Hatena::ブログ(Diary)

あこがれのベクトル

2014-06-10

読んだ本

4月、授業が始まる前、何をしていいのかはっきりしない時期に読んだ本。

終わりなき日常を生きろ

終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアル (ちくま文庫)

終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアル (ちくま文庫)

学校って何だろう

学校って何だろう―教育の社会学入門 (ちくま文庫)

学校って何だろう―教育の社会学入門 (ちくま文庫)

2冊とも社会学の本です。社会学面白いです。
教職大学院の授業にも重なることたくさんあって、授業の理解にとても役立ちました。
教職大学院入学する人は授業開始前に読んでおいた方がいいと思う2冊です。
(勿論、教職大学院関係無しにおすすめです。)



舟を編む

舟を編む

舟を編む

面白かった!
久しぶりの小説。映画で松田龍平をキャスティングしたのがよくわかる。これは松田龍平だよな〜と思いながら読みました。


アイディアのつくり方

アイデアのつくり方

アイデアのつくり方

思考の整理学

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)




知的複眼思考法

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)

知的複眼思考法は何度も読み返したい本のひとつ。
読んでから少し時間が経ったのでまた隙間をついて読み返そうと思います。


理科系の作文技術

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

もっと前に読んでおけば役に立ったかなと思う一冊。
出会いの時期が遅すぎた・・・。残念。


学ぶということの意味

「学ぶ」ということの意味 (子どもと教育)

「学ぶ」ということの意味 (子どもと教育)

これは、目から鱗。
ボクのバイブルです。大切にしていきたい一冊。

ふりかえり

振り返りについてずっと気になっています。

今日は、グループワークで、ストレート院生さんが模擬授業をしました。
最後に、振り返りの時間も取りました。生徒役のみなさんに振り返りをノートに書いてもらいました。

授業後、二人でリクレクション。
振り返りも話題にしました。

夜、Facebookを見ると気になる記事が・・・
「毎日15分の”ふりかえり”で23%点数アップ」実証研究は世界初

http://blog.ednity.com/2014/06/09/reflection-effect/


「勉強」する授業ではなく、持続する「学び」の授業をするには、振り返りが不可欠だと思います。
振り返りについて、よく考えていこうと思います。

久しぶりの書き込み

ブログを再開しようと思ってここに来ました。
すると、前回の記事が、『ゆるく生きることにしました』。

苦笑・・・

あれから一ヶ月。まったく「ゆるく」ない・・・
月曜日は、首・肩がカチコチ、かなりの痛み。
授業(グループワーク)はまったく集中できず。6限も苦痛。7時半に講義がようやく終り、コンビニでストレッチの本を購入しました。
入浴後、本を見てストレッチをしました。

今朝、少しよくなっていました。
昨日同様、グループワーク・講義はあまり集中できませんでした。
また、これからストレッチします。

とにかく、体を休め、心も緩くしていきたいなあ。