Hatena::ブログ(Diary)

愛・蔵太の気になるメモ(homines id quod volunt credunt)

2010-05-09

[]沖縄の「米軍等の事件・事故」は多すぎるのかどうか

 こんなエントリーがありました。

沖縄の「米軍等の事件・事故」は年間1000件の衝撃 - 保坂展人のどこどこ日記

ここに、にわかに信じることが出来ない数字がある。「沖縄の米軍人等などによる事件・事故数及び賠償金等支払い実績」(社民党要求・防衛省提出)によると、2005年(平成17年)に「1012件」とある。エッ、1年間に1012件も米兵絡みの事件・事故が起こるの? と衝撃の数字だ。同じ年、北海道は3件、東北178件、北関東144件、南関東334件、近畿ゼロ件、中国・四国50件、九州34件、そして沖縄が1012件だ。(※総計1755件 全国の事件・事故のうち57・6%の数となる)米軍基地の75%が沖縄に集中しているという実態が、如実に反映されている。そして、賠償金が支払われたのは148件に過ぎず、多くの人は泣き寝入りを強いられていると言える。

2006年(平成18年)は、953件。2007年(平成19年)は、888件と沖縄県内の事件・事故発生率は、異常に高い。本当にこんなに「事件・事故」があるのかと防衛省作成の統計の注記を見てみると、「発生件数は、防衛省が地位協定第18条にもとづく請求の処理を所掌する職務上の観点から必要となる米軍の事件・事故等件数を集計しているものであり、すべてを網羅したものではない。ただし、地位協定第18条の手続きち至らなかったものも含んでいる」とある。この統計にものってこない水面下の「統計外の事件・事故」もありますよというわけだ。

 その数字が「にわかに信じることが出来ない数字」かどうかは、日本の普通の県における事件・事故の発生数・率と、米軍の場合と比べればいいんじゃないかと。

 沖縄の米軍の総数は、以下のところでわかります。

沖縄県

機ヾ霖呂粒偽(リンク先PDF注意)

↑によると、「在沖米軍人・軍属・家族数」は「40416人」(平成20年9月末)です。

「平成20年」の犯罪件数は不明なんですが、「在沖米軍人・軍属・家族数」を固定として考えると、

平成17年の事件・事故率は2.5%、

平成18年の事件・事故率は2.4%

平成19年の事件・事故率は2.2%

ということになります。

 手近なところで、千葉県内の事件・事故について調べてみます。

千葉県警察 POLICE NET CHIBA

犯罪の発生状況・県下全体

平成20年中

総数 100,827

交通事故発生状況

20年中

27,586件

 両方併せると128413件ですか。

 千葉県の人口は、平成20年12月末で「6,116,967」人(平成20年中(確定値)(PDF))なので、千葉県の「平成20年の事件・事故率」は「2.1%」ですか。

 2.5%と比較しても、2割程度の「事件・事故発生率」の多さは、「在沖米軍人・軍属・家族数」の高齢者の数(多分皆無に近いのでは)を考慮すると、「異常に高い」とは、ぼくには思えませんでした。

 もう少し人口の少ないところで、かつて交通事故ワースト1になった香川県を見てみます。

香川県統計情報データベース

香川県推計人口

平成22年4月1日現在

(前月比)

995,647人

(△3,240人)

KAGAWA POLICE

交通事故発生件数、傷者数、死者数の推移(via 香川県警察の統計)

PDFファイル(13KB)(via 香川県警察の統計)

平成20年

11,794件

刑法犯認知件数及び検挙件数の比較(罪種別)(via 香川県警察の統計)

PDFファイル(50KB)(via 香川県警察の統計)

平成20年

11,425件

(11794+11425)÷995647×100=約2.332

 で、米軍の事件・事故発生率との有意な差が認められるようには思えませんでした。

 要するに、

・交通事故を含めた事件・事故の発生率は、2.1〜2.5%なら普通。

・高齢者がほとんど含まれないと思われる「在沖米軍人・軍属・家族」で、「事件・事故発生率」が多少多くなるのはあり得ることではあるが(高齢者の「巻き込まれ型交通事故」もあるので断定はできない)、数値を見た限りでは「異常に高い」と断定するには、もう少し別の資料が必要。

 ということで。

 ぼくには、何となくまた左寄りの人の情報操作(あるいは、歪んだ視点)が入っているように思えました。

(追記)

元データ。

米軍人等による事件・事故等件数及び賠償金等支払実績(平成17〜19年度)

資料。

(別添) 在日米軍の施設・区域内外居住(人数・基準)(pdf)

在日米軍の施設・区域内外居住(人数・基準)※軍人・軍属・家族の総計

米軍(本土所在)49,254人

在沖米軍 44,963人

94217人のうち44963人、47.7%が在沖米軍関係者。

「全国の事件・事故のうち57・6%」というのは、比率的には多いのかな。

 

その後、以下のことがわかりました。平成20年の沖縄米軍の事件・事故件数はなんとたったの218件。なんで保坂さんはその数字を出さないんだろうなぁ。

米軍人等による事件・事故件数及び賠償金等支払い実績

sube-subesube-sube 2010/05/10 00:47 元データですが、こちらの方が詳細です。
http://www.justmystage.com/home/higaisha/sub49.html

この統計との整合性は,わかりません。
http://www.pref.okinawa.jp/kititaisaku/4sho.pdf

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。