Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-05-22

TOYOTAがTESLAと組む。当たったんだからEBIちゃんおれにひれ伏しな。

| 04:03 | TOYOTAがTESLAと組む。当たったんだからEBIちゃんおれにひれ伏しな。 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク TOYOTAがTESLAと組む。当たったんだからEBIちゃんおれにひれ伏しな。 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

EVの将来性については、現時点ではまだ不透明であると最初に述べておきます。初期導入コストも(新車・中古車の価格)、インフラも信頼性も、EVはいまだガソリンエンジン車の足元にもおよんでいないのです。

それはさておいて。以下ニュースソース。

http://www.afpbb.com/article/economy/2728434/5783940

------------------------------------------------

【5月21日 AFPトヨタ自動車Toyota Motor)は21日、米電気自動車(EV)ベンチャーテスラ・モーターズ(Tesla Motors)に総額5000万ドル(約45億円)を出資し、EVと部品の共同開発・生産で業務提携すると発表した。両社が米カリフォルニア州パロアルト(Palo Alto)のテスラ本社で行った共同会見で明らかにした。

 テスラによると、同社はEVの生産拠点として、米カリフォルニア州フレモント(Fremont)にあるトヨタと米ゼネラルモーターズ(General Motors、GM)の旧合弁工場「NUMMI(ヌーミー)」の跡地を購入。同工場で、2012年をめどに、初の純EVセダン「S」の生産を開始する方針という。

 NUMMIは前年、GMが業務再編のため撤退し、今年に入って閉鎖されていた。(c)AFP

------------------------------------------------

だそうです。

米国的発想に基づけば、自分たちが出資したTESLAを簡単に潰すわけはないし、また、重要なパートナーであるTOYOTAを壊滅するまで追い込むわけもありません。EVの将来性がどうあるかはともかく、それらが組んでくれることで国民の誰もが納得し、三方一両損の関係でうまく収まる。日米関係は、自動車に限っていえば、これで円満に解決するのです。EVが果たして実際に定着するかどうか、また、EV先進国中国がこの後どう出るかはわかりませんが(中国ではすでに数百万台の電気自転車公道を走行している。彼らは長距離走行しないのでEVの距離制限に対する抵抗はない。またガソリンエンジン車の中古車市場も存在していないので新車購入に抵抗がない。国内もガスステーションの数が多くないので、今後の政策として充電ステーションの拡充等が容易である)。

日本ではたとえば、出光とセブンイレブンが組んで「EV充電フェア!!」などしない限り、ガソリンエンジンからEVへの代替は至極遅いペースで進むでしょう。あるいは一都六県が「高速道路EV無料!!」「都内パーキング無料開放!!」などすれば直ちにOKかもしれない。これらは社会的実験として、しかるべき時期に市場を巻き込んで一斉に実施する必要がある。実際にディーゼルエンジン車は10年もたたないうちに新基準に代替されたのだから(東京都内の空気はきれいになりましたね)、EVへの乗り換えは以外に簡単かもしれない。TESLAの市場もある。都内がガソリンエンジン車禁止となったら、フェラーリランボルギーニ乗ってた人々はTESLAに乗り換えるしかないのだ。もちろんGSや自動車整備業界は壊滅ですが。そこをうまく調整するためにも部分的に実験を通してデータを取っておく必要がある。TOYOTAは実はもっともっと出資してしまってもいいのだ。TOYOTA・TESLAmark2とかいってものすごいEVがハリウッドの連中の愛車になったら、それだけで米国のTOYOTAに対するイメージは極上のものとなる。

民主党政権はCO2削減といいながらこれらの提案は行なってはいませんね。彼らは必罰主義であり、禁止すればなんでもうまく行くと思っているような節がある。プロジェクト的な発想がないのだ。これじゃ未来への提言は無理だ。彼らの政策運営を見る限り、景気の改善は当分先のことである(つまり政権交代後)。自民党政権下では、数年前から燃料電池自動車の社会的実験が行われていたのだったが・・

EBIEBI 2010/05/22 12:58 ( ´皿`)ァハハハ歯・・・ひれ伏すもなにも!
EVはいまだガソリンエンジン車の足元にもおよんでいないのですが!!
まさに!SHOW・BIZ(*゜∀゜)ゞデシ!

早く!高級な酒飲ませてくれよ!!

losttechnologylosttechnology 2010/05/23 01:43 EBIちゃんお疲れ様でした。新しい酒場を開拓しましょう。
でも大宮以北では飛び入りでいい飲み屋ないんだよな・・・ったらありましたよ!
小山です。楽しみにしていてください。酒は極上ですよ。

2010-05-09

ホンダT360 排気系 たこ足(ノーマルです!)

| 06:39 | ホンダT360 排気系 たこ足(ノーマルです!) - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク ホンダT360 排気系 たこ足(ノーマルです!) - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

自動車ネタが続きます。古河モーターサイクルにて。ホンダ軽トラック・T360がレストアされていました。1963年に市販開始された前期型、いまから45年以上前の自動車です。

この車のエンジンは、ツインカムヘッドに4連キャブレターを備えるなど、スポーツモデルに近い設計がなされているのですが、驚かされるのは排気系。標準でこれ。たこ足です。さすがに当時毎分9000回転を許容しただけのことはある。外見はただの軽トラなのですが、一皮剥くと全然違うのです。

「いったい何と比較して違うというのか?」アメ車ですw 米国車は、1990年代のモデルですらエキパイは鋳物、しかも排気口を横向きに直に繋いだだけのものです。見た瞬間笑っちゃいましたからね。効率なんてあまり考えられていない。しかし日本車1960年代においてこれなのだ。ハルバースタムの『覇者の驕り』では、米国人太平洋の対岸に自国とは異なる自動車文明を発見して驚くくだりが面白いのですが(当時の日本は未舗装路が多かったがゆえに、自動車自体の精度・信頼性はより強く求められた。1970年代に日本車をラリーに持ち込んだら大成功。未舗装路上の競技であるゆえに日本車には絶好の舞台となった)、それをリアルに確かめられた感じです。

f:id:losttechnology:20100508170200j:image

2010-05-08

米エネルギー省キッズページ ティンカーベル大活躍2

| 01:13 | 米エネルギー省キッズページ ティンカーベル大活躍2 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 米エネルギー省キッズページ ティンカーベル大活躍2 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

数年前から、米国ではEV開発ブームが巻き起こり、ガソリンエンジン車にも匹敵する超高級エレクトリックスポーツカー“Tesla Roadster”の市販等が行われたりしているのですが、実はその影には、私こと金原克範の米国における普及啓発活動があるのでした(←まじかww)。

2005年、社団法人科学技術と経済の会では、米国におけるエネルギー教育の現状を探るために、調査スタッフを厳選し、そのメンバーの一人として当方は米国エネルギー省を訪問、インタビューの収録等行いました。インタビューでは、日本人代表者のスタンスから、わが国ではエネルギー教育が遅れているとの立場で会話が進められたのですが、教材開発者である私には遅れているという意識はなかった。日本のエネルギー教育は他国より進んでいる。開発技術も進んでいる(当時)。なのにそれらを無視して一方的に海外を崇める。なんでも下手にでればいいと思うようなイエロー根性は大嫌いだ(怒)。なので、主メンバーのインタビュー後に“日本ではいま、こんなにやっちゃってるんですよ”の意味合いを込めて、DOE(U.S. Department of Energy エネルギー省)のメンバーを相手に、JST教材『理科ねっとわーく』の当方開発の部分を提示したわけです。

◎木炭自動車

http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0170b/contents/02/10/index.html

◎バイオディーゼル自動車

http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0170b/contents/02/17/index.html

燃料電池自動車

http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0170b/contents/02/24/index.html

※なおこれらの収録は教材開発時の提案内容とは無関係に金原個人により進められました。お金は当然でちゃいます! しかし関係ない。レベルアップにつとめたいからです。

※また燃料電池自動車のレンタルは日産からなされましたが、先方の最初の窓口となったのは、当方の小学校時代の同級生でした。学校帰りに毎日『人造人間キカイダーごっこ』をしていた間柄です。キカイダーは、ご存知のとおりモーターショー出展車(サイドカー)が主役を張った番組なのですが、その遊びの延長として、燃料電池自動車の収録の話が進められた。遊びの勝利です。小学校時代に四谷大塚ばっか通ってたらこういう話はできなかったでしょう。遊ばないと子供たちはだめになってしまいます。

米国においてはこれらの事例は衝撃だったでしょう。その後、別の大学を訪問して、バイオディーゼル燃料の当該地域での開発者と話をすることがあったのですが、その地点ではバイオディーゼルはいまだ家庭用の実験事例でしかないものが、日本では実際にトラック輸送に大活躍している。その実例を示したら、本気で目を丸くしていました。また燃料電池自動車は大メーカーにより都市部で重点的に調査研究がなされている(※当時)。民間の自動車整備学校でも木炭自動車の開発がなされている。これを見ると日本は開発マニアックです。あちら側のなにかに火がついてしまうのも当然でしょう。

TESLA社(Tesla Motor Inc.)には、2009年に米国エネルギー省から500億円近くもの融資がなされています。つまり米国は本気です。ああ。引金ひいちゃったww 突如として米国に降って沸いたようなEVブームですが、実はこのような裏話があったのですね。ちゃんちゃん。

さてキッズページです。無味乾燥な教材が喜ばれるわが国と違って、米国ではディズニーアニメのキャラクターがDOEでも使われています。こういうやり方はきちんと評価されるべきです。それにしても変なシーンはあるよな。ハイタッチww なんだやっぱ変かもww

米国エネルギー省 キッズページ

http://www.eere.energy.gov/kids/

米国エネルギー省 キッズページ内 ディズニーアニメ

http://www.eere.energy.gov/kids/tvads.html

2010-03-27

Mr.ビーン登場の三輪車 Reliant Regalのエンジン

| 02:34 | Mr.ビーン登場の三輪車 Reliant Regalのエンジン - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク Mr.ビーン登場の三輪車 Reliant Regalのエンジン - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

古河モーターサイクルにてリライアント・リーガルの修理が行われていました。Mr.ビーンに登場するおんぼろ三輪車です。フレームまで錆だらけだったのにいつの間にかご立派に。今日はエンジンの試運転がされていました。

この機種では前輪が1輪しかなく、エンジンはその後方に位置するため、室内への突出が多く、運転手に干渉しないように左にオフセットされ据え付けられています。前輪1輪にしてもこれでは室内が狭くなってしまい空間的に意味がない。どうやら英国の税制にあわせて税金対策でできた車種みたいですが、それにしても不思議な構造だ。そこまでして節税にはげむ必要はあったのだろうか?

f:id:losttechnology:20100326160900j:image

2009-12-07

四輪独立懸架 スバルR2後輪まわり

| 23:49 | 四輪独立懸架 スバルR2後輪まわり - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 四輪独立懸架 スバルR2後輪まわり - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

コスト度外視。大衆需要を支える軽自動車なのに、上級車と同様きちんとした作りこみがなされている。それが富士重工業製の軽たちの魅力だったわけですが、そのおかげでかえって益が出なかったのでしょうか? 同社はもうすぐ軽自動車製造から撤退すると言われています。寂しくなりますね。画像はタイヤ交換の最中のスバルR2の後輪まわりです。

四輪ストラットの独立懸架をおごられた軽自動車なんてこの先出てきませんよ。スバルが軽から撤退したら。そういう意味でこれは近いうちに失われてしまう技術といえます。残す方法は・・多分無理だろうな。コスト最重視のトヨタさんでは、上級車のエスティマさえ後輪はトーションビーム式サスペンションなのですから。でもこういう「こだわり」の部分にこそ「日本」が存在するのだと思ってしまうのですけどね。

f:id:losttechnology:20091207153001j:image

2009-11-21

フォード1200svエンジン

| 16:36 | フォード1200svエンジン - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク フォード1200svエンジン - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

フォード1200サイドバルブ。KMCでOHしてました。およそ60年前のエンジンです。ひとつの気筒あたり300ccなのでバイクのエンジンに近い大きさですね。鋳鉄製。水冷です。バルブガイドがなんと縦割り(2個のパーツがバルブの軸をはさんでる)。それをヘッド?に圧入して固定しています。この構造ではやはり有鉛ガソリンが必須なのでしょうか?

「スリーブはないのですか?」「あれはある方が珍しいの」ひとつ勉強になってしまいました。

f:id:losttechnology:20091121151600j:image

2009-07-07

バックランプ修理

| 22:43 | バックランプ修理 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク バックランプ修理 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

バックランプを破壊してしまったので修理しました。ジョイフル本田で580円。汎用部品で合致するのあってよかった。

その後調べてみましたが、これ、トラックの電飾で使う“マーカーランプ”という商品みたいですね。緑や黄など、ウインカーにも使わない色のランプも並んでいて「なにこれ?」って思ったのですが、そういうわけだったのです。ジョイフル本田に売っていてDSやイエローハットにはなかったんですが、顧客層が異なったのですね。成る程。

1個だけ買ってきてバックランプの代わりに使用です。ちょっとだけトラック野郎気分です。

f:id:losttechnology:20090707175700j:image