Hatena::ブログ(Diary)

失踪外人ルー&シー このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-02 この子の七つのウォーアイニー

[]BLEACH世界の正義って何なの BLEACH世界の正義って何なのを含むブックマーク

俺はわりと久保帯人先生とBLEACHの事が嫌いじゃないので、ネットでよく見かける久保先生に対する心無い罵倒を見ると少しだけ悲しい気持ちになるのだが、実際の話、最近のBLEACHが面白いかと聞かれると完全無表情にならざるを得ないというのが正直な所なんだよな。久保先生は1年ぐらい休ませた方がいいと思うし、休ませさえすれば面白いものを描くに違いないぜというのが個人的な意見なのだが、現時点でも充分にジャンプの看板を張る事ができている久保先生を休ませる理由は全くないんだよね……。

今のBLEACHの何が良くないのかというと、あの世界における正義がわからんのですよ。……というと「オシャレである事が正義なんだろ?」という揶揄が飛んできそうだけど、昔のBLEACHは作者が描きたい正義がちゃんと存在したと思うんよね。それを仕事に追われるうちに見失ってしまっているんじゃないか。少年漫画で作品の根底に流れる正義が曖昧だと色々不都合があるんだよな。例えばジョジョやらスラムダンクで名台詞とされてるものって、冷静にそれだけを抜き出してみると大したことは言ってないわけじゃないの。「あきらめたらそこで試合終了」って当たり前だろっつう。ジョジョだって運命だの覚悟だの、インターネットユーザーが嬉々として中二病と囃したてるようなフレーズ満載なわけじゃないの。ところがそれが馬鹿にされるどころか多くのファンの心をガッチリ掴むのは、そこにキャラクターが、作者が、伝えんとする正義が滲み出ているからだと思うのですよ。

俺が「あっ久保先生やばい!」って思ったのは、弓親というキャラが自分の美意識を守るために真の力を隠したまま戦うシーン。敵は、美意識のためなら力を発揮せぬまま死んでもかまわないという弓親の態度を褒め称えるんだけど、この直後のエピソードで登場する一角というキャラが己の信念を守るために真の力を隠したまま戦うという、先のエピソードと全く同じ行動をとると……何故かコイツは仲間に叱られるんだよね。どうなってるんだ、これ。世界の命運や仲間の命がかかってる所で自分の美意識を優先するという共感しづらいストーリーはともかく、この統一性のなさはどうなのよと。これが「人によって尊いと感じるものは違う」って話ならまだいいんだけど、別にそんな話でもないんだよなあ。J-POPの歌詞に、瞬間的にかっこいいフレーズを並べただけで全体としては意味不明なヤツとかあるけど、完全にああいう感じ。

その後、更に「久保先生、完全にやばい!」と思ったのは、謎の覚醒状態でウルキオラに勝ってしまった一護が、フェアじゃないという理由で「俺の左腕と左足を斬れ」と言い出すシーン。世界の命運はもちろん、ヒロインの命もかかってるのに何故そんなよくわからないスポーツマンシップを発揮するのか。左腕と左足を斬りおとすのって大変なことじゃん。いや、俺らの世界の常識でも大変な事だけど、わりと簡単に人体破壊が行われる少年漫画世界においても大変なことですよ。それを自ら要求する理由がフェアプレイ精神ってのはまずいだろうと。これを見て、この世界の正義が何なのかさっぱりわからなくなったんだよな。更にこの号の巻末に久保先生からの「感想を聞かせてください」という自信たっぷりのコメントがあったというんだから困惑せざるを得ない。

あと、あれだ。BLEACH屈指のおもしろ台詞として「チョコラテは此処に置いていけ」ってのがあるんだけど……一応説明しておくと「戦いにおける甘さを捨てろ」を久保先生なりにかっこよく言った台詞ね。このセンスの是非はおいておくとして、これを言われた主人公である一護は『実際に甘さを捨てる』もしくは『甘さを捨てぬまま戦い抜く心の強さを見せる』のどちらかの答えを提示しなきゃならんと思うのだが、あれから3年間、とくに何の答えもないまま。なんだったんだ、あの台詞は。

以上のエピソードを見て思うのは、久保先生は瞬間的なかっこよさを考えるので精一杯だというぐらい大変なんだろうなーということ。そして、その瞬間的なかっこよさを根底で繋ぐものがないので、物語から散漫な印象を受けてしまうということ。……やっぱり休んだ方がいいんじゃないのかなー。薄っぺらいという意味でポエムよばわりされることがある久保先生の台詞回しだけど、ポエムに魂がこもってたら、それは強い光を放つと思うんだよね。やっぱり、ゆっくり休んで魂を充電するべきじゃないのかって話になっちゃうなあ。

そんで、休んでる間に是非やって欲しいのがブログね。まあ、久保先生×インターネットというと、あの悲しい事件を思いだしてしまうかもしれんが、この際だからアレは忘れよう。半永久的にログが残るインターネットだからこそ、スカッと忘れることも必要だと思うんだよね。見たいじゃん、久保帯人ブログ。「最近こんな音楽を聴いています」とか「こんなオシャレな家具を買いました」とか「今日の夕食はお寿司でーす」とか。聞くところによると久保先生もドラクエやってるらしいじゃないの。主人公は色黒モヒカンで名前は『ギロチン』だとか。久保先生のドラクエプレイ日記とか超見たいんだけど。装備の組み合わせとかメチャメチャこだわりそうじゃん。

今の久保先生に必要なのは、あえてチョコラテをガンガン飲みまくることだと思った。長期休暇は現実的に考えて無理だとしても、ちょっとチョコラテ飲むぐらいの休みは与えるべきじゃないのかなー。