Hatena::ブログ(Diary)

lovely::memo

このページをアンテナに追加 RSSフィード この日記のはてなブックマーク数
halcyon*days
ねる。

Click here to lend your support to: a-system.net運営資金 2010 and make a donation at www.pledgie.com !
a-system.net運営資金 2010にご協力お願いします。
PayPalで支払いできます。

2014-05-30 Friday

[] Twitterのプロフィールページでの文字サイズをタイムラインと揃えるユーザーCSS 10:00  Twitterのプロフィールページでの文字サイズをタイムラインと揃えるユーザーCSSを含むブックマーク  Twitterのプロフィールページでの文字サイズをタイムラインと揃えるユーザーCSSのブックマークコメント

新しいプロフィールを頑なに拒否していたのですが、ついに昨日、強制的に全ユーザーに適用されてしまったようです。他にもいろいろ不満はあるんですが、とりあえず文字サイズが変わると超絶読みにくいので自分用に書きました。

@-moz-document url-prefix("https://twitter.com") {
    .ProfileTweet--high .ProfileTweet-text,
    .ProfileTweet--low .ProfileTweet-text {
        font-size : 14px !important;
        line-height : 18px !important;
    }
}

ゆんゆん 2014/08/13 23:08 ありがとうございました!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lovely/20140530

2014-02-22 Saturday

[][] 森喜朗 元総理の発言での事実と異なる点について 17:11  森喜朗 元総理の発言での事実と異なる点についてを含むブックマーク  森喜朗 元総理の発言での事実と異なる点についてのブックマークコメント

森喜朗 元総理の発言が話題になっていますが、ここでは政治的な自分の見解を書くつもりはありません。ただ、フィギュアスケートファンから見ていくつか事実と異なる点があると思ったので、その点だけ指摘させて頂きます。

森 元総理の発言全文はこちらを参考にしました(以下の引用部分もすべてこちらから)。

「リード姉弟にオリンピックに出る力量がなかった」「帰化させた」は間違い

あのご兄弟は、アメリカに住んでおられるんだと思います確か。ハーフ。お母さんが日本人で、お父さんがアメリカ人なのかな。そのご兄弟がやっておられるから、まだオリンピックに出るだけの力量ではなかったんだということですが、日本にはいないもんですから、あの方を日本に帰化させて日本の選手団で出して、点数が全然とれなかった。

この 2点は明らかに間違いで、謝罪と訂正をお願いしたいレベルです。

オリンピックには出場枠というものがあります。誰でも出られるわけではありません。フィギュアスケートの場合、前年度の世界選手権での順位によってカテゴリー*1ごとの出場枠が決まります。男女シングルが強いからといって、アイスダンスも自動的に出場できるわけがありません。

順位が下位の場合は世界選手権で出場枠を確保することはできませんが、世界選手権で決まらなかった枠を配分する予選の試合で上位に入れば、出場枠を得ることができます。もちろん、それもカテゴリー別です。リード姉弟はバンクーバー五輪ソチ五輪に出場していますが、どちらも二人で出場枠を勝ちとってきたものです。決して「力量がない」ということはありません。

また、リード姉弟は確かにハーフですし生まれも育ちもアメリカで、現在の拠点もアメリカです。ですが、産まれた時から日本国籍を持っており(いわゆる二重国籍)、「帰化した」という事実はありません。

「団体戦3位狙いで浅田選手を出した」は森氏の想像に過ぎない

あともう皆ダメで、せめて浅田さんが出れば3回転半をすると、3回転半をする女性がいないというので、彼女が出て3回転半をすると、ひょっとすると3位になれるかもしれないという淡い気持ちでね。浅田さんを出したんですが。

すごいですね。ここだけ読むと、他の選手の成績が振るわなかったからその場で「浅田行け!」とでも出したように読めてしまいます。野球の代打かなにかと勘違いされているのでは。

団体戦にどの選手をエントリーするかは前日までに公表されていますし、そもそも日本の場合は日本スケート連盟から「2013-2014シーズン 国際競技会派遣選手選考基準」で団体戦のそれも公表されていました(現在は選考基準から該当部分が削除されています)。私は削除前に該当箇所を読んでいましたので、その基準では団体戦の女子SPは浅田選手になると確認していました。

その後、選考基準からは削除されたので別の選手が団体戦にエントリーされる可能性もあったのでしょうが、結果的にはそのとき自分が確認したとおりにエントリーされました。もちろん、私は日本スケート連盟とは何の関係もありませんので真意はわかりませんが、「3位狙いで浅田選手を出した」という可能性はほぼないと考えます。

*1:男子シングル/女子シングル/ペア/アイスダンスの各種目のこと

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lovely/20140222

2013-12-03 Tuesday

[] iOSのUIの話 11:12  iOSのUIの話を含むブックマーク  iOSのUIの話のブックマークコメント

という記事があって、これは高齢者に限ったことじゃないんじゃないかなーと思ったので、確認のためにスクリーンショットを見てみました。気になったのは、

1,アプリのダウンロード

 AppStoreからアプリを選択して出てくる画面、ここから先の導線が分からない。「正解」である「無料」という箇所が、ボタンのようなタップできるデザインになっていない、しかも小さ過ぎる。

の部分です。

image Screenshot_2013-12-03-09-50-12.png

左がiOS7のApp Store画面。参考に、同じアプリをAndroidのGoogle playで表示した時の画面が右。画像をクリックするとFlickrで大きな画像が見られます。

私の場合ですが、自分の使いたい機能がありそうなアプリを検索していて、アプリの詳細情報を見て「インストールしてみよう」となったとき、一瞬どうすればいいのかわかりませんでした。他にそれらしきボタンがないので消去法で「無料」の部分をタップしてみたらボタンのラベルが「インストール」に変わって、それが正しい操作なのだと学習した。……と書くとすぐできたように見えるかもしれないけど、実際は画面最上部の□に↑がついてるボタンとか、その右の≡みたいなボタンを触ってみて間違っていた結果、なのですよね。インストール=ダウンロードだから矢印は下を向いているべきなので、冷静に考えれば正解ではないとわかりそうなものですが、その時の私にはそこまで考えが回らなかったのでとりあえずタップしてみたら間違っていたというw

さらに冷静に考えてみると、つい最近まで使っていたiOS4App Store画面でも正解のボタンには「無料」と書いてあった気がしますが(今手元にないので確認できず)、デザインが変わりすぎて頭がほぼ真っ白になっているので、押せるようには見えない「無料」をタップするという発想がなかったのでした。iOS4の時にこんな風に混乱した記憶はないので、押せるように見えるボタンだったのが大きいのかもしれません。こういう違いって、iOSをずっと使い続けている人にはすぐわかるかもしれませんけど、久しぶりに触る人や初めてiOS7を触る人にはちょっとわかりにくいんじゃないかな。

Google playのほうはいきなり「インストール」というラベルのボタンなので初めてでも「この画面から進むためにどこをタップすればいいのかわからない」ということは少なそうです。まあ、こちらも「インストール」と表示してくれるのは無料アプリの時だけで、有料アプリの場合はこのラベルに金額が表示されるので、「無料」と大差ないかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/lovely/20131203
あわせて読みたい
最近書いたコメント
最近のトラックバック