Hatena::ブログ(Diary)

愛・蔵太の気になるメモ(homines id quod volunt credunt)

2011-09-10

[]鉢呂吉雄経済産業相は「放射能」について本当は何と言ったのか

 記録として残しておきます。報道順。

鉢呂経産相、撤回し陳謝 8日には「放射能をうつしてやる」 野党は追及の構え(産経新聞)

2011.9.9 23:51

 

 鉢呂吉雄経済産業相は9日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故周辺を8日に視察した感想を「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない。まさに死の町という形だった」と述べた。

 野田佳彦首相は視察先の三重県紀宝町で「不穏当な発言だ。謝罪して訂正してほしい」と不快感を表明。鉢呂氏は「思いはみなさんにご理解いただけると思うが、被災地のみなさんに誤解を与える表現だった。真摯(しんし)に反省し、表現を撤回したい。大変申し訳ありませんでした」と陳謝した。

 また、鉢呂氏は視察から帰京した8日夜、都内の議員宿舎で記者団と懇談中、記者に防災服の袖をすりつけるしぐさをし「放射能をうつしてやる」などと発言したことも判明。鉢呂氏は9日夜、発言の真意を問われ「言ったかどうかちょっと定かではない」と語ったが、防災服をすりつけた行為については「(相手に)近づいていったのは事実だ」と認めた。

 藤村修官房長官は9日の記者会見で「死の町」発言について「直ちに閣僚の適格性につながるとは思わない」と述べたが、野党は野田首相の任命責任を含め徹底追及する構え。自民党の大島理森副総裁は「被災者を傷つける言葉で許されない」と批判。みんなの党渡辺喜美代表は「言語道断。糾弾されるべき発言だ」、共産党の市田忠義書記局長は「悲嘆に暮れている被災者の気持ちがまったく分かっておらず許されない」と非難した。

 鉢呂氏は進退について「コメントできない」とするが、原発を含めエネルギー行政を所管するだけに政府・与党も事態を深刻に受け止めており進退問題に発展する公算が大きい。

鉢呂氏「放射能うつす」と発言 政府、与党に進退論(47NEWS/共同通信

 鉢呂吉雄経済産業相が東京電力福島第1原発の視察を終えた8日夜、都内で報道陣の一人に防災服をすりつけるしぐさをし、「放射能をうつしてやる」という趣旨の発言をしていたことが9日分かった。与党幹部が9日夜、「事実なら厳しい」と述べるなど、政府、与党内に進退問題に発展するとの見方も浮上した。野党は「死の町」発言と合わせ、13日召集の国会で追及する姿勢を強めており、野田佳彦首相が厳しい判断を迫られる可能性も出てきた。

2011/09/10 00:07 【共同通信

鉢呂氏「放射能つけちゃうぞ」 「死のまち」発言は陳謝(朝日新聞)

2011年9月10日1時30分

 鉢呂吉雄経済産業相は9日夕の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の周辺市町村について「死のまち」と表現した自らの発言を撤回し、陳謝した。この発言をめぐり、野田佳彦首相は同日、「不穏当な発言」として謝罪と訂正を指示。原発事故の被災地も反発している。

 また、鉢呂氏が8日夜、記者団に「放射能をつけちゃうぞ」と発言していたことも明らかになった。野田首相らとの福島県視察を終え、東京都内の衆院議員赤坂宿舎に帰宅した時のこと。この際、取り囲んだ記者の一人に、着ていた防災服をなすりつけるようなしぐさもしていた。

 鉢呂氏の「死のまち」発言が出たのは、9日午前の閣議後会見の冒頭。8日の福島県視察を取り上げ、原発周辺の状況を説明する中で「市街地は人っ子一人いない、まさに『死のまち』という形だった」と述べた。

鉢呂経産相:「放射能つけた」発言 辞任やむなしの声も(毎日新聞)

毎日新聞 2011年9月10日 2時30分(最終更新 9月10日 2時59分)

 

 鉢呂吉雄経済産業相が東京電力福島第1原発の視察を終えた8日夜、東京都内で報道陣の一人に近寄って防災服をすりつける仕草をし、「放射能をつけたぞ」という趣旨の発言をした。鉢呂氏は9日午前の会見でも福島第1原発の周辺市町村を「死の町」と発言し、同日午後にこの発言を撤回して陳謝した。

 原発を所管する担当閣僚として不適切な言動との批判が出るのは必至で、政府・与党内からは「辞めざるを得ないのではないか」との見方が出ている。閣僚の一人は「こういう話が続くと厳しいかもしれない。救いようがないかもしれない」と語った。

 報道陣は、鉢呂氏の福島第1原発視察の見解などを聞くため、8日午後11時過ぎに東京・赤坂の議員宿舎で取材していた。10人程度の記者が鉢呂氏を取り囲み、鉢呂氏はたまたま近くにいた毎日新聞記者に近寄り、防災服をすりつける仕草をした。鉢呂氏はすりつける仕草をした後、報道陣に「除染をしっかりしないといけないと思った」などと語った。

 鉢呂氏は8日、野田佳彦首相に同行して、福島第1原発や原発から半径20キロの警戒区域を視察した。その後、帰京し、防災服を着替えないまま、議員宿舎に戻り、報道陣の取材に応じていた。

 鉢呂氏は9日夜、報道陣に対し、「放射能をつけたぞ」との発言について、「(記者に)近づいて行って触れることもあったかもしれない。そういうこと(放射能をつけたぞ)は言っていないと思う」と釈明した。

 鉢呂氏は9日午前の閣議後会見で、8日に福島第1原発などを視察した際の印象について「残念ながら周辺市町村の市街地は人っ子一人いない、まさに死の町という形でした」と発言した。野田首相は9日、訪問先の三重県紀宝町で記者団に「不穏当な発言だ。謝罪して訂正してほしい」と要求。これを受け、鉢呂氏は9日午後、「被災地に誤解を与える表現だった。軽率だった。被災をされている皆さんが戻れるように、除染対策などを強力に進めるということを申し上げたかった」と釈明した。

 藤村修官房長官は9日の会見で、鉢呂氏が佐藤雄平福島県知事に謝罪の電話をしたことを明らかにした。「ただちに(経産相としての)適格性につながるとは思わない」と閣僚を辞任する必要はないとの認識を表明。一川保夫防衛相の「素人だが文民統制」など問題発言が続いていることを踏まえ、近く各閣僚に発言に注意するよう求める考えを示した。

 一方、野党からは鉢呂氏の自発的な辞任や更迭を求める声が相次いだ。自民党の石破茂政調会長は「経産相としてではなく人間として不適格で、間違いなく辞任だ」と批判。公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は「大臣として不適格で自ら辞意を表明すべきだ。首相の任命責任も問われる」と語った。鉢呂氏は衆院北海道4区選出で当選7回。大蔵政務次官や民主党国対委員長などを歴任している。

鉢呂経産相「ほら放射能」…党内に進退論(読売新聞)

2011年9月10日 時間は不明

 

 鉢呂経済産業相が野田首相とともに福島第一原子力発電所の周辺自治体を視察して帰京した8日夜、着ていた防災服の袖を取材記者にくっつけるしぐさをし、「ほら、放射能」と語りかけていたことが9日、明らかになった。

 原発を担当する閣僚として不適切な言動だとの批判が出るのは必至で、与党内では同日夜、進退問題に発展するとの見方が浮上した。

 発言について、鉢呂氏は9日夜、記者団に「(現場に)親しいマスコミの皆さんが多く、被災地の話をしたというのが真意だ。(放射能をうつすとか)そういう発言はしていないと思う」と説明した。

 この問題で、野田首相周辺と民主党幹部は9日夜、対応を協議した。

 同党幹部の一人は、「参院では鉢呂経産相に対する問責決議案が出るだろう。国会運営はきつくなる」と述べ、鉢呂氏の進退論に言及した。

 鉢呂氏はこれに先立ち、9日午前の記者会見で、福島第一原発周辺について、「人っ子一人いない。まさに死のまち」と表現したことについて、同日午後の記者会見で「被災地の皆さんに誤解を与える表現だったと真摯(しんし)に反省し、表現を撤回し、深く陳謝申し上げる」と謝罪、発言を撤回した。

 言ったと言われていること。

「放射能をうつしてやる」(産経新聞)

「放射能をうつしてやる」(共同通信

「放射能をつけちゃうぞ」(朝日新聞)

「放射能をつけたぞ」(毎日新聞)

「ほら、放射能」(読売新聞)

 当人の弁明。

「言ったかどうかちょっと定かではない」(産経新聞)

「(記者に)近づいて行って触れることもあったかもしれない。そういうこと(放射能をつけたぞ)は言っていないと思う」(毎日新聞)

「(現場に)親しいマスコミの皆さんが多く、被災地の話をしたというのが真意だ。(放射能をうつすとか)そういう発言はしていないと思う」(読売新聞)

 お前ら、「伝聞」じゃなくて「ちゃんと言ったはずのこと」も記事として統一できないのな。

 

(2011年9月11日追記)

 時系列に関しては、「共同→毎日→読売→産経→朝日」で、直接聞いたのは毎日の記者なのでは、というご意見をいただきました。コメント欄参照です。

 

(2011年9月13日追記)

朝日新聞デジタル:1日遅れ各社報道、表現にばらつきも 鉢呂氏放射能発言

 9日午前、新聞やテレビ・通信社は鉢呂氏の「放射能」発言を報じなかった。

 だが、その日午前の記者会見で、鉢呂氏は原発周辺自治体を「死のまち」と表現。野田佳彦首相は9日昼すぎ、「不穏当な発言だ。謝罪して訂正してほしい」と語り、鉢呂氏は同日夕に発言を撤回し、謝罪した。

 「放射能」発言を最初に報じたのはフジテレビとみられる。9日午後6時50分過ぎ、鉢呂氏の失言関連ニュースの最後に「防災服の袖を取材記者の服になすりつけて、『放射能を分けてやるよ』などと話している姿が目撃されている」と伝聞調で伝えた。

 午後8時半には自社のウェブサイトにも掲載。この後、他のメディアも報じ始め、共同通信は午後9時過ぎ、「放射能」発言を加盟社向けに速報し、約30分後に記事を配信。TBSは午後11時半からのニュースで報じ、NHKも午後11時59分に「経産相『放射性物質うつった』発言」というニュースをネット配信。朝日新聞など新聞各社も10日付の朝刊で発言を大きく扱った。

 一方、発言内容や自社の記者が現場にいたのかどうかの表現は、社によってばらついた。毎日新聞は「毎日新聞記者に近寄り、防災服をすりつけるしぐさをしながら『放射能をつけたぞ』という趣旨の発言をした」と報道。9日に報じなかった理由は「経緯についてはお話ししかねる」(社長室広報担当)という。

 同様に自社の記者が現場にいたことを明らかにしている共同通信は「鉢呂氏が突然、記者の一人にすり寄り、『放射能をうつしてやる』という趣旨の発言をした」と報道。同時に、経済部長名で「『死の町』発言で、原発事故対策を担う閣僚としての資質に疑義が生じたことで、前夜の囲み取材での言動についても報道するべきだと判断した」というコメントも配信した。

 他のメディアでは、産経新聞、東京新聞テレビ東京、時事通信が「囲み取材には参加していなかった」としており、鉢呂氏の発言を確認した方法などは明らかにしていない。日本テレビ、TBS、テレビ朝日などは取材に対し、取材の過程については答えられない旨を回答。フジテレビは「取材の結果、報道する必要があると判断した」とし、記者が現場にいたかは明らかにしていない。

 朝日新聞の渡辺勉・政治エディターは「8日夜の議員宿舎での発言の後、鉢呂氏は9日午前の記者会見で『死のまち』とも発言。閣僚の資質に関わる重大な問題と判断して10日付朝刊(最終版)で掲載した」と話す。辞任会見で鉢呂氏が、議員宿舎での取材を「非公式の懇談」と語ったことについては「議員宿舎の玄関付近での取材は自由であり、扱いについて特段のルールはない」としている。

 …こういうのって、野田総理が「ソースは確認できないし、当人(鉢呂吉雄氏)も記憶にないと言っている」と言って突っぱねたらどうなるの?

通りすがり通りすがり 2011/09/11 03:43 時系列は、
放射能うつす」と経産相が発言 2011/09/09 21:23 【共同通信】
鉢呂経産相:「放射能つけたぞ」記者に防災服をすりつける 毎日新聞 2011年9月9日 22時36分
ですよ。
 
なおネットではなくて紙の新聞では、毎日朝刊が自分のところの記者が言われたと明記していました。

通りすがり通りすがり 2011/09/11 04:15 防災服の鉢呂経産相「ほら放射能」と記者に触る(2011年9月9日23時07分 読売新聞)
産経と朝日は、上記の時間のとおり。
 
で、時系列は共同→毎日→読売→産経→朝日です。
うち共同加盟社は毎日と産経。
で、毎日は「自分のところの記者が言われた」と。
 
共同が流してしまったので、当事者の毎日が慌てて続いたという流れなんじゃないかと。伝聞情報でないのがはっきりしているのは、いまのところ毎日です。

hamanakohamanako 2011/09/11 13:56 フジテレビでは
「放射能を分けてやるよ」などと話している姿が目撃されている
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00207212.html

lovelovedoglovelovedog 2011/09/11 18:17 コメントどうもありがとうございます。共同最初ですか。

通りすがり通りすがり 2011/09/13 18:54 その場にいたのがはっきりしているのは、毎日と共同の経済記者、NHKと朝日の政治記者のようです。
共同と産経と東京新聞が「うつしてやる」で表現が同じなのは、共同加盟社の産経と東京新聞は共同配信の記事を使っているためかと思われます。
 
で、NHKのネット配信が23時59分。
 
最前の時系列にNHKを加えると、
9日→共同(その場に経済記者)→毎日(言われた当事者、その場に男性の経済記者)→読売(不明)→産経(共同配信記事を使用)→NHK(その場に政治記者)→10日→朝日(その場に政治記者)
となり、その場に経済記者ではなく、政治記者を置いていたNHKと朝日がなぜか、報じたのがいちばん遅れた形になっています。 
 
経済記者よりも政治記者の方が、この手の発言にはすぐ飛びつきそうなもんなんですが・・・。
 
ネットではこの報道については、揚げ足取りとの意見も目につくのですが、
 
もしこれ、どこも報じずに“封印”されていて、ネットか週刊誌が先にすっぱ抜いていたら、
今度は、“沈黙”を決め込んでいたとの理由で新聞・テレビが総叩きにされていたんじゃないかと思うのです。
 
報道すべき、すべきじゃないの失言レベルの許容範囲ってどの辺までなんでしょう???

lovelovedoglovelovedog 2011/09/13 23:49 コメントどうもありがとうございます。朝日新聞デジタルの記事を追加しました。

通りすがり通りすがり 2011/09/16 04:08 デジタル朝日の記事は紙の新聞の記事の後半部分のみです。ネットにアップされなかった前半部分は以下のとおり。
 
鉢呂氏が問題の言動をしたのは、東京・赤坂にある衆院議員宿舎の玄関前であった記者団とのやりとりの中だった。東京電力の福島第一原発周辺の視察を終えた鉢呂氏は、8日午後11時20分ごろ、経産相の公用車で帰宅。公用車から降りるとオートロック式の宿舎玄関まで数メートル歩いた。玄関付近で待機していた記者団が一斉に追いかけると、エントランスで足を止めて振り返った。

 鉢呂氏は防災服のままで、隣には警護警察官(SP)と経産相秘書官が立っていた。ドアを背に振り向いた鉢呂氏を、経産省担当とみられる記者5、6人が半円形に取り囲んだ。朝日新聞とNHKは、現場に居合わせた政治担当記者が、後ろからやりとりに加わった。経産省担当記者らの所属などは分からなかった。

 「視察はどうでしたか」。記者団が切り出すと、鉢呂氏は視察の模様を自らの感想を交えながら語った。途中で質問が途切れると、防災服の胸ポケットにしまっていた個人用線量計をのぞき、その日に測定された数値の一つを読み上げた。その直後、目の前にいた記者の1人に防災服の袖をこすりつけるようなしぐさをして、「放射能をつけちゃうぞ」と発言した。

 鉢呂氏の行為について、その場にいた記者は抗議や反応をしなかった。その後は除染対策をめぐる予算措置の話題に移り、やりとりは終了した。全体で5分程度だった。

通りすがり通りすがり 2011/09/16 04:09 毎日新聞14日朝刊の記事です。
 
 鉢呂前経産省が、東京・赤坂の衆議院宿舎前で、報道陣に「放射能をつけたぞ」という趣旨の発言をしたのは8日午後11時過ぎだった。福島第1原発周辺の視察を終え、防災服のまま公用車で帰宅した鉢呂氏は宿舎玄関ホールで立ち止まり、集まった記者団の非公式な取材に応じた。

 経済部や政治部など10人程度の記者に囲まれた鉢呂氏は、現地の状況について「ひどいと感じた」「みんなが頑張っている」などと述べた後、「まだ線量が高い地点があり、なんとかしないといけらい」と指摘。近くにいた毎日新聞の男性記者に防災服をすりつける仕草をし、「放射能をつけたぞ」という趣旨の発言をした。その後、鉢呂氏は「放射線量の高い地点は除染しないといけない」などと話を続けた。

            ◇
 毎日新聞は鉢呂氏の言動について、非公式な場での悪ふざけととらえ、翌9日朝刊では報じなかった。しかし、鉢呂氏は9日午前の会見でも、福島第1原発の視察に関し「まさに死の町」と発言。8日の言動と合わせて、閣僚としての資質に疑義を抱かざるを得ず、同紙の身体に発展しかねない重大な問題と判断し、10日朝刊に事実関係を掲載した。

通りすがり通りすがり 2011/09/16 04:10 東京新聞14日朝刊の記事です。これも毎日に同じで、ネットにはアップされていません。紙との差別化を図るべく、ネットにあがらない記事があるので、紙の方のチェックも不可欠です。
「死の町」「放射能をうつす」発言で経済産業相を辞任に追い込まれた鉢呂吉雄氏。「放射能」発言について、鉢呂氏は「記憶は定かでない」としながら、「不信の念を抱かせた」と辞任の理由を述べた。辞任までの発言と報道の経緯を検証した。(小国智宏、出田阿生)

鉢呂氏は「放射能をうつす」という趣旨の発言をしたとされるのは、八日深夜。福島第一原発周辺の視察を終えた鉢呂氏は、東京・赤坂の議員宿舎に公用車で帰宅した。宿舎の玄関前で待っていた記者数人が、防災服姿の鉢呂氏を取り囲み、視察の感想などを聞いたという。

東京新聞の記者はその場におらず、第一報(十日付朝刊)は共同通信の配信に基づいた。毎日新聞社の社長広報担当によると、「鉢呂氏は現地の状況について『ひどいと感じた』などと述べた後近くにいた毎日新聞の男性記者に防災服をすりつけるしぐさをし、『放射能をつけたぞ』という趣旨の発言をした」という。ただ、同社はこの発言を「非公式な場での悪ふざけ」ととらえ、九日付朝刊では報じず、他社も動かなかった。

翌九日午前の閣議後会見で、鉢呂氏は視察に関連し「残念ながら(福島第一原発の)周辺町村の市街地は人っ子一人いない、まさに死の町という形だった」と述べた。各社はこの発言を原発事故で避難している住民に配慮を欠いた表現だとして報道。鉢呂氏は同日午後にあらためて記者会見し、発言を撤回した。

「放射能」発言は、フジテレビが同日六時五十分過ぎのニュース番組で「死の町」発言に付け加える形で最初に報じた。この後、共同通信が午後九時過ぎに速報するなど、各メディアは一斉に後追い。録音しない非公式の場での発言だったため、発言内容は「放射能をつけちゃうぞ」「ほら、放射能」「つけたぞ」「うつしてやる」など微妙に異なった。

鉢呂氏は「記憶が定かでない」としてるが、「こちら特捜部」の取材では、「放射能をうつす」という発言をしたのは事実のようだ。

一日遅れて報道したことについて、フジテレビ広報は「いつどのように放送するのかは編集の問題なので公表していない」とコメント。共同通信の岡部央経済部長は「『死の町』発言で、原発事故対応を担う閣僚としての鉢呂氏の資質に疑義が生じたことで前夜の囲み取材での言動についても報道するべきと判断した」としている。

鉢呂氏は将来の原発ゼロに言及するなど、脱原発に前向と見られていた。インターネット上などでは「原発に慎重姿勢の鉢呂氏は、原発推進派にはめられたのでは」という憶測も流れた。

「死の町」発言については「人の気配がまったくない状態なのは事実で問題ではない」と鉢呂氏を擁護する意見もある。だが「放射能」発言に対しては「放射能がうつることは科学的に有り得ない」「たとえ冗談であっても、差別や風評被害を助長する」などと批判する声が多い。

作家の高村薫さんは「放射能をうつす」発言について、「発言が事実なら言語道断。何をはしゃいでいるのか。大臣としての資質うんぬん以前の問題」と批判する。

その上で、メディアが「死の町」発言を不適切だと報道したことについては「ものすごく違和感を覚える」と話す。

「福島の自治体は現在も、おそらく今後も、『死の町』といわれる状態が続く。そうなったのは、一体誰のせいなのか。日本中が現実を直視してない。怒るべき相手を間違えている。」

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。