べにぢょのらぶこーる このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-06-20-Thu

「茨城出身です」「わかる気がするw」プロブレム


こんにちは。べにぢょです。

茨城生まれで東京にきて10年以上経って、今も東京にいるのですが(過ごしやすくて気に入ってます)、たまに出身を聞かれます。私は人の出身がどこかについては興味を持てなくて、興味があるのはフォロワー数についてのみなので、出身を聞かれるたびに、出身なんて聞いて楽しいのかしらと思うのですが、裏を返すと、「出身の話くらいしかすることがないくらい相手が退屈している」ということなのではないかと思い、もっと楽しい話ができるようになんねきゃダメだっぺな……と反省します。


それはともかく、出身を聞かれて「茨城」と返したときの反応をベスト3形式で書かせていただくとこうです。



【第3位】「ウソ!いま茨城弁で話してないじゃない」

茨城人の全員が東京にきても訛りが抜けないと誤解している人はこう言います。こういう人に、つぶやきシローは栃木、栗山千明は茨城出身であるという話をすると多少受けますが、「じゃあ今から茨城弁で話すからおめーも茨城弁で話してくれっけ?」などの方が受けがいいです。



【第2位】「今まで一度も行ったことない」

己の人生においては未踏の地であることをアピールし、茨城に対する無知を正当化するパターンです。それは恥ずべきことではないと主張するために、追いうちをかけるように「だって何かあるの?(なにもないだろう)」と、さっき茨城弁で話そうといったルールも忘れて反語調でねじふせてきますが、仰るとおり何もありません。この場合、「私の家があるよ」ということで、一切の反論を封じ込めることができます。



そして第1位は…タイトルにしているので引っ張っても意味はないのですが…。


【第1位】「わかる気がするw」

……です!

「わかる気がするw」さんには、納豆を腐らせて作った王冠と、副賞として干しいも1年分を贈呈します!



―しかし、「ウソ!」もそうですが、「わかる気がするw」は、出身として関東地方を挙げたときにはまず考えられない反応です。「千葉出身です」「わかる気がするw」はないですよね。「茨城出身です」「え?……でも、東京(or 神奈川サン)ぽい感じがするよね」はあります。


単に「そんな雰囲気がある」というのであれば、その地域を聞いて抱くイメージとマッチしている、というだけなのですが、残念なことに、「モテません」と言ったときの「わかる気がするw」と比べて見事にセイムワード&セイムアクセントなのです。


つまり、「茨城出身です」「わかる気がするw」の意味は、「あなたのことはよく知らないけど、人より劣った属性の持ち主だということはひと目でわかった」という、四次元における嘲笑なのです。優越感にひたっている感じが伝わってきて複雑な気持ちになってしまいます。「複雑な気持ち」だと、何も言っていないのと同じなので、その複雑さを箇条書きにしますと、


・相手はからかい半分で言っているというのは大前提。悪意はない(たぶん) ・しかしこの人が私のホームタウンであるところの茨城を蔑視しているのは明らかである ・まあ特に郷土をけなされても平気なのでいがっぺよ ・とはいえ悪意がない差別ほど恐ろしいものはないのでここはちゃんと言っておくべきか ・この人が茨城を侮蔑しているのは、「田舎」「観光地がない」という類型化された イメージによるものだろう ・つまり私は「素朴だ」と思われているのだ ・それってものすごくポジティブに考えると「あなたが好きだ」ということだろう ・だとしたら「侮蔑されながら愛される」>「侮蔑されもしないが愛されもしない」 かもしれんねー ・そういう目で見てなかったけど、この人、男前かそうでないかのふたつにわけると ……男前? ・いやいや、少々かっこよくてもデリカシーなし男に愛されてうれしいか? 話がかみ合わないだろう…… ・そもそも「わかる気がするw」だけでそこまで考えるなんて自意識過剰にもほどがある たかが人生に、コストをかけすぎである

……などという逡巡を、この「わかる気がするw」発言のたびに経ていたのですが、返事の仕方として


「茨城出身です」 「わかる気がするw」 「そうなのー?じゃあB型でさそり座で嫉妬深くてネクラなのもわかったー??」


と、より強烈なカードを提示することで、相対的に「茨城出身」という情報の価値を下げることにしました。

そもそも出身の話を聞かれているという点で、相手は話が合わないと思っているに違いないので、さらにネガティブな情報を提示しても、べつに失うものはないかなと思うからです。郷土愛満載な茨城人にとっては悲しい話なのかもしれませんが、郷土でしか自分をアイデンティファイできないというのもそれはそれで残念な生き方だと思うので、私はやっぱりインターネットの中で強く生きていきたいところであります。



■元ネタ

「大阪出身です」「え〜!見えない!」プロブレム - ココロ社 ♪ほのぼの四次元ブログ♪