Hatena::ブログ(Diary)

愛・蔵太の気になるメモ(homines id quod volunt credunt)

2005-06-02

[]トラウマ作詞家・蓬莱泰三と「チコタン」そのほかについて

トラウマ。英語で言うとタイガー&ホース(←違います)。人の心に嫌な感じを後に残す事件とかのことで、詩・詞などの場合は、嫌な感じを後に残すテキストです。

はてなブックマークから、こんなのを。

はてなブックマーク - チコタン(音有り)

なんでかな? なんでかな? なんでチコタン 好きなんかな? なんでこないに 好きなんかな? チコタン チコタン チコタン チコタン アメダマみたいな 目ェやからかな? マシュマロみたいな 鼻やからかな? クラスでいちばん チビやからかな? クラスでいちばん ゲラやからかな? なんでこないに 好きなんかな?

と、小学生がクラスで好きな女の子に対する気持ちを歌っている歌が、最後でこんなすごいことになろうとは。

全部の歌詞はこちらです。

チコタン

さらに小学校の合唱コンクールの課題曲だったとは。

しかし実は、この詞を書いた蓬莱泰三先生には、もっとすごいものがあるのでした。ご覧ください。

日曜日〜ひとりぼっちの祈り〜

お父ちゃん はよ起きや

ええ天気やで 青空やで

はよ起きなんだら こそばすで

ふとんめくるで 鼻つまむで

はよ はよ はよ起きいな

日曜日やで 休みやで

どっか連れてってえな

なあ なあ なあてお父ちゃん

日曜日の朝起きて、いろいろなところに行って、帰って、手紙を書いて、寝る子供の話なんですが、いやはやこれはたまりません。ネタバラになりますが、車の運転は…と心に誓いたくなります。

元の曲はどのようなものか知らないんですが、キング・クリムゾンあたりに新しく(という言いかたもヘンだな)作曲させて、歌い出しの前に5分ぐらい前奏があって、全部で30分ぐらいの曲にするといいかもしれません。歌う人はドアーズのジム・モリスンでひとつ。

「人殺しの子」「人殺しの子」「人殺しの子」「人殺しの子」

ここらへんは「ブレイク・オン・スルー」のパッションで。ラストは「ジ・エンド」の奈落ボーカルぶりで締めたいところです。

以下のサイトによりますと、

flurryのとこ。(2005年1月20日)

蓬莱泰三先生はNHK「中学生日記」のシナリオライターで、こんなのも作っているとか。

もりげのどうかと思うような日記 - アホーゥ!! - 音楽劇

ちょっとアマゾンでCDが手に入るかと思ったんですが、残念ながら品切れ中みたいです。

はてなダイアリー - チコタン

こどものための合唱組曲「チコタン」~ぼくのおよめさん

こどものための合唱組曲「チコタン」~ぼくのおよめさん(二台ピアノのための)

合唱組曲「日曜日」~ひとりぼっちの祈り

こどものための合唱組曲「四つのお菓子のうた」

子どもの詩による児童合唱曲集「子供の歌」

いちばんちいさくてかわいいこどもたちのために「ミイコ」

こどものための合唱組曲「ぼくのたからもん」

こどものための合唱組曲「あの子が…」

聞いてみたいです。ただ、たとえば以下の図書館検索などを見る限りでは、

東京都の図書館 蔵書横断検索

公立図書館などでは所蔵しているところもいくつかあるようなので、少し探してみたいと思いました。

MJ-12MJ-12 2005/06/03 19:48 >元の曲はどのようなものか知らないんですが、キング・クリムゾンあたりに新しく(という言いかたもヘンだな)作曲させて、

ゲストギタリストはスティーヴ・ヴァイでお願いします。

guldeenguldeen 2005/06/03 22:32 告発というか「忸怩たる思い」で書くのですが、私が今いるような過疎の村・町などでは、どこへ移動するにもクルマは必須(バス・電車などの公共機関が発達していないので)。そんな状況の元で、「呑んで『クルマで帰る』人」というのは、かなり多いというこの事実。いちおう、運転代行業者などは隣町(といっても30kmほど先)にはあるのですが…。イナカ部を夜半にクルマで通過する際には、このような「出来上がっているドライバー」が少なくないという事だけは、どうかご留意下さい。(※私は下戸です)

lovelovedoglovelovedog 2005/06/04 00:05 スティーヴ・ヴァイというとヘビメタの人ですか。ヘビだけにホワイトスネイク(あまりよく知りません)

lovelovedoglovelovedog 2005/06/04 00:06 酔って運転しても人間以外の動物を轢きそうなところですね

AmericanAmerican 2005/06/04 05:23 蓬莱さんは、このようなことを講演で話されていました。
http://www.ambitious.pref.fukuoka.jp/chousa/kouenroku/kou-hourai.htm

lovelovedoglovelovedog 2005/06/04 06:45 C子さんとおばあさんの話は少し泣けますね。しかし子供のいない人だったとは驚きです

rikoriko 2005/06/04 11:31 はじめまして。中学の頃、人が足りないということで、合唱部のお手伝いをすることになり、チコタンを歌いました。小中学校の合唱コンクールで歌ったのですが、みんなで心を合わせ感情を込めて(最初は選曲に疑問を持っていましたが、最後はみんなこの曲が大好きになりました)歌ったのですが、観客にゲラゲラ笑われたのを思い出します。合唱曲の中ではちょっと一風変わった歌ですし、真剣に聞かないと歌詞の内容まで分からないものですから、仕方ないですけど。
20年以上前ですが、一番目の歌詞のサビは今でも歌えます(チコタンタンどないしよーってとこらへん)
いつも読んでいるブログでこの曲と再会できた驚きと懐かしさでつい書き込んでしまいました。
駄コメント、失礼しました。

kibashirikibashiri 2005/06/04 17:57  以前ビレッジピープルに対する個人的なセピア色の思い出が、ここのエントリーでマツケンサンバ銀ラメ調に侵されて以来のショックです。(爆
「チコタン」すごいですね。初めて知りました私としては、愛さんのこのエントリー自体がトラウマになりそうです。(苦笑
私が全然知らなかったのはやはりオヤジだからでしょうか?

antonianantonian 2005/06/04 19:49 我が島の宴会での酒量は尋常ではなく、かつては泥酔運転手がサトウキビ畑によく突っ込んで自爆していました。泥酔している人が路上で寝ていて轢いてしまう事件も多発し、島内で社会問題化し、今では運転代行業が盛んです。
しかし、木走さん同様、チコタンの歌ははじめて知りました。やはりおばはんだからでしょうか?

lovelovedoglovelovedog 2005/06/04 20:25 合唱コンクールで歌うには適度に難しい歌みたいな感じですね

lovelovedoglovelovedog 2005/06/04 20:26 ビレッジピープル=ゲイ・カルチャーという固定観念がすでにあるので、俺にとってそれはレインボー・カラーな思い出です

lovelovedoglovelovedog 2005/06/04 20:27 いややはり酒を飲んだら運転しないのが一番ですよ、と当たり前すぎてつまらないレベルのことですが言っておきます

zabonzabon 2005/06/09 23:09 『チコタン』小学校中学年のときに、6年生が歌っているのを聞いて衝撃を受けました。近畿地方の小中学校では、80年代前半あたりに良く歌われていたようです。『日曜日』は聞いたことがないですが……。
私が2003年8月に買ったCD↓まだ買えるようになっていると思いますけど。
http://zabon.s12.xrea.com/200308a.html#05_t2

lovelovedoglovelovedog 2005/06/10 02:11 どうもありがとうございます。違うCDに入ってるんですね

calpiscalpis 2005/06/13 21:27 小学校のとき、1年上の学年が「チコタン」を、自分達は「日曜日」の1〜3を歌ったのでどちらも印象深く残っています。(ちなみに15年以上前の話です)
しかし、この2つがどちらも同じ作詞家さんの手によるものだとは…。今更知りました。
「人殺しの子」のリフレインはかなり迫力あるメロディーでしたね…。
懐かしさのあまりとりとめもなく書き込みました。失礼いたしました。