Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-06-04

凄い人がごろごろ。

09:49 | 凄い人がごろごろ。を含むブックマーク 凄い人がごろごろ。のブックマークコメント

この辺のあれがあんなのでどうでこうで・・・ はっ!!

キータームを検索すると出てくる。

それがたいてい、ひとりである。ひとりでそんなことしてる。

で、ちょっと用語を変えて別件で検索するとまた別の人が出てくるのだ。

独自で妙に面白いことしてるのだ。

-----------

彼らはいったいどこから来るんだろう? 猛烈にその手の領域を開拓している。

ちょっとあり得ない作業してるんだ。Linux の登場と普及も驚くような事態だったけど。

いまそんなのが普通になってる。『伽藍とバザール』の後者の側が凄い勢いで拡大してる。

真のデジタル・ネイティブである。私は未来人に遭遇したその衝撃を受けている(彼らは未来から来た未来人です。定義上そうなります(未来の世代を担う))。

アニメやマンガやファミコンや映像や音楽で育ってきた世代が自動的にPCゲームを開発してしまうように。

家の中にパソコンがあって、コンピュータとともに成長して使いこなす(彼らはそういう世代です。テレビっ子と同じ意味でパソコン子だった)。

検索してデータが出てくるのが普通である。音楽と映像がダウンロードできるのが普通である。制作したコンテンツをアップするのが普通である。そういう人々である。

最後のアップの部分なんて普通に意識なくできるのだ(私はそれができない。そうする判断もない。認識する環境が違うのだ。私はデジタルネイティブではない。この違いは根本的な違いだ)。

-----------

伽藍とバザール』の伽藍は(組織は・会社は)デジタルネイティブではない人々を組織として集めるために構築された。

デジタルネイティブがあふれる社会では自然にバザールが構成される。というより、ネットワーク自身がバザールなのだ。

組織ではない。出入りは自由だ。取捨選択は自動的になされる。秀でているものは自動的に選択され後継の利用がなされる。それが直ぐに次世代を形成する。

物凄い勢いで拡充していくそれらを私は感動の思いで見つめてしまう。

昔。秋葉原萌え文化に侵食される直前(まだ石丸電気が存在していた頃)。ある種のゲームの販売開始で秋葉原に300mの列ができた。PCゲームがメジャーではなかった頃である。インターネットが普及し、新聞等がリアルタイムで読め、メールの送受信がなされ、しかしパソコンは何をするんだ?年賀状書き?って時代に、画像と音楽とシナリオとを組み合わせたコンテンツが創造され(マルチメディアコンテンツ=ゲーム。ネットが存在しない時代では音楽は音楽、文章は文章として消費されていた。それらを組み合わせるコンテンツはパソコンとネットの普及により常態化した)そのプロモーション映像が広く配信された。

音楽映像の配信事業が存在しなかった時代である(※この時代の後にAppleはネット配信会社と組みiTunesを創始して後のiPhone事業につなげることになる)。

違法ダウンロードが云々言われてた時代である。

海外の配信サイトが続々つぶされ、しかしネットにはろくなコンテンツがない。

そんな時代にPCゲーム界は高品位な音楽・映像を無料で配布し、膨大な消費者を獲得し、利用者を獲得し、日本の文化を根本から塗り替えてしまった

萌え文化はそのとき誕生したのだ(昔から似たものはありましたが、広く開陳し、たとえば痛車を作るなど、その時代以降のものである。

私ははじめてゲーム紹介映像を手に入れたとき、そのあまりの密度に驚き、いつものたまり場である古河モーターサイクルに持参してその衝撃を伝えずにいられなかった。再生したのは桃井はるこの恋のミルキーウェイである。

ミルミルミルキーウェイ みるみるうちに貴方 元気になって

 そうよ 世界平和・・」

全員ぽかんとしてた。口をあんぐりあけたまま「だから何?」と言ってた。

バイク乗りからはネット配信映像は否定されたのだ。しかしその時代をピークにモーターサイクル文化の凋落がはじまる。

隆盛を極めたレーサーレプリカ文化消滅後も、TW改の登場やビッグスクーター一般化など、延々続いてきたモーターサイクル文化である。世界4大メーカーの存在する日本である。ビッグレースで勝ち続けている日本である。バイクは若者文化の中に確固たる地位を占めていた。

それがかけらもなく消えた。桃井はるこの歌が押し流した。KOTOKOの歌が押し流した。海外の違法アップロードのコンテンツをiriaなんかでダウンロードしなくても、KOTOKOや桃井はるこの歌は安全に無償ダウンロードでき、おまけに品質も優秀だったのである)。

現在主流の多くの作家がその時代のPCゲーム界の出身だ。あるいは直の影響を受けている。現在の日本の若者文化のその本道をいっている。

-----------

それに匹敵する社会の変化をいままざまざと目撃している。

衝撃だ。日本は5年以内に新たな世界に突入する。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/losttechnology/20180604/1527641379