Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-06-29

日刊ゲンダイ、マイホーム購入に警鐘を鳴らす。高額購入品に注意を呼びかける。

08:18 | 日刊ゲンダイ、マイホーム購入に警鐘を鳴らす。高額購入品に注意を呼びかける。を含むブックマーク 日刊ゲンダイ、マイホーム購入に警鐘を鳴らす。高額購入品に注意を呼びかける。のブックマークコメント

誤解されるひとも多いみたいなので記述しておきます。

私がこちらで書いていることと私自身の生活についてはほとんど全て無関係です。私のキャラクターとの直接の関連はありません(どうして私自身そのように判断されてしまうのか不思議に思う。私は、心情的には自転車サイドカーで旅したり川下りしてたり冒険小説読んだりマシン組みしてたり、仕事的には企画立案・調査分析したりするのが本業です。本業をこちらで記すことはありません。守秘義務にも反します)。この文章を読んで「KANAHARAはこういうひとだ」と判断されても困っちゃうわけなんですよ(これらの事情がありTwitter等やめました。誤解しか産まない)。

もちろん、ここでは日刊ゲンダイのこちらの文章を引用していますが、私自身が戸建購入を目指してるとか、あるいはローン購入を反対してるとかの事情もないんですね。そういうニュースが存在する、そういう判断があり得る、そういうことを見ている。自分自身に絡めずに判断している。自分語りではないんですよ(もちろん自分語りをするときもありますよ)。

-----------

一生ローン奴隷…「夢のマイホーム」はハイリスク投資

日刊ゲンダイ 2014年5月27日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/150505/1

変わるサラリーマン生活

 いつの時代も庶民の夢はマイホーム。「今買わなければ損」と踊らされて、サラリーマンたちは多少の通勤時間は我慢し、郊外に新しく開発された新興住宅地に移り住んできた。しかし、今やその標準ケースは崩壊している。

 40歳で東京近辺に5000万円の住宅を購入。親の援助と貯金で頭金1000万円。銀行から4000万円の35年ローンを組む。

 最もポピュラーな「フラット35」を利用すると、月々の返済額は13万2000円(利率1.958%=ボーナス払いなし)。これなら賃貸住宅に住むのと大差なく、子育て費用も十分に残る。

 丸々残るボーナスでハワイなど海外旅行も楽しめそうだし、老人ホームへの入居を考える頃には、自宅を売却して入居資金の足しにすることもできる――。一方、返済は75歳まで続くが、「退職までに繰り上げ返済で完済する」といった予定も思い描ける…。

■平均年収ダダ下がり、消費増税

 しかし、錯覚してはいけない。これは給料が右肩上がりの時代だからこそできた理屈だ。

 平均年収は、ピークの97年の418万円から下がり続け、12年は352万円。男性の平均は502万円だが、この世帯は消費税8%で年間7万4000円の負担増にもなった。家族のためにと思って購入した家が結果的に首を絞め、住宅ローンを支払うために生活レベルを落とし続ける。親の世話や子どもの教育費で亭主の小遣いは削られる一方。本末転倒とはこのことだ。また、最近は65歳までに完済できず、退職金で残金を支払う現実が急増している。予定していた老後の資金すら足りなくなるのだ。

 もちろん、住宅が将来的に資産として残ればまだいいという考え方もある。しかし、今の時代はそれも期待薄。日本不動産研究所の「市街地価格指数」(表)によると、6大都市の住宅価格は最高値(91年)の3分の1にまで下落。都心や一部地域を除けば、ずっと下がり続けている。

 それなのに新たな住宅は今も続々と着工されている。国交省のデータでは、2013年度(13年4月〜今年3月)の「新築一戸建て」の分譲戸数は、前年度比7.5%増の13万3906戸だった。

 消費税増税前の駆け込み購入が終わり、さすがに新規着工戸数は今年1月以降に失速。

「今年3月の時点で在庫は6万戸を突破しています」(不動産調査会社アトラクターズ・ラボの担当者)という。住宅がダブついているのだ。

 さらに日本の総人口は30年後に1億221万人に減少。1970年の水準だが、違いは老人ばかりで、子どもがいないこと。30年後に自宅を売却しようにも、中古住宅価格は想像以上に値下がりしている。今後、せっせと修繕、改装、バリアフリーに費用を注いだ揚げ句がこれだと、何のために住宅を購入するのかわからない。一部の金持ち以外は、マイホームの夢を見てはいけない。そういう時代なのだ。

『マイカーは“究極のムダ” 手放せば年間40万円の節約』日刊ゲンダイ 2014年6月7日。それはそうだがみんな別件でお金使っちゃうのでは? ゲームとかスマホとかフィギュアとか。私はそういうのはやってませんが。

08:26 | 『マイカーは“究極のムダ” 手放せば年間40万円の節約』日刊ゲンダイ 2014年6月7日。それはそうだがみんな別件でお金使っちゃうのでは? ゲームとかスマホとかフィギュアとか。私はそういうのはやってませんが。を含むブックマーク 『マイカーは“究極のムダ” 手放せば年間40万円の節約』日刊ゲンダイ 2014年6月7日。それはそうだがみんな別件でお金使っちゃうのでは? ゲームとかスマホとかフィギュアとか。私はそういうのはやってませんが。のブックマークコメント

まあ自動車が売れなくなるって判断には確実に一票を投じます。ガソリン半端ないもんね。電車賃上がってないからまだ暴動にはならない。こっちが5割上がったらえらいことになる。そして多分遠からず上がる。緊縮財政が各家庭で敷かれることになります。

-----------

マイカーは“究極のムダ” 手放せば年間40万円の節約

日刊ゲンダイ 2014年6月7日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/150771/1

 家計の固定費で、住宅の次に金額が大きいマイカー。いつでもどこにでも行けて至極便利なのはうれしいが、ほとんどのサラリーマンは週末限定ドライバー。冷静に考えれば、マイカーほどの“金食い虫”はないのだ。

 クルマに乗るのは土日、大型スーパーに行くのがせいぜいで、遠出しても日帰りゴルフというドライバーの場合――果たして月々のコストは、どれだけか。

●駐車場代=月1万5000円

ガソリン代=月5000円

任意保険=年間5万円

自動車税=年間約4万円

車検費用=2年で約10万円

 駐車場代やガソリン代には首都圏郊外の相場を使い、前記のデータをもとにシミュレートしてみると年間コストは38万円で、1カ月約3万1600円になる。マイカーに乗るのが月5回程度なら、1回に6000円以上払う計算だ。もちろん、マイカーのローンが残っていれば、負担はさらに増える。

「クルマなしでは生活が成り立たない地方在住者は別として、都市部に住むサラリーマンは、マイカーを手放せば、家計は一気にスリム化できるのです」(ファイナンシャルプランナー)

■タクシーをバンバン使っても安上がり

「お金持ちの教科書」の著者であるコンサルタントの加谷珪一氏はブログで、「マイカーを持つ人は小金持ちにすらなれない」と説いている。

 新築住宅を欲しがる日本人は、おのずと郊外に住むことになる。郊外は公共交通インフラに乏しいため、マイカーは必須になる。住宅ローンを組んだばかりなのに、マイカーまで買うが、それは交通が不便なことによる格好の“言い訳”になっているのだという。

 マイカーに代わる“足”が心配なら、サラリーマンが平日、経費削減でなかなか使えないタクシーを、バンバン使えばいい。例えば毎週土曜日、タクシーで買い物に行ったとする。往復で4000円としても、月1万6000円。年間20万円程度で収まる。月に1度のゴルフにレンタカーを使えば1日1万円以下、年間12万円程度。合計で32万円と、マイカーを持つより安上がりになるのだ。

 マイカーにどれだけムダ金を払っているのか、一度しっかり計算してみるべきだ。

10万円のカメラで4K撮影だと? Panasonic DMC-FZ1000。受光素子サイズは1インチ。120fpsのハイビジョン収録にも対応。

14:32 | 10万円のカメラで4K撮影だと? Panasonic DMC-FZ1000。受光素子サイズは1インチ。120fpsのハイビジョン収録にも対応。を含むブックマーク 10万円のカメラで4K撮影だと? Panasonic DMC-FZ1000。受光素子サイズは1インチ。120fpsのハイビジョン収録にも対応。のブックマークコメント

「これは買い!!」という思いと同時に、「うわーセンサーはSONYのあれかーやばいわ〜こんにゃくるわ〜買ったってどうみても静止画しか撮らない」という疑念がむくむくと頭を持ち上げる。Panasonicですから間違いのないところは間違いがない。うちのビデオカメラも代々Panasonicです。今回はGH4で評判のよかったエンジンなどの電子系をコンデジ筐体と1インチセンサーとを組み合わせてひとつにまとめたということなのでしょうが。

どうなんですかね?

めちゃ安なのは事実だ。ビデオカメラとしてみれば破格だ。しかし「本物のビデオカメラ」かどうかは気になるところだ。レンズを志向して録画開始ボタンを押してそのまま撮れてるカメラでなくては意味がない(そういうニーズは多いのです)。ピントの往復とかあったら目も当てられない。ファイルが途中で途切れたり。マイク付かなかったり。そして懸念のこんにゃく

----------

世界初(※1) 4K動画撮影が可能なレンズ一体型デジタルカメラ DMC-FZ1000発売 大型1.0型センサー搭載、高倍率モデル

Panasonic株式会社 2014年6月12日

http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/06/jn140612-1/jn140612-1.html

パナソニック株式会社は、世界初(※1)4K動画撮影が可能な、大型1.0型センサーと光学ズーム16倍(25mm-400mm(※2))LEICA DC VARIO-ELMARITレンズを搭載したレンズ一体型デジタルカメラLUMIX DMC-FZ1000を7月17日に発売いたします。

本製品は、フルHDの4倍の解像度を持つ4K動画撮影機能をレンズ一体型デジタルカメラにおいて世界で初めて(※1)実現し、高精細で臨場感溢れる動画撮影が可能です。また、4K動画から約800万画素の静止画を切り出す新たな写真撮影方法を提案します。センサーは従来機(DMC-FZ200)より4倍大きい1.0型高感度MOSセンサーを採用し、高感度撮影や被写界深度の浅い撮影も可能です。レンズは歪曲・収差を抑え、周辺部まで高い解像力を誇るLEICA DC VARIO-ELMARITレンズを採用し、開放F値F2.8-F4.0、広角25mm(※2)から400mm(※2)までの光学16倍ズーム(超解像iAズーム32倍)を搭載しています。また、オートフォーカスはピント位置の異なるライブ画像から瞬時に距離を検出する、独自の空間認識技術(DFDテクノロジー)と新開発リニアモーター搭載により、高い精度と約0.09(※3)秒の高速化を実現しています。さらに、約0.66秒(※4)高速起動や応答速度の高速化を可能した0.39型 約236万ドット有機ELOLEDファインダーにより、一瞬のシャッターチャンスを逃さず機動力に富んだ快適な撮影を楽しむことができます。

当社は、高精細な4K動画撮影と一瞬を切り出す『4K PHOTO』、高い描写力による静止画撮影を実現したFZ1000を写真も動画もこだわりの撮影ができる高倍率モデルの決定版として提案します。

特長

世界初(※1)4K動画撮影機能搭載。動画から一瞬を切り出す『4K PHOTO』対応

高品位な写真画質と望遠撮影を実現

20.1M 1.0型高感度MOSセンサー&光学16倍 LEICA DC VARIO-ELMARITレンズ搭載

約0.09秒(※3)空間認識AF、約0.66秒(※4)高速起動、

高速レスポンス0.39型 約236万ドット有機ELOLEDファインダーによる優れた機動性

※1:2014年6月12日現在。レンズ一体型デジタルカメラとして。

※2:35mm判換算

※3:CIPA準拠 ワイド端、AFS、1点AF、ライブビューモード60fps時。

※4:当社計測

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター

フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)

ホームページURLhttp://lumix.jp/

【特長・詳細】

1. 世界初(※1)4K動画撮影機能搭載。動画から一瞬を切り出す『4K PHOTO』対応

フルHDの4倍の解像度を持つ4K動画撮影機能をレンズ一体型デジタルカメラにおいて世界で初めて(※1)実現し、高精細で臨場感溢れる動画撮影が可能になりました。さらに4K動画を活用すれば、高精細 約800万画素の『4K PHOTO(静止画として切り出す)』ができ、動画でしか捉えづらい決定的なシーンも高精細な写真で残せ、新たな写真撮影のスタイルをお楽しみいただけます。また高画質なAVCHD Progressive(※5)動画を搭載、なめらかな1920×1080画素のフルハイビジョン動画が楽しめます。

※5:「AVCHD」は、ソニー株式会社パナソニック株式会社が策定した高精細なデジタル・ハイディフィニション(HD)映像を記録・再生するHDデジタルビデオカメラ規格「AVCHD(エイブイシーエッチディー)規格」です。詳しくは、AVCHD規格関連ウェブサイト:「AVCHD Information Web Site」をご覧ください。http://www.avchd-info.org/

2. 高品位な写真画質と望遠撮影を実現

20.1M 1.0型高感度MOSセンサー&光学16倍(超解像iAズーム32倍)ライカDCレンズ搭載

本製品は、従来機(DMC-FZ200)よりも4倍大きい1.0型高感度MOSセンサーを採用し高精細で高解像な画質を実現します。また、1画素あたりの受光面が大きくなることで高感度と幅広いダイナミックレンジを実現。これにより高感度撮影時でもよりノイズを抑えた美しい高画質撮影が可能です。さらに、センサーの大型化によりボケ味を活かした撮影が可能となり、より高度な作品づくりを実現します。

本製品に搭載されたLEICA DC VARIO-ELMARIT(バリオ・エルマリート)レンズは、歪曲・解像度・ゴーストフレアなどの各要素においても優れたレンズ性能を達成するとともに、ボケの美しさにもこだわっています。これによりセンサーとの組み合わせで高い描写性能を発揮します。また、光学ズーム16倍(超解像iAズーム32倍)レンズで、広角25mm(※2)から遠くの被写体を引き寄せる400mm(※2)まで幅広いシーンを1台でカバーします。開放F値はF2.8-F4.0と明るく、暗いシーンや望遠時での撮影でも高速シャッターを切れるため、動く被写体の動きを止めたり、手ブレを抑えて撮影が可能です。さらに、8面5枚の非球面レンズを使用した11群15枚のレンズ構成を採用することで、1.0型センサー機で光学16倍ズームを搭載しながら小型化を実現しています。

3. 約0.09秒(※3)空間認識AF、約0.66秒(※4)高速起動、

高速レスポンス0.39型 約236万ドット有機ELOLEDファインダーによる優れた機動性

本製品では、パナソニック独自の空間認識技術(DFD(Depth From Defocusテクノロジー)による新方式「空間認識AF」と新開発リニアモーター搭載により、AF速度約0.09秒(※3)、テレ端時 FZ200比3倍以上(※6)のAF高速化を実現しています。また、速写性能の追求により起動時間を従来機(DMC-FZ200)より大幅に短縮し、起動時間 約0.66秒(※4)の高速レスポンスを実現。一瞬のシャッターチャンスも逃さず機動力に富んだ快適な撮影を楽しむことができます。さらに、ファインダーには約236万ドット有機ELOLED)を採用。応答速度とコントラストの高さを活かし、動く被写体にもレスポンスよく、快適な撮影をアシストします。

※6:DMC-FZ200の400mm(35mm判換算)でのAF速度との比較。当社測定条件。

f:id:losttechnology:20140624143242p:image

うっわーSONYくせえ! Panasonic FZ1000 で撮影した4K動画【公式】。YouTube。据え物斬りではないか。

14:45 | うっわーSONYくせえ! Panasonic FZ1000 で撮影した4K動画【公式】。YouTube。据え物斬りではないか。を含むブックマーク うっわーSONYくせえ! Panasonic FZ1000 で撮影した4K動画【公式】。YouTube。据え物斬りではないか。のブックマークコメント

早速動画を見てみました。これは・・・

http://www.youtube.com/embed/mL-G7bjWE2c?rel=0&autoplay=1&wmode=transparent

これはあれです。

ちょっとまいりましたね。

SONYくさいです。つまり特定の目的(半静止画)にしか使えない。なんというがっかりモード。

FZ1000の商品サイトのトップには4K動画から切り出した静止画へのリンクが張ってあるですよ。商品名のすぐ直下にあります。そっちをみると元気にモトクロッサーが飛んでる。動きものです。速度は速い。しかしそれを撮影している機材をみるとGH4。いま話題の一眼。FZ1000の2.5倍の値段のです。そりゃあ撮れるだろう。そういうチューニングがしてあるだろう。FZ1000が安いのにはわけがあるのだろう。同じものが撮れたら誰も上位機種を買わないだろう。FZ1000のセンサーはSONY製といううわさです。例の1インチセンサーは、やっぱりそういうものの撮影には向いてないのでしょうか??

○4Kフォトギャラリー(実際の撮影はGH4)

http://panasonic.jp/dc/4kphoto/gallery/