Hatena::ブログ(Diary)

愛・蔵太の気になるメモ(homines id quod volunt credunt)

2006-02-28

[]俺が不満足だった回答の例

ちょっとコメント欄で指摘があったので、

http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/comment?date=20060227#c

以下のところから。

人生とんぼ返り : リクエスト通り、二回目のレッテル貼りをどうも

Commented by リンクサーチャー

リンクくらいあなただって探せるでしょ。東京裁判に関しては、ほい。

http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050602_yasukuni2/index.html

こんなのはどう?まんま書いてないと不満足かな?いくらでもあるんじゃないの?全部探して来いとか言わないでね。

Commented by リンクサーチャー

はい。サービスで行進のほうもね。「リンク」でいいんでしょ?

http://mltr.e-city.tv/faq08d02.html#bataan

Commented by 愛・蔵太

http://nikkeibp.jp/style/biz/topic/tachibana/media/050602_yasukuni2/index.html

それは単に、「立花隆」が「面倒なことになる(かもしれない)」と言っているだけで、「欧米」で「危険視」されている、という例ではありませんね。とても不満足です。

何か、別の例はありませんか。別に全部探して来い、とはいいませんが、「いくらでもある」ということなので、複数お願いします。

Commented by 愛・蔵太

http://mltr.e-city.tv/faq08d02.html#bataan

これは「バターンの行進」の「存在を否定」しているものの例ではありませんし、「危険視」されている、という例でもありませんね。とても不満足です。

何か、別の例はありませんか。

Commented by リンクサーチャー

>「いくらでもある」ということなので、複数お願いします。

>何か、別の例はありませんか。

わーきたきた。まさか無料で人に何かを頼んだりしませんよね?いくらかもらえるのかしら。(笑)

で、今はこんな感じです。

Commented by 愛・蔵太

リンクサーチャーさんはここのブログの人と何か関係がある(責任において相互依存関係にある)ような人なのですか。

それはともかく、この

>「東京裁判の手続きは正統な手続きを踏んでいない」「バターンの行進の存在に疑問を呈する」と言ったら、それだけで(たとえば)欧米では危険視されます。

というのが本当かどうか、というのは興味があるので、リンクサーチャーさんが調べるとしたらいくらかかるかご連絡ください。

金額によってはお願いしたいと思います。

Commented by 愛・蔵太

私のメールアドレスは、lovelovedog@nifty.ne.jpです。

http://www.searcher.gr.jp/

サーチャーの会

------------------------------------

http://be-dream.jp/920/921/job/j_main200.html

職業事典:サーチャー

------------------------------------

相場の検討がまったくつかないので、こちらのほうから「いくらぐらいでお願いします」と言うことができません。申し訳ありません。

あと、どのくらいの実力かも知らないので、「言行を一致させろ」と、孔子が言っている【中国語・英語の翻訳サイト】を、ちょっと出してみてください(この件について『具体的にリンクつきで教えてください』というのは、リンクサーチャーさんの軽いジョークですよね)。

Commented by 愛・蔵太

リンクサーチャーさんのメールをまだいただいていませんが、その後どうですか。メールアドレスは前にも言ったとおり、「lovelovedog@nifty.ne.jp」です。送ったけれども届いてないのか、といったことがありましたら、大変申し訳ありませんがこのコメント欄にでもご記入ください。

ということで、リンクサーチャーさんのほうはその後どうですか。

あと、リンクサーチャーさんの答に「大変満足した」という人がいましたら、その理由とかも含めて、コメント欄で何か言っていただけるとありがたいです。

今のところ、俺はuki_gumoさんから回答をいただいていないこと、及びリンクサーチャーさんの答に大変不満足です。

ということで、引き続き、uki_gumoさんの、

人生とんぼ返り : 愛・蔵太さんに謝罪と賠償を要求します

東京裁判の手続きは正統な手続きを踏んでいない」「バターンの行進の存在に疑問を呈する」と言ったら、それだけで(たとえば)欧米では危険視されます。

という例を、広く求めております。

今のところちょっと気になるのは、

人生とんぼ返り : 『歴史修正主義』というもの

Commented by taka

これは戦死した軍人の名誉に関する話ですから、危険視する人たちとしては、ヨーロッパとかよりは、スミソニアンの原爆展を中止させた退役軍人団体なんかの直接の利害関係者がいちばん先鋭なはずで、そのへんを掘ったら出てくるはずです。

この退役軍人団体とその指導者に関するものでした。この人たちが「東京裁判」についてどのような発言をしているか(あるいは、それについて言及している日本人についてどのように言っているか)、に、ちょっと気になる程度の興味を持ちました。

[]俺の日記の記述にこだわる「十条」さんについて少し因縁を考えてみる

十条さんのブログはこちらですが、

十条より微々たる情報発信

過去ログとか見ると、

十条より微々たる情報発信: 日記

どうも、「野良猫」さんとか「散歩道」さんとかいうかたが仮想敵だった様子。

十条より微々たる情報発信: 野良猫氏、デマ発言(あーあ)

十条より微々たる情報発信: 散歩道さんの不思議な発言

お二人のサイトは以下のところです。

野良猫の備忘録――北国出張版 -北国tv

南京事件 小さな資料集

散歩道(リンク間違い訂正)

で、「野良猫」さん経由で俺の日記(ブログ)を知ったのかな、と。

以下のところで私が「野良猫」さんについて言及し、

コメント欄が楽しいサイト

こんなトラックバックをいただいているので。

メモその5「悪魔とBLOGコミュニティとネット保守」 : 野良猫の備忘録――北国出張版 -北国tv

そんなに厳しいことは書いていないつもりだが、これが非難にしか聞こえないとすれば、その人はよほどプライドが高い権威主義なのだろう。

さらにたどると、「死ぬのはやつらだ」さんのところですか。

反米嫌日戦線 LIVE and LET DIE(美は乱調にあり) -北国tv

なんかどうでもよくなって来てますが、要するに俺が誰かの味方だったり敵だったり、あるいはそういう人たちの一方によった(偏った)歴史・報道分析をしていると、「十条」さんが判断したところが、「十条」さんの気にさわるところだったのかなぁ、という、これは人間関係から見ての考察なのでした。で、「十条」さんの仮想敵は、日中戦争を中心に新保守的なことを言っている人たち、なのかな(これは俺にもよくわかりませんでした)。エントリーでデマとか不思議なとか言っている部分はなかなか面白かったです。

俺自身は、左寄りのサイトのテキストをネタとして扱う理由は、ネタとして面白いから以上の理由はありません。その素晴らしい世界認識、ステキな批判精神、焚きつけたり焚きつけられたりする連帯意識と情報交換の熱心さは、一市民にすぎないおいらのあこがれでもあります。あこがれが過ぎてそれはもう、他の人には嫉妬か憎悪に見えるかもしれませんし、俺自身も単なる「あこがれ」以上のものにする気はありませんが。

[]サイモン・ウィーゼンタール・センターに以下のようなメールを出しました

出してから「返事をいただけなかった」ということを公表しても特に問題がない期間ぐらい待ちましたので、ちょっと公開してみます。

Dear officer.

My name is "Kurata Ai", a blog user living in Japan. I am very interested in your activities, and have some quesutions about your knowledges of Japan. The questions are the following:

 

While you are collecting information on Japan, are there some members who understand special Japanese language?

Are you regularly confirming books and magazines which are published by the publisher named "Bungei Shunju" in Japan?

 

And I want to contact your member if there is the one like "Branch" in Japan.

And ,if possible, please let me open your return mail to the public.

Of course, I am not "history revisionist".

My blog is this:(but,sorry,only written by Japanese):

この件に関しては、私の返信メールの見逃しとかいろいろな理由が考えられるので、しばらくしたらまた出してみようかと思います。

jimusiosakajimusiosaka 2006/02/25 20:39 初めてお邪魔致します。
「南京事件 小さな資料集」は、「ゆう」さんのHPですよ。

lovelovedoglovelovedog 2006/02/25 22:03 どうもありがとうございます。リンク先訂正しました

十条十条 2006/02/25 23:51 いままで自分が(この日記を)読んだ中でも、最高の迷エントリだと思います。

>で、「野良猫」さん経由で俺の日記(ブログ)を知ったのかな、と。
>以下のところで私が「野良猫」さんについて言及し(以下略)

その推論は間違いですね。ですから、

>さらにたどると、「死ぬのはやつらだ」さんのところですか。
>→反米嫌日戦線 LIVE and LET DIE(美は乱調にあり) -北国tv

これも完全に的はずれです。ですから、

>なんかどうでもよくなって来てますが、要するに俺が誰かの味方だったり敵だったり、あるいはそういう人たちの一方によった(偏った)歴史・報道分析をしていると、「十条」さんが判断したところが、「十条」さんの気にさわるところだったのかなぁ、という、これは人間関係から見ての考察なのでした。

これはさらに大ハズレ。
正解は、愛さんの1月16日エントリを「小泉自民党支持」を自称される「社会派DS」さん経由で知りました。ナベツネについて検索していて「社会派DS」にたどり着いて、ついでに次の日のエントリー…という次第で。

しかしまあ、「人間関係から見ての考察」だかなんだかわかりませんが、よくこれだけ的外れな「考察」とやらをブログで公開する気が起こるものですね。乏しい情報をもとに「当てずっぽう」を言っているだけですが、これを「考察」という言葉で表現して公開することで、ご自分のブログの信頼性を自分で損ねているわけでしょう。なんだか、語るに落ちるという感じですね。

lovelovedoglovelovedog 2006/02/26 00:02 で、「野良猫」さん&「散歩道」さんと、「十条」さんとの関係はどのようなものなんでしょうか。名指しで不思議がってたり、デマというような形で否定しなければならないほどの関係というのはとりあえず分かりましたが

lovelovedoglovelovedog 2006/02/26 00:03 あと、そのことについて触れるとムキになる関係というのも分かりましたが

十条十条 2006/02/26 00:12 ところで、私(十条)が野良猫さんや散歩道さんや伊藤純子さんのテキストを(自分のブログで)ネタとして扱う理由は、ネタとして面白いから以上の理由はありません。その素晴らしい世界認識、ステキな批判精神…(※具体的には野良猫さんや散歩道さんに対するエントリを参照のこと)。

しかし愛さんは、私(十条)に対しては野良猫さんや散歩道さんといったモチーフを「仮想敵」にしていると表現しつつ、他方、御自身については、モチーフを「ネタ」と表現して、「仮想敵」と表現していません。
このあたりの非対称性に、愛・蔵太さんの言説の特性が表れている気がします。

lovelovedoglovelovedog 2006/02/26 00:25 そうですか。私の場合はネタのテキストに言及する際には「大笑い」とか「愉快」とか「爆笑死」というような言葉を使うので(多分「デマ」という言葉を使ったエントリーはないと思います)、ムキになっているなぁ(仮想敵として難儀しているなぁ)、という印象を受けたのですが、当人が「そんなことはない」と言い張るのなら、それもまた一つの言説の特性なので仕方ないですね

lovelovedoglovelovedog 2006/02/26 00:31 あと、私は「ステキなエントリー」にはよく出会うんですが、なかなか「迷エントリー」には出会うことがありません。これは十条さんと私の、ネットで見ているものの違いがわかって面白いことなのでした

十条十条 2006/02/26 01:14 いや、私の場合も「野良猫氏、デマ発言(あーあ)」とか
「相変わらず、ボランタリー・プロパガンダ工作員に勤しんでいるようですね(笑)」と、「あーあ」「(笑)」という言葉を使って
おりますが、それでも十条のモチーフは「仮想敵」で、愛さんのモチーフは「ネタ」と表現するわけですね(笑)。その非対称性に、愛・蔵太さんの言説の特性が表れている気がします。

それから散歩道さんの発言を「不思議な発言」と表現したのは、拙ブログのコメント欄での発言に対してですし、事実どうしようもなく不思議、というか滑稽な発言なのですが、これが「ムキになっている」根拠になるのでしょうか(笑)。 

最後に、愛さん、こういうエントリを重ねるごとに、ご自分が「十条」という人物そのものを貶めようと「ムキになっている」(仮想敵として難儀している)と多くの人に受けとめられることを、そろそろ心配したほうがよろしいのではないでしょうか。えーと、「十条という人物について」という旨のエントリ、これで何回目でしたっけ?

lovelovedoglovelovedog 2006/02/26 01:45 4回目ですね。俺はエントリーの回数に関して「ムキになっている」というような形で言及したことはありませんが、十条さんのそれは何という(どういうタイプの)言説の特性ですか。普通に、十条(さん)という人物に俺が興味を持っており、持っているということが多くの人に受け止められるだけのことで、それは心配のしすぎというものです

lovelovedoglovelovedog 2006/02/26 01:52 あと、テキストに「(笑)」をつけると、どうも文章全体がバカっぽく見えるので私のほうでは使わないようになって久しいのと、「それとも」で仮説をさらにトンデモ方向に持っていく技法をネット上のやりとりで見ていて笑っていた人間なので、そこらへんの配慮をいただけるとありがたいことであります

十条十条 2006/02/26 02:09 さあ、「普通に」「十条(さん)という人物に俺が興味を持っており、持っているということが多くの人に受け止められるだけのこと」と受容されるでしょうか。それから、自らのモチーフは「ネタ」、十条のモチーフは「仮想敵」と表現する非対称性から、「多くの人」は何を読み取るでしょうか。

野良猫野良猫 2006/02/26 09:20 >これはさらに大ハズレ。
>正解は、愛さんの1月16日エントリを「小泉自民党支持」を自称される「社会派
>DS」さん経由で知りました。
>なんだか、語るに落ちるという感じですね。

 十条さん、そういう経緯はご本人にしか分からないことなのだから「大ハズレ」と書く意味はありません。普通に経緯を説明して終わる話題のはずですから「語るに落ちる」などと書く必要もない。
 政治ネタを書いていると、時折こうした「対抗意識」あるいは「敵意」めいた意志の読み取れるレスをもらうんですが、このへんがどうもよく解らない。考え方が異なるとはいえ、面識もない「赤の他人」に対する礼儀があるようには見えないから、「それでもいいのだ」と考えられる思考過程はどんなものかと興味を持っていました。

 僕の側からすると、十条さんは「コメント欄やトラックバックで変わった内容を書く人」くらいなんですが、そちらからはどのようにお考えなのかな〜などと当時は思いました。

 たぶん、テキストを書く姿勢にしても二種類あります。自分で考えた事をまとめてみる「分析」と、自分と同じように読者にも考えて欲しいと思って発信する「共感」に大きく分けられる。
 自分のところでコメント欄に何度か書いていますが、間違っているところがあればたたき台にして正解に近づけばいいと考えてるので、十条さんのような方が反感を持ったり「野良猫の記事はデタラメですよー(オレはそう思うからみんなも思って)」という記事を書かれても「そうですか」と感じるだけなのです(そこがさらに反感を買うのかもしれませんが)。

 また、念のために断っておきますが、たぶん十条さんがご自分の政治的主張に近い方々と結んでいる「親近感・同胞意識」めいたものを、僕は誰にも抱いていません。また、誰かと協力して自分の主張を広めようという気もない。面白そうな意見があればコメント欄に書き込みもしますが、それは「思想的同志・仲間」みたいな意識からではないのです。そういう「根っこ」の部分で、私たちは別種の人間なのでしょう。述べている事を理解できなければそれでもいいので、一応は覚えておいてください。
 
>愛蔵太さん

 これは勝手な想像なのですが……、十条さんが何を目的として主張しようとしているのか、今ひとつ解りかねているのではないでしょうか。基本的に「ブログの管理人を論破する」ではなく「ブログの信頼度を落として読者を持論に同調させる(成功するかは別として)」が目的なので、考え方などを問いただそうとしても、望むような回答は得られないと思います。
 十条さんは「有効な反論」をしているつもりかもしれないが、どうでもいい揚げ足取りに話が流れる時はそんなズレがあります。

 たぶん「違う思想を持ったブログを『権威』と認識して、『反権威・反権力』の戦士たちである自分が、騙されている『民衆(読者たち)』を解放するぞ〜」というような「物語」を持っているんでしょう。そういうのは、ウルティマ・オンラインのギルドウォーで満足していて欲しいものですが……
 実生活の場で政治ネタを語りにくくしていたタイプが、ネットでも同じ手口を始めてきたサンプルともいえそうです。

lovelovedoglovelovedog 2006/02/26 12:18 野良猫さんの十条さんに対する意識分析は面白いですね。「十条さんが何を目的として主張しようとしているのか、今ひとつ解りかねているのではないでしょうか」というのはその通りなので、野良猫さんの分析だけではなく、ちょっと十条さんの考えていることを、直に聞いてみたいところです

十条十条 2006/02/26 13:30 >>これはさらに大ハズレ。
>十条さん、そういう経緯はご本人にしか分からないことなのだから「大ハズレ」と書く意味はありません。

はぁ…。その「本人にしか分からない」ことについて、愛さんが「的外れ」な憶測を「考察」と称して述べたから、「大ハズレ」と書いただけの話ですよ。そこに野良猫さんが口をはさむのは「どうでもいい揚げ足取り」にはならないのでしょうか。
さらにいえば、こういう突っ込み自体が「対抗意識」あるいは「敵意」めいた意志の読み取れる横レスであり、「実生活の場で政治ネタを語りにくくしていたタイプが、ネットでも同じ手口を始めてきたサンプル」とはあなた自身ではないかと思われかねませんよ、野良猫さん。

>たぶん「違う思想を持ったブログを『権威』と認識して、『反権威・反権力』の戦士たちである自分が、騙されている『民衆(読者たち)』を解放するぞ〜」というような「物語」を持っているんでしょう。

この「物語」とやらも大ハズレですね。
野良猫さんや散歩道さんをネタにしたのは、単に「東中野コピペ厨」、正確には「東中野の劣化コピペ厨」、あるいは「反則厨」ぶりが滑稽だったからだし、伊藤純子さんは「反ジェンフリ原理主義」ぶりが滑稽だったからです。愛さんの件を私のブログに載せていなかったのは、これは単に野良猫さんや伊藤さんと同レベルで「トンデモ」とは認識していないからです。

野良猫さんはなんだかご自分を高く評価しているようですが、私から見れば貴方や伊藤純子さんはそれこそご自分の「物語」の世界に生きている人でして、「その素晴らしい世界認識、ステキな批判精神」、あるいは議論における「反則技の連発」ぶりに私の関心が向いているわけです。ですから野良猫さんや伊藤さんの「思想」から、騙されている『民衆(読者たち)』を解放するぞ、といった「高次元」の意図なんて、あるかい(笑)。ただの「トンデモヲチ」の次元ですよ。

lovelovedoglovelovedog 2006/02/26 14:21 「ヲチ」という表現も、私はあまり使わないのでなじみがないんですが、まぁ、ウォッチする側もされる側と同レベルにならないようにしなくては、というのは、私のほうでは常に考えることではあります。「そう見られてしまう」のは、これもまた仕方のないことではありますが

ガンバガンバ 2006/02/26 21:01 結局、憶測に憶測を重ねて「反米嫌日戦線」と十条氏を結びつけているだけだったわけですね。愛・蔵太氏が得意とする(?)人物・人脈ウォッチのレベルが知れてしまうという点では、 ウォッチする側もウォッチされるという一例かも。

野良猫野良猫 2006/02/26 21:12 >愛さんが「的外れ」な憶測を「考察」と称して述べたから、「大ハズレ」と
>書いただけの話ですよ。

 いいえ「そうではありません。経緯はこうです」と説明するだけで事足りる。別に十条さんを否定的に述べている訳でもないのだから、特に反発する理由もない。もしも、余計な感情が混じっていないのでしたら、意見の近い方に対しても同じ調子でお願いします。まさか「赤の他人はいいけど仲間にはダメ」という訳でもないでしょう?
 書き捨て上等の匿名掲示板の感覚を、一般ブログに持ちこまれても困りますから。

>さらにいえば、こういう突っ込み自体が「対抗意識」あるいは「敵意」めいた
>意志の読み取れる横レス

 いえ、ツッコミでもなんでもなく、普通に必要なことだけを書くべきと指摘しているだけです。「それはお前だぁ!!」というオウム返しはありふれた手法ですが、どんな状況でも使える訳ではないのでご注意を。そもそも意味が通っていません。

>野良猫さんや散歩道さんをネタにしたのは、単に「東中野コピペ厨」……、
>野良猫さんはなんだかご自分を高く評価しているようですが……、

 それは、十条さんがそういった感想を抱いたというだけの話ですね。こちらとしては「彼の思考過程ではそう納得できているんだろうな」としか判断のしようがありません。その主張に同意してくれる人がどれだけいるかも解りません。「反則厨」うんぬんというのも、確か全く別の方が述べていたのを利用しているだけで、あなた独自の見解というものではありませんね。
 確か「厨」という言葉は2ちゃんねる由来だったような気がしますが、そういうのも「コピペ厨」という範疇になるのでは? 他人の主張に頼って独自性を持っていないんですから。
 う〜ん。「トンデモヲチ」というのは、トンデモな人が他人の意見を観察してトンデモ状態になる、という意味なんでしょうか。なんだか大変そうな言葉ですね。

 さて、話が散漫になるのも何ですから、そろそろ愛蔵太さんに何を求めているのかポイントを絞り込んでください。

あのあの 2006/02/26 22:31 話が散漫になったのは君のせいだろ>野良猫氏

lovelovedoglovelovedog 2006/02/26 22:38 まぁみんな仲良くやろうよ、ぼくたち友達だろ?(by日向冬樹)

シュライクシュライク 2006/03/04 22:36 まあ私は野良猫さんのあげ足とりにウンザリしていますがね。
後半なぞ、まるで内容が無いよう。

シュライクシュライク 2006/03/04 22:43 「俺の日記の記述にこだわる『十条』さんについて少し因縁を考えてみる」
およびその後のコメントを、一市民として(笑)楽しく読ませていただきました。

まあ一度「愛・蔵太」のペルソナから離れて、「一市民」の視点がどう判断するか、このエントリの偏りは戦術的に正しかったのか、考えてみると良いでしょうね。