Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-17

電動アシスト付ベビーカーは「軽車両」…車道を通行し、警音器を設置 グレーゾーン解消 2017年9月12日(火) 09時15分 経済産業省(経産省) 特別編集

13:53 | 電動アシスト付ベビーカーは「軽車両」…車道を通行し、警音器を設置 グレーゾーン解消 2017年9月12日(火) 09時15分 経済産業省(経産省) 特別編集を含むブックマーク 電動アシスト付ベビーカーは「軽車両」…車道を通行し、警音器を設置 グレーゾーン解消 2017年9月12日(火) 09時15分 経済産業省(経産省) 特別編集のブックマークコメント

画像検索して驚きました。電動アシスト付6人乗りベビーカーというものがあるのです。農作業用の小型特殊を思わせる形態だ。機能も同じ。積んでいるのが作物か子供6人かという違いです。

これは車道を走行させなくちゃだめでしょう。

-----------

電動アシスト付ベビーカーは「軽車両」…車道を通行し、警音器を設置 グレーゾーン解消

2017年9月12日(火) 09時15分

経済産業省経産省) 特別編集

https://response.jp/article/2017/09/12/299642.html

経済産業省では、産業競争力強化法に基づく「グレーゾーン解消制度」によって、電動アシスト付ベビーカー道路交通法に定める「小児用の車」に該当せず「軽車両」に該当すると発表した。

事業者から電動アシスト機能を付加した6人乗りベビーカー道路交通法道路運送車両法上の取扱いについて確認を求める照会があった。

関係省庁が検討した結果、照会のあった電動アシスト付ベビーカーは「小児用の車」に該当せず「軽車両」に該当することを確認した。また、電動アシスト付ベビーカーは、「人力により陸上を移動させることを目的として製作した用具」、「軌条又は架線を用いないもの」で、用途や使用方法、車両寸法から道路運送車両法施行令第1条の「人力車」として同法第2条第4項の「軽車両」に該当し、同法第2条第1項の「道路運送車両」に該当するとした。

この結果、電動アシスト付ベビーカーを使用する場合、道路交通法上、車道または路側帯軽車両の通行を禁止することを表示する道路標示によって区画されたものを除く)の通行が求められる。道路運送車両法上、「軽車両」の保安基準(警音器の設置)に適合する必要があるとしている。

《レスポンス編集部》

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/losttechnology/20170917/1505192023