Hatena::ブログ(Diary)

愛・蔵太の気になるメモ(homines id quod volunt credunt)

2007-09-17

lovelovedog2007-09-17

[]人口ピラミッドを見て暗くなる

 最近は何を見ても暗くなったり、懐かしいものには涙が出たりする軽ウツ状態なんですが、この人口ピラミッドには、モノを作る人間は暗くならざるを得ないというか。

平成16年10月1日現在推計人口

 感覚として10代・20代の数は減っている気がする、というのはあるんですが、30代の人間がモノを作って10代・20代に売ろうとすると、ちょっと絶望的なぐらい市場(需要人口)が少ないのでは、と思ってしまう。

 グラフから単純に見ると、需要・供給のバランスがいいのは、「50代〜40代後半」が「30代前半」に何かを売る、というのはまぁ少しは考えられる。

 で、考えてみると「30代」が「10代前半」にモノを売っていて景気よかったのは20年前、ということになり、なんとなく感覚としてはわかる気がする。週刊少年ジャンプの黄金時代も1980年代じゃなかったかな。

 今の「30代」は、モノを消費する世代ではなくて作る世代で、それを考えるとその世代は「10代」ではなくて「50代後半」を市場(需要人口)として考えたほうが、まだ儲かる可能性はある、という感じでしょうか。若者ではなくシニアを購買層にした商品を作る、ということですね。でもモノそんなに欲しがるかなぁ、シニア世代は。シニア世代のリッチ層を対象にすると、また市場そんなに広くないとは思いますが、一人あたりの消費金額が多めになるので、それはそれでいいのか。あと、年寄りは新しいモノは買わない気がする。

 また今回も「気がする」「思う」が多いテキストになってしまいましたが、若者の多くない国なんてダメですよ、と無駄に断言してみたりしよう。世界の若者人口(20代ぐらいまで)はどのくらいの比率なんだろうな。でもけっこう、年寄りのいるところに若者がけっこういるのは何でだろう、と思う。古本市とかですね。病院もそうか。中年の多いようなところには若者はいない、というか目立たない。(追記:古書展では「売る側」に、病院では「病院の案内を含むサポート員」のほうに、若い人が目立つ、の意でした。一種の老人介護系というか…。たとえば、古書展で本を買うと、金の受け渡しの窓口はとても若い人たちがやっている。古書店員見習いでしょうか)

 

(追記)

 トラックバックで以下のような、世界の人口ピラミッドがわかるところを教えていただきました。

International Data Base (IDB) - Pyramids

 「Dynamic.」でアウトプットすると、年代構成がうにゃうにゃと、未来はこうなる、とうねって面白いのです。

反ダウンロード違法化反ダウンロード違法化 2007/09/15 04:42 選択肢の多様化が主要な原因じゃないんでしょうか。
たとえば、CDは売れなくなりましたが、その代わりにネット配信やDVDが成長し、CDの減った分を埋めさらに総数を押し上げています。
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070911/14986

puhipuhipuhipuhi 2007/09/15 07:46 日本の中だけで考えてるから暗くなるんで、世界を市場にすればいいんですよ(笑)

lovelovedoglovelovedog 2007/09/15 09:59 そうだなぁ、もっと楽観的に世の中を考えなくては

Dr_CaligariDr_Caligari 2007/09/15 10:18 人口ピラミッドと言えば、老老介護の事を考えればさらにウツになれますよ。

外国住まい日本人外国住まい日本人 2007/09/15 10:33 Puhipuhiさんに同感。
品物を売る相手は世界にいますよ。書き手の方、視野が狭すぎです。
そういう発想だから、
「日本以外の成長していく地域の株や債券を買って一緒に成長しちゃえ」
という、金融商品の購買者側の発想も出てこないんですよ。
せっかくのチャンスなのに、見逃してしまうんですね。。。

とってもまずいとってもまずい 2007/09/15 15:39 海外を見ていると、政策が成功すれば回復は意外に早いのですが、この国の場合全く効果が出ていませんね。
↓こっちにも詳しい資料がありますので興味あられたらどうぞ。トップ右上にもっと恐ろしい図が。
http://www.ipss.go.jp/

guerrillaichigoguerrillaichigo 2007/09/15 15:57 そうそう。
先進国の人口が7〜8億人、その手前の水準に7〜8億人、そのもう一歩手前に7〜8億人、発展途上国に約40億人。先進国の水準に向けて成長中の人々が15億人ぐらいいるわけですから、日本の外にビジネスチャンスも投資機会も沢山あります。 これに手が出ないという現実には暗くなりますが。

wasedaronwasedaron 2007/09/15 16:28 とはいうものの、日本が他民族文化を理解する極致、
移民受け入れまでやれるかな。というのが疑問。
現状の脱法的移民(在日コリアン)ですら衝突しているのに
これ以上他の民族受け入れたら大変。
欧州ですら、移民による対立が散見されるからね・・・。

lovelovedoglovelovedog 2007/09/15 16:59 コメントいろいろどうもありがとうございます。海外投資でもちょっと考えてみます(こわいので海外に投資している日本の会社に投資、とか)

m-matsuokam-matsuoka 2007/09/15 21:08 >若者の多くない国なんてダメですよ
若者が多く中年が少ないというのは、10代の人間が50代になる前に死んでしまう、平均寿命の短い国ということです。

グラフをみれば、10代の人間はそのまま20代に、30代の人間はそのまま50代になっているわけで、日本は老齢以外では死ぬことが無い国になりつつあります。
でしたら、シニア層や若者などの区別をつけずに、広い世代にわたって売り込める商品を開発すればよいと思います。

資産を増やすにしても、長寿命を生かして、セゾン投信でバンガード社のインデックスファンドを購入して複利効果で増やしていくのが良いと思います。

lovelovedoglovelovedog 2007/09/15 21:27 なるほど、それはポジティヴ・シンキングですね

Dragon_VertDragon_Vert 2007/09/15 23:34  エスキモー(イヌイット)に冷房機を売ろうとしてもダメだし、マサイにストーブ売ろうとするのも意味ない。そういうことを、これからは縦割り(?、どっちが縦だか横だか)にしなければならない。そういうことでしょう。
 一般的に若い方が購買意欲が強いということはあるわけですが……。それは「自分がこの先どれだけ生きるか」ということに関するビジョンについて、たとえどんなに死亡率が高い国でさえもそれなりに違いがあるからでしょう。端的な話、ガンとかで入院してる90歳以上の人間が、自宅の階段に手すりをつけたり玄関前をスロープにしたりすることは考えませんよ。そうではなくて、その入院してるヒトの息子・娘や孫達が、「いずれ迎えるためにそうしたよ」ということが例えばその年のクリスマス・プレゼントになり、それでイースターあたりまでに退院が実現する、といったことになる、あるいはそうはならない……。いずれにせよ、商売人としてはそれなりのシフトチェンジが必要なのでしょう。

>でもけっこう、年寄りのいるところに若者がけっこういるのは何でだろう、と思う。古本市とかですね。

 「自分がかつて読み損ねた」といったモノに対する関心があるということが一つまずあると思います。私は40歳の若輩ですけど、そういう感覚はわからんでもないですね。「子ども(孫)にコレを読ませたい」と思って本を選んでる奴は、多分それほどいないでしょうね、残念ながら。

lovelovedoglovelovedog 2007/09/15 23:54 あー、ちょっと言葉不足だったかな、古書展では「売る側」に、病院では「病院の案内を含むサポート員」のほうに、若い人が目立つ、の意でした(一種の老人介護系というか…)。追記しておきます

ryujiryuji 2007/09/16 00:03 ふと40代後半の我が身を振り返ると、20代の時以上の物欲が。最近の商品開発傾向を見ていると、購買層が減ったと言うよりは、購買層の幅が広がったって感じです。若者が少なくなったのが原因じゃなくて、単にカネが無いのと購買意欲をそそる商品が少なくなった&大量生産技術・体制の向上で安価でかつ素早く広がるからじゃ無いのかな。DVDプレイヤーとDSの販売推移を比較すると、そう思う。

bikerbiker 2007/09/16 02:38 バイクに乗ってる層の半分?異常が40歳以上だとか…

mmmm 2007/09/16 02:47 IDBのグラフで中国の高齢化の進み方見てたら背筋が寒くなりました!
長期投資するならインドだな!

takutaku 2007/09/27 06:19 大前氏の分析はともかくこんなアンケート調査もあるようです。
http://www.ohmae.biz/koblog/viewpoint/912.php
(元の日経新聞社の調査を軽く探してみましたが見つけられませんでした。)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。