Hatena::ブログ(Diary)

操体医科学研究所@書庫 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-07-01 不幸になる生き方

不幸になる生き方 (集英社新書)

不幸になる生き方 (集英社新書)

勝間和代氏の新書。幸せになるためには、逆に不幸になる生き方を知ってそれを避けるべし、ということだ。本書の中で、勝間氏は、自分は2回離婚していて、世間的に見れば幸せには見えないかもしれないけれど、自分の基準で考えると、幸せだと言っている。私もバツイチで子供無しだが自分の基準で考えると結構幸せだと思う。
ところで、私は今まで無職ということがなかった。仕事がない(笑)という時はあったが、なにかしら仕事をしていた。また、ヨメにも行っていたが、その時も働いていた。当時は何故だかわからなかったが、専業主婦にはなりたくないとずっと思っていたのだ。
今回、勝間氏は友人で漫画家西原理恵子氏の言葉を引用している。西原氏は常々『女性が幸せになろうと思ったら、専業主婦にならないこと』と、断言されているらしい。そっか、私は幸せになろうとしていたんだ(笑)。