Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-04-28

アバターって傑作か? HACHIKO The dog story の方が良作

| 16:46 | アバターって傑作か? HACHIKO The dog story の方が良作 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク アバターって傑作か? HACHIKO The dog story の方が良作 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

見ました『アバター』。これ、世間的にはどう評価されてるんですかね? 大体わかりますがw コストがかかっていることは間違いない。何でもかんでも移動撮影方式だし。道具立ての派手さも目を引く。視聴者的にこうであってほしいところに予想していた道具が出てくる。で、それで終りってなんなんだw 自分が一番楽しめたのはブルドーザーが出てくるシーンでした。この部分は傑作。メッセージ性があるし意外性もある。しかし他の部分は、ファンタジックノベル系そのままではないでしょうか? これでは飛び出す絵本という評価を受けちゃうのも当然って気がします。

これに対して、HACHIKO(HACHI 約束の犬)は、期待もしてませんでしたがまさに傑作。面白い。犬の演技が素晴らしすぎる。最初は「米国映画なのに秋田犬ww」って思ったのですが、見ればわかる。これは絶対に秋田犬じゃなくちゃだめです。犬の動作もすべてCGで作っちまったってわけじゃない。実写です。なのでディズニーアニメアバターのような大根くささがないから素直に感情移入できます。数秒おきにハチの動作にその意味を認められる。まさか動物映画を見て感動してしまうなんて。

2010-04-17

いつの間にか剃刀が電動に? Gillette Fusion Power

| 14:31 | いつの間にか剃刀が電動に? Gillette Fusion Power - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク いつの間にか剃刀が電動に? Gillette Fusion Power - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

ジョイフル本田で980円だったので何の気無しに買ってきました。使おうとしてびっくり。電池が付いている。スイッチ入れるといきなり震えだす。なんだこれ新型じゃないですか外装同じなので気がつかなかったわ(※注 発売時期は数年前だったのですね知らなかった・・)。

言うまでもなく快適です。剃刀の歯は多い方が快適。でも直前の5枚刃と比較すると電動によるメリットはあまり感じられないかもですね。皮膚に押し当てると皮膚まで一緒に振動してるww あー細かい作業できないww

f:id:losttechnology:20100417141000j:image

2009-12-21

マンハッタンm451S 走行抵抗の少なさを確認(ARAYA MUDDY FOX MF26EXPと比較して)

| 23:43 | マンハッタンm451S 走行抵抗の少なさを確認(ARAYA MUDDY FOX MF26EXPと比較して) - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク マンハッタンm451S 走行抵抗の少なさを確認(ARAYA MUDDY FOX MF26EXPと比較して) - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

日曜日に時間をみつけて、1980年代のマウンテンバイク=ARAYA MUDDY FOX MF26EXPを復活させたかきやんと自転車で散歩に出かけました(当方の自転車はマンハッタンバイクm451S)。といっても近所の土手に出かけただけですが。とにかく寒かったので早めに撤収してしまったのです。すみません。

MUDDY FOXはわが国で最初にマスプロダクトされたマウンテンバイクであり、フレームはクロモリ、サスペンションはついていません。フロントには湾曲した鉄製のフォークがついています。古典的な構成ですね。シートチューブの左サイドにはエアポンプ取付用のフックがマウントされており、林道用というより旅行用車に近い感覚で作られています。ちなみに後輪用ブレーキは2本のチェーンの間に、チェーンステイ上にマウントされてるんですよ。この構造は謎です(非常に疑問。メンテナンスがめんどくさい)。

さて走行感の比較です。 MUDDY FOXの26インチホイールにはスリックタイヤを履かせていたのですが、なぜか重い。結構重い。あれこんなに重かったっけ? 時速20kmキープがせいぜいだなこれは。m451Sよりへたすると5kmくらい遅いぞこれ。自分もMTBにスリック履かせて北海道走ってきた経験があるのですが、そのときをちょっと思い出してしまいました。低圧タイヤで旅行するのって、これはちょっとした覚悟が必要だな・・

画像は栃木県小山市のオムライス専門店「ア ヴォートル サンテ」のデザートです。良質の卵を使ったプディングとさつまいものクレープですなのです。とってもおいしいのですよv クリスマスシーズンなので、ココアパウダーにメリークリスマスの文字が刻んであります。

【ア ヴォートル サンテ】 小山市土塔247-64大和ビル 0285-27-6936

f:id:losttechnology:20091220135000j:image

2009-09-27

ちょっと驚いた。ある種のバイク乗りの方の考え方。

| 01:09 | ちょっと驚いた。ある種のバイク乗りの方の考え方。 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク ちょっと驚いた。ある種のバイク乗りの方の考え方。 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

私個人のバイク選択の方針なのですが、

○安価に維持できて

○壊れにくく

○日常生活を豊かにしてくれる(買物等・・)

を重視してます。自転車だとちょっと遠いときとか。PC関連の買物など荷物の多いときとか。素晴らしいですよね! 年間の税金2000円以内で個人用の交通機関として十分な性能をもつ(125cc)。そりゃもちろん雨の日や寒いときは問題なのですが、そういう日は出かけなければいいわけで、要するに天気のよい日に日常生活で好ましい性能が発揮できればよいのです。

ところがある種の方々は違うようです。いままで日々をともにしていた故障もしてない自分のバイクを売りに出し、入れ替わりにハードルの高い壊れやすい珍品バイクを手に入れ、さわりまくったあげく維持不可能となりお蔵入りに。わからん。なぜ、毎日乗れる程度のよい乗り物を捨て去る必要があったのでしょうか(趣味の乗り物を入手しても、日常用途に前車を取っておいてもよい)。もしかしたらその人には二輪車は無くても済むものだったのではないでしょうか。

(自動車ほど)背伸びせず維持できるところがバイクの美点だったわけで、そりゃもちろん珍品を見せびらかすのは楽しいのでしょうが、本末転倒甚だしい。乗り物なのですから乗れなければ。そうでなければプラモデルと同じです。彼らはたとえばフィギュアオタを理解できないものとけなしますが、彼ら自身同じ穴に住む物であることを理解していない・・

losttechnologylosttechnology 2009/09/27 23:52 いやここで「あんたの車も壊れるだろ・・」ってカキコを期待してたんですが・・

ebiebi 2009/10/04 18:50 ( ^∀^)ゲラゲラあの方ね??
日頃の整備も忘れずに!!
本日!こけた・・・・_| ̄|○

losttechnologylosttechnology 2009/10/15 23:06 おっとっとえびちゃん身体は無事なのですか? バイクは?
毎週遠出してるなんて凄いですね。長距離の連発は十分ご注意を!!

2009-09-22

ちょっと驚いた。団塊の方々の感性。

| 01:13 | ちょっと驚いた。団塊の方々の感性。 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク ちょっと驚いた。団塊の方々の感性。 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

数日前に団塊の方々(市井の普通の方々)と同席する機会を得たのですが、驚かされました。彼らにとっては本当に新聞テレビがすべてなのだと。

我々サイドが「植村直己さんが」「なぜ北極圏に行っていたか」「北極圏でなにをしていたのか」本人と山に同行してた人の話を引用しても、本人の著書から文言を引用したとしても、まるで信用しない。普通ならぽんと膝を叩いて「なあるほど!」とのたまう筈なんだが・・

おそるべき先入観の固まり。しかも自分たちで話し合って自分たちの見方を補完することにつとめるなんて、呆れてものが言えない。こういう人々が投票活動してるのだなって、なんだかなあと。

ebiebi 2009/09/23 16:22 ほんと!呆れたね!?
では、股ね!

losttechnologylosttechnology 2009/09/24 18:56 ebiちゃんどうも!
彼等の意味不明な自信の理由がぜんぜんわかりません。自分は年金で山登ってても孫やひい孫が貧しくてゲーム漬けでも何の危機感も持たないし。わからん・・

2009-09-13

事実として他社さんの3倍

| 16:26 | 事実として他社さんの3倍 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 事実として他社さんの3倍 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

おおー。今回の指摘事項でやはり明らかになりましたね。

これを可能にしてるのは個人の力ですってば。

2009-08-10

水陸両用は男の夢

| 20:59 | 水陸両用は男の夢 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 水陸両用は男の夢 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

ひとり言です。

その昔、1986年。仙台に住んでいたとき、モーターサイクルの後ろにゴムボートを積んでツーリングに出かけたことがありました。行き先は北海道! 目的は摩周湖のカルデラ湖内で漕ぎまわること。水陸両用ツーリングの幕開けです。

そもそもなぜ摩周湖なのか? それは、この湖が孤立した水系を作っているからなのです。海とはまったく接続されていない。摩周湖から流れ出る河川はなく、海からのぼる魚や無脊椎動物はこの湖まで到達できません。それどころか人間も辿り着けない。周囲にそびえる100mあまりの崖は、人気を拒み、まともな道もなくてどこから入っていいのかさえわからない。ボートをこぐにはこの崖を頑張って降りる必要があります。ボートを背負って! 孤立水系を目指して! いやもちろん調査に出かけたわけではありませんが。冒険心をそそられるではありませんか!

そういうわけで。テントもストーブも鍋もすべて降ろして、着替えとシュラフとボートのみ積んで北海道に向かっちゃったわけですよ。思い出すたび胸が高まる。このとき北海道ツーリングは3回目(現在は20回以上)。その前の2回でだいたい走り尽くしちゃったんで、これ以上の楽しみはない?って心配だったんだけど、そんなの全然! ボートさえあれば大丈夫。そして無敵! 誰がこんな愚かしい遊びに夢中になるというのでしょうか?

当時私は大学院生。もちろん実験環境を放置していくわけにはいきません。とりあえずマウスの飼育環境を1週間分整え(単クローン抗体実験のためにマウスを飼育していた)、押しかけ予定の妹とその友達に日程の確認をし、出発の10日前には「何故か?」青年海外協力隊の試験を受け、出発前日には初自動車を購入したA君の襲撃を受けて月山に拉致されながらも、半熱帯夜の午後10時、XT250T“RUSHBOY”号は猛然と仙台市米が袋2丁目のアパートから飛び出したのです。

何で写真が残ってないんだろ?w 以下次号!