Hatena::ブログ(Diary)

安藤裕子と泣き虫ピエロ

2013-12-25

安藤裕子 Premium Acoustic Live "聖者の行進" EX THEATER ROPPONGI



クリスマスですね。
近所のケーキ屋さんに素敵なお菓子の家がありました。

クリスマスは、イエス・キリストの誕生日だと思っていましたが、
どうやら違うようです。
恥ずかしい。。


さて、先日の Premium Acoustic Live "聖者の行進"
の様子を少し詳し目に。


軽快なBGMに合わせて、まず、
もっさん、タカシさん、弦のお二人が入場。
続いて安藤さん。
今日の衣装は真っ赤なドレス。
スリットのカラフルな色使いが素敵です。

1曲目は、『Dreams in the dark』。
安藤さんの楽曲の中で数少ない
クリスマスっぽい曲でしょうか。
しっとりとした素敵な幕開けです。
安藤さんから、
『今のは、叶いっこない夢を見る夜のお話でした』
との曲紹介。

ここで弦のお二人は一旦退場。

いつもの三人になって、
『ようこそここへ』と『あなたと私にできる事』。
美しいメロディラインを持つ新旧の代表曲です。

安藤裕子 『あなたと私にできる事』レビュー&セルフライナー - 安藤裕子と泣き虫ピエロ


ここで1回目のMC。

『いつものんびりやろうと思うんだけど、
そう思うことで結局がちがちになってしまって、
結局私のなかののんびりってなんだ?(笑)』

お客さんと会場についての感想を言い合うやり取りもありました。


続いて、少しテンポが変わって、
健忘症』。
そして、間奏の朗読詩を挟んで
なんと健忘症の演奏に乗せて、
Last Christmas(WHAM!)』!!
こういうお遊び的なアレンジ、
個人的に大好きです。

そのままのテンポで、
『み空』と『鬼』。
『み空』はライブでは定番になってますね。
『鬼』は改めて良い曲だなぁと思いました。
特にライブで生きるタイプの曲だと思います。
発表当時からライブ演奏を楽しみにする声が多かった気がしますが、
一時期安藤さんが頑なに演るのを拒んでいましたね(笑)。
あれは何だったのでしょう?(笑)
ぜひ今後も演奏し続けて欲しい曲の一つです。


ここで、2回目のMC。

『今日は、あまりにも日程がクリスマスっぽいから、
クリスマスっぽい曲をやったほうが良いよねということで、
この後この会場で(坂本龍一)教授とか
細野(晴臣)さんのライブが入ってるみたいなので、
うちの助教授もっさん)が、
敬意を表して何かやったらいいんじゃないかということで、
ちょっとパートを設けてみました。』

安藤さんが、
『うちの助教授金田一耕助みたいな帽子かぶってますね』
もっさんをいじる場面も(笑)

ということで、7曲目は、
坂本龍一/David Sylvianの『Forbidden Colours』。

安藤さんは、坂本龍一の『戦場のメリークリスマス』に
『Forbidden Colours』という曲を乗せて歌いました、
というふうに説明していた気がしますが、
正確には、映画『戦場のメリークリスマス』に感激したDavid Sylvian
坂本龍一に詞とボーカルを申し出て、出来たもののようで、
つまり安藤さんが歌ったのは、
『Forbidden Colours』そのもののようです。
セットリストはそのようになっていますね)

私も全然知らなかったので、余りにマッチしていて
凄まじいアレンジのうまさだなと思っていました(⌒-⌒; )

そのまま、『勘違い』、『いらいらいらい』という
安藤さんの楽曲の中でもやや異色と思われる2曲。

『勘違い』はこうして聴くととても良い曲ですね。
あの音階のテストみたいなサビが素敵です。

『いらいらいらい』は、
個人的にニューアルバムの中でも
一、二を争う大好きな曲です。
バンド編成でのドラムソロも圧巻でしたが、
バイオリンソロで始まるアコースティックバージョンも
素敵でした。
間奏の朗読がゾクゾクして良いですよね。

ここで3回目のMC。

『今日は聖者の行進という名前のコンサートですけど、
聖者の行進という言葉から私は、
勇ましく立ち向かっていく姿を連想します。
のほほんと生きていくのもよいとは思いますが、
何か打ち込めるものを見つけるというのも大切だなぁと思います。』

『本当にいい時代に生まれたなと。
このラッキーさをどう活かしたらいいか、
私はよく分からないままだけど。
ただこの時代も変わっていくと思う。
でも、時代が変わっても、
私はすごく良い人たちに囲まれて
すごく幸せに生きていける気がしてます。
順番にお空にはいきますが、
この人たちと楽しく生きていきたい。』

ここから、アンコール前までは、
割とライブでは定番の楽曲が一気に演奏されました。
『アロハオエ』もライブに欠かせない曲になりましたね。
そしてもちろんラストは『聖者の行進』でした。

安藤裕子 『The Still Steel Down』 レビュー&セルフライナー - 安藤裕子と泣き虫ピエロ


アンコールは、本編の入場とは逆に、
まずは安藤さんが一人で登場。
ツアーTシャツにエメラルドグリーンの
スカートに着替えての登場です。
続いて、同じくツアーTシャツに着替えた
もっさんが登場。

ここで客席の男子からもっさんコールが出たのに対して、
安藤さんが、
もっさん好きなの?思いって伝わらないよね〜』
と鋭く反応する一幕も(笑)

そして、二人だけで、恒例の物販紹介と、
アコースティックライブの発表を挟んで、
新曲の紹介。

『私、本当に頑張れない人間なんです。
そんな私が、頑張れずにこれたのも、
本当に良い時代に生まれ、
良い人に囲まれてきたからだなぁと思います。
何にも頑張らずに、すごく楽しく幸せに生きてこれた。』

『ただ、時代も変わってきていて、地球も変わってきて、
いろいろ変わって、乱れた時代になっていって、
どうにもならないことが増えていくと思う。』

『よく、頑張れば夢は叶うとかいうけど、
それは違うと思う。
頑張っても叶わないことはある。
でも、そんなの関係ない。
夢なんか叶わなくてもいい。
夢を見ることが大事だと思う。』

『そんなことを考えながら作った曲です。
私が頑張らない人間だから、
頑張ってる人を大きな声で応援する曲です。
頑張ってください。』

この新曲は、前にも書きましたが、間違いなく
これまでの安藤裕子にはなかったタイプの曲です。
ところが、それにもかかわらず、何処か懐かしい曲、
安藤裕子らしい曲に聴こえました。

そして、ラストは、タカシさんと、
弦のお二人を加えて、松任谷由実のカバー
『 A HAPPY NEW YEAR』でした。
今日は発表されませんでしたが、
近々出そうなシングルのカップリングとかに
なるかも知れませんね。

『12月も終わって新しい一年を迎える皆さんが、
良い年を迎えられるように選んだ曲です。
元気で良い年を迎えてください。』


set list:
1. Dreams in the dark
2. ようこそここへ
3. あなたと私にできる事
4. 健忘症Last Christmas(WHAM!)
5. み空
6. 鬼
7. Forbidden Colours(Sylvian & Sakamoto)
8. 勘違い
9. いらいらいらい
10. 蒔かれた種について
11. 忘れものの森
12. Aloha 'Oe アロハオエ
13. The Still Steel Down
14. 聖者の行進
ec1. 未発表新曲
ec2. A HAPPY NEW YEAR(松任谷由実)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。