Hatena::ブログ(Diary)

チョコっとラブ的なにか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-08-22

年収200万円台で結婚するという現実

http://d.hatena.ne.jp/asami81/20080821/masuda
 増田さんへ。私は久しぶりに激怒しました。-iGirl
はてなブックマーク - 増田さんへ。私は久しぶりに激怒しました。 - iGirl
http://anond.hatelabo.jp/20080816045217

をみて、色々考えたんですが、年収200万円台で結婚することの大変さをちょっとコメントしてみようかと思いました。

年収200万円台だと、結婚は特に問題ないけど、子供を育てるということを考えると、やはり、なかなかに大変で厳しい(物価の高い首都圏では特に)。結構覚悟とたくわえが必要だと思います。

ちなみに、身内に、片方が年収200万円前半(これは女性のほう/ちなみに額は手取りじゃなくて額面です。2人ともボーナス込みの額なので、月額手取りは相当厳しいです)、片方が年収200万円後半(男性のほう)で結婚したひとがいます(身内は女性のほう)。代々付き合った人はみんなお金持ちだったりエリートだったりしましたが、結婚を決めたのは、お金がない彼で、両親はもしかして内心ガッカリしたかもしれないけど、娘が選んだ人だから間違いないだろうと、特に反対もせず、滞りなく結婚をすることになりました。

彼女は、将来、子供を生んだ後もずっと働くなんてあまり意識していた訳ではないのですが、特に専業主婦になりたいと思っていた訳でも、働くことにものすごい抵抗があったわけでもなく、結果的には消去法による選択としてですが、自然にダブルインカムの道を選びました。

その後すぐ(結婚前)、予期しない程早くに子供が出来てしまって、貯金はないしどうしようということで一瞬悩んだようですが、産休を取って子供を出産して、出産満5ヶ月を超えた後、持ち金がつきてしまって、産休を1年間とれずに復職しました。

仕事が忙しい会社に勤めてて、結構ムリがたたったのか、産前も法定産休よりちょっと前に休職したとたんに、出血して入院20日間。そんな感じなので、悪露 *1が終わらなくて2ヶ月以上続いたりして、あまり産後の肥立ちが良くなかったりで、かなり6ヶ月目の復職も、正直厳しいものがあったようなのですが、家計上の理由で仕方ない復職だったみたいです。

こういう厳しい環境でも愛があれば楽しく暮らせると思うけど、彼らの両親(特に女性のほう)は、なかなかに複雑な心境だったようで。

なので、私は、女性が稼いで男性が子供を育てる夫婦も全然アリだと思うので、どっちが収入を担っても別にいいと思うのですけど、「年収200万円台の相手と結婚したい」と言われたら、男女問わず、自分の子供が相当に稼いでなければ、心配な気持ちになるだろうなぁ、やっぱり。


それで、ついでなんですが、世の中では「子供が出来るとお金がかかる」とよくいうけど、一体どれくらいかかるのか?ということで、軽く資料を見てみました。

平成17年版国民生活白書 第3章 子育てにかかる費用と時間第1節 子育てにかかる費用-経済企画庁国民生活局

一人の子どもにかける費用はおよそ1,300万円

(略)0歳から21歳まで、子どもを一人育てるのにどのくらいの費用がかかるのだろうか。こうした費用を推計するには様々な方法が考えられるが、ここでは、子育てにかかるすべての費用を積み上げるのではなく、子育てしない状態に比べて追加的な費用がどのくらいかかるかを子育ての費用と考える。

(略)以上の考え方に基づき推計すると、一人の子どもを育てる費用は1,302万円となった。

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h17/01_honpen/image/hm030112.gif

ちょっと乱暴だけど、0歳から21歳一杯までの22年間で単純に1,302万円を割って計算すると、約59.2万円。1年間に60万円弱の計算だ。

下記資料から見ても、大体そんな感じと思って、さほどの誤差はないのではないだろうか。

暮らしと金融なんでもデータ(平成19年)-金融広報中央委員会

子育て費用(2004年)

生活費/必要費用計選択的費用合計
妊娠・出産493,87947,947541,826円
0歳250,960249,281500,241円
乳幼児(1〜3歳)432,7791,052,7731,485,552円(495,184/年)
幼稚園児(4〜5歳)1,299,141240,2241,639,365円(819,683/年)

資料:財団法人こども未来財団「子育て家庭の経済状況に関する調査研究」(2005年度)

ちなみに、出産関係の手当て・諸税・保険の扱いは、

・社保で出産手当金(法定産休期間内の休業1日につき標準報酬日額の3分の2相当額支給)

・育児休業給付金(育児休業開始時の賃金日額の30%×支給日数(育休開始日から1カ月ごとに30日分、休業が終了する月は実際の日数分支給))

・出産休暇(産前産後休業)については、社会保険料(健康保険・厚生年金含む)の免除はない

・育児休業中の社会保険料(健康保険・厚生年金含む)免除(また免除期間は子供が3歳に達するまで)

雇用保険は給与の支給がない場合(交通費含む)発生しない

住民税の支払いは必要

・児童手当(東京都の場合、小学校6年生までの子供を養育している人に3歳未満一律10,000円・以降5,000(第3子以降10,000)円支給。ただし所得制限あり)

・・・という感じで、後払いですが、月給の3割程度のインカムや1万円の児童手当などが入ってきますが、出産前は社会保険の支払いがあり、休みを通して住民税はずっと支払わなければならないため(会社によって、月々とか2ヶ月一回の振込みだったり、一括復職後後払いだったりするようですが)、プラスマイナスすると、(よほどの高所得者じゃない限り)あまりインカムとして期待できない額になるのかなという気がします。

だから、ダブルインカムで働いてたとして、奥さんが産休に入り、1年間育休を取るとすると、各手当を考慮しないで考えれば、最低(後者の資料を基に計算すると)1,042,067円はストックが必要*2ということに。

出産は保険が利かないから、自費で支払う必要があるけれど、社保で後から1児につき一律350,000円支給される(健保によっては、これにプラスで付加給付がある場合もある)。(これは、通常分娩の場合、大抵プラマイゼロどころか、お金が●万円程度微妙に足りないケースが多いように聞く。)*3

あと、気になるのが、上記の費用には、ベビーカーだの子供の布団だのの代金は、全く考慮していないように思われる点だ。こどもをあやしたりするおもちゃのお金なんて、尚更の話だ。

すべて人からもらったり、借りたり、リサイクル品やヤフオクで調達する手もあるだろうけど、特に新生児の頃は、衛生面から考えて、(追記/口に入れるものや肌着、シーツあたりなどは少なくとも、)人の使ったものじゃないものを使いたいという気持ちがあってもおかしくないと思う。

そういう費用にプラスして、休業中の奥さん分の生活費の確保が必要。

まあ、そんな感じで、お金がなくても結婚は出来るけど、子供を考えたときは、あらかじめ準備を頑張らないと厳しいかな・・・という気がします。


ダブルインカム子育ては、復職したら復職したで、保育園やその他の保育サービスにかかる費用も大変みたいなんだよねー。

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h17/01_honpen/image/hm030119.gif

少子化に歯止めがかからない筈だよ、と、しみじみ思う。


追記

そんななか、こんなニュースがあったので、ここに書いておこう。

妊婦検診の無料化を検討 出産一時金の増額も-MSN産経ニュース

舛添要一厚生労働相は22日午前の記者会見で、すべての妊婦検診を無料化し、公的医療保険から給付される「出産一時金」についても増額を検討する方針を明らかにした。財務・総務両省と協議し、来年4月からの実施を目指す。

また、出産一時金については、出産後に健康保険組合などに申請すると35万円が支払われる仕組みだが、都市部では出産費用に50万円程度かかることもあることから、全国調査を行った上で地域の実情に応じて増額を検討。一時金が医療機関に直接支払われる仕組みへの見直しも検討する。

ほうほう。


追記2

こういう状況で、両方の両親のサポート(金銭的にも、人力的にも)というのは絶大な力があるようで、(ご両親に期待ができる立場の方であれば)なおさら、増田さんの話ではないですけど、結婚は法的には2人の意思さえあればいいとはいえ、やはり、ご両家のご両親の理解と心証を得ることというのは大事だなとも思うわけで。。。*4


追記3

この話より、まだまだ大変な人は沢山いるのは承知の上ですが、それでも、当時は本当に大変そうで、親からすると、やはり、もしかしたらしなくてもよかった苦労に見えていただろうな・・・と思って、エントリーしました。


id:kotorikotorikoさんへ

妹さんは幸せなの? そっちのが気になるわ。

センシティブな話なので対象をぼかしたのですが、とりあえず妹の話ではないのです。これ以上は、色々複雑な話になるのでネットにはかけないのですが、紆余曲折の末、今日現在本人は楽しく暮らしてますので!ありがとうございます★


追記4

ついでにこちらも見ていただけると嬉しい。

失言には片目をつぶってくれたらうれしい。私もそうする。

*1:産後すぐから2週間〜1カ月ほど続く、子宮からの出血のこと。出産によりはがれ落ちた子宮内膜、胎盤があったところや産道の傷跡からの分泌物とかが、出血と言う形で出て来るそうです。

*2:このあとの文章に、その他必要な費用の話を書いています。これだけでは済まさせませんので、要注意。

*3:下記に引用したニュースでは、「都市部では出産費用に50万円程度かかることもある」とあります

*4増田さんの彼女のご両親の失礼な態度を肯定している訳ではありませんが、まあ、これは「こうすべきだ」という話ではなくて、その方が、長い目で見たときに自分たちが楽になれるかもよーということです。

y_arimy_arim 2008/08/22 14:23 こんなんじゃあ誰も子供作ろうとしねえよ、としみじみ思いました。子作りが金持ちの道楽と化す恐怖の未来(歴史的に見て貧困層こそ出産人数は多いのに)。
出産関係と、ある程度までの育児は全額国家負担くらいやらないとどうにもならない気がする。

love_chocolatelove_chocolate 2008/08/22 14:48 id:y_arimさん
こんにちはー。
200万円台で結婚すると、貯蓄をかなりしっかりしていない限り、産休もろくろく取れない・・・という事例をお話したかったんですが、データをみても現実はかなり厳しいと思いました。今回・・・。

folds5folds5 2008/08/22 15:09 はじめまして。

潜在的に結婚したい、子育てをしたいと考えている年齢層の年収と、子育てにかかるお金のギャップを埋める制度があればいいのに、とつくづく思います

love_chocolatelove_chocolate 2008/08/22 15:20 id:folds5さん
はじめまして。コメントをありがとうございます。
ホント、おっしゃるとおりですね。
お金がないから共働きして、共働きすると保育費用が0歳で無認可に預けたりすると10万円前後かかったりで、数年間は、女性の給料は全て保育費用という魔のサイクルに陥るようで、なかなか大変なようです。

育児休業体験者♂育児休業体験者♂ 2008/08/22 17:06 誤解があるかも知れないので:

> (よほどの高所得者じゃない限り)あまりインカムとして期待できない額になるのかなという気がします。

育児休業給付金には上限があって、今は 12万円ちょい/月のはずです。高額所得者の方が本来の給料とのギャップが大きくなるので、逆に注意が必要かも知れません。

あと、復帰して6ヶ月後にもらえる育児休業者職場復帰給付金 (私はまだもらってないのですが、現在暫定で月給の 20%らしい) というのもあります。

http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3d.html#b-1

love_chocolatelove_chocolate 2008/08/22 20:37 >育児休業体験者♂さん
>育児休業給付金には上限があって
ああ、そうでした。簡単に書こうとするあまり、スルーしてました。ご指摘ありがとうございます。
ちなみに今回は産休中の費用について書こうとしたので、「育児休業者職場復帰給付金」については書かなかったのですが、「育児休業者職場復帰給付金」の支給額は、育児休業開始前の賃金日額の10%×支給日数(育児休業基本給付金が支給された日数の合計)だったりします。

・・・と書きましたが、「暫定的」だけど、20%なんですね、今。ふむふむ。

himawari77himawari77 2008/08/22 22:09 リンクされているブログに対してですが、現実は厳しいけれども頑張ってほしいですね(><
読んでて悲しいです。
愛だけじゃどうしようもないのは分かっているつもりですが、そこはまだまだ夢見る少女なので(?)「それでも結婚できないことのほうがずっとずっと二人を不幸せにするんだ!」とか叫んでしまいそうです(−−;
子供はお金かかりますもん。
習い事だってさせてあげたい!
かわいい服を着せてあげたい!!
言い出したらきりがないですよね。。。
記事に書かれている女性の方はすごくすごく大変だっただろうけど、愛に生きて、かわいい子供が生まれて、誰がなんと言おうと幸せなんだと思いたいです。
この「彼」にも頑張って欲しいです。
。。。無責任なこと書いてますね。。。ごめんなさい(><

love_chocolatelove_chocolate 2008/08/22 22:11 >himawari77さん
夢見る少女・・・。フフフ。

とおりすがりとおりすがり 2008/08/23 02:58 つーか貯蓄がしっかり出来て準備できてるぐらいの環境なら
年収200万代ってことはないよね。

love_chocolatelove_chocolate 2008/08/23 08:00 >とおりすがりさん
そ、そうなのかもしれませんね。うーん・・・。

てんてろてんてろ 2008/08/23 13:27 こんにちは。自分も通りすがって来ました。
妊婦さんや母親が大変なのは、フェミニストの存在も一因です。
彼ら(というか彼女ら?)は自分達が子供を生んで家庭を守るという
従来の女性の生活パターンになるのを拒否して、
女性としてではなく、男性としての生活を社会に要求してます。
普通、子供を持つ母親を行政は支援するべきなのですが、
母親に対する支援を手厚くしようとすると、
フェミニストは「やめろ!」と圧力をかけてくるのです。
今では、男女共同参画社会に使われる税金の方が、
防衛費よりも多いほどらしいです。
子供は女性しか産むことができないのですから、
行き過ぎた男女共同参画はやめるべきです。
まあ、人工子宮が実用化されれば、フェミニストは
「子供を製造する社会」を熱烈支持するんでしょうけどね・・・

とりとり 2008/08/23 14:53 同じく、通りすがりのものです。「年収200万で結婚するという現実」というより、「年収200万で子育てするという現実」ですね。結婚しようと考えてる人より、子どもをつくろうと考えてる人の参考になりそう。

love_chocolatelove_chocolate 2008/08/23 17:27 >てんてろさん
うーん・・・。
あんまりフェミニストには詳しくないんですが、個人的にはこのお話は、別に「母親」に偏らなくてもいいんじゃないかなー。

「子供を持つ母親を行政は支援するべき」
 ↓
「子供を持つ親を行政は支援するべき」
って感じでしょうかね。母親も父親も、サポートしてもいいんじゃないでしょうか。


>とりさん
題名は・・・どうしたら見られるかということも考えているので・・・(笑)。釣りっぽくてスミマセン。。。

ぱんぱぱんぱ 2008/08/26 13:32 うちは母子家庭で育って、母の月収は14万でした。
子供服はほとんどもらい物で、ある物で満足する生活をしてましたよ。
出て行くお金よりも、限られたお金でいかに生活するかを学んだと思います。
現実は変えられなければ、見方を変えるだけで、
幸も、不幸も感じ方が違うと思いますが。。。

ぱんぱぱんぱ 2008/08/26 13:34 ちなみに母はパートなのでボーナスがありません。
ですから、年収も200万にも満たなかったと思います。
そして、都内に住んでました。公営住宅でした。

love_chocolatelove_chocolate 2008/08/26 15:28 >ぱんぱさん
こんにちは。コメントをありがとうございます。
なるほど、「限られたお金でいかに生活する」「見方を変えるだけで、幸も、不幸も感じ方が違う」っていうのは、そうなんでしょうね。
今回のエントリでは、お金がある生活から突然お金がない生活を経験するのは、結構堪えるという考えがあって、それをベースに書いた部分もあります。
私の考えも、ぱんぱさんのおっしゃることも、両方が真理のような気がします。

o-tsukao-tsuka 2008/08/27 16:07 てんてろさんへの横レス。
男性としての生活を社会に要求するフェミニストというのはあまり聞いたことがありません。きょうみぶかいのでぜひおしえてほしい。

育児支援を妨害するフェミニストというのもあまり聞いたことがありません。育児支援団体に15年所属していますがフェミニストの方々には散々世話になりました、つーか俺もフェミだし。

男女共同参画社会に使われる税金の方が防衛費よりも多いのはやばすぎですね。もちろんネット伝説です。

こへこへ 2009/04/17 22:07 恥ずかしいんですが、、、結婚後に年収200万円台(しかも前半)になってしまいました。

というか、自分でその道を選んだんですが。前職での貯金はそこそこあるんだけど、ちょっと俺もお金にむとんちゃくすぎたみたい。

妻はパート程度で働いてません。だから、子供なんてまだ作れない。
超節約してるから、光熱費とかは自動引き落としだけど、オレの小遣い月2万を入れて、10万円で3か月×2人生活できたって妻は喜んでます〜

でもやっぱ、ヤバいっすかねー。現実問題子供は無理。
子供が欲しくて早めに結婚したのに(苦

keijichakokeijichako 2010/11/09 13:43 僕も年収200万台です。
片方も200万台なので、この記事を見て、結婚は無理だと思いました。彼女は子供が欲しいといっているし。
これを見ると明らかに、僕では彼女を幸せにできないということが判明したので、別れをえらばざるを得ないですね。向こうの親は喜ぶだろうな。
これじゃ、一生独り身も覚悟かな。ははは(泣)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/love_chocolate/20080822/p1