Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-13

『わな猟いいよね』と言ってたら、長野県の方に危険性をつよく説かれた件について。

08:45 | 『わな猟いいよね』と言ってたら、長野県の方に危険性をつよく説かれた件について。を含むブックマーク 『わな猟いいよね』と言ってたら、長野県の方に危険性をつよく説かれた件について。のブックマークコメント

「いやあ狩猟では銃の方が安全なんですよ。使用者が確認して打てる。例えば街中に出たとき、銃だったら『そこどけ!』と言ったら人間てどけるじゃないですか。それで獣打てるじゃないですか」

ええ! 獣が街中に出る!? まあ、そういう場所ありますね。確かにそういうところじゃ狩猟用のわなとか設置できないですね。

「山の中でもよおく、よーく観察して注意深く設置しなくちゃならないんですよ。山奥に。ひとの来ない場所に。

あれ(わな)、設置したら見えない。見えないように設置する。だからひとの歩く場所に設置すると NINGEN がかかるかも知れない。KANAHARAさんわな設置して、あとで見に行ったら NINGEN が2〜3人宙吊りになってSHIんでたら、そんときどうするんですか?」

ライターの戯言『【コラム】シリコンバレー101 658 プログラミング必修化で誰が教えるか? 教師がボトルネックになる恐れ Yoichi Yamashita [2016/05/06]』

12:19 | ライターの戯言『【コラム】シリコンバレー101 658 プログラミング必修化で誰が教えるか? 教師がボトルネックになる恐れ Yoichi Yamashita [2016/05/06]』を含むブックマーク ライターの戯言『【コラム】シリコンバレー101 658 プログラミング必修化で誰が教えるか? 教師がボトルネックになる恐れ Yoichi Yamashita [2016/05/06]』のブックマークコメント

実はこれ、まったく問題ではありません。

余った技術者はいくらでもいますし、教材はいくらでもあります。

だからこの著者は難癖つけてるだけだ。最低ですね。

「でも、頭がかたくなった大人たちに創造的なプログラミングや考え方を浸透させるのは容易なことではない」←なぜいま現在学校にいる教師が新たな手法を学んで教えるという2段階の余計な経路をたどるわけ? あり得ない。ばかじゃねえの?

-----------

【コラム】シリコンバレー101

658 プログラミング必修化で誰が教えるか? 教師がボトルネックになる恐れ

Yoichi Yamashita  [2016/05/06]

http://news.mynavi.jp/column/svalley/658/

情報技術高度化を支える人材育成を目的に、プログラミング教育の必修科目化を検討すると文部科学省が発表し、賛否両論の議論が広がっている。実は米国でも大統領選の年を迎えて、プログラミング必修化の問題が論争の1つになっている。

今年初めにオバマ大統領が「Computer Science for All」というイニシアチブを発表した。そして4月26日、非営利団体Code.orgとComputer Science Education CoalitionがChange.orgにおいて「Offer Computer Science in our public schools」というキャンペーンを開始した。「公立学校で全ての生徒がコンピュータサイエンスを学ぶ機会」を実現するための2億5000万ドルの連邦政府補助金を求めており、わずか2日で署名数が4万を超えた。キャンペーンのページを見ると、Bill Gates/Melinda Gates夫妻、AppleTim Cook氏、MicrosoftのSatya Nadella氏、DropboxのDrew Houston氏、AlphabetのEric Schmidt氏、TwitterのJack Dorsey氏、AmazonのJeff Bezos氏など、錚々たる顔ぶれが支援者のリストに並ぶ。

米国の場合、プログラミング必修化ではなく、コンピュータサイエンス必修化である。何が違うのかというと学ぶ目的である。必修化が現実味を増してきた時に、それまでプログラミングを学ぶ価値を説いてきた人たちから懸念の声が上がるようになった。

たとえば、デジタル経済研究者として知られるDouglas Rushkoff氏である。「コーディングを学ぶことが将来の成功を約束するものではない」と断言する。

米国では現在、全ての産業、全ての州においてプログラマが求められているが、それは一時的なチャンスでしかない

プログラミング必修化を訴える人たちの中には、昨今のプログラマー不足を理由に挙げる人が少なくない。Offer Computer Science in our public schoolsキャンペーンにも「製造から金融農業、ヘルスケアまであらゆる産業において、50万を超えるコンピューティングを必要とする仕事がある。だが、コンピュータサイエンスの卒業生は年間わずか50,000人である」と書かれている。実際、プログラマー不足を埋めるために、一昨年頃からプログラミング教室コーディングブートキャンプの市場が急成長している。しかし、プログラマー不足は一時的なもので、今は引く手あまたでも、プログラミング修得者が増加し、特にインド中国といった新興市場での増加によって雇用状況は一変するとRushkoff氏は指摘する。Upworkのようなグローバル規模のクラウドソーシングサービスも成長している。

「言葉を読み書きする能力だけで出版社に採用されないのと同じように、コードを読み書きする能力だけではやがて仕事を得られなくなる」(Rushkoff氏)

命じられた通りに、ただコーディングするだけだったら工場の組立作業員と変わらない。産業革命の時に炭鉱に坑夫を送るようなプログラムではなく、産業革命後の世界を見据えたプログラムにしなければならないというわけだ。

Twitter CEOのJack Dorsey氏は「コンピュータサイエンスエンジニアになるためだけの学問ではない。異なる見方、クリティカルな方法で思考する方法を教えてくれる。それはあらゆる分野で役立つはずだ」と述べている。

保護者の9割がコンピュータサイエンスの授業を求めているが、プログラミングの授業を提供している学校は全体の1/4

そこで、今問題になっているのが教師である。ブロックを組み合わせるプログラミング・ゲームをやらせたり、英文法の授業のようにコードを書かせるだけではコンピュータサイエンス教育の目的を満たさないのは明らかだ。公立学校で必修化となったらコンピュータサイエンス専門家を招くだけでは足りない。算数・数学や理科の授業と同じように、プログラミングの知識や経験のない教師が教えられるようにプログラムを作らなければならない。でも、頭がかたくなった大人たちに創造的なプログラミングや考え方を浸透させるのは容易なことではない。

プログラミングでできることの可能性を子供に正しく伝えられたら、子供たちは驚くほどユニークにその可能性を広げ始める。でも、教える大人が凝り固まった考え方や方法を押しつけてしまったら、子供たちにとってプログラミングがつまらない道具になってしまう。教師や大人が子供の可能性を狭めるボトルネックになる恐れがあるのだ。それを、いかに避けるか……ただプログラミングを教えるだけならすぐにでもできるが、人とは違ったものの見方やアイディアを形にする力を身に付けさせられるようなプログラムを実現するのはとても難しい。

コンピュータサイエンスの授業だからといって、パソコンやタブレットが必ずしも必要ではない。たとえ紙と鉛筆しかなくても、教師がしっかりと導ければ、子供たちは多くのことを吸収できる。しかし、それを全公立学校で実現するのは、1人1台パソコンを揃えるよりもずっと困難なことである。

ウェールズに住むイスラム教徒がアルコールに難癖をつけ伝統的なパブを破壊『ISLAM IN WALES UK MUSLIMS ATTACK THE WELSH』。

12:42 | ウェールズに住むイスラム教徒がアルコールに難癖をつけ伝統的なパブを破壊『ISLAM IN WALES UK MUSLIMS ATTACK THE WELSH』。を含むブックマーク ウェールズに住むイスラム教徒がアルコールに難癖をつけ伝統的なパブを破壊『ISLAM IN WALES UK MUSLIMS ATTACK THE WELSH』。のブックマークコメント

Pro-Palestinian Muslims in Britain attack people for drinking beer while shouting "Free Palestine"

These Pakistani Muslims completely destroy the pub, because alcohol is not allowed under Sharia law. The free world must ban the Sharia laws! Share this shocking video!

ISLAM IN WALES UK MUSLIMS ATTACK THE WELSH

BIRMINGHAM CRUSADER ENGLAND

https://www.youtube.com/watch?v=nO01hnkuTQA

D

素晴らしい分析です『絶望の国 日本は世界一「若者自殺者」を量産している』。PRESIDENT Online スペシャル 武蔵野大学、杏林大学兼任講師 舞田敏彦。

14:24 | 素晴らしい分析です『絶望の国 日本は世界一「若者自殺者」を量産している』。PRESIDENT Online スペシャル 武蔵野大学、杏林大学兼任講師 舞田敏彦。を含むブックマーク 素晴らしい分析です『絶望の国 日本は世界一「若者自殺者」を量産している』。PRESIDENT Online スペシャル 武蔵野大学、杏林大学兼任講師 舞田敏彦。のブックマークコメント

私もデュルケムを読み込んでいました(『子のつく名前の女の子は頭がいい』に反映)。また当方の分析結果は、21世紀に入って以降、若年者の虐待死、若者の生活の困難の度合いの上昇を予測する等、多くの問題の発生を予言したものでした。

いま、若年者の自殺者が増えている。

その理由、未来への希望の持てなさは、確実に上の世代が引き起こしている。理由は、自身の身に生じたリストラ等が原因ではなく「希望」という未来を担保したところに原因が観察されているからだ。未来は実は開けるのに、閉ざされていると判断してしまうのである。

その「閉ざされている」という感覚は周囲の人物(主として大人)が与えている。

なぜか? 彼らの周囲の大人たちがマスコミュニケーションに依存して成長してきたことが理由にある。マスコミュニケーションに過剰に依存して成長してきた人々は、問題を抱えている人々に接触した時、「問題解決策」を供与するのではなく「問題の存在の指摘」の供与を繰り返す傾向にあるからだ(「PーAインディファレンシエーション」)。彼らは時間軸を逆転した回答を示すのである(送信者の脳内で自動的に時間軸の逆転が行われる)。このような送信の逆転を引き起こす原因は成長期における過剰なマスコミュニケーション接触に起因する。20年以上前に生じた親世代マスコミュニケーション依存が、その後の世代の情報的環境に閉塞する事態をもたらすのだ。

つまり、現在の若年者世代を救済するには「上の世代」との接触を断つことが最も望ましい。

そして若年者世代にも問題がある。

SNSなんてやめましょう。周囲の人間と自分とを比較するなんて馬鹿らしい行為はやめましょうね。

※以上、KANAHARA理論からの解答です。

※まじでSNSはよくない。他者受けと他者コントロールのみがそれらの主たる内容である。こんなんしてたら絶望なんて当然です。誰だって他人の希望を無償で叶える義務なんてもってないんだぜ?

-----------

絶望の国 日本は世界一「若者自殺者」を量産している

データは踊る PRESIDENT Online スペシャル

著者 武蔵野大学杏林大学兼任講師 舞田敏彦=文

http://president.jp/articles/-/17058

「失われた20年」で若者の自殺が増加

年明け早々物騒な話ですが、日本は自殺大国といわれます。2012年の自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)は23.1で、172カ国で9位です。社会的な統制が強い旧共産圏の国々ほどではないにせよ、先進国の中ではダントツです。

私は、社会病理学を専攻しています。

簡単にいうと、社会の健全度(逆にいうと病気度)を診断しようという学問です。人間の場合、病気かどうかを判断する指標として体温や血糖値などがありますが、社会の健康診断の指標としては、犯罪率や自殺率などがよく使われます。

犯罪率は警察の取り締まりの姿勢によって大きく左右されますので、私は、後者の自殺率がよいと考えています。自殺の原因は個々人で多様ですが、国民のうち自殺者がどれほどいるかという「自殺率」は、まぎれもなく社会の問題を反映しています。

エミール・デュルケムが名著『自殺論』において、自殺率を指標として、19世紀ヨーロッパ社会の病理をえぐり出したことはよく知られています。

さて日本の自殺率ですが、冒頭で述べたように国際的に高い水準にあります。しかし時系列でみると、2003年の25.5をピークとして減少傾向にあり、2014年では19.5まで下がっています(厚労省人口動態統計』)。近年の自殺防止施策の効果もあるでしょう。

このように国民全体の自殺率は低下しているのですが、年齢層別にみると、これとは反対に上昇しているグループがあります。

それは若年層です。

15〜24歳の自殺率は、90年代以降ずっと上がり続けています。しかもそれは、日本の特徴のようです。図1をご覧ください。

f:id:losttechnology:20160508141148j:image

日本の若者の自殺率は、この20年間でトップにのしあがっています。欧米諸国は減少傾向にあるのに対し、日本はその逆だからです。お隣の韓国も、似たような傾向を呈しています。「失われた20年」の困難は、若年層に凝縮されてきたといってもよいでしょう。

50代の自殺者は景気回復の影響で減少

大学生の就職失敗自殺雇用の非正規化、果ては若者を使いつぶすブラック企業の増殖など、上記のデータを解釈する材料は数多くあります。

ちなみに2014年の20代の自殺原因上位3位は、うつ病統合失調症、仕事疲れ、となっています(警察庁2014年中における自殺の状況』)。いずれも、将来展望閉塞や過重労働の蔓延といった社会状況と無関係ではないと思われます。

それは多かれ少なかれ他の年齢層も同じですが、今世紀になって自殺率が上がっているのは若年層だけです。この点を可視化してみましょう。図2は、各年齢の自殺率を折れ線でつないだ、自殺率の年齢曲線です。1999年と2014年のカーブが描かれています。

f:id:losttechnology:20160508141237j:image

前世紀の末では、50代の自殺率がべらぼうに高い水準にありました。

97年から98年にかけてわが国の経済状況は急激に悪化し(98年問題)、年間の自殺者が3万人に達したのですが、その多くがリストラの憂き目に遭った中高年男性でした。近年では景気回復もあってか、この山が低くなっています。高齢者自殺率が減少しているのは、この層に重点を置いた自殺防止施策の効果だと思います。

しかし、現在は若者の自殺だけは増えています。

今後は、自殺防止対策の重点を若年層にシフトする必要があります。雇用機会の拡充をはじめとした自立支援がメインとなるでしょうが、若者の場合、それとは違った視点も求められます。

想像がつくと思いますが、自殺率失業率と非常に強く相関しています。過去半世紀の時系列データでみると、40〜50代男性の自殺率は、失業率と+0.9を超える相関関係にあります。

ところが若年層では、「これから先、生活が悪くなっていく」という意識の割合(希望閉塞率)のほうが、自殺率と強く関連しているのです(拙稿「性別・年齢層別にみた自殺率と生活不安指標の関連」『武蔵野大学政治経済学部紀要』2009年)。

「希望」がなければ、自殺はもっと増える

若者は先行きを展望して生きる存在ですが、それが開けていないことは、大きな苦悩の源泉となるでしょう。このような事実を踏まえるなら、彼らが希望を持てる社会を構築することが重要となります。

凍てつく冬の時期ですが、あと3カ月もすれば桜が咲き、各地で入社式が行われます。そこに出席する新入社員は、さぞ希望に満ち溢れることでしょう。

しかし、そうでない若者もいます(不幸にして就職活動に失敗した者、既卒非正規雇用者など)。まさに「希望格差」です。自殺に傾きやすいのは、後者であることは言うまでもありません。この層が「やり直し」を図れるようにするのも、重要なことです。

少子高齢化による人材不足もあり、新卒だけでなく第二新卒にも目を向ける企業が増えていると聞きます。新卒だろうが、既卒だろうが、われわれのようなロスジェネだろうが、同じ人間。何も違うところはありません。22歳で全てが決まる「新卒至上主義」のような慣行は、まずもって是正していただきたいものです。

今後、自殺防止対策を打ち出すに際しては、「希望」がキーワードとなるでしょう。2016年が始まりましたが、若者にとって展望が開けた年になることを願います。

若い子不在のスポーツの世界『ヨットで太平洋単独往復へ 鳥取県の65歳男性、境港出発』。2016/5/8 14:54。いまの若い衆はどうしてアクションを伴わないのだろうか・・

15:15 | 若い子不在のスポーツの世界『ヨットで太平洋単独往復へ 鳥取県の65歳男性、境港出発』。2016/5/8 14:54。いまの若い衆はどうしてアクションを伴わないのだろうか・・を含むブックマーク 若い子不在のスポーツの世界『ヨットで太平洋単独往復へ 鳥取県の65歳男性、境港出発』。2016/5/8 14:54。いまの若い衆はどうしてアクションを伴わないのだろうか・・のブックマークコメント

ヨット界では若い子が不足しています(※渡瀬遊水地での観測の結果。ちなみにカヌー界でも絶賛大不足中)。

参加者が少ないこういうところに来れば若い子たちは日本のトップに登りつめられる。大人たちと比較して体力の余裕はあるのだ。ヒーローになれるのです。

しかし来ない。何故なのか。堀江謙一氏が密出国の形で太平洋横断に出発したときは20歳代前半だったのです(つまり周囲への応援は期待しない/できない。それでも出発する。これは素晴らしい決断だったと思います(本行為は事件性がない行為であるが故です。また当人も技術を持っていました。近年の「マスコミに影響され海外のテロリスト軍団に参入する」等とは違うのです))。

※やっぱりメディアの影響が強すぎるんだな、現在は。だから事件性を伴う行為への参加という短絡した結論がもたらされる。非常にもったいない。

-----------

ヨット太平洋単独往復へ 鳥取県の男性、境港出発

2016/5/8 14:54

http://this.kiji.is/101920348079702019

 ヨット太平洋往復を目指し、鳥取県境港市の自営業庄司信吉さん(65)が8日、境港市から単独航海へ出発した。本州と九州を隔てる関門海峡から四国に接する豊後水道を抜けて太平洋へ出て、7月上旬に米国サンフランシスコに到着する予定。ハワイを経由して、10月中旬頃に帰港する計画という。

 支援者ら約100人に囲まれた庄司さんは「海の上でも独りぼっちじゃない。皆さんの思いと共に行ってくる」と笑顔で手を振り、大漁旗を掲げた漁船ヨット約10隻に伴走されて、日本海へ力強く出帆した。

慌てんなよ『アップル失速、iPhone初の前年割れの衝撃 「部品製造」日本企業にも押し寄せる荒波』。2016年5月8日 11時30分 J-CASTニュース。アップル売りなんてわかるだろ商品みてりゃ普通。

17:16 | 慌てんなよ『アップル失速、iPhone初の前年割れの衝撃 「部品製造」日本企業にも押し寄せる荒波』。2016年5月8日 11時30分 J-CASTニュース。アップル売りなんてわかるだろ商品みてりゃ普通。を含むブックマーク 慌てんなよ『アップル失速、iPhone初の前年割れの衝撃 「部品製造」日本企業にも押し寄せる荒波』。2016年5月8日 11時30分 J-CASTニュース。アップル売りなんてわかるだろ商品みてりゃ普通。のブックマークコメント

アップル失速、iPhone初の前年割れの衝撃 「部品製造」日本企業にも押し寄せる荒波

2016年5月8日 11時30分 J-CASTニュース

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11497124/

なんでこんなので慌ててるんでしょうね?

当方、以下の内容で2014年の段階からAppleの株は売りであると主張しております。

iPhone 4S に騒音計をインストールする。USBを捨て去る決心をしたApple社について。

http://d.hatena.ne.jp/losttechnology/20141202/1417050001

◆センスの欠片も感じられない Apple Watch。みてるだけで恥ずかしい。この「恥」という感情は物品扱い時には不可欠なものでは?

http://d.hatena.ne.jp/losttechnology/20150509/1430682669

◆みんな気付いてるよね『Appleソフトウェア品質は低下しているのか』。By Jasper Nance。iPhoneなんていまや高級ゲーム機。そっちにしか進化してない。

http://d.hatena.ne.jp/losttechnology/20160218/1455324866

このような意見がメディア上に出てこなかったのは何故か?

ステマ、というものがサイレントマジョリティの持つ疑念を騒音的に覆い隠してしまうのでしょうが。マーケティングしてる人々もそれらステマ的な広報から直に意見を引用するだけで済ませている。分析は行われていないのです。

だからこれで慌てているとしたら直にその企業に問題がある。

批判黙殺する。批判者はそんなものに依存する気はない。そんなことも現在の日本企業はわからなくなってしまっているのでしょうか(こんなんじゃまじで終わりだと思う。企業全部)。

どうしてこのような神話が形成されるのだろう『This Map Of Trump's Foreign Policy Would Be Funny If It Weren't So True』。本人の語りは全部ポーズにすぎない。

21:16 | どうしてこのような神話が形成されるのだろう『This Map Of Trump's Foreign Policy Would Be Funny If It Weren't So True』。本人の語りは全部ポーズにすぎない。を含むブックマーク どうしてこのような神話が形成されるのだろう『This Map Of Trump's Foreign Policy Would Be Funny If It Weren't So True』。本人の語りは全部ポーズにすぎない。のブックマークコメント

※以下、日本語では専門的表現がありました。「三味線」です。トランプは三味線をひいてます。

ハフポストからの引用です。当方は否定的な意味で用いています。

ドナルド・トランプがハフポストの記者を総和するより多くの知識と技術をもち、より正しい(※他者に対して、ではないのですが)認識を持っていることはこれまでの選挙戦をみてもわかる通り明白です。

彼は選挙戦では徹底して馬鹿を演じている。

オバマが知ったかぶりと屁理屈でのし上がってきたことの真に逆の行為を行っているのです。

だからこういったグラフを作成するとオバマは満点、トランプは零点となるでしょう。

それこそ実はこれらの記者がすっかり騙されている証拠なのだ。軽く手玉に取られている証左なのだ。

ハフポストの記者たちはこうしてトランプを馬鹿にして自分たちが上であるような(そして読者もそうであるような)錯覚を抱いてしまっている。トランプに感覚を「狂わされている」。

能ある鷹は爪を隠すものなのだ。日本でも小渕恵三マスコミの前で自身を鈍牛と呼称しおっとりたどたどしく語る姿をみせてたが、カメラがなくなると立て板に水。マシンガンのように喋り続け、手は早くどこにでも自分で電話をかけ話をまとめ、しかしそんなそぶりを他者の前では一切みせない。小渕のとった政策には成功したものがいくつかあるが(日本がITCで何とか食いついてきたのは当時の小渕のおかげです)マスコミは常にどうでもいいことを叩き続けていたのですよ。

●This Map Of Trump's Foreign Policy Would Be Funny If It Weren't So True

http://m.huffpost.com/us/entry/donald-trump-foreign-policy-map_us_570d3358e4b0885fb50e5fef

織田信長とか大好きな日本人も本当に気付かずこの件を頭から信じちゃってるのでしょうかね(←始末されて当然と思われます)。

f:id:losttechnology:20160508212456p:image

※こういうの喜んで書いてる記者たちはこれまでペーパーテストで高得点をとってきたことが自慢なのでしょう。愚かだ。このハフポストの記事こそ大衆の愚昧さをあぶり出す逆の意味で秀逸な記事と思います。

ブラジルを虚仮にする点も優秀だ。理由はいくつもある。

1)ブラジル経済に「関わりたくない」と考えていること(「ブラジル大変だね」などと応えると大統領として足抜けできなくなる)。

2)反米の最極端にあるブラジルに塩を送る理由はないこと(ブラジル米国がなくても生きていける数少ない国である。放置して弱体化するならそれに越したことはない)。

3)多民族国家の女性政治家という「民族」「移民」「性差」「軍閥」等のデリケートな部分で(しかも結論は悪い方で見えている。また性差・人種等は本来は政治の本質とは関係がない)どうでもいい泥沼にはまるつもりはないこと。

それらのすべてを「誰?」のひと言で解決する。

素晴らしい。これがコミュニケーション技術である。トランプはブラジルの現場を知り抜いているからこそ「で?」と軽く答えているのですよ。

 2017/01/16 19:22 結局2016年も何も変わりませんでしたね
負け組は自殺することが正解みたいです

losttechnologylosttechnology 2017/01/17 22:23 勝とうとする人間を救うことはできますが、負けようとする人間を救うことはできません。
あらゆるメディアが、周囲の人間が、あなたを屈服させ、跪かせようとしている。
それに負ける人間だったらただそれだけということです。
私もあなたの味方になれないかもしれません。あなたの味方になれる人間はあなたしかいないのです。
あなた自身を大切にしてください。よろしくお願いいたします。

TT 2017/01/30 21:55 まあこの世の中だったら負け組は確かに死んだほうがいいよね。
非常に生きにくいよ。

losttechnologylosttechnology 2017/01/31 08:36 ばかだなおまえら。
逆境なんて笑顔で跳ね返すところが格好いいのだ。
逆境上等! 潰せるもんなら潰してみやがれ!!
男ならそれくらいの言葉を吐きましょう。
無理ならきんたまがついてないってことですね。よろしくお願いいたします。
※性差平等→女性的価値観が優位となる(女性的価値観で社会のどこでも適用しようとする)
 →男らしい雄々しい生き方こそ否定されるべきものとなる
こういう流れもあると思います。
負け組を頭から否定し、笑いものにするということは、なよなよした集団ではよく行われているみたいですね。雄々しい集団に所属しましょう。よろしくお願いいたします。