Hatena::ブログ(Diary)

愛・蔵太の気になるメモ(homines id quod volunt credunt)

2011-10-09

lovelovedog2011-10-09

[]映画『チェルノブイリ・ハート』の嘘、「ベラルーシでは現在でも、新生児の85%が何らかの障害を持っている」について

 見出しは演出です。

 引き続き調査をしていますが、まだそれが「本当」というデータが見つからない。

 

 これは以下の日記の続きです。

『チェルノブイリ・ハート』というヤコペッティ度高そうな映画が公開されているようですが

 

 映画の宣伝文句から。

チェルノブイリ・ハート | Movie Walker

チェルノブイリ・ハートとは、“穴のあいた心臓”、“生まれつき重度の疾患を持つ子供”の意味である。ベラルーシでは現在でも、新生児の85%が何らかの障害を持っている。1986年4月26日、旧ソビエト連邦(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉が爆発事故を起こし、放射性降下物はウクライナベラルーシ、ロシアを汚染した。2002年、ベラルーシ共和国。原発から半径30キロ以内の居住は禁止されている。さらに北東350キロ以内に、局所的な高濃度汚染地域“ホット・ゾーン”が約100ヶ所も点在している。ホット・ゾーンでの農業や畜産業は、全面的に禁止されている。そんななか、ホット・ゾーンの村に住み続ける住民、放射線治療の現場、小児病棟、乳児院の実態に迫る。さらに4年後、事故から20年が経った2006年、事故があってから初めて故郷を訪れた1人の青年は、廃墟となったアパートへ向かう。爆心から3キロの強制退去地域は、1986年で時間が止まっていた。青年は1986年のカレンダーを見つめて、近親者の10人がガンで死んだこと、自分もそうやって死ぬ確信があることを語る。その1年後、青年は27歳の生涯を閉じた。

 今のところ、データとして引き出せるのはこの図ぐらい。

チェルノブイリ原発事故によるその後の事故影響

今中哲二

 さらにそれの元データは、多分こちら。7p目の図。

Distribution of children (%) by health groups

 これを表にしてみます。

Legend1234-5
Gomel1157321
Mogilev1169191
Vitebsk573941

 で、「Gomel」「Mogilev」は、「contamination lebel」が「555kBq/m2」以上。日本の妊婦が「555kBq/m2」以上のところに住んでる可能性はあまりないんじゃないのかな。「555kBq/m2-1480kBq/m2の地域」って「計画的避難区域」だよね。

 俺としてはLegend1-3までの区別がとんとつかないので、重篤の障害と思われる、Legend4-5の率がそんなに違わないことを重視しておきたいです。なんで今中先生は3-5でくくってるんだろう

1・ベラルーシじゃないベラルーシの汚染地区とそうでない地区との比較)

2・新生児じゃない(子供)

3・15%じゃない(ていうか、「15%」とするLegendの基準が分からない)

 ということで、「チェルノブイリ原発事故によるその後の事故影響」からは、「ベラルーシでは現在でも、新生児の85%が何らかの障害を持っている」とは言えません。「ベラルーシの汚染地区(ゴメリ地区、モギリョフ地区)では過去に、子供の11%がLegend1だった(Legend4-5の率は汚染・非汚染地区とも変わらない)」ぐらいしか言えませんでした。

 一応、今中哲二氏の意見。

チェルノブイリ原発事故によるその後の事故影響

健康と認められる子供の割合は、ビテプスク州の非汚染地域では五六%であるのに比べ、ゴメリ州とモギリョフ州の汚染地域では、それぞれ一七%と一二%であり、非汚染地域に比べ汚染地域の子供たちの健康状態が極めて悪いことを示している。汚染地域の子供たちで増加している病気は、内分泌系、消化器系、神経・感覚器系、といった疾患である。子供たちの健康悪化の原因としてまず考えられるのは、放射能汚染にともなう被曝影響であるが、今の段階で被曝影響と断定するには「見せかけ要因」に関する情報が不足している。つまり、子供たちの健康状態には、食料事情を含めた生活条件や経済状態の変化とか、また、IAEAなどが指摘するように、精神的ストレスといった要因も関係するであろう。しかし、事故影響に関する別の視点、つまり、生活条件の悪化や精神的ストレスもひっくるめて事故の影響であると考える視点からは、図4に認められる子供たちの健康状態の全般的悪化は、チェルノブイリ事故の影響そのものを示していると言えよう。

 もう一人の意見。

チェルノブイリ事故健康影響-WHO・IPHECAパイロットプロジェクトについて-(岩崎民子)

被ばく群の子供では精神遅滞の発生率が対照群より高く, 行動および感情面での問題が増加傾向を示した。被ばく群の親では神経および心理的障害の発生率が対照群より高かった。しかし, これらの調査結果から精神遅滞児の増加とチェルノブイリ事故による放射線との関係について, 何か明確な結論を導き出すことは不可能である。得られた結果は解釈が難しく, 更に今後の調査確認が必要である。例えば, 親のストレスや不安が結果に影響を及ぼす可能性がある。

 もう少しいろいろ知りたいです。

 

 これは以下の日記に続きます。

映画『チェルノブイリ・ハート』に関する情報を有償で求めます(ただし安いです)

都内在住都内在住 2012/02/18 18:02 豊島区西巣鴨幼稚園なんてセシウム134で403、セシウム137で457、つまり合算で860bqキログラムあるよ。豊島区ホームページに載ってます。足立区北区江東などの汚染度も同様だよ。千葉や埼玉一部は民間調べだけど、合算で7013bqとかある。
つまり妊婦は山ほど住んでます。唯一救いはチェルノブイリよりアスファルトが多く流れだしやすいことくらいだ。

都内在住都内在住 2012/02/18 18:08 豊島区西巣鴨幼稚園なんてセシウム134で403、セシウム137で457、つまり合算で860bqキログラムあるよ。豊島区ホームページに載ってます。足立区北区江東などの汚染度も同様だよ。千葉や埼玉一部は民間調べだけど、合算で7013bqとかある。
つまり妊婦は山ほど住んでます。唯一救いはチェルノブイリよりアスファルトが多く流れだしやすいことくらいだ。あ、平方メートル換算は更に65かけるから、千葉は455845bq平方メートルだ。

都内在住都内在住 2012/02/18 18:15 連投ごめん。キロベクレルだったんだ、見落とした。
なら関東なら三郷市だけかな。
放射能プロジェクトの一覧確認下さい。

ssss 2013/04/18 15:48  無償がいいのでこちらに致します。
「ウクライナにおける遺伝的影響」で調べた結果、次の資料を見つけました。参考になるでしょうか。
"ウクライナにおける放射線影響 - 京都大学原子炉実験所"
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Grod-J.html

 或いは
ウクライナ小児科医の警告
http://fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
チェルノブイリから25年
http://archives.shiminkagaku.org/archives/csijnewsletter_010_ukuraine_01.pdf

 個人的には核分裂生成物による各疾患は85%と決められない物の、ある程度優位な増加が認められると思われます。
 また、多くのマウス、ハエ等の放射線照射によるDNA変異実験では、顕著な変化は3世代目より生まれている事を考えると、25年目でも未だ最終的なフェイズに達していない可能性もあります。

 被曝一世代目から三世代目が生まれ始める更に20〜25年前後、事故後35〜50年目が最も顕著となるのではないでしょうか。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20111009/cherno2