Hatena::ブログ(Diary)

愛・蔵太の気になるメモ(homines id quod volunt credunt)

2011-11-29

[]ウスターソースの「白血病患者急増」というデマについて。また2ちゃんねる脳発見

 以下のところにざっくりまとめたのを、日記にまとめました。

ウスターソースの「白血病患者急増」というデマについて冷静にツッコミを入れるみなさん - Togetter

 

 多分2ちゃんねるのこれがソース。こんなものがソースになるか。

http://unkar.org/r/lifeline/1321939352/816

816 :地震雷火事名無し(大分県)[sage]:2011/11/22(火) 22:03:40.75 ID:fzZxm7vy0

白血病患者急増 医学界で高まる不安

各都道府県の国公立医師会病院の統計によると、今年の4月から10月にかけて、

「白血病」と診断された患者数が、昨年の約7倍にのぼったことが21日に判明した。

これを受けて、日本医師会会長原中勝征は、原発事故との因果関係は不明として、原因が判明次第発表するとした。

白血病と診断された患者の約60%以上が急性白血病で、

統計をとりはじめた1978年以来、このような比率は例が無いという。

また、患者の約80%が東北・関東地方で、福島県が最も多く、

次に茨城、栃木、東京の順に多かった。

http://unkar.org/r/lifeline/1321939352/849

849 :地震雷火事名無し(大分県)[sage]:2011/11/22(火) 22:15:18.89 ID:fzZxm7vy0

ありゃ、読売新聞の記事をコピーしたんだが消されてるのは何故?

(以下同)

 これがこの掲示板に行く。

白血病患者急増 医学界で高まる不安 投稿者:管理人@μSV/h投稿日:2011年11月23日(水)00時18分49秒

(前文同じ)

 

時間の経過と共に、こういうニュースが小出しに出てくるようになりましたね。

関東に住む以上は、本当に気を引き締めてかからないといけないという気持ちになります。

ただちに影響はないと枝野長官は言っておりましたが、

そろそろその ただちに の執行猶予が切れる時期にきたのかもしれません。

 それただの放射脳だから。

 それがこのブログに行く。

【参考】白血病患者急増 医学界で高まる不安|しろくまブログ(2011-11-24 05:55:26)

あちこちで見かける記事だが肝心の統計データが見当たらない。

さて何処かに統計データないものだろうか?

裏付けが取れないな。

追伸

やはり確実なデータは、表には出てないな。

まあ有っても今は隠蔽されてるだろう。

火の無いところに煙は立たず程度に捉えておこう。

 

(以下同じ)

 なぜか知らないけど「2011/11/22(火) 22:03:40.75」→「2011年11月23日(水)00時18分49秒」→「2011-11-24 05:55:26」、2011年11月28日の夜にTwitterで拡散。

 瞬殺。(多分2011年11月29日の午後6時ごろ)

ネット上の書き込み「白血病患者急増 医学界で高まる不安」について日本医師会

ネット上の書き込み「白血病患者急増 医学界で高まる不安」について

2011.11.29

 現在、ネット上の掲示板、ツイッター、ブログ等において、「白血病患者急増 医学界で高まる不安」として、以下の内容が出回っています。

【ネット上からの引用】

 各都道府県の国公立医師会病院の統計によると、今年の4月から10月にかけて、「白血病」と診断された患者数が、昨年の約7倍にのぼったことが21日に判明した。これを受けて、日本医師会会長原中勝征は、原発事故との因果関係は不明として、原因が判明次第発表するとした。

 白血病と診断された患者の約60%以上が急性白血病で、統計をとりはじめた1978年以来、このような比率は例が無いという。

 また、患者の約80%が東北・関東地方で、福島県が最も多く、次に茨城、栃木、東京の順に多かった。

 日本医師会が、このような発表を行った事実はありません

 本文中には、「各都道府県の国公立医師会病院」との表現がありますが、そもそも医師会病院は、国公立ではありませんし、統計の数値につきましても、現段階でそのようなデータについて確認できず、信憑性を疑わざるを得ないものであります

 また、一部一般紙に掲載されたものであるとの噂もございますが、確認したところ掲載した事実はないとの回答を得ております。

 日本医師会は、今回の福島第一原子力発電所事故に関しては、政府に対し正確な情報を国民の皆様に提供するよう求めているところでありますし、本会からの情報の提供に関しては、正確な情報提供に心がけております。

 国民の皆様とともに安心・安全な医療を進めて参る所存でございますので、今後ともご理解いただきますようお願い申し上げます。

平成23年11月29日

日本医師会

原 中 勝 征

 

 こんなの公式声明なくても、2ちゃんねるの元記事読めば胡散臭いとすぐに分かる

1・「国公立」の医師会病院」というものは存在しない。

全国の医師会病院

医師会病院とは、地域医療を目的にして各地区の医師会が独自に運営している病院です

国立病院機構 病院一覧 - 国立病院機構

2・「急性白血病」と「慢性白血病」の比は昔から4:1なので、「約60%以上が急性白血病」という例は、普通(約80%)より少し少ないぐらいかも。急性白血病の発病比率ぐらい少しは調べろ。あとそんなに早く発病しない。2〜5年ぐらい経って異常値が出るかもしれないけど、今は無理。

白血病

Q4:白血病の発生率はどれくらいですか?

A4:わが国の白血病発生率は年々増加傾向にありますが、欧米よりはまだ少ないのです。1999年の統計では年間人口10万人当り5.3人(男6.3、女 4.4)で、年間6,700名(男性3,885人、女性2,815人)が死亡しています。白血病は小児から高齢者まで発病します。急性白血病と慢性白血病の比は約4:1です。急性白血病のなかで、骨髄性白血病とリンパ性白血病の比率は、成人では約4:1、小児では逆に約1:4です。成人T細胞白血病はわが国で特徴的にみられる疾患です。

 白血病発生率10万人あたり35-40人になったという統計が見たい。多分今年のはまだ出ていない気がする。

3・さらに、「21日に判明した」という読売のニュースが本当なら、それは遅くても22日の朝刊に出る筈なのに、「22日の夜」の2ちゃんねる書き込みまで一切話題に出ていない。「日本医師会会長」の発言も含めると、22日夕刊の可能性はあるけど、「2011/11/22(火) 22:15:18.89」が初出というのは遅すぎる

 

 まあ…何と言いますかね、掲示板なんかソースにするなよ

 公式サイト見ろ、専門家の意見を聞け、ググれ

 公式サイトが何も言っておらず、専門家の意見が「あり得ない」という意見で、検索しても何かおかしいようなら、「ソースがw2ちゃんねるwww」ってコメントつけて非公式RTで回しているだけで十分。

 

 落ち着いているブログの人。

とりあえず俺と踊ろう  ― Well, let's dance with me. ― : 「白血病患者が7倍」というデマ記事とその反応について思う

驚いたのは、このデマがツイッターでとんでもなく拡散しているということ。

医学の世界に身をおく者として、「7倍」という数字はとんでもない数字なんだけれど、

それがなんの疑いもなく受け入れられていることに、ちょっとした恐怖さえ感じた

ツイッターもmixiも、プロパガンダ・ツールとしては非常に優秀だ。

今回の記事は、文章はよくできていたが中身が杜撰だったから良かったものの、

これが「国公立医師会病院」ではなく「関東・東北の医師会病院での総計」とか、

「7倍」でなく「1.1倍」とか、そういう微妙なラインだったら、俺も素通りしたかもしれない。

おそらく、敢えてそういうツッコミどころを配置したデマ記事なのだろうが、

作者の意図した以上に大騒動になったというのが実際のところかもしれない。

 

 関連まとめ。

「食べて応援」を否定するために、無関係の若者の死を利用する人 - Togetter

【速報】福島原発30km圏内で野宿して池や川で釣った魚を食べていた

阿部洋人さんが急性リンパ白血病で亡くなる。

「阿部洋人さんが急性白血病で亡くなった」以外は誤報です。http://bit.ly/tEaxp2

危険と思われる食品を避けるのは必要ですが、その根拠に何でも使っていいとは思いません。

参考 http://togetter.com/li/186729 http://togetter.com/li/175599

 

(2011年11月30日追記)

 掲示板の人は、当該書き込みを削除して、以下のように弁明しました。

お詫び | 金沢区の掲示板@子供を被曝から守ろう!

昨日から真偽のほどが不明であった、

白血病患者が急増しているという情報ですが、

日本医師会からデマであるという公式な発表がありましたので記載しておきます。

以下引用

(略)

ネット上で話題になっていたので掲示板に書き込みをしましたが、

どうやら悪質なデマだったという事のようです。

世の中に拡散してしまった一人として私も反省しないといけませんし、

この場を借りてお詫びをしたいと思います。 お騒がせして大変申し訳ありませんでした。

今後は情報源をきちんと確認し、この場で掲載したいと思います。

今後、このデマが本当の事になってしまわない事を願うばかりです。

 ブログの人は、追記しています。

何故統計データ公表出来ない?「ネット上の書き込み「白血病患者急増 医学界で高まる不安」について」|しろくまブログ

名前を使われたご本人名義のコメント確かにごもっともです。

でも知りたいのは、「現在起きている事実」 事実が確認出来ないと言われるなら

統計データを公表して解説して頂けると助かるのですがね。

どこの地域が安心して暮らせるかを確認したいだけですから。

どこかに間接的にでも確認出来るデータがあればいいのですが表に出さないでしょうね

可能性がありそうなのが保険会社のガン保険新規契約数やガン保険の支払い件数、健康保険のレセプト統計辺りですかね

 おいらもまとめ新しく作りました。

日本医師会「白血病患者急増」否定情報に、「まだ我々は負けていない」という人たち - Togetter

ざっくりまとめました。

ていうかさ…「急性白血病」って言っても、福島原発の影響がもしあるとしたら、出てくるの数年後だよ? 今年「白血病患者急増」してたら、多分それは何か別の原因。

白血病患者数が前年7倍と急増 このデマはなぜ広がったのか : J-CASTニュース

厚労省の保健統計室でも、9、10月に白血病の患者調査をしたものの、発表は12年12月ごろになる予定だとしている。

次の勝負は来年の末?

 

(2011年12月1日追記)

 これは以下の日記に(残念ながら)続きます。

東電の「吉田所長大量吐血」でまた釣られるお前らに告げる