Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-06-26

金原克範式ナスカカレー

| 20:17 | 金原克範式ナスカカレー - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 金原克範式ナスカカレー - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

夏です!ナス科の野菜の盛りです。いまがんがんに成長してきてますね。いきなり生えてきました。その“いきなり”感はまるで季語のようです。季節感が消失してしまった日本の食卓のなかで、ナス科の野菜は、都心の花火にも近い夏の風物詩と言えるのではないでしょうか。

それにしても魅力的だ。ナスもうまいピーマンもうまいトマトもうまいのです。これは一緒に調理するしかありませんね! あっさり下味をつけて、フライパンに入れて加熱してみましょう。

ナスを先に入れ、油をまわし、水を入れずに炒めます。肉の代わりに厚揚げを一丁(←重要。もちろん肉も合いますが。どちらかというとこれは大豆の代用です)。残りの野菜を投入。塩胡椒と唐辛子とS&Bのカレー粉で味付け。ナスに火が通り、トマトの水気が厚揚げにまで達したなら完成です。できあがりのルックスはこんな感じ(画像)。

食べてみましょう。これはうまい! 濃厚な味で飯がいくらでも食えちゃいます。もちろん酒の肴にもなります。栄養が水の中に逃げてないので、素材の味が残り、あてとしてつまむのにも適しています。ていうかこれ、ほとんどサラダですww

足りないもの? 漬物w それと乳製品ですね。これらが組み合わされたら完成でしょう。それにしてもカレーと漬物ってなぜ合うのでしょうか? 不思議だ。これは文学的解決が要求される水準での不思議さ。

f:id:losttechnology:20100626193500j:image

2010-06-25

バック・トゥ・ザ・フューチャー 20年前の家庭用健康器具は「ぶら下がり健康器」だった

| 19:34 | バック・トゥ・ザ・フューチャー 20年前の家庭用健康器具は「ぶら下がり健康器」だった - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク バック・トゥ・ザ・フューチャー 20年前の家庭用健康器具は「ぶら下がり健康器」だった - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

本格的に腰がやばいです。生活に支障の出るレベル。ちょっと頑張りすぎた。これ、たとえば机にしがみついて勉強してきた中国人留学生(文弱の徒)がいきなり日本に来てやらされたら、我が国に未来永劫消えることのない恨みを抱くレベルですね。日本人働きすぎ※儲けているというわけではありません。単調労働が好きすぎ。視覚的にとらえられる単調労働のみを評価する傾向にある。「こんなに苦労しているのに」いやそれ、もうちょっと簡略化できる筈なんだけど・・

当方はこれらの作業を主体的に行っていますが、これらをもし、民間人がいきなり強制されるとしたら、拷問です。中国における文化大革命ポル・ポト政権のやり方はそれでしたね。あほくさい。まさに田舎者特有の発想です(「他人を巻き込みたい」)。共産主義東欧東アジアで発達したのは、そこが土田舎だったからです。経済的に立ち遅れていたから。人類補完計画wは、具体的な個人を想定せず、ありえない対象「人類」を取り上げましたが、まさに一緒w 人々は顔と名前を奪われ、抽象化された個体である中国人カンボジア人となるのです。うわやだw 日本でもそういう発想を評価する人々がいますが、自分はちょっと耐えられないw 当時の中国農村の生産性は当時の日本の50分の1でした。何がしたかったんだww 赤い発想は理解不能。

さて、農場における現場作業は、常に最適化されているわけではありません。驚いたのですが、せっかく耕運機を用いて土壌を団粒化したのに、その後の作業で平気でその上を歩いてしまい、踏み固める人もいたのです。スコップ使用時の負荷は3倍程度上昇します。ありえない。何をしているんだ。道具を切り替える工夫もない。これで苦労を語るなんて間が抜けています。高等教育は必要。しかし彼等は苦労をレジャーのように語るのでついていけない。苦労とレジャー、どっちを押し付けるかw 人類補完計画の正体が見えてきましたねw あるいは田舎と都会の違いとも言えますが・・

話替わって。

ぶら下がり健康器はほしいですね。田舎にはほしい。腰を伸ばすのに必要。かつてあれほど普及していたのにすっかり消滅しています。それはこれが肉体労働者を相手とした健康器具だから。現在の健康器具の主流はエアロバイクです。非肉体労働者相手のものですね。歩けよw 

twiggytwiggy 2010/06/25 22:03 私も母の腰痛改善にぶら下がり健康器を買おうとしましたが、部屋にモノが増えるのは嫌だと却下されました。
腰痛治療の方が大事でしょうが(笑)。

倒産ネタ、すごく面白かったので再開を楽しみにしています!

losttechnologylosttechnology 2010/06/26 20:29 twiggy様お世話になっております。
お母様の台詞は正しいかも。だって部屋にもの増えちゃったら大変ですよ! 増やすのは簡単ですが、減らすのはなぜか苦労します。これこそ資本主義の回転する原理ですよねw
理想的には、風呂場や廊下に体重を支持できるハンガーが事前に設定されていればいいのですが(棒一本わたすだけでぶら下がり)。
倒産事例近いうち再開させていただきます。よろしくお願いいたします。

twiggytwiggy 2010/06/26 22:16 お返事ありがとうございます^^
そっか〜廊下に棒一本、横渡しにしてあれば良かったんですね。
家を建てる時に、設置しておけば良かった!もう少し早く知っていれば(笑)^^;
後付けだと、ぶら下がっている時にボコッ!っと落ちてきたら怖いですから・・・。
実家はスペースはたくさんあるので、ぶら下がり健康器を購入するのが一番良さそうです。
でも、モノが溢れないように気をつけないといけませんね。

twiggytwiggy 2010/06/26 22:17 書き忘れましたが、倒産事例、楽しみにしています。

losttechnologylosttechnology 2010/06/27 21:08 twiggy様お世話になっております。
倒産事例ですが、ぜひ再開したく考えていますが、間一回おかせていただきたく、よろしくお願いいたします(※日本農業との関係があるため。日本の専業農家の8割は高齢者中心のため今後10年以内に消失する。産業構造の激変が予想されるが、具体的な対策はゼロである・・)。

twiggytwiggy 2010/06/28 16:45 倒産事例は、いつでもいいですよ〜。
あくまで余興?ですから^^;

農業の問題のほうが重要ですね。

2010-06-24

スーパーオータニ毎週木曜パックアイス半額

| 20:58 | スーパーオータニ毎週木曜パックアイス半額 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク スーパーオータニ毎週木曜パックアイス半額 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

メモです。スーパーオータニでは毎週木曜日、箱入りアイス(395円、315円のもの)半額です。うーん安い・・

どれだけ効果的に買えるかというと、ホームランバー10本157.5円、DOLEフルーツバー16本同じく157.5円です。焼鳥サイズのミニバーですがw でも溶けにくいので(1本ずつ取り出せるので)つまみにはOK。どちらかというとウイスキーに合いますね。水っぽくなっちゃうのでビールには難しいかも。

日本以外の他国では労働階級ごとに飲む酒が異なるのですが、米国ではそれが特に厳しく、肉体労働者はビールと決まっています(純資産運用者はワイン)。今日みたいな日はわかるのですが、この区分て労働で流す汗の量と相関するのですね。喉渇くからビールw アイスもそれに似てる。とりあえず暑いときは食わなくちゃいられない。あるだけうれしい。どんなおやつよりいい。アルコールの濃度と乳脂肪分の濃度は直に比例しています。氷菓あるいはラクトアイスのほうがうれしいのだ(アイスクリームより)。農作業後のレディボーデン。それこそ、味とか以前にしつこすぎて3日も食えずにギブアップ状態です。

ぺんぎんぺんぎん 2010/06/25 10:12 てことは〜、夏キャンの肴はカキ氷?____
。。抹茶ミルクでお願いします。。発泡酒階級のお願い(笑)

losttechnologylosttechnology 2010/06/25 19:47 ぺんぎん様お世話になっております。
肴は、ばななチップですwww まあアイスは屋外では溶けちゃうので。発泡酒に合わせるにには漬物とスイカですかねえ。多分野菜がおいしい。野菜でいきたく思います。
よろしくお願いいたします。

2010-06-23

農家の腰はなぜ曲がっているか?

| 20:25 | 農家の腰はなぜ曲がっているか? - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 農家の腰はなぜ曲がっているか? - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

あまりに腰が痛いのでまいりました。筋肉痛ではあります。しかし想定外。これまで使いもしなかった筋肉の痛みなのです。

具体的には「中耕時に土を寄せるときに使用する筋肉」。両足で内側に土を引き寄せる。ある程度重みのある土を。少なくともサッカーボールより質量のあるものを掻き寄せる作業を行うのです。量が少なければ問題はない。昨日は何レーンもあった。普段使わない筋肉・それも人間の骨格から負荷が想定されていない筋肉に負荷をかける。驚いたのは目が覚めてからです。腰が伸びない。ニュージーランドの大平原を駆けて問題なく稼働した腰がフリーズしたように固着していたのです。

笑っちゃいましたねこれ自分で。痛くなる場所も絵に描いたようだ。シップ薬の表面で例示してあるその部分に直撃です。ピンポイント。こりゃ作業的に骨格的に不可避のポイントですね。大臀筋の1/10程度のサイズしかないのに等分の負荷をかける。こんなの延々使っているのかよ。対策にはもちろん中耕作業の効率化です。重いものを持ち上げるのはよくてもこれだけはだめだ。手法をなんとか改善しなくては・・

2010-06-20

国際結婚 山形県農家に嫁いだ韓国人花嫁の成功事例について⇒駅弁甲子園に変更

| 08:03 | 国際結婚 山形県農家に嫁いだ韓国人花嫁の成功事例について⇒駅弁甲子園に変更 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 国際結婚 山形県農家に嫁いだ韓国人花嫁の成功事例について⇒駅弁甲子園に変更 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

昨日のFIFAワールドカップ日本対オランダはいい試合でしたね。結果は1−0で負けてしまいましたが。正直、あそこまで対抗できるとは思ってもいませんでした。すごいすごい。選手および岡田監督、どうもありがとうございます。

さて、当方、当初チャンネルを間違えてしまい(←テレビの使い方がよくわかっていない)途中まで「ワンダーワンダー」めざせ!駅弁日本一[旅情編]試聴していました。日本各地から集められた駅弁甲子園バックグラウンドのレポートです。新幹線開通による顧客の減少で存続の危機に直面し、80年間続いた先祖の伝統(幕ノ内弁当)かなぐり捨て、新作「赤ワイン豚ステーキ弁当」を持ち込んでベスト10への進出を決める鹿児島代表と、田舎の食材を活かしたい、四国にも都会の人々に来てほしいとの願いを込めて、田畑からひとつひとつの食材を調達して工夫を凝らす高知代表。両者の対比は物語的にも素晴らしかった。双方とも誠実さ、味の追究の姿勢は問題ない。テレビの主役を張るだけのものであった。後者にあったのはセンチメンタリズムだった。田舎のロマンなど厳然たる競合世界では通用しないことを突き付けられる。結果として負けてしまう。大量に集められた地元の食材は、残らず廃棄されてしまうのです。

弁当自身の水準では負けていないと思う。視覚的にも里芋等超うまそうだった。しかし、5年前の惨敗から必勝を期し、両親を隠居に追い込んで仕事人として取り組む鹿児島代表の熱意に勝るものはなかった。顔も違う。鹿児島代表は勝負する顔だ。高知代表の顔は5年前の鹿児島代表の表情であった。甘さが残っていた。まあ編集でどうともなる部分ですが。涙を流し、今後の雪辱が期待される構造で話をまとめるなど、さすがにプロの仕事っぷりは素晴らしいなと思わされましたね。

農作業の話をするつもりでしたが、ずれちゃったので次回です。

f:id:losttechnology:20100619182200j:image

2010-06-19

梅雨入り。降り過ぎだろ1週間続くぞこれ。

| 04:53 | 梅雨入り。降り過ぎだろ1週間続くぞこれ。 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 梅雨入り。降り過ぎだろ1週間続くぞこれ。 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

雨です。これは相当続くな。いままでが天気良すぎたんだけど。野菜の被害がありそうですが、うちではトマトもナスも10本程度しか植えなかったのでした なんだこのやる気のなさww でも春野菜(ブロッコリー等)もうちょっと早めに始末しててもよかったな。夏野菜ってやっぱり美味しいですよね?

残念なこと。この雨でコンクリ打てねえ。ていうか自分で基礎やるのって難しいんでしょうか? 見積とったら結構な値段だったんだよね。痛すぎ。直に出ません。こねて撒く程度だったら自分でやりたいんだよなあ(都市経済なら丸投げもありだが、現金収入が限られている中では痛すぎる)。

※このあと晴れました! 1週間連続雨は日本気象協会のおどしでした。でもいつ降るのかはわからない。うーん。コンクリート・・

f:id:losttechnology:20100619045358j:image

2010-06-13

大根の収穫

| 20:54 | 大根の収穫 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 大根の収穫 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

梅雨入り前に大根の収穫を行っています。野菜は一般的にそうなのですが、根菜類は特にみな雨に弱いのです。早速自分の分を取り出して大根おろしに(しらす干し必須ですね)。

それにしても関東でこの時期にいい大根が取れるんだなあと思っていたら、両親から“秘技”を教わっちゃいました。この技術は肥料農薬に関係するものではありません。しかし考えるものだな。企業秘に関するものなので書けませんが、農民は農民自身の試行なり実験なりをしているということです。

追記。

百姓やって驚いたことがひとつ。現金収入は茨の道だな。都市生活的な楽しみは根底から捨てなければならない。たとえば街中に飲みに出かけるとか。野菜の自給自足自炊)と屋外での金のかからないスポーツ(自転車・カヌー等)が限られた楽しみなのだ。他のものはみんな贅沢品です(現金との交換を要するものはすべて)。こりゃあ禅坊主的な節制を要求するな。足りないものはお酒です。発酵タンク用意するだけで製造は可能とは思いますが。夏じゃ無理なんだよな。冬まで待つか。あー酒作りしてえw もちろん酒税法に触れない範囲の、アルコール度数1%未満のお酒です。これなら無問題。でも、糖濃度調整に失敗して濃度5%くらいになっちゃったらどうしましょう?ww

f:id:losttechnology:20100613180700j:image