Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-10-13

ケータイサイズの純粋な Windows タブレット がほしい。組込用途に最高。

10:06 | ケータイサイズの純粋な Windows タブレット がほしい。組込用途に最高。を含むブックマーク ケータイサイズの純粋な Windows タブレット がほしい。組込用途に最高。のブックマークコメント

例のタブレットは絶好調。早速いくつかのソフトをインストールしてみたのですが、無理なく動くし違和感がない。OSWindows 8.1CPUインテルです(これが重要。ハードウェアレベルで互換じゃないと導入した意味がない)。

すごいなー。

スティックPCと同じ値段なんですよ。こちらには画面とバッテリーがついてる。つけようと思えば直ぐにフルHDの外部モニタがつく。というより、出来が良すぎてもうこのまま自宅で使ってみたい気までしちゃうんですけど(立ち上がり早いし反応いいので昔のC2Q機をいちいち起動するより全然楽。メモリ増設してキーボード無線でつなげれば動画編集以外は全部代替できてしまう)。

いいわ〜。

良すぎてまじで困る。これでスマホケータイと同サイズのマシンがあったら組込用途に最高です。こんなんで Raspberry Pi を食っちゃうのがいいなあ。


-----------

このタブレット、ネット上のレビューはあまり良くない。最悪に近い。実際に投売りされている(機種名は秘密)。

スティックPCと同程度の価格の機種になに期待してるんでしょう?

ビジネス用途や写真管理用途にこれ使おうとする人々がいます。それらで試して動かないとこの機種の存在を即否定。まじであり得ない。

新品で2万円ちょっとですよ? 負荷の高い作業なんて無理に決まってるじゃないですか。そういう使用が目的ならせいぜい5〜6万円は出せと思う。しかし最低価格で最高のサービスを期待する人々にはこの機種の意味はわからない。

そこから考える。Appleは高いから成功したのだ。あの後方互換性の排除は新機種を簡単に導入できるものたちなら問題とならない。購入者を最初から選別しているのだ。

この機種のネット上の低評価の理由は購入者を最初から選別しなかったところにあるのである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/losttechnology/20171013/1507424805