在日コリアン、おきらいですか? このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-10-02

[]強制連行について 21:03 強制連行についてを含むブックマーク 強制連行についてのブックマークコメント

2005年に書いたものに加筆訂正を行っております

ちなみに前回のエントリこちら。内容はほとんど変わりませんが、当時のコメントが残っております






まず初めに「逃げ」をうっておきますが、ボクはここで歴史事実検証をするつもりはありません。

あくまで、ボクが聞いた話、考えたこと、そしてボクの推論を中心に話をしたいと思います


ボクが学んだ総連民族学校、いわゆる「朝鮮学校」では、強制連行はあったというスタンスであらゆる話が進みました。

それはもう見事な徹底ぶりで、「いただきます」という言葉を聞かない日はあっても、「強制連行」という言葉を聞かない日はなかった、と言っても過言ではないと思います

(注:当時の話です。今どうなってるのかは知りません。)


その頃のボクは大人の言うことをやたらと疑ってかかる、非常に嫌なタイプのガキでしたが、それでも「やっぱ強制連行はあったのねー」と何となく信じて過ごしていました。

それが変わったのは、ふとした拍子に父(在日コリアン二世)とこの話をした時からです。

彼が言うには、

オレが今まで生きてきた中で、「強制連行された本人」、あるいは「その子供」など一人たりとも見たことがない。

(ボクの)爺さん婆さんはもちろん、親類・縁者・友人・知人も皆そうだし、そんな話は聞いたことがない。

もちろん、本人が「違う」と言ってるだけで、実際は強制連行されたヤツがいるのかも知れないが、多数派ではないと思う。

と、衝撃的なことをさらりと言ってのけます

さらに、

だいたい、強制連行されて来たヤツがいたとして、日本でそんな嫌な思いしたヤツなら、戦後すぐに祖国に帰ってるはずだろ。

日本にいる朝鮮人のほとんどは、「日本で一旗あげたるでー!」と気合入れて来て、ずるずると居残った連中とその子孫。

うちもそう。

「おいおい、そんな大事なことはもっと早く言ってくれよ、ダディ・・・」とは思いましたが、目から鱗が落ちる思いでした。






もちろん、これはあくまで一人の在日がそう言っているだけで、客観的な資料とは言えませんが、「在日」と「強制連行」を語る上で、これほど納得させられた証言をボクは聞いたことがありません。

皆さんはどう判断されるでしょうか?




○追記

在日戦後日本に渡ってきた不法入国者密入国の子孫だ」という批判もよく耳にしますが、うちの祖父母(4人)はいずれも1910年日韓併合前後に生まれ、10代で日本に渡ってきたそうです。

当時の朝鮮半島は「日本」で、彼らは「日本人」。つまりはただの「出稼ぎ」であって、イリーガル存在ではなかったと思います

これも本人の証言なので、真偽の程はわかりませんが、じーちゃんばーちゃんの名誉のために付け加えておきます





なお、このエントリに限らず、「おいおい、それはちょっと事実と違うよ!」という箇所があればどうか教えてください。

間違いを正すことに躊躇はしません。