Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-06-20

Bluetooth実験。これははまるわ! RS232cでいける。ポイントはPCの設定。難点は例のあれのみ。

08:44 | Bluetooth実験。これははまるわ! RS232cでいける。ポイントはPCの設定。難点は例のあれのみ。を含むブックマーク Bluetooth実験。これははまるわ! RS232cでいける。ポイントはPCの設定。難点は例のあれのみ。のブックマークコメント

頭ん中だけで考える人が多くてまいりますね。まあ自分とはキャラが違うのであまり突っ込みはしませんが(私は、何かをするのであれば自分であらかじめそれをして手順や作業量を確かめる。喋る前に作るのだ。プロデューサには必須の作業である。しかし作業をしないで又聞きで作業見積りを立てる人々が多いのに呆れる。彼らはプロデューサではない。チームを作成し運用する能力はない)。

Bluetoothを使うことは実際にはありません。なぜなら使えないんですよ。私んとこのサイトの常連(事前に知識を持ってる人)なら理解されてる通りの事情があります。

もちろん正式な抜け道はあるわけで。

若松通商さんではそれを示していただきました。そっちは純国産。USBにはめこんで使う。つまりハードウェア代替してしまう。Bluetoothはハード+ソフトの組み合わせであるわけですが。ユーザレベルではそっちも同じだ。双方ともCOMを指定するだけでいいのである。

f:id:losttechnology:20140614030450j:image

マンガ『ULTRAMAN』(二世版)は移民ものだった! 最先端テーマを扱ってるといえばそうなんだけど。凶悪犯罪の多発に早田&諸星はどう対処するのか。

09:44 | マンガ『ULTRAMAN』(二世版)は移民ものだった! 最先端テーマを扱ってるといえばそうなんだけど。凶悪犯罪の多発に早田&諸星はどう対処するのか。を含むブックマーク マンガ『ULTRAMAN』(二世版)は移民ものだった! 最先端テーマを扱ってるといえばそうなんだけど。凶悪犯罪の多発に早田&諸星はどう対処するのか。のブックマークコメント

ロボット刑事K』がリメイクされるみたいなんですよ。

私たちにとっては懐かしい、最近の人々にとっては深遠かつ現実的なテーマとなった、ロボットと人間の共存の物語です(ネットでは「ロボット刑事Kは警察学校を卒業してるんですか?」という真面目な質問も行われていますが)。

このリメイカーの方々が現在取り組んでるマンガが『ULTRAMAN』。あの特撮テレビ番組『ウルトラマン』の息子が活躍するお話です。

問答無用!の怪獣が出現する話ではなくなっちゃってますね。討論が中心であり、凶悪犯罪解決のストーリーとなってます。

ああ。これはロボット刑事に志向しちゃうわけだわ。

f:id:losttechnology:20140615093826j:image

だからさっさとフリーザ開けろと言ったろ?『小保方氏研究室に保存の細胞、遺伝情報など解析 理研』朝日新聞 2014年6月14日19時35分。 Nature では3月以降日本の論文が掲載拒否。小保方晴子は日本の科学を壊滅させた。

09:53 | だからさっさとフリーザ開けろと言ったろ?『小保方氏研究室に保存の細胞、遺伝情報など解析 理研』朝日新聞 2014年6月14日19時35分。 Nature では3月以降日本の論文が掲載拒否。小保方晴子は日本の科学を壊滅させた。を含むブックマーク だからさっさとフリーザ開けろと言ったろ?『小保方氏研究室に保存の細胞、遺伝情報など解析 理研』朝日新聞 2014年6月14日19時35分。 Nature では3月以降日本の論文が掲載拒否。小保方晴子は日本の科学を壊滅させた。のブックマークコメント

小保方は、理研は、日本の科学を壊滅させちゃいましたね。

すでに3月以降、Nature には日本発の論文が掲載されていない。日本発というだけで疑われる。国際評価はおそろしく低下している。これはもちろん、小保方晴子理化学研究所の対応が最悪のそれだからです。日本人はこんな奴らの巻き添えをくってしまっているのです。

-----------

小保方氏研究室に保存の細胞、遺伝情報など解析 理研

朝日新聞 2014年6月14日19時35分

http://www.asahi.com/articles/ASG6G3PPLG6GULBJ001.html

 STAP細胞の有無を検証するため、理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(CDB)が、小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーの研究室に保存されている細胞などを調べていることを、理研が明らかにした。小保方氏らがつくったとされるSTAP細胞は、別の万能細胞であるES細胞ではないかとの指摘があり、理研は、保存されている細胞の遺伝情報などの解析が必要と判断したという。

 理研広報室によると、小保方氏の研究室には、STAP細胞を改変したとされるSTAP幹細胞や、STAP細胞からつくったマウスの組織とされる試料が凍結保存されている。CDBは、5月から外部の専門家とも議論しながら、これらの調査などを進めている。結果がまとまれば公表するが、時期は未定という。

 理研は当初、STAP細胞を実際につくる再現実験を優先させたいなどとして、保存試料の調査には否定的だった。

小保方晴子の命日は明日(6月16日)。山梨大若山氏記者会見『「小保方氏ノート見ていれば」若山氏謝罪』毎日新聞 6月15日 8時54分配信。

16:46 | 小保方晴子の命日は明日(6月16日)。山梨大若山氏記者会見『「小保方氏ノート見ていれば」若山氏謝罪』毎日新聞 6月15日 8時54分配信。を含むブックマーク 小保方晴子の命日は明日(6月16日)。山梨大若山氏記者会見『「小保方氏ノート見ていれば」若山氏謝罪』毎日新聞 6月15日 8時54分配信。のブックマークコメント

<STAP細胞>「小保方氏ノート見ていれば」 若山氏謝罪

毎日新聞 6月15日 8時54分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140615-00000015-mai-sctch

 STAP細胞論文の責任著者の一人、若山照彦山梨大教授(47)が、毎日新聞のインタビューに応じ、自らの研究室で実験していた小保方晴子理化学研究所研究ユニットリーダーの実験ノートを確認したことがなかったことを明らかにした。「一度でも見ていれば信頼性に疑いを持てたかもしれない。申し訳なかった」と、小保方氏のずさんさを見抜けなかったことを謝罪した。小保方氏は2011年4月〜13年2月、当時理研にあった若山氏の研究室に客員研究員として在籍していた。【須田桃子

 STAP細胞にかかわるさまざまな解析結果で不自然さが指摘されていることを踏まえ、「(論文には)信じられるデータは一つもないような気がする」と述べ、STAP細胞の存在に疑問を投げかけた。

 若山氏は小保方氏との共同研究で、小保方氏が作製したSTAP細胞マウスの受精卵に注入し、STAP細胞由来の細胞が全身に散らばる「キメラマウス」を作る実験を重ねた。若山研では通常、全員が同じ部屋で実験し、生データを口頭で報告し合っていたため、実験ノートを見る習慣がなかったという。

 だが、小保方氏は別のスペースで実験していた。若山氏は「小保方さんのノートを見ることを思いつかなかった。チラッとでも見ていたら、疑う心が浮かんだかもしれない」。11年11月にキメラマウスの作製に成功したことがSTAP細胞の万能性の根拠となり、理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)の竹市雅俊センター長ら幹部が信じたとされる。若山氏は「価値のある研究と思った。僕が『おかしい』ということを突き止めておけば、他の人が信じるのを防げたかもしれない」と悔やんだ。

 一方、若山氏は13年3月に山梨大に移った後、STAP細胞の再現実験に数十回取り組んだものの、一度も成功しなかった。小保方氏にも、アドバイスを求めるため何度も状況を伝えた。「共著者である責任と、自分の研究室は再現性を重視してきたことから、論文が受理されるまでに何とか再現したかった。しかし、成功できず焦りが強くなった」と当時を振り返った。また、今年1月末の記者発表時、「作製は簡単」と説明されたことでさらに不安が募り、3月10日に論文撤回を呼び掛ける直前まで実験を繰り返したという。

 若山氏は「失敗を経験した僕が一番、真剣におかしいと思える立場にいた」と、いち早く撤回を呼びかけた背景を説明した。一方、共著者の笹井芳樹・CDB副センター長らは、不正認定後も記者会見でSTAP細胞研究の有望さを主張している。

 若山氏は今後について、「捏造(ねつぞう)行為があったとしたら税金の無駄遣いをしたことになる。論文に携わった研究者として、社会に役立つ研究成果を出していくことで償いたい」と話した。

 若山氏は、STAP細胞から樹立した「STAP幹細胞」の解析を第三者機関に依頼しており、16日に山梨大で記者会見を開き、分析結果を発表する。

2014年ル・マン24時間耐久レース。トヨタ TS040Hybrid 3位入賞! おめでとうございます!!

22:14 | 2014年ル・マン24時間耐久レース。トヨタ TS040Hybrid 3位入賞! おめでとうございます!!を含むブックマーク 2014年ル・マン24時間耐久レース。トヨタ TS040Hybrid 3位入賞! おめでとうございます!!のブックマークコメント

ポールポジションとってトップ独走だった7号機が中嶋の運転でストップしちゃった時にはもう終わりかと思ってしまっていました。

レースは最後までわからないものですね。

40位以下に落ちていた8号機が素晴らしい追い上げ! 3位入賞!!

最後まで諦めない心。昔のTS020なみの感動をどうもありがとう!!!


f:id:losttechnology:20140615221447j:image