服申立

 監査コンプライアンス室長が開示した調査結果に対し、調査関係者において不服があるときは、調査結果を開示した日から起算して10日以内に、監査コンプライアンス室長に不服申し立てを行うことができる。

6-5研究不正が認定された場合の対応措置

6-5-1研究不正の認定を受けた者の処分

 理事長は、調査委員会の調査結果に基づき、被疑者の研究不正の事実を認定したときは、所内規程に基づき設置された懲戒委員会の議を経て、研究不正の認定を受けた者(以下「不正認定者」という。)の処分を決定する。

6-5-2研究費使用の禁止

 不正認定者には、研究所の指示する日以後禁止が解除されるまでの間、内外の競争的研究資金を含め(研究機器などの維持以外の)研究費の使用を禁止する。

6-5-3研究費の返還

 不正認定者には、既に使用した研究費について、その全部または一部を返還させることがある。

6-5-4調査結果の公表

 調査委員会の調査結果の概要などは、原則として公表するものとする。

6-5-5所属長らへの対応

 当該不正認定者に関係する研究室の所属長らに管理責任があると認められるときは、就業規程に照らし別途必要な措置を講ずる。

6-6研究不正が認定されなかった場合の対応措置

 調査の結果に基づき、理事長が被疑者の研究不正の事実はないと認めたときは、監査コンプライアンス室長は、関係各部署などに次の各号に示す必要な措置を要請するものとする。

(1)研究不正に係る疑義が生じた際に講じた対応措置の解除

(2)全ての調査関係者へ被疑者の発表論文などが適正であることの通知

(3)被疑者の不利益発生防止策の実施並びに名誉回復にかかる措置(必要に応じて公表も含む。)

(4)被疑者への精神面も含めた支援の実施

(5)その他必要な措置

7.留意事項

7-1活動支援

 研究所は、被疑者以外の室員らについて、調査開始後、速やかに精神面も含めて可能な限りの支援を行う。

7-2調査協力者らに不利益をもたらす行為などの阻止

(1)研究所は、研究不正の対応及び措置に関し、調査協力者らが不利益を受けることのないよう十分に配慮するものとする。

(2)研究所は、予備調査結果を含め、調査結果において十分な根拠がない場合に研究者らを陥れることを目的とした行為があったときは、それを研究妨害とみなし、当該行為者に対し、就業規程に従って必要な措置を講じる。

7-3協力義務

 役職員らは、研究不正の調査等について協力しなければならない。

お問合せ先

科学技術・学術政策政策

理化学研究所

クリミア自治共和国、ロシアへの編入方針決定 2014年3月6日21時49分 スポーツ報知

15:15 | クリミア自治共和国、ロシアへの編入方針決定 2014年3月6日21時49分  スポーツ報知を含むブックマーク クリミア自治共和国、ロシアへの編入方針決定 2014年3月6日21時49分  スポーツ報知のブックマークコメント

クリミア自治共和国ロシアへの編入方針決定

2014年3月6日21時49分 スポーツ報知

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20140306-OHT1T00190.htm

 ウクライナ南部クリミア自治共和国のテミルガリエフ第1副首相は6日、自治共和国最高会議(議会)が同日、ロシアに編入を求める方針を決議したと発表した。16日に住民投票を行い、編入方針の追認を受けるという。

 ウクライナのヤヌコビッチ政権が崩壊した後、ロシア系住民が多いクリミアはロシア軍事力を背景に実効支配ロシアも編入を想定した動きを見せており、ウクライナ政権や欧米のさらなる反発は必至だ。

 タス通信によると、ロシア下院幹部は、他国の領土の一部を編入する手続きを簡素化する法案を来週採択する見通しを明らかにした。

 住民投票では「ロシア連邦の構成主体になることへの是非」を問う方針。住民投票は30日に行う予定としていたが、これを前倒しした。

 ロシアプーチン大統領は4日、クリミアを「併合する計画はない」と表明していた。(共同)

こりゃないわ。『外相 ウクライナ金融支援検討』3月7日 0時02分 NHK。結局こういう落ちかよ。ウクライナは日本とは取引のしようもない。無縁の国に何で?

15:28 | こりゃないわ。『外相 ウクライナ金融支援検討』3月7日 0時02分 NHK。結局こういう落ちかよ。ウクライナは日本とは取引のしようもない。無縁の国に何で?を含むブックマーク こりゃないわ。『外相 ウクライナ金融支援検討』3月7日 0時02分 NHK。結局こういう落ちかよ。ウクライナは日本とは取引のしようもない。無縁の国に何で?のブックマークコメント

ウクライナは、ロシアにおいては軍事上の要衝であり、EUにおいては資源の経由地であり、中国においては企業進出のベースである。日本との貿易額は片道10億円程度である(多いと思いますか? FIT 1台で現地の売価は300万円ですよ? もちろん輸入単価はそれより低いわけですが、延々と航海を続ける費用を含めると貿易相手国として成り立つ対象ではない)。資金を出すなら査察が必要だ。日本からコントロールできる相手(コントロールする意味がある相手)に供出すべきである。

ところが。

乞われると出してしまう。本当に単純ですね。どういう頭をしているんでしょう?

---------

外相 ウクライナ金融支援検討

3月7日 0時02分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140307/k10015781971000.html

岸田外務大臣は6日夜、ウクライナ情勢を巡って、ドイツイギリス外相と相次いで電話で会談したあと、記者団に対し、「事態が深刻化しているという認識で一致した」と述べたうえで、ウクライナへの金融支援を検討する方針を両外相に伝えたことを明らかにしました。

岸田外務大臣は6日午後9時半すぎから、ドイツのシュタインマイヤー外相イギリスのヘイグ外相と相次いで電話で会談し、緊迫化しているウクライナ情勢を巡って意見を交わしました。

会談のあと岸田大臣は記者団に対し、「両外相と事態が深刻であるという認識で一致し、緊密に連携していくことを確認した」と述べました。

そのうえで、岸田大臣は「私からはIMF=国際通貨基金ウクライナの議論を踏まえ、日本として、どのような支援ができるかを検討したいと伝えた。また、ウクライナへの派遣が検討されている国際的な調査団についても、どのような協力ができるか知恵を絞りたいと申し上げた」と述べ、巨額の対外債務を抱え財政破綻のおそれも指摘されているウクライナに対する金融支援を検討する方針を、両外相に伝えたことを明らかにしました。

f:id:losttechnology:20140307152257j:image