Sumire Zam-mai Satelite Office このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-02-01

2010-01-28

[][]宝塚歌劇団理事長に聞く

<趣味の技>タカラヅカ、虚構の世界に入り込む――宝塚歌劇団理事長に聞く[日経ネット関西版]

http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/news007169.html

2010-01-19

[][]あれから4年....

久しぶりにさららんのブログを読んだ。

アヒ、あいちゃん。そして退団していく皆さんの美しさ。[サララテキカタルシス]

http://ameblo.jp/sarara-tsukifune/entry-10419449443.html

さららんの宝塚宝塚でともに過ごした人たちに対する思いに泣けた。

そこにさららんのいないことを思うと、泣けた。

あれから4年が経つのですね.....

さらら〜ん(涙)

2010-01-07

[][][]あなたが好きよ

あ。このブログは、新しくエントリを増やすと、上に追加されることになっています。だから、PCで見たときには、これは、この下の記事の続きです。紛らわしくてごめんなさい。

で。

女子から男子への告白で、いちばん忘れられないのは、昨年の星組トップのサヨナラ公演『マイ・ディア・ニューオーリンズ』の、ルルからジョイへの告白。

あなたが好きよ、ジョイ

あすかちゃんのこの台詞で号泣すること十数回.....苦笑

あの気持ちをいつか総括しなければいけないとは思っていますが......総括したいなぁ......

[][]好きですよ

たぶん私がこれまで生も映像もとりまぜて数多く見てきた中で、いちばん印象的な愛の告白は、月組『マジシャンの憂鬱』のなかの、あさこちゃんの

好きですよ

って台詞だと思う。当然のように、当たり前のように、さらっと言われるのがいいな。

好きですよ。はい。

[][]愛を...

あけましておめでとうございます......と。ギリギリ松の内に(^^;;

昨年の宝塚歌劇は、ワタクシ的には激動の1年って印象がありましたが。それはおいおい書くとして....書けるかな?

で。昨年は12月27日。月組トップスターのあさこさんの卒業で1年が終ったのでしたね。

あさこちゃん。

私が初めて宝塚歌劇を生で感激した、花組エリザベート』で最初に舞台(花道?)に飛び出してきたスターさん。つまり、初めて生で見たスターさんだったのですね......

じつはそれまであまり意識したことはなかったのだけれど、月組トップになるあたりから「いや〜かわいらしいスターさんだなぁ」と思うところが多々。

東宝のサヨナラ公演中は、とにかくとにかく、かわいいなぁ、かわいいなぁ、を連発していました。

でも、あさこちゃんは、オトコクササ満載のスターさんでもあったんだよね.....オラオラ系っていうか。

そのあさこちゃんの退団記者会見の中で、いちばん印象に残ったやりとり。

Q.新しい世界に宝塚から一つだけ持っていきたいものは?

A.愛を。

すごくあさこちゃんらしい言葉だと、私は思っています。かっこいいなぁ.....

月組 東京宝塚劇場千秋楽 瀬奈じゅん退団会見[宝塚歌劇公式HP]

http://kageki.hankyu.co.jp/news/detail/d6dc5f235f40b0b247fa465bb839a31e.html

2009-11-11

[]等身大の「おじいちゃん」森繁久弥さん大往生

昨夜は、森繁久弥さん死去というニュース速報に驚きました。

森繁久弥さん大往生…天国で仲間たちと再会へ[スポニチAnnex]

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/11/11/01.html

自分はあんまり作品を見てないし。『屋根の上のヴァイオリン弾き』も、いつかそのうち.....って思ってるうちに、森繁さんが舞台を去ってしまった。残念なことをしたよね。

けど。なんていうのかな。人の心の美しいところも、醜いところも、すべて体現していた役者さんだったんじゃないかなってイメージがあります。

俳優の小林桂樹さんは

「それまでの日本にはなかった、しゃれた演技をする人で、人間の弱い部分や本音を素直に表現するやり方が斬新でした。」

と、語っていらっしゃる。

「人間の本音、素直に表現」=森繁久弥さん死去で小林桂樹さん[時事ドットコム]

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009111001155

斬新かどうかはよくわからないけど「人間の弱い部分や本音を素直に表現」というのは、ほんとうにそのとおりだったと思う。

多くの日本人にとって、理想の年寄り、理想のおじいちゃんのイメージは「枯れた」姿なのだと思う。理想の夫婦の究極が「縁側でお茶をすすりながらひなたぼっこ」というのと同じように。

森繁さんは、どこまでが演技でどこまでが素なのかわからないけれど、いくつになっても「人間くささ」を感じさせるおじいちゃんだったと思う。

そういう意味で「等身大のおじいちゃん」だったんじゃないかな......って思う。「老衰」っていうお亡くなり方も素敵だな。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

[]『屋根の上のヴァイオリン弾き』初演の越路吹雪さん

神奈川新聞の記事に載っていた森繁久弥さん死去の記事に使われていた写真は『屋根の上のヴァイオリン弾き』の初演時のもので、越路吹雪さんが一緒に写っていました。

初演にはコウちゃんさんも出てたんですね........

共同通信から配信された記事だと思うんだけど、写真が見つかりません......どこかにないかしら?

Connection: close