Hatena::ブログ(Diary)

ロストテクノロジ研究会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-05-18

いい加減すぎる海外旅行ガイドブックたち。このままでは若者の海外旅行者数の増加は無理かも。

| 23:48 | いい加減すぎる海外旅行ガイドブックたち。このままでは若者の海外旅行者数の増加は無理かも。 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク いい加減すぎる海外旅行ガイドブックたち。このままでは若者の海外旅行者数の増加は無理かも。 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

前日の続きです。

書店に向かい、海外旅行ガイドブックを手にしてみました。「地球の歩き方」や「るるぶ情報版 海外シリーズ」などです。驚きました。なんなんですかこれら。内容スカスカwww

本の中身のおよそ7割が、ホテル・レストランガイドとなっている。他のページは買い物・食い物・エステの紹介。それでおわっている。酷すぎる。アジア地域なんて現地のショッピング情報しか記載されてないものばっかりです。

その国の魅力、文化的背景、観光地の由来などは、どこへ行ったのでしょうか?? ほとんど取り上げられていません。これで観光案内と言えるのでしょうか?

本を手にしても得るものがないのです。私は購入をあきらめた。これらのガイドブックは全て1500円程度の価格がつけられている。1500円は大金です。この額を出せば立派なハードカバーが購入できてしまう。野菜の育て方や映像制作の教科書なども購入できてしまうのです。それらは全ページ読める。すき間なく情報を吸収できる。しかし「地球の歩き方」や「るるぶ情報版 海外シリーズ」などを購入しても全ページ読めるわけではない。焦点は部分的にしか結ばれない。膨大なホテル群が記載されていても、宿泊できるのはわずか数ヶ所のみ。膨大なレストランについてもそれは同じ。数ページ破り取ってポケットに突っ込んでしまえばガイドブックとして用が足りてしまう。これならパンフレットで十分だ。大部である必要はない。なのに「地球の歩き方」では、ページ数はおよそ500ページにもおよび、それなりの価格がつけられているのです。

いったい人は、なぜ海外に出向くのでしょう? わが国とは異なる文化に触れるためです。あるいは異なる自然に触れるため、異なる生物に触れるためと言ってもいいでしょう(ホェール・ウォッチング等)。メディアから情報を得ていただけではわからない、その国の事実に触れるためですね。私はそう思っていた。そのために本を買おうとした。しかしこれらのガイドブックは、文化的背景などの記述はほとんど行っていない。代わりにエステの紹介。これは日本でも可能ですね。代わりに買い物の紹介。これも通販で十分です。この手の目的なら読者はわざわざ海外まで出向く必要はない。日本国内にいたほうが快適だ。それと同じことをしようとするなら、航空運賃が必要とされるだけ余計に割高についてしまう。5万円出してベトナムの屋台で100円のフォーを食べるのであれば、日本国内で3000円のコース料理を食べたほうがマシであるし、露店で安物のTシャツを買うのであれば、メイドインジャパンのブランド品を買いますよ。それでも海外に向かうのは、食い物・買い物以外の情報が存在しているからだ。その情報とはいったい何なのか? その情報を伝えるためにこそ、ガイドブックは存在しているのではないか?

これらのガイドブック群は、すべて、前日の分類ではc)双曲線誌(紙)に該当するものでした。膨大なページ数をほこり、重く、しかし実際に使えるページ数は20ページくらいしか存在しない。焦点を結ぶのは数箇所のみ。他のページは棄却される。それが読み捨てされる雑誌群=双曲線誌の特徴である。帰宅してからもゴミ箱に直行です。加えて言えばこれらを読んでも現地通になれるわけじゃない。「カーセンサー」を読んでも自動車通になれないように、「an」を読んでも職業に通じられるわけじゃないように、「地球の歩き方」を読んでも現地の情報は手に入れられないと言ってもよい。なのにこれらの書籍は1500円もする。これも不思議だ。「カーセンサー」や「an」なら300円で済んでしまう情報に1500円も払うのだ。これを作っている出版社は丸儲けですね。もちろん、出先が海外であるから制作に金がかかることは承知している。1500円は妥当な値段なのだ。しかし読者の得る情報は300円程度のものでしかない。この差が笑えるw 私たちは「カーセンサー」に該当する書籍を持って海外に向かう。そして記載にしたがって行動を行う。これじゃあ白痴だ。外人に笑われるわけだw 驚くべきことに、書店に存在する10種類以上の海外ガイドブックは全て同じ構成で制作されている。差異はない。金太郎飴状態。これらを作っているチームは実はどれも同じではないか? 「ベトナム」と言えば「このひとたち!」という感じで、全く同じツーリスト群がこぞって制作に参加しているのではないか。そのひとたちのレベルは実は驚くほど低いのではないか? 露店で飯を食い、Tシャツを買い、エステに通い、それらの生活をそのままガイドブックにしただけではないか?

これらのガイドブックが、多くの読者に海外旅行の魅力を伝えるベースになっていない事実に、旅行業界はそろそろ気付いてもいいのではないかと思います。自動車を購入する場合だって、「カーセンサー」を読む前に「driver」や「CAR GRAPHIC」を読んでいるわけでしょう? 自動車の魅力を伝える雑誌があるから、読者は自動車を買うわけでしょう? 「driver」や「CAR GRAPHIC」は、読者の書棚に常備されてるでしょう? これらを繰り返し読むことで購入への意図が醸成されていく。世界への旅行だってそうだ。いまの「地球の歩き方」が書棚に常備されると思いますか? ニッセンのカタログが、「カーセンサー」が、書棚に常備されると思いますか? それはあり得ない。双曲線誌は焦点を一箇所にしか結ばない。結果として一読したあとは捨てられるだけである。汗のしみ込んだTシャツを捨てるように、読者はためらいなくそれらを捨てる。朝刊にはさまれたカラー広告を最初に取り出してゴミ箱に突っ込んでしまうように。

もし旅行業界が、新規旅行者を、特に若者を、海外に駆り立てたいのなら、これらのガイドブックの編集方針をすっかり改めることが必要です。「カーセンサー」的な編集方針をあきらめ、手間のかかる、すべてに目を通せる、読んでわくわくし、すぐさま旅に出たくなる、内容の充実した手のかかる編集方針に改めることが必要なのです。

2010-05-15

桐生市 路地の街

| 00:24 | 桐生市 路地の街 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 桐生市 路地の街 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

人一人が通れるだけの広さの道路、板塀、石畳、出前用のカブ、岡持ち用キャリア・・

昭和の香り満載です。このまま、当時の状態のまま保存することができたら面白いのですが。

難しいでしょう。街をながめてみても、パーキングのある商業区域だけ例外的に発展している。写真の区域は観光客専用のゾーンです。

なぜわかるのかって? いや、食い物がその・・

f:id:losttechnology:20100509142300j:image

2010-05-13

事前に鳴らす非常ベル ボイストラベルメイトVTM-15

| 21:43 | 事前に鳴らす非常ベル ボイストラベルメイトVTM-15 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 事前に鳴らす非常ベル ボイストラベルメイトVTM-15 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

これ、翻訳機じゃないですね。会話目的では多分使えない。そっちの目的なら旧式の辞書をめくっていたほうが早い。しかし実用性は皆無というわけではない。かえってこれがあるために助かるシーンは多いのかもしれない。メイドインチャイナの“携帯音声翻訳機”ボイストラベルメイトVTM-15。15ヶ国語でそれぞれ700の例文を収蔵した会話補助ツールです。今日、いまさっき入手しました。

こいつのいいところは(?)例文として危機的な状況しか想定していないところです。シチュエーションが全部やばすぎ。まるで非常ベル。自分の力ではどうにもならない、叫ばざるを得ない場面ばかり取り上げている。

曰く「パスポートをなくしました」「あっちに行ってください!」「向こうに行かないと警察を呼びますよ」「電話が壊れています」「トイレットペーパーがありません」「すみませんここはどこですか?」・・

不躾にもほどがあります。しかし、誠意をもって聞いてくれるひとがすぐそばにいるなら、これらの文章を発話する必要はない。そういうひとが周囲にいないから、あえてこいつで語らざるを得ない。この機械は、最後の最後で「ヘルプミー」と叫ばないための緊急ツールである。そうとわかれば例文が厳選してあるのにも納得できます。やばいときは、これを片手でもちあげて、音声再生を繰り返せばいいのですよ。

収蔵言語が15ヶ国語にものぼるところもポイントでした。ロシア語スペイン語タイ語ベトナム語が入ってる。こういうツールは英語や漢字が使えない国でこそ使いたいし。その手の場所で非常ベルを鳴らす前に、この機械が語るのであればありがたい。

しかし実物を見て驚いた。中国製品ってちゃちいんだな! 表面はぺらぺらのプラスチック。電池の出し入れ部分の耐久性も疑問です。品質は500円程度のおもちゃレベルなのだ。価格対性能で考えれば、こいつってせいぜい3000円台がMAXでしょう。

iPodみたいなプレイヤーに、スピーカーと録音機能とラジオと辞書と音声合成のせちゃったものなら、私は即日ほしいです(でもそれじゃ昨日紹介したiPhone+ソフトか)。でもこの手のメカって作るの簡単だと思うんだよね。メーカーに負担はかからない。辞書も例文も増やすの簡単。すでに辞書のソフトは山ほど存在しているし。プレイヤーに組み込む手間もたいしたことない。せいぜい内蔵するチップが1個増える程度です。それで売りが増えるのなら作りましょうよ。MP3プレイヤーひとつで、言語的に世界の半球がカバーできるのなら、便利だし海外旅行者はお守り代わりに購入しちゃうと思うんだけど。

1980年代に、ウォークマンステレオの機能を限定して音質重視で成長してきたのとは反対に、現在はiPhoneが機能追加の余地を残して多目的を売りに成長してきてるんだから、辞書なんて、音楽配信と同様にネットからダウンロードさせればいいんだから、日本の開発者も、もうちょっと視野を広くして商品作ってほしいと思うのですね。いまのままではもったいない。購入する機械が増えても、配線ばっかり増えちゃって旅先でトラブルのもとになっちゃってる。増やすのはソフトだけに限定し、ハードは共用する方向でお願いしたいと。

それにしても思うのです。あーロシア語スペイン語中国語タイ語ベトナム語の自動翻訳機ほしいわ。出たら絶対買っちゃう。いまさらそっちの言語なんてマスターする気起こらないもんね。残りの人生ぜんぶ費やしても英語レベルには絶対達しないし。でもコミュニケーションできるのなら乗り込んでがんがん話したいと思う。世界の半分を無視するなんてもったいない。そう、努力せず会話できるのなら、それに越したことないんだってばww

f:id:losttechnology:20100513205000j:image

2010-05-10

桐生市 うどん屋鳴神屋 閉店

| 23:03 | 桐生市 うどん屋鳴神屋 閉店 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 桐生市 うどん屋鳴神屋 閉店 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

格安で激うまとの評判を聞いてやってきたのですが、すでに廃業なされていました。残念です。高齢化地域(限界集落)だったので止むをえなかったのでしょうか。自動車使えれば都市部まですぐって環境なのですが。

街中の自動車は減らすべきですが。地方では自動車を活用できないかぎり、もうこれどうしようもない。生活が成り立たない。しかし相互に移動しようとしても、街中付近の意味のない渋滞で時間を取られ、10分ですむ作業に半日とられる。いい解決方法ないですかねえ・・

f:id:losttechnology:20100509133400j:image

2010-05-01

栃木市内 巴波川上のこいのぼり

| 22:45 | 栃木市内 巴波川上のこいのぼり - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 栃木市内 巴波川上のこいのぼり - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

春の連休です。栃木市内を流れる巴波川には、いま盛大にこいのぼりが舞っています。

この川には10万もの鯉が生息しており、餌を買って投げ入れると大量に群れてやってきます。水面からみてみると、頭上もコイ、眼下も鯉。これは素晴らしい演出だわ。観光にきた皆様もみな楽しそうにしていました。

栃木市内には、ベニスのように物流に使われた水路が縦横にはりめぐらされており、その中を、竿を使って観光用の和船が往来しています。これも素敵ですね。他の水運の街、たとえば東京では、水路は暗渠になっちゃってますw なんてもったいない。これをきれいなまま維持できていれば、東京のイメージも別のものになっていたはずです。観光都市になっていたはずです。川沿いで行われる花火大会であれだけ盛り上がるのですから。それに加えて風情を感じられる水路が残っていたとしたら、東京という街の変化も、もうちょっと落ち着いたものとなっていたのではないでしょうか(+海外からの観光客にも、美しい都市として大いに勧められるものとなっていたと思う。観光収入を馬鹿にしてはならない。海外からの来訪客は、結局東京を通るしかないのだから。東京が美しくて損をすることなどひとつもない)。

観光船では、船頭さんは普通の格好でした。ナレーションもあまりこなれた感じではなかった。ちょっともったいないですね。もしかしたら純粋な和装を気取ってもよい。江戸時代そのままのスタイルでもよいのではないでしょうか? 衣装代などたいしてかかりません。演出の費用も安くてすむ。しかし、観光用の効果は思いのほかあるのです。船頭さんはおじいさんですが、ケースによっては街の娘さんを使ってみてもよい。華々しさが増して、雰囲気も素敵になります。お客さんは喜びますw そのときには、時期によって、未来の火星を舞台とした某船頭マンガのコスプレをしてみてもいけそうですね。どうせいまは実用性は関係ないのだから、観光用に思い切り遊んでしまってもいい。観光ネタには遊び心が必要なのです。安価なチャレンジで有効性を確かめられるのだから、やったもん勝ちでアプローチしてみてもよいのではないでしょうか!?

f:id:losttechnology:20100501160600j:image

2010-04-23

山形名物 さくらんぼの酒

| 22:08 | 山形名物 さくらんぼの酒 - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク 山形名物 さくらんぼの酒 - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

朝日川酒造株式会社謹製、YAMAGATAさくらんぼの酒です。ガラス製のカップ入り。170ml。アルコール濃度6%。

内部にさくらんぼが2個入ってます。なんだかチョーヤの梅酒みたいですね。しかしこのアイディアは秀逸だ。いやみがない。お値段も手頃。標準希望小売価格315円(税込)。

飲むのが勿体ないのでとってあるんですよ。あけちゃおうかな?

※飲んでみました。おお!ちゃんとさくらんぼの味がする。爽やかでおいしい。

◎朝日川酒造株式会社のページ。会社の建物はもはや歴史的建築物ですね。お酒の受賞歴もすごい!!

http://www.hinanet.ne.jp/~asahikawa/

f:id:losttechnology:20100423215800j:image

2010-04-21

うどん1kg

| 18:40 | うどん1kg - ロストテクノロジ研究会 を含むブックマーク うどん1kg - ロストテクノロジ研究会 のブックマークコメント

関東風うどん1kg、ざるに大盛り3枚です。うまい! しかし多過ぎ。2枚で十分でした。これだけ食べて1,020円。大振りの鶏肉4個入り。素敵過ぎますまたこなくては。

f:id:losttechnology:20100416173600j:image