Hatena::ブログ(Diary)

愛・蔵太の気になるメモ(homines id quod volunt credunt)

2007-06-24

[]引用テキストの多いぼくの日記でカエサルの「人は自分の見たいものしか見ない」という話をしてみるよ

 以下のところから。

最終防衛ライン2 - 引用のみサイトやってて楽しいの?

 多いですね、他のサイトを引用しただけのサイト。酷いのになると、新聞記事丸々引用というか、完全コピペ。新聞サイトの記事は消えやすいので引用する気持ちや、スクラップブック的に使いたいのも分かるんですが、自身の意見が全く書かれていないので、何が言いたいのかさっぱり分からない。本当に自分自身のためだけなんでしょうが、それだったらネット上に上げないでもらえますか?と言いたくなる。

 まったくです。もっと自分のテキストを書かないといけないといつも思うんだけれど、あちこち調べていると調べた先のテキストが面白かったり、いちいち自分で書くよりも引用するほうが有益に思えてしまうケースが多かったりするので、仕方ないと諦めています。新聞記事の丸々引用は、記事全体が消えてしまう記事の部分引用ではかえって不誠実ではないかという考えで、意図的にやっています。ところどころを太字にすることで、少しだけ自分の意見、というか気になったところを示しているつもりです。「はてなダイアリー」の場合は、自分の日記内のテキスト検索が容易にできるので、人のためではなく自分のために、これも意図して「メモ」的に使っています。ただ、検索などでぼくの日記に来た人には少し迷惑をかけているかもしれません。ぼく自身は「昔の新聞記事」の元テキストが消えてしまっている際に、他の人の日記(ブログ)にそれが丸々残っているとけっこう重宝しているので、ぼくの日記もそういう人のために役に立ってくれているとありがたいことです。自分の意見は「どこからどのテキストを引用してくるか」によって、多少出てきているような気もしますが、引用テキストの少ない人の日記(ブログ)に比べると、意見が少なめに見えてしまうでしょうね。さらに、なるべく政治的には右・左の片方には偏り過ぎないようにはしているので、右・左のどちらの人の目から見ても中途半端に見えることでしょう。

 これだけ自分で書くと、だいぶ引用テキストより自作テキストのほうが多くなったので、またちょっとだけ引用しておきます。

最終防衛ライン2 - 引用のみサイトやってて楽しいの?

情報は裏を取り、色んな意見に耳を傾けろ

最後に、近頃のインターネットからまた引用するけど

3)いい加減な情報が増えた。間違った情報がどんどん増殖する培養液のようだ。

4)誰も元の情報を確かめない。自分の周囲のページに書かれていれば信じる人が多い。

自戒も含めて、情報の裏は必ず取るべき。ある事柄に関する意見を見る場合も、必ず自身にとって賛同意見と反対意見を見るべき。そうしないと、どんどん盲目的になっていく。カエサルの「人は自分の見たいものしか見ない」 と言う言葉を忘れてはならない。

 カエサルのそのテキストの引用をしている人は、元テキストについてどれだけのことを知っているか知らないので、丸っきり知らない人のために元テキストを紹介しておきます。「誰も元の情報を確かめない」ということの反証の一つにもなりそうです(「多くの人間は元の情報を確かめない」ということは、ある、と思います)。

 とりあえず、以下の語で検索して、嫌な気持ちになりました。

人は自分の見たいものしか見ない カエサル - Google 検索

 で、以下のところから。

シーザーの名言「人は自分の見たいものしか見ない」英語で? - Yahoo!知恵袋

ラテン語 

“libenter homines id quod volunt credunt”

英語:

Men readily believe what they want to believe.

Men gladly believe that which they wish for.

People will see only what they want to see.

日本語

人間は、望むことを喜んで信じる。

Latin Dictionary and Grammar Aid

libenter : willingly, with pleasure.

voluntas : wish, will, inclination / good will.

credo : to believe / trust, commit / trust in, rely on/ think.

 …どうも「人は自分の見たいものしか見ない」は意訳部分が強すぎる気がします。英語のseeの誤訳・意訳? 意味としては通じるので、誤訳というほどではありませんが。

ラテン語格言集 (8)

Homines id quod volunt credunt.

「ホミネース・イド・クォド・ウォルント・クレードゥント。」と発音します。

homines は「人間」を意味する第3変化の名詞・複数・主格で、この文の主語です。

id は(確定)代名詞 is の中性・単数・対格で、関係代名詞 quod 以下の先行詞となっています。

volunt は「望む」を意味する不規則動詞 volo の現在・複数・3人称で、目的語は、id quod volunt (「(人間が)望むところのことを」)となります。

credunt は「信じる」を意味する第3変化動詞 credo の現在・複数・3人称で、この動詞に対応する主語は homines です。

「人間は(信じたいと)望むことを信じる。」という意味です。

原文は、カエサルの『ガリア戦記』第3巻18に見られる言葉で、そこには副詞 libenter (自由に)が頭についています。

この場合、「人間は、自分が信じたいと望むことを喜んで信じるものである。」という意味になります。

 さて、こうなると『ガリア戦記』の中ではいったい、どういう文脈でこの言葉が使われたのか知りたくなります。

 ちなみに、「ウィキソース」にはラテン語の原文はあるのです。

Commentarii de bello Gallico - Wikisource

 英語テキストもありましたが、探すのは少し面倒くさい。

"De Bello Gallico" and Other Commentaries by Julius Caesar:Online Reader - Project Gutenberg

 ということで、「 引用のみサイトやってて楽しいの?」という、「最終防衛ライン2」の人の疑問・質問には、ぼく基準ではとても楽しい、としか言いようがありません。要するに、自分が知らないことを調べたり、調べた結果を(引用の形で)紹介することは、とても楽しいことなのですが、皆さんはいかがですか。

 ぼく個人としては、カエサルの言葉を引用する際には「人間は、自分が信じたいと望むことを喜んで信じる(ものである)」という形で引用されることを望みます。「見たい」とか「しか」とか入れたり使ったりしないで、「信じたい」「喜んで」を使うといいのでしょうね。

 

 これは以下の日記に続きます。

カエサル『ガリア戦記』から引用2つ

lastlinelastline 2007/06/23 20:45 ん〜僕基準では、愛・蔵太さんは、『引用のみサイト』じゃないんですよ。引用するにしても、上記で述べられているように太字にしたり、まとめたりしてますから、何が言いたいのか分かりますし。見てて楽しそうなのは分かりますし。
僕の言うところの『引用のみサイト』ってのはニュースサイトの見出しが、ブログの見出しで以下コピペってサイトですね。アレは何が楽しいのかさっぱりです。記事ごとにカテゴリわけしてるわけでもないですし。何でしょう、引用だけしてるので情報が劣化してるみたいな。
「引用テキストが多い」と「引用のみ」とでは全然違いますから。
ところで、カエサルの格言は勉強になりました。「人は自分の見たいものしか見ない」はカエサルを引き合いに出さずに使いたいと思います。

RJRJ 2007/06/23 22:04 Yahooニュースとかの、もう世間にガッツリ知れ渡っている情報の引用文がひたすら載ってるブログとかありますよね。
ブログの作者のコメントが一切入ってなかったりするの。
アフィリエイトとか広告収入狙いのボットなのかなぁ、と思うこともあります。

lovelovedoglovelovedog 2007/06/23 22:18 ガリア戦記を、とりあえず日本語で読んでみようと思いました。ラテン語では残りの人生の半分をかければ読めるようになるかなぁ…

lovelovedoglovelovedog 2007/06/23 22:19 新聞の記事は、何かを調べたりするための情報源(二次ソース)としてみんな使って欲しいと、熱心に思っています

ぱるぷなしぱるぷなし 2007/06/24 10:35 欧州の高等教育ではラテン語を教養で必修にしているところが多いと聞きました。
日本で言えば古典なのでしょうか。ラテン語は古典には欠かせないかも。

意図的に歪めた引用が多い中で蔵太さんは丁寧な引用で素晴らしいと思います。
自分の我が強いばかりに間違った引用をしているブロガーも多いですからね。
読んでいる私も簡単に信じちゃって、後日後悔することもしばしばです。

anzuanzu 2007/06/24 11:13 >カエサルの「人は自分の見たいものしか見ない」
確か、塩野七生女史の著書で何度も見たような(十年以上前なので、裏覚えですみません)

nami-anami-a 2007/06/24 11:45 >新聞の記事は、何かを調べたりするための情報源(二次ソース)としてみんな使って欲しいと

そうなんですよ!新聞記事は「2次情報」なんですよ。
新聞記事(2次情報)を読んでから1次情報を読むと、何故こんな新聞記事の内容になるのかと困惑する場合が多いです。特に大臣の記者会見の内容とか。

lovelovedoglovelovedog 2007/06/24 12:37 新聞の話をしたいだけの人には、あんまりインターネットっていらないかもですね

yetanotheryetanother 2007/06/24 21:07 講談社学術文庫の「ガリア戦記」が手元にあるので見てみましたが、対応しそうなところは一応ありますね。
私も「ローマ人の物語」で再三この言い回しを見ているので、塩野氏がどういう風にこれを持ち出しているか興味を持ちましたが、カエサルの巻は薄いとはいえ文庫本4冊…。

lovelovedoglovelovedog 2007/06/25 20:45 ぼくも岩波の『ガリア戦記』を見てみました。どうも「孔明の罠」みたいなことをしてたみたいです(くわしく書けるようなら後日また)

gamma_utgamma_ut 2007/06/25 23:51 『はじめまして。どこぞで本居宣長さんもこんなことをのたまってたような…と思って探したらありました(http://kidult.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_701e.html)。
略されている部分は手前味噌ですがhttp://d.hatena.ne.jp/gamma_ut/20060831#20060831fn2 に転記しております。文脈は調べておりませんが…。

lovelovedoglovelovedog 2007/06/26 00:03 別にカエサルじゃなくてもよさそうですね

portcloudsportclouds 2011/02/17 22:53 通りがかりです。すばらしいです。日本には翻訳に関して重大な欠陥がある場合があります。
ツィッターに引用させていただきました。ストライクウィッチースには驚かされました。
ttp://twitter.com/#!/portclouds

lovelovedoglovelovedog 2011/02/19 21:07 コメントどうもありがとうございます。また何かありましたらよろしくお願いします。

へなちへなち 2014/08/18 12:11 通りがかりですが 見たいものしか見ない 人間は、自分が信じたいと望むことを喜んで信じるものである。
人の解釈の仕方によって 同じ意味にも 切り分け可能なくらい違う意味にも取れます。

コンピューターの認識能力からすると 人間の言葉は著しく不完全です(コレは映画「イノセンス」のセリフの意訳引用?になりますが)
確証バイアスといったものもあり 科学的な方面からも観察してみるのもいいかもしれません。

気づいたこととしては 周囲から影響を受けていない個人的な意見(意思?)は、私には相当に少なく思え、多分に自分もそれを忘れることが多く、周囲はそのことにも気付かずに自分の意見としているような気がします。
ともに気づいたこととしては、意見や考えは自身の衝動が干渉している場合が多く 思想、主義、信仰といったものでは 似たような衝動を持った個体が 集団としての個を形成しているようにも見えます。
(コレは攻殻機動隊 セカンドシーズンより 「人間は最も合理的な意思や主体を宿す最小単位で 自身より大きかったり小さかったりするある種のホロ型構造の存在について 思考し言及する、みたいな」(相反する主体を題材にしたトーキンスとラブロフがほぼ同時期に同じ結論に達したと言ってもいいような著書を残していること)
の下りがネタ元の一つになっています。

10年前w10年前w 2017/10/12 18:10 anzuさんが書かれているように塩野七生が相当補強して引用してるんですね。
>「人間ならば誰にでも、現実の全てが見えるわけではない。多くの人たちは、見たいと欲する現実しか見ていない」
>2001,ルネッサンスとは何であったのか,76p,338pp,新潮文庫,新潮社
http://www.arcs-inc.co.jp/arcs_staff_room/RAMBLREs_ROOM/ayaori/081005_shiono_nanami_07.html
ライフネット生命の会長も講演で上記の文章を引用しているようです。

ガリア戦記の該当箇所、日本語ソースはこちら
https://ja.wikibooks.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%88%A6%E8%A8%98_%E7%AC%AC3%E5%B7%BB#18.E7.AF.80

続 2017/10/24 19:43 2017/10/12 18:10を書いたあとで、本屋で手に取った本にまたこの言葉が載っていて笑ってしまいました。
(NHKの番組の名言集かと思って手に取ったら全然違った…)

直接カエサルの言葉というより塩野七生のカエサルの解釈として以下の記述がありました。
これを踏まえてガリア戦記の該当箇所(の少し前)を読むなら、原典にも戦況の解釈の差があったとあり
戦略の知識で俯瞰するリーダーと、戦術の範囲で動くソルジャーで見方が違うということですね。

>私が一番好きなカエサルの言葉に「多くの人は見たいと欲するものしか見ない」というのがあります。
>リーダーと一兵卒では見るものが違うかと言ったら、本当は同じです。だけど一兵卒はその重要性に気づかない。
>いや、気づきたくないわけね。例えば敵が来るなんて思いたくないから敵を見ないんです。
>そこが、リーダーとリーダーでない人の間に存在する、厳とした差ではないかと思います。
(プロフェッショナル100人の流儀/監修・藤尾秀昭、致知出版、平成27年7月25日)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。