Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-01

キリスト教徒に衝撃の一言『love is like a flashbang grenade』。これは日本製ゲーム受けるわけだわ。

06:32 | キリスト教徒に衝撃の一言『love is like a flashbang grenade』。これは日本製ゲーム受けるわけだわ。を含むブックマーク キリスト教徒に衝撃の一言『love is like a flashbang grenade』。これは日本製ゲーム受けるわけだわ。のブックマークコメント

いちいち感動しているのを見てこちらも大喜びなわけですが(※私はゲーマーではないのですが、こういう文化がどう広まっていくのかについて関心を持っています。自分の主関心は北米在住の男性における当該文化の受容と拡散というナローでニッチでタイトな世界です)。

あちらの映画というと直ぐにアダムとイブの縮小再生産というものに行き着く(そういうケースが多い)。倫理観としてモデル事例をひとつ提示し、そこから外れたケースには人の道に外れているような(そういうレイべリングを積極的にするわけではないかもなのですが)敗残者の印象、イエロードッグのイメージを付与するのだ。勝利者は常に正しく、美しく、神に守られた清く正しい人生を歩む。それ以外の人々はどこかぶっ壊れた人々として映画の脇役に押しやられてしまう。

1970年代のウーマンリブに祖を持つ現在の女性権拡大運動(@北米)は、それら伝統的キリスト教に正反する運動として記述される。しかしこれこそ、「足して半分して中和されていれば合理的である」という「純言語効果(テキストに基づいた学習によって副次的に生じる判断。テキスト内にそれが記述されていなくても、脳の構造により不可避的に判断に組み込まれる)」に基づくものである。テキスト中心に世界を判断するキリスト教のシステム(プロテスタント)が、その教導システムの機械的機構により、自動的にウーマンリブを準備してしまうのだ。これは天国以前に中和剤としての「煉獄」を用意し、幸運者に幸運であるが故の罰を用意するような思想である(現実世界の見聞とテキスト読解に基づく合理的判断とのせめぎあいの結果、自動的に「煉獄」を仮想し準備してしまう。テキスト内での記述がなくても、自動的に副次的にその判断が生成される)。

仏教的な判断である「中道」では「足して2で割ってプラマイゼロとなる逆の効果を持つ成分を投与する必要はない」と考える(釈尊の最初の講義がこれ。仏教の根義である)。現実世界を補償する「煉獄」の必要はない(例えば、ウーマンリブ運動であれば、同じフィールドで男性を打ち倒す女性を用意する必要はない。各自が先入観による支配を逃れるだけで済むと考える)。ただ単に自身の行為・判断を中立に保てばいいと考えるのだ。そこでは過去の歴史は既に過ぎたものであるとして整理され、現在を中立にするだけで事態は解決するものと見做される。そして人々の見方や判断も暫時中立に近づいていく。これは「テキストに依存して考えない」ことにより、「純言語効果」の影響を逃れることにより可能となる、と考えられている。

Love とは、家族を構成し、社会を構成する基本的な力であるとギリシア思想からは位置付けられる(惑星間に生じる引力もギリシア思想からは「愛」という力であると定義される(エンペドクレス。ニーチェの元ネタ)。

これは社会学的には「in law」という判断である。英米社会学では社会は「in law」のものとして定義される(「アウトローの」「社会」という見方は存在しない。日本はそれを最初から許容するので西欧の見方からは不思議と思われる。私はこの見方の違いをニュージーランドの大学を訪問し発表される論文を見ることによって把握した)。

このように西欧社会では、愛は社会を存続させる根本原理として定義されている。

しかし日本製のゲーム ChronoClock では、登場人物が愛を瞬時に消えてしまうものとして定義しているのだ。

これがもたらす驚き! 聖書とまるで違うことが言われてるわけですよ。

人々を集合させる力は、そういう見方をもってとらえていた感情は、瞬時に失われるかもしれないと、判断されているのですよ。

では、世界を構成する力(物体を集合させ組織を形作る力)は何だということになる。

仏教では「因」と「縁」により説明する(※因=粒子そのものの持つ性質。人間なら飯を食い、雄個体なら精子を生成し、雌個体なら卵子を生成する等。縁=それらの粒子が、放たれた環境の中でどのように他の粒子と接触するかというその事実。「これも何かの縁」「縁がなかった」と言われるときのそれ)。ChronoClock の登場人物は後者の判断に拠っている。

f:id:losttechnology:20170426055740j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/losttechnology/20170501/1493155978