Hatena::ブログ(Diary)

チョコっとラブ的なにか このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-10-07

POPEYE OilyBoy(ポパイ・オイリーボーイ)www

オイリーボーイだってwこのネーミングセンス、正気とは思いがたいww

オヤジ版「ポパイ」年内めど創刊 雑誌不況に挑戦-Yahoo!ニュース
オヤジ版「ポパイ」年内めどに創刊 雑誌不況に挑戦-MSN産経新聞

人気の若者向け雑誌「POPEYE(ポパイ)」を発行する大手出版社、マガジンハウスが、40、50代向けのポパイを12月上旬をめどに創刊することが6日、分かった。その名も「POPEYE OilyBoy(ポパイ・オイリーボーイ)」(A4変型判)。ポパイで青春時代を楽しんだ世代を大人ではなく「大きな少年」ととらえ、ひと味違ったファッションや音楽、グルメなどさまざまな情報を提供する。

同社によると、新雑誌名には、日本で初めてジーンズをはいた男といわれる、おしゃれで破天荒な実業家、白洲次郎氏の英国留学中のニックネームを借用した。大好きな車の整備のため、いつも衣服がオイルまみれになっていたことに由来している。ポパイ初代編集長の木滑良久(きなめり・よしひさ)氏が名付けた。

由来は立派だと思うけど、どう考えても、脂ぎったオヤジのテカテカ具合しか連想できないんですけど、私だけ?

2008-04-04

都内で年収1500万円以上の高所得世帯が住む町ってどこよ

セオリーvol.2「高級住宅街の真実 日本の高級住宅街を徹底解剖する」(講談社)を買った。これのなかには、なかなか面白いランキングデータがたくさん載っているので、ちょっとだけご紹介。

■年収1500万円以上の高所得世帯が住む町丁名ランキング

1.港区西麻布4丁目
2.世田谷区北沢1丁目
3.中央区佃2丁目

7.杉並区西荻北3丁目(杉並区の最高位)

10.大田区山王町(大田区の最高位)

14.品川区大崎2丁目(品川区の最高位)

21.大田区田園調布1丁目

26.町田市能ヶ谷町(町田市意外に高順位!)

28.渋谷区神山町(渋谷区の最高位)

32.目黒区目黒3丁目(目黒区の最高位)

45.世田谷区成城4丁目

66.目黒区柿の木坂2丁目

74.千代田区一番町(千代田区の最高位)

91.文京区小石川5丁目(文京区の最高位)
94.江東区潮見2丁目(江東区の最高位)

なぜ町田?と思いましたが、町田野村不動産が開発した分譲住宅地がこの町内にあるそうで。そーゆーわけだそうです。へー。

イメージ的に、麻布・松濤・田園調布世田谷六本木界隈あたりが上位にランクインしそうですが、このデータは、「総世帯数や町の広さを踏まえず、世帯数だけで順位付けした結果」だそうで、「高級住宅街」と称される地帯が必ずしも上位ランクは全体的にしていないようでした。

■高所得世帯が住む駅

1.港区広尾
2.港区麻布十番
3.目黒区都立大学
4.世田谷区桜新町
5.世田谷区用賀
6.港区白金高輪
7.品川区目黒
8.世田谷区成城学園

・・・だそうです。へーーー。

1位2位あたりはごく順当な感じですが、3〜5位は、ちょっと意外な結果でした。

2007-06-18

「ガンダム女」って何?

今日のAERAを買ったら「女女格差(じょじょかくさ)」についての記事がありました。男女格差より女女格差が目立って広がっている・・・と言う話でしたが、そんななかに気になるキーワード。

「ガンダム女」って。何?
一切解説も無く、サラッとキーワードとして出てきてましたけど、そんな言葉初めて聞いたってば・・・。

気になるから、調べてみましたよ。

そしたら、

【第1回】キャリアセレブとは、どんな女性?幸せな生き方とは、「王子様との結婚」や「ガンダム女の人生」だけではない/NB Online

私と同じ40代女性の中には、キャリアウーマンとして成功したものの、女性として生きることをやめてしまった、男性のような、そして男性よりも強い「ガンダム女」をたくさん見かけます。

私自身、30代は「ガンダム女」だったのだと思います。「ガンダム女」が手に入れるものは、自由と孤独が裏表になったコインです。もはやそれは、今の20代、30代の女性がなりたい姿ではないはずです。

これだよね。

「ガンダムオヤジ」とか自称する方、よく見かけますが、それはガンダムラブな30〜40代男性を指しているのだと思っていましたが(ほかにも「ガンダム部長」とか・・・(笑))、「ガンダム女」は、女を捨てた男性より強い女性ですか・・・。

何故それがガンダムと結びつくのか全く理解できませんが(記事がNB Onlineで比較的男性読者が多いから、無理やりつけたキャッチ感が否めないよぅ・・・)、そういう事を指しているようです。

もっと他にうまいいいようがないのかなー。うーん・・・。

2007-06-14

50代女性向け雑誌が続々創刊

以前、3/7に気になる雑誌たちで、「ジジイになるな。Zになれ!」のキャッチが強烈な雑誌「Z(ジー)」(55歳以上の男性対象)についてエントリーしましたが、実は、50代女性向け雑誌もいつのまにか続々創刊しているとのことです。

3/7に創刊した女性誌3誌、小学館「AneCan」(ターゲットover25歳)、集英社「marisol(マリソル)」(ターゲット35-45歳)、世界文化社「GRACE(グレース)」(ターゲット40歳代)は、アラウンド30〜40代をターゲットとしたものでしたが、今度は50代の女性をターゲットということで、既存誌とどう差をつけていくのでしょうか。

(ちなみに、marisolとGRACEが登場したとき、個人的にはVeryやSTORYとかぶる感じでピンと来ないなぁ・・・と感じました。)

”50代女性向け”宣言する雑誌が続々創刊

集英社は、50代女性向けの雑誌「エクラ」を9月に創刊すると発表した。4月2日には、「創刊宣言号」と題して、準備号を発売している。

内容は、イタリアの旅特集、ファッション、ビューティーと女性誌の定番記事で構成。40代向け雑誌とどう違うのか。まだまだ50代女性の嗜好をつかみきれていない感じだ。これから創刊まで、50代女性をどうとらえて作り上げてくるか、興味深いところ。

このほかにも、「50代女性」をターゲットにした雑誌が最近目に付きだした。いかにも“様子見”という感じで4月20日号の増刊として登場したのは、「クロワッサン プレミアム」(マガジンハウス)。

同じく4月20日に創刊されたのが、「ウェルエイジウーマン」。

・・・ということで、ラインナップは3誌。

。「クロワッサン プレミアム」も「ウェルエイジウーマン」も、堂々と50代を宣言している。「クロワッサン プレミアム」のキャッチフレーズは“読むと、50代がもっと美しくなる新雑誌”で、表紙には大小「50代」の文字が4つも躍っている。「ウェルエイジウーマン」の方は“大人の女はよくばり”。やはり、表紙に50代の文字が見える。

一方、「エクラ」はスマートだが、読者対象は「40代後半から50代の女性」と歯切れが悪い。「50代」と断言することに、まだ躊躇する部分があるのだろう。

・・・ということで、これからの動向に要チェック!

2007-05-15

男の子向け少女マンガ誌「コミックエール!」創刊

もう1つGIGAZINEさんから。

男の子向け少女マンガ誌「コミックエール!」が創刊

芳文社から「コミックエール!」というマンガ雑誌が創刊されるそうです。そしてこの「コミックエール!」ですが、驚くべきことに「男の子向けの少女マンガ誌」とのこと。

何か微妙に違和感があるんですけど、少女向けだから少女漫画なんであって、男性向けになった時点で少女漫画じゃないんじゃないのかなぁ??ところで、作家ラインナップを眺めたところ、現在女性誌で活躍している方はいない感じ(こっち方面に詳しくないので、間違っていたらスミマセン)で、益々微妙な感じです。

2007-03-26

リッチーノVSヤボーノ

雑誌「LEON」元編集長として有名な、岸田一郎さん(現在は株式会社KI&Company社長)が、3/24に月刊男性誌「zino(ジーノ)」を創刊したそうだ。また、新しい造語続々で、どれほど流通するかどうかが楽しみです。

っつーか、「リッチーノ」「リッチーナ」「ヤボーノ」って響きは許せますが、「洒落金男(リッチーノ)」「野暮金男(ヤボーノ)」って、どーなんですか?漢字にするととたんに貧相だと思うのは、私だけ?「洒落『金』男」って字面に、思わず「まる金」「まるビ」を思い出すのは、私だけではないはず・・・。

ウェブマガジン @zino(ジーノ)

レオン元編集長が「リッチーノ」ターゲットに新雑誌−表紙に鶴瓶さん

創刊号のコンセプトは「リッチを誇るな センスで光れ!」。ターゲット層である高所得者を「洒落金男(リッチーノ)」と表現した同誌の特集は「“モテ“の元祖、岸田一郎の『アナタ』の人生バラ色計画」。扱う内容はファッション、時計、クルマ、旅や不動産、医療、美容などを、「トランプタワーを買いそびれたアナタに!オアフ島で所有権付き希少物件」「男前アートゼミナール」「あといくつ恋したい?高級人間ドックで体に投資!」など同誌オリジナルの切り口で表現する。

連載内容は「脱・ジコマン!な“あげMAN”ジュエリー」「洒落金男(リッチーノ)はふれ愛美容」「アナタも!トキメキ別宅で人生変える?」など。また連載漫画に桜沢エリカさんを起用し、ファッション的要素や旬なスポット情報を盛り込んだ展開を行う。


Yahoo!辞書新語探検

リッチーノ (りっちーの)

「ちょいワル」などの流行語を生み出した男性ファッション雑誌『LEON』の元編集長・岸田一郎らが独立して発刊する雑誌『zino』のキーワード。新雑誌のターゲットは年収2000万〜数億円の富裕層。「リッチーノ」は単なるタダの金持ちではなく、女性にもてる金持ち。漢字では「洒落金男」と書く。女性は「リッチーナ」。逆に急に成り上がったような野暮なお金持ちは「ヤボーノ」で、漢字では「野暮金男」と書く。読者の年収に見合った先端医療のサポートシステムを紹介したり、数十万円から数百万円の価格の品物を登場させるという。「脱・タダのお金持ち」がコンセプト。

2007-03-20

ホテルメイド小学校給食

今日買ったDIME(No.07)、「こんなもの食べてます!私立小学校の給食」と言う特集がありましたが、ちっちゃな囲い記事の中に、ホテルメイド給食の小学校が3校紹介されてましたので、ピックアップ。

小学校所在地給食を委託するホテル年間給食費(06年度)
同志社小学校京都市左京区岩倉大鷺町89−1 京都宝カ池プリンスホテル12万円
立命館小学校京都市北区小山西上総町22番地大津プリンスホテル9万5000円
慶応義塾幼稚舎東京都渋谷区恵比寿 2-35-1ホテルニューオータニ8万5000円

※以上、DIMEより

立命館小学校のホームページには、給食の画像があります。美味しそうだ〜〜。
給食についてのページ/立命館小学校

ちなみに、同志社小学校の通学かばんは「一澤信三郎帆布」のオリジナルリュック(メチャメチャ画像小さいけどここから一応見る事が出来ます)だそうで。信三郎帆布のかばんなんて、私も欲しいな・・・。

給食費滞納の問題が叫ばれている一方で、2006年4月に開校した関西の2つの小学校(同志社小学校と立命館小学校)の毎日の給食は、ホテルメイドだという事で、去年騒然として話題になりましたよね。同志社小学校の給食費の12万円は、"全国平均の2倍以上"の費用だそうで。プチバブルを感じます・・・。


“お袋の味”給食も競争時代 食産業にブーム

2007-03-07

気になる雑誌たち

ジジイになるな。Zになれ!」のキャッチが結構目に引く雑誌「Z(ジー)」。すごい見たい!とは全然思わないんだけど、存在がそこはかとなく気になります。

そして、OCEANS(オーシャンズ)は、最近やたら書店で目に付きます。「家族や一番大切な人との時間をいかに過ごすかを提案するライフコンシャス誌」と言う事で、ベッカム・木村拓哉・江口洋介・・・のような(イメージの)「30代お洒落パパ」をターゲットとしているようです。もう創刊1周年とか。全然知らなかったけど「愛の親子ファッションショー〜一番お洒落な親子は誰だ?〜」なんてコンテストをしていたそうで・・・。

この雑誌の創刊にあたっては、「元レオン編集部」がかかわっていると言うのは、なるほどねぇ〜と言う感じ。でも今までニッチだったいいトコを付いているよね。

「ネーミングはオーシャンズ11と何か関係あるのかなー」と思ったら、「「オーシャンズ12」を観た大久保清彦・編集長(元「レオン」副編集長)が命名」とかで、カクーン。ベタやのぅ・・・。

ちなみに今日創刊号発売のAneCanは、重量2.2kgあるそう(By Elasticさん/AneCan創刊!その重さ約2.2キロなり)で、購入を迷っています。


ドクモ&ミジカリスマ

最近は読者モデルの事を「ドクモ」と言うそうで。まあ、そこらへんは短縮語好きの日本人として想像の範疇ですが、「ミジカリスマ」までは想像できませんでした。

昔から、スーパー高校生(バブル後の90年代中期くらいにブレイクした、単なる一般高校生だけどやたらメディアに露出してた人たち)とかカリスマ読者モデルとか、そう言う「特別な普通人」的な流れが綿々とありますが、トレーラー運転手とかが「ファッション“ニュー”リーダ」とされる時代がくるとは、ちょっと思いもしなかったです。

「ミヂカリスマ」に脚光 おしゃれ指南は運転手・フリーター



リンク先で紹介されている子は「小悪魔ageha」の読モ。
・・・「小悪魔ageha」って、スゴイ題名だよねぇ。なんでもアリだなー。ギャル雑誌。